« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

仕事あるだけ幸せか(泣)

大晦日。ありがたいことに地方競馬で重賞がたくさんあり、家にいてそれ関連の更新など。妻も当然のことながら今日まで仕事。昨日から妻の妹とその子供たちがうちに来ていて、うちの大掃除をしてもらうという異常事態(^_^;)。その横で昼前から夜までちっちゃいノートパソコンに延々と向かっているわたし。仕事とは言っていてもこんな日に何やってんだろと思われてるに違いない。夜になって、閉店間際で刺身などが安くなるであろう時間に買い物に出かけると、まだまだスーパーの魚屋さん肉屋さんは大盛況であった。大晦日っぽい飯を食べて新年の重賞予想など。終わってないけど眠さに耐え切れず午前1時に寝る。世間一般と同じように年末年始を過ごしたいとも思わないけど、こんな年末年始でいいのかとはちょっとだけ思いますです。はい。

競馬●桐花賞。スタート後2番手も、3番手に下げたカネショウエリートが3~4コーナーで先頭。直線で後続を突き放した。中団から馬群を抜けてきたヤマニンエグザルトが2馬身半差の2着。外から追い込んだピンクゴールドが3着。●東京2歳優駿牝馬。逃げたネフェルメモリーが直線突き放して勝利。3番手から早め2番手につけたクラフィンライデンが4馬身差2着。エロージュ3着。後方から直線大外を追い上げたロマは5着。●東海ゴールドカップ。最後方追走のオグリシルクが3~4コーナー大外からまくり、直線叩き合いとなったエーシンアクセランを競り落として勝利。3着カセギガシラ。●尾張名古屋杯。2番手追走のミキノジャズマンが3コーナーで先頭、直後を追走したツルマルツイモツイと直線は一騎打ち。最後はツルマルツイモツイが1馬身半突き放した。3馬身差の3着にシンコーセヴン。●園田ジュニアカップ。2番手追走のカラテチョップが3~4コーナーで先頭も、後方から徐々に位置取りを上げてきたタマモリターンが差し切ってクビ差で勝利。祖母がサンドピアリス。カラテチョップの直後について上がったマリオットが3馬身差3着。●高知県知事賞。3コーナーでまず動いたのはビッグインディだが、トサローランがすぐに交わして先頭に立つと、直線でもそのまま粘って勝利。最後方追走から3~4コーナーでまくってきたロマンタッチが直線差を詰めて1馬身半差2着。逃げたスパイナルコード3着。●肥後の国グランプリ。ダイワマックワンとケイウンヘイローが後続を離して競り合ったがそれも3コーナー手前まで。中団追走のタニノウィンザーが3コーナー先頭のシゲルドントイケを直線で交わし4馬身差をつけて勝利。エランセは3着。ギャレット・ゴメスはわずか1万ドルちょっとの差でジェリー・ベイリーの年間獲得賞金記録に届かず。

昨日の飲み過ぎの反省もあってアルコール摂取せず。普段飲みのワインの在庫が消費できないまま溜まっております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2008

反省することの多き08年

昨日、今日と昼間の競馬開催時は地全協の「本日のレース情報」がえらく重くなった。そんだけ馬券を買ってもらっていると思うとうれしいけど、仕事するにはかなり難儀。午後から大井ふるさとコーナーへ。恒例となったばんえいの場立ち予想。ふるさとコーナーへ来る方々はもうだいぶばんえい競馬を覚えていただいたもよう。わたし、馬券いっこも当たらず(恥)。ま、当たってた方がけっこういて盛り上がってたのでいいでしょ。終了後、いつもの品川の「PANE E VINO」にていつものように宴会。2軒目ニューヨーク・グランド・キッチンまで行って撃沈。それほど飲んだつもりはなかったんだけどなあ。なんとか武蔵浦和駅までたどり着き、家まで歩いてるときにえらく寒いことに気づく。なんと!今年買ったばかりのコートをどこかに忘れてきた(涙)。ポケットには家と会社の鍵がっっっ!と、慌てたものの、今日はなぜかジーパンのポケットに入れていた。不幸中のかなりな幸いであった。反省することが多かったような気がする2008年もあと1日。

競馬●ばんえいヤングチャンピオンシップ。先頭で障害を越えたのはタワノアヤカだが、2番手のホクショウバンクがあっという間に交わしてそのままゴール。キタノタイショウがゴール前でタワノアヤカを交わして2着。●ライデンリーダー記念。断然人気ニュースターガールが逃げ切り楽勝。2番手追走のブラックポイントが1馬身半差2着。3着キングゴールドオー。●東京シンデレラマイル。スタートで落馬し空馬となったプリュネルのうしろをラチ沿いで追走したミスジョーカーが直線あっという間に抜け出して勝利。本橋孝太は重賞初勝利。1番人気パノラマビューティが3馬身半差2着。3着オリビアフォンテン。シスターエレキングは5着。4コーナーではラチ沿いから外に逸走した空馬に、シャイニングムーン、チヨノドラゴンがはじかれて外まで飛んでいった。プロライドでの冬の開催がスタートしたサンタアニタで4日間で4頭が故障。そのうち2頭は安楽死。G1ラブレアSではインディアンが故障。復帰はできず繁殖に上がれるかどうか。

本日のワイン●いつものヴァンムスーでピエール・レジェンドルと、限定入荷らしいそれのロゼも。
トスカーナのミケレッティ・ボルゲリ06
CKモンダヴィ・ジンファンデル03
2軒目でレッジャーノ・ ランブルスコ・ロッソ・アマビーレ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2008

ホントに強いのはあの頃

年末は重賞たっぷりなので毎日が原稿。というわけであわてて大井。去年の東京大賞典より混んでる気がするのは有馬記念と連続だからか。数字的にはどうだったんでしょ。で、東京大賞典。前2頭の強さには恐れ入りました。JBCクラシックではサクセスブロッケンがスタートでつまづきながらゴールまで食い下がったので、JCダートでも、東京大賞典でも狙ったのだが、あのときはむしろ勝ったとはいえヴァーミリアンがあんまり走らなかったということなのか。今日こそ原稿がたっぷりあるのでまっすぐ帰宅。東京大賞典の原稿にとりかかろうとしてから気づいたのだが上りがカネヒキリ35.1秒、ヴァーミリアン35.0秒、そして5着のフリオーソまでが35秒台というのには驚いた。カネヒキリは明らかにヴァーミリアンよりも力が上で、とはいえ2年以上も休んで3~4歳時よりさらに力をつけているとは考えずらく、そうすると2006年の帝王賞でアジュディミツオーが2分2秒1のレコード、カネヒキリが2着だったときなんて近年もっともレベルの高いレースだったんじゃなかろうか。とかなんとか考えながら大晦日にこれでもかってほどある重賞の予想。朝までやっても終わらず(泣)。

競馬●東京大賞典。直線を向いて先頭はサクセスブロッケンだったが、直後のカネヒキリ、さらにうしろのヴァーミリアンが馬体を併せて先頭に立つと2頭の叩き合い。最後はカネヒキリがクビ差先着。サクセスブロッケンは3着。昨年のG1キャッシュコールフューチュリティを制し、26日のG1マリブSは2着だったイントゥミスチーフが引退。ケンタッキーのスペンドスリフトファームで種牡馬入り。12,500ドル。インディアンブレシングとファビュラスストライクがドバイゴールデンシャヒーンへ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2008

ダイワスカーレットでした

午後から有馬記念へ。家を出るときダイワスカーレットの単勝は3.0倍だったのだが、最終的には2.6倍。JRAプレミアムがなかったら2.5倍だったのね。牝馬で1番人気になって逃げ切り。しかもダイワスカーレット以外の先行勢は総崩れ。ことしはスゴイと思えるレースがいくつもあった。天皇賞秋はGate J.にいてテレビでしか見られなかったけど、ようやくここは生で見られてよかった。あっ、そういえばウオッカって府中でGIを3つも勝ってるのに、ひとつも生で見てないことに気づいた。ダービーのときは会社で仕事。安田記念のときはベルモントS。ダイワスカーレットは東で重賞を買ったのはなんとこれが初めて。終了後は例年のメンバーで今年は東京駅近くの居酒屋。こういう予想をしながらアドマイヤモナークは結局3着付けしか買ってなかった方とか。残念でした。

競馬●ばんえいダービー。単勝3.5倍が3頭。ニシキエース、ライデンロックと、票数で1番人気はオレワスゴイだったらしい。2番目に仕掛けたライデンロックが先頭で障害を越えると、後続を離して完勝。最初に仕掛けたオレワスゴイが勝ち馬に続いたものの末をなくし、混戦の2着争いを制したのは連勝中だったカイセテンザン。ニシキエースが3着。●中島記念。スタートいまいちも3番手につけたワンパクメロが向正面で2番手、4コーナーで逃げていたマリットチャージに並びかけると余裕で交わして2馬身差で勝利。カミノチカラがマリットチャージに迫って半馬身差3着。●UAE産馬によるアブダビコルツクラシック(アブダビ1600m,PA 3yo c/g):イブンアベヤがメシュワーに4 1/4馬身差をつけて初勝利。生産者はアブダビポリス。●アブダビ3歳チャンピオンシップ(アブダビ1600m,PA 3yo):エルマラクエルワヒードが今シーズン2連勝。前走アブダビフィリーズクラシックを勝ったメンアブダビが半馬身差2着。3着ジャジーラットアスサディアートでシェイク・ハリファ所有馬が3着まで独占。●G2サンガブリエルH(サンタアニタ芝9F,3&up):スタート後2番手も3コーナーで一旦4番手に下げた1番人気プラウディンスキーが直線抜け出して勝利。騎乗予定のギャレット・ゴメスが土曜日に落馬負傷していたためラファエル・ベハラーノだった。ボビー・フランケル調教師はサンタアニタで通算900勝達成。直線差を詰めたファーネリーが3/4馬身差2着。3着メディッチコード。

本日のワイン●居酒屋さん1軒目で。
ドメーヌ・ド・ラ・ブレテシェ(って読むの?>BRETESCHE)・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュールリー06
サルデッリSARDELLI・キャンティ06
AOCメドックのコルディエCORDIER 03
すべてサッポロの輸入。ミュスカデ以外はイマイチでござった。
居酒屋さん2軒目で。
リンデマン・カワラ・シラーズ・カベルネ07
居酒屋さんではやっぱりこういうニューワールドの有名どころ安ワインが安心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2008

行きたかった中山大障害

中山大障害、見に行きたかったなあ。マルカラスカルが逸走した場面とか、キングジョイが差し切ったところとか、競馬場はどんな雰囲気だったんだろう。こればっかりはテレビを通してではぜんぜん伝わってこない。でも。日曜有馬記念、月曜東京大賞典、火曜ばんえい場立ち予想@ふるさとコーナーと出かけることを考えると、さすがに今日は家にいないとさまざまなものが破綻してしまう。午前中だらだらとしていたらあっという間に夕方。お料理当番はお手軽に鍋。水炊き。野菜大量摂取。

競馬●G1ラブレアS(サンタアニタAW7F,3yo f):ぴたりと2番手の断然人気インディアンブレシングが直線を向いて先頭に立って押し切った。G1・5勝目。内から迫った最低人気ジンジャーポップが1馬身半差2着。ハナ差3着にビーシャープソナタ。●G3グレーヴセンドH(アケダクト6F,3&up):4頭立て2番手追走の1番人気ファビュラスストライクが逃げ粘るトゥルークオリティーを直線でとらえ1 3/4馬身差をつけて勝利。3着グッドカード。

本日のワイン●昨日あけた続きでドメーヌ・ド・ヴァリエール・ブルゴーニュ・ピノノワール・ラ・ムトニエール06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2008

一応今年最後の営業日

昨夜から引き続いて東京大賞典の展望とか予想とかの原稿。netkeibaの原稿とか、あと何やったんだっけ。まとめて請求書だ。一応今年最後の営業日ってことで、なんとか19時までにやるべきことの格好はつけた。社員もろもろ一同4名で会社近所のキュヴェ西村の店でお疲れ様。それっぽい店はどこも予約で一杯で、ようやくここで予約が入った。終電近くは間違いなく超満員電車なのでおとなしめの時間に帰宅。最後の営業日といっても会社に行かないというだけで、ネットの更新とか原稿とかは毎日たくさんあるんだけどさ。

競馬●G2 MAZRAT AL RUWAYAH(ナドアルシバダート1600m,PA 4&up):シェイク・ハリファのFRYVOLOUSがナショナルデイCに続く勝利で3連勝。クビ差2着にシェイク・ハムダンのPARIS GAGNER。●G1マリブS(サンタアニタAW7F,3yo):ボブブラックジャックが逃げ切ってグレード初制覇。1番人気イントゥミスチーフは中団追走から直線外から追い込んだが最後は脚色が一緒になり2 1/4馬身差で2着。1馬身半差3着にジョージーボーイ。BCクラシック6着以来の出走で僅差2番人気のコロネルジョンは4着。●芝からAWに馬場変更となりG外になったサービューフォートS(サンタアニタAW8F,3yo)は、AW初出走でも1番人気のジオポンティは最後方追走から差し切り勝ち。1馬身半差2着に伏兵のメジュールMEDJOOL。3着に2番人気エルガトマロ。フェリックス・コーツィーって南アフリカに帰るのね。

本日のワイン●キュヴェ西村の店にて。
カヴァでセグラ・ヴューダス・ブリュット・リゼルヴァNV
シチリアのクスマーノ・シラー07
ドメーヌ・ド・クルビサック・ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエール03。シラー50%、グルナッシュ40%、カリニャン+ムールヴェードル10%。アルザスのマルク・テンペという作り手がラングドックのミネルヴォワでつくる赤。なんかお店によって書いてあるセパージュが微妙に違うし。
帰宅してさらに飲む。ドメーヌ・ド・ヴァリエール・ブルゴーニュ・ピノノワール・ラ・ムトニエール06。そして撃沈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2008

吉田さんも感動したJBC

園田競馬場へ。JBCの最終レース発走直前に吉田勝彦アナがお客さんの拍手にこたえた場面はさまざまなところで話題になっているが、あれには吉田さん本人もとっても感動されたそうだ。そのできごとは亀和田武さんがヒダカブリーダーズユニオンの会報誌にも書かれていて、吉田さんはそれをうれしそうに見せてくれた。不肖わたしの名前も出していただいていたのには恐縮。JBCのあとも、ぼくは兵庫ジュニアグランプリ、そして今日の兵庫ゴールドトロフィーと足を運んだが、吉田さんが話されるのはほとんどJBCのこと。JBCを無事に終えられということは、吉田さんの数十年の競馬人生の中でもかなり大きなできごとだったようだ。JBC当日は全レースフルゲート、審議がひとつもなく、事故などもなく、そして発走時刻の遅れもなく、それは奇跡だったと。花村通春調教師が亡くなられたのを吉田さんから知らされてちょっと驚く。「今日は、花村という騎手のお通夜に行くんですよ」と。なるほど、吉田さんの中では花村通春さんは調教師というより騎手という印象が強いのだろう。現役だった時代をぼくはほとんど知らないのだが、たしかに活躍は騎手としてのほうが華やかだった。
帰りの伊丹空港。かなり早めに着いて、手荷物検査のところでいつものようにJALカードをピッとやると、ピーーーーーッと鳴って赤いランプが点いた。なんじゃ?と思ったら出てきた紙片には「この便は欠航となっております」と。げっ。1階のカウンターに行くと、なんと!ちょっと遅れているひとつ前の便に乗れるという。らっきぃ。その便は羽田上空での順番待ちなどもあり結局予定より30分ほども遅れての到着だったのだが、ぼくにとっては予定より30分ほども早い到着。災い転じてなんとやら。回転寿司に寄って帰社。じゃなくて出社。最後の追い込みで翌日までずっと原稿でござる。

そうそう。今年も大井のふるさとコーナーでばんえいの場立ち予想やります。今年は開催日程の関係で30日のみ。多数のご来場お待ちしております。

競馬●兵庫ゴールドトロフィー。つまづいて出遅れたスマートファルコンだが、向正面で中団、3~4コーナーで先団にとりつくと、直線楽に抜け出して勝利。直線伸びたアルドラゴンがなんとかリミットレスビッドをとらえて2着。1523万馬券。

おお、図らずも6日連続の休肝日でござる。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 24, 2008

年末の大レースを前に

午前9時ごろ一旦帰宅したんだっけかな。午後イチで都内某所。うちのような超零細企業としてはかなり大きなプロジェクトのプレゼン。ふぅ。時間が短く早口でしゃべりまくった。終了後グリーンチャンネル。ぼくが出演するのはこれが最後となる「鈴木淑子のレーシングワールド」収録。終了後、そのまま帰れるようにと今朝までがんばったのだが、原稿1本が終わらないままだった。ゆえに出社。会社近くの肉屋さんに寄ってクリスマスイブってことでちょっと贅沢して焼肉弁当525円也(笑)。腹いっぱいになったところで完全に緊張の糸が切れた。昨夜というか今朝も2時間しか寝てなかったし。眠い。疲れた。しかしなんとかノルマの原稿にメドをつけて終電前に帰宅。有馬記念や東京大賞典の前に1年が終わった感じの1日であった。ふぅ。

競馬●オーバルスプリント。後方追走も3~4コーナーで2番手集団にとりついたトーセンラヴが直線抜け出して勝利。水野貴史南関東移籍後重賞初勝利。2馬身差2着にブローザウインド。1番人気コアレスデジタルはクビ差3着。これで引退のナイキアディライトは先行したもののしんがり12着。

帰宅したものの疲れすぎに眠すぎで、こんなときに飲んでもロクなことがないので飲むのはやめておく。というわけで年末なのにまだまだ続くよ休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2008

富良野である必然性は

本日は休みにしようと思っていたのである。それゆえ名古屋グランプリの取材もつっちーにお願いした。しかしだ。普段の原稿に加え、わりと大物の企画書をやらねばならない状況になった。これで名古屋に行くことにしていたらどうなったかと思うとゾッとする。そんなわけで、昨日から引き続き会社。食うことくらいしか楽しみがなく、昼飯食ってまだ腹いっぱいなうちから「夜は何を食べようかな」と考えてる状況。そんなんだから仕事がはかどらないんです。はい。そいうわけで夜は、社内でちょっとだけ評判のコレを食べてみた(ちなみに池袋では750円)。値段を考えればとってもおいしい。しかしだ。肉を焼くのにふらのワインである必然性はまったくないと思う。

競馬●名古屋グランプリ。スタート後先頭のヤマトマリオン、3番手追走のワンダースピード、後方3番手からロングスパートのメイショウトウコンが4コーナーで横一線も、直線を向いてヤマトマリオンが脱落。ワンダースピードがメイショウトウコンを競り落とし2馬身半差をつけて勝利。3着にボランタス。ヤマトマリオンは4着。●浦和の第1レースが3頭立て。●外人に馬主ライセンス許可が伝えられた。単純に外から伝えられるニュースとして読むと「遅れてる国ね」という印象は間違いなくある。

飲むという状況にはほど遠く引き続き休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2008

ばんえいの森田せんせ

11月3日のJBCが終われば年末までわりと平穏に過ごせそうという長期展望があったのだが、その後もちょこちょこといろいろな依頼などをいただいて、1カ月のうち家で寝てるのは何回あるんだよという状態のままとうとう年末まで来てしまった。いえ、今まさに職を失っている方々がどんどん増えていることを思えばとてもありがたいことです。はい。
話はガラリと変わって、高知の売店の平田さんもかなりいい味出してますが、ばんえい競馬の獣医、森田先生のブログもかなりおもしろい。顔面蒼白って(^_^;)。ただ、血を見るのがダメという方は、このブログを見るのはちょっと注意が必要かもしれませんが。

競馬アフリートアレックス、オリエンテートの種付料も下方修正。それぞれ25,000ド→20,000ドル、17,500→12,500ドル。カナダの年度代表馬となったフェータルビュレットが右前脚を怪我して戦線離脱。3カ月ほど休養の予定。

まったく終わりが見えず本日も会社泊につき休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2008

死を現実のものと考える

午前8時前に帰宅。いい天気っぽいのでまず洗濯。で、寝る。昼、起床。中山競馬場に来ますか?という誘いが何件かあったのだが、残念ながら家にいるとはいえ本日もネットの更新とか原稿とか、とかとかとか。それでも夜はちょーひさびさにお料理当番。野菜を健康的に食べたかったので、きのこ類とネギとパプリカ赤の蒸し焼き。それと。だいぶ以前にシンガポールで買ってきたカレーペーストでチキンカレー。おいしい。
夜になって、昨日中山競馬場で突然倒れられた方が亡くなったとのメール。最近、死をかなり自分のものとして感じるようになってきた。こんな仕事の仕方してたら自分もいつ倒れてもおかしくないよなあと、ことあるごとに思うようになった。がしかし。それでもやらないと今のさまざまなものを維持していけないのだからこれまた仕方ない。そんなことを考えてたら布団の中に入ってもなかなか寝付けず。と思っていたのだが、いつの間にか「あ~、寝られね~」という状態がそのまま夢の中に移行。それが現実だか夢だかわからない悪夢となり、ハッと気づいたときは布団に入ってからまだ1時間もたっていないという状態だった。ここ数日、とある案件のプレッシャーもあるのでな。

競馬●福山王冠。2番手に控えたクラマテングが3コーナーで先頭に立って勝利。ハナに立って3~4コーナーで一旦は3番手に下がったサンディナナは1馬身半差の2着。アナザースターは見せ場なく8着。●HHザ・プレジデントC(アブダビ1400m,TH 3&up):シェイク・サイード・ビン・モハメドのグラントリーアダムスが今シーズン初出走で勝利。クビ差でモンペリエがナショナルデイCに続いて2着。●G2ダーリアH(ハリウッドパーク芝8.5F,3&up f/m):断然人気のヴァカーリが、4番手追走から徐々に前との差をつめ、ゴール前粘る2頭を差し切って引退レースを勝利で飾った。クリストフ・クレメント調教師はこれが通算1000勝。2番手追走のガッタハヴハーが1馬身差2着。半馬身差3着に逃げたインマイグロリー。

ワインのボトルを食事のテーブルの横まで持ってきたものの、ゆっくりメシを食えるわけでもないなと思い直した。原稿も残ってたし。というわけで健康的に連続休肝日。しかし健康的なのは肝臓のみで、寝られず悪夢に苦しめられるくらいだったら飲んで寝るんだったと後悔。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2008

新たに地方競馬の番組

いつになったら公にしていいのだろうと思っていたのだけど、気がつけばグリーンチャンネルのWebとか「優駿」1月号には掲載されていた。1月からグリーンチャンネルで「地方競馬最前線」という地方競馬単独の番組がはじまります。毎週というわけではなく不定期隔週(というのか?)。月曜日の23時が初回放送で何度か再放送もあります。地方競馬の単独の番組なんてありがとうございますという感じでございます。
もう運動不足がたまらんのでなんとか昼前には起きてちょーひさびさにジョギング。直近の原稿とか24日までのもろもろとか切羽詰ってきて家にいても不安になるだけなので夕方から出社することにした。

競馬●G1キャッシュコールフューチュリティ(ハリウッドパークAW8.5F,2yo):3コーナー手前で好位3番手にとりついた断然人気パイオニアオブザナイルが直線先頭に立ち、内から迫ってきたアイウォントリヴェンジをハナ差でしりぞけて重賞初勝利。ボブ・バファートはこのレース4勝目のタイ記録。1馬身半差3着にチョコレートキャンディ。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2008

はじめての非日常的な…

夜、新宿某所へ。原稿などが終わらず30分ほど出遅れ。完全に乗り遅れた。この方とわたしの12月の誕生日をダシにしてこんなパーティー。実はこんなに前からの計画でほんとにやるのかと思っていたのが実現。こういうパーティーは初体験でして、なるほどこいうパーティーってのはこうやってやるのねと勉強になったわたし、14人だったか15人だったかの参加者でいちばんの年長なことに気づきましたとさ。おぢさん、ノリ悪くてスイマセン。何回延長したんだって感じで日付変更線を越えタクシーにて帰還。

競馬●ジェベルアリS(ジェベルアリ1950m,3&up):シェイク・アーメド・ビン・モハメド所有のデイラミ産駒ランパリオンRAMPALLIONが今シーズン初出走で勝利。1馬身差2着にシェイク・ハムダンのロハーニ。北米のリーディングオーナータイトル争いが最後までわからないと。目下1位のストロナックステーブルと2位のザヤットステーブルが27万ドルほどの差。香港ヴァーズ2着のパープルムーンはドバイシーマクラシックへ。サンラインの主戦だったグレッグ・チャイルズが引退。通算約2100勝で、G1は72勝。46歳。●シンガポールで共有させていただいているマックイーン(父メジロマックイーン)がポリトラック1600m戦を勝ってデビュー12戦目で初勝利。ちなみにエルドラドと同期。あちらG1馬、こちらようやく初勝利(笑)。

本日のワイン●わたしのお持込。
オリオルロッセール・ロゼ・ブリュットNV
バロン・ド・トートベルグ・ブリュットNV
J.C.ル・ルー・ソーヴィニヨンブランNV
あとは梅酒のロックとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2008

年末が近づきあけまして

グリーンチャンネルへ。「あけましておめでとうございます」と来年の番宣の収録。終了後、一旦出社してそっこーで競馬総合チャンネルとかの原稿もろもろ。夕方、「鈴木淑子のレーシングワールド」忘年会を都内某居酒屋にて。淑子さま、いつにない飛ばしっぷりで盛り上がりました。
そういえば全日本2歳優駿で思い出したことがひとつ。まったく個人的な事情で恐縮なのだが今回中央馬が勝ってくれたことでホッとした案件がひとつ。まだないしょだけど。てか、言ってしまうとダメになってしまうような気がするので関係者にも黙っとく。

競馬●ナドアルシバ開催。第2レースの1勝以下の条件レースで早くもマイク・ドゥ・コックの調教馬が勝利。TAYYABという父ビロングトゥミーのアメリカ産。馬主はイーグルマウンテンと同じシェイク・モバメド・ビン・ハリファ。

本日の酒●ハウスワインの白を念のためグラスで1杯……やっぱグラスにして正解。その後は梅酒のロックとか浦霞とか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2008

バブルがはじけたドバイ

雨。川崎競馬場へ。会社泊のまま競馬場へということは想定してなかったので、どろどろぐちゃぐちゃの競馬場へ行く準備ができてないよ(泣)。スーニは、ほんとうに強い馬はどんな馬場でも関係なく強いというようなレースを見せてくれた。ラゾーナ川崎の「くろひつじ」でジンギスカンをたらふく食ってめずらしく早めの帰宅。「報道ステーション」を見ていると、なんとタイミングのいいことにドバイのバブル崩壊の特集をやっていた。かなり気合を入れた取材。最大限に負の部分を強調して見せているのだろうが、こういう面ばかりを見せると観光客も行かなくなるだろうねえ。こうした状況はドバイに何度か行ったことある人はだいたいみんな予想していて、ぼくもこのブログをはじめた2004年にはすでにそんなことを書いていた。しかしドバイランドってそんな前からの計画だったんだ。で、メイダンの競馬場はちゃんと2010年にオープンするんだろうか。

競馬●全日本2歳優駿。4番手追走のスーニが直線楽に後続を突き放して5馬身差。調教師さんはあまりちゃんとインタビューにこたえてくれないのだが、どうも中央の芝のレースを使ってUAEダービーに行くのかなあと。1コーナーでは後方2番手、4コーナー大外から進出したナサニエルが直線伸びて2着。3着ナイキハイグレード。角田輝也調教師。年間最多勝記録更新。NARグランプリで何らかの賞をあげてもいいと思うのだが。昨秋の怪我で種牡馬入りしていたプラウドタワートゥーが現役復帰。06年以来2度目のドバイゴールデンシャヒーン勝利を目指す。

本日のワイン●「くろひつじ」にて。ペッパー・プライド・グローヴ・ジンファンデル06。帰宅して香港行き前に開けたボデガス・セロソール・ヴィウラ・ヴェルデホ07

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2008

タウシュベツ川橋梁へと

打ち合わせを2件巡り夕方帰社。与えられた課題をこなすためには本日会社泊にしないと明らかに時間がないことが判明してそういうことに。ぬぬぬ。いろいろと考えながらなので効率が悪い。
まったく別のニュースを検索していてたまたまこんなニュースを発見。「雪に願うこと」でもちょっと有名になった士幌線タウシュベツ川橋梁のビュースポットが完成したらしい。そのうち行ってみよう。ただ、誰でも簡単に見られるようになちゃったら行く価値半減という残念な思いもちょっとはあるのだけど。

競馬ベルモント競馬場にカジノを許可。なるほど! Race trackとCasinoを合せてRacinoという造語があるのね。ビッグブラウンがベルモントSで負けたことによる損失が5000~6000万ドルって、確かに3冠とってたらすごいけど、その仮定ってばすごくないか。種付料が6.5万ドルにしかならなかったのが不満なのか。

というわけで本日も休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 15, 2008

伝える側に徹した結果

そういえば。本日発売の週刊「競馬ブック」にシンガポールゴールドCのことを書かせていただきました。2ページの予定が写真でっかく使ってもらって3ページになった。ああすいません。実はシンガポールゴールドCを勝ったとき、口取りとか表彰の列に入りたいという誘惑にかられたのだが、冷静に判断して伝える側に徹することにして、それはやっぱり正解だった。と思う。で、香港より帰国。5週連続の週末お出かけもこれにて終了。今週からちょっと楽になる……はずだったのが、また新たにお仕事とか課題をいただいた。来週までがんばる。と、そこはもう地方競馬ではもっとも忙しい年末年始。ふぅ。

競馬ジャドモントファームがイギリスのリーディングブリーダーの表彰クイーンズシルヴァーカップを今世紀5度目の受賞。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2008

マイル以下はやっぱ香港

完全防備で競馬場へ。上はジャケットにさらに去年のHKICのジャンパー。下はズボンの下にタイツ、というか昔でいうところのももひき(らくだではない)。「外に出たら汗かくでしょ」と誰かに笑われたが、プレスルームでずっとパソコンに向かってるとこれでも足元がかなり冷えた。氷の部屋にいるかのごとし。覚え書きということで。「気温十何度なのにそれでも冷房入れるかね」と誰かが言ったが、そのとおり。
Goodbaba強いグッドババが戻ってきた。トライアルで直線押して押して押してようやく3着に入ったのを生で見ていたのでもう終わったなと思っていたのだが、いやいや直線あっさりと外からごぼう抜きという以前のままのグッドババだった。スプリントは地元香港のこのクラスではぜんぜん足りなかった級のインスピレーションが力強く抜け出した。それにしてもスプリントとマイルは上位が香港(+オーストラリア)、カップとヴァーズはヨーロッパとかからの遠征馬というあまりにもわかりやすい結果で、そういう傾向がますます顕著になってきた。だったら馬券も当たりそうなもんだがこれがさっぱり。夕飯代がどうにか残せるだろうかというほどの負けを覚悟したのだがイーグルマウンテンの単勝でほんのちょっとだけどプラス計上に。BCターフで悔しい思いをしたのまで取り戻した感じ。それにしてもカップは大荒れだった(馬券ではなく)ようでダグラス・ホワイトは「今まで乗ったレースでいちばんラフだった。めちゃくちゃ」。ゴメス、メンディザバル、スミヨンの3騎手が騎乗停止の制裁。
終了後は本日もK村さんの仕切りで湾仔に新装開店の「益新美食館」に総勢14名で。お持込のワイン6種×2本=計12本は、スプリントで2400倍だかの3連単を的中した入江さんにゴチになる。メシのほうもOオーナーのゴチになってしまった。今日は払わせないようにと思って臨んだのだが押し切られてしまった。いつもいつもほんとにすいません。本日もFCCに馳せ参じて酩酊。

競馬●香港ヴァーズ。最後方追走のドクターディノが直線追い込み、好位から直線先頭で粘るパープルムーンを差しきって短頭差で勝利。勝ち馬とともに直線進出したジャガーメイルは惜しくもクビ差3着。●香港スプリント。好スタートも中団うしろに下げたインスピレーションが直線外から追い込んで完勝。4コーナー後方2~3番手から伸びたグリーンバーディーがクビ差2着。好位追走のアパッチキャットは半馬身差3着。エンシューズド4着、サニーパワー5着。●香港マイル。中団ややうしろを追走したグッドババが直線半ばまで持ったまま。軽く追い出されると余裕で抜け出してレコード勝ち。4番手集団を追走していたエーブルワンが粘って2馬身半差の2着。逃げたエジプシャンラーが粘って3着。勝ち馬の直後を追走したスーパーホーネットはゴール前アルマダを交わして5着。●香港カップ。中団追走のイーグルマウンテンが直線を向いて絶好の手ごたえで追い出されると抜け出して完勝。大外から追い込んだバリウスが1 1/4馬身差2着。3 1/4馬身離れて3着にリンガリ。直線内で詰まったヴィヴァパタカは4着。●ばんえいオークス。先頭ひと腰で障害を越えたニシキエースが後続を寄せ付けず楽勝。牝馬3冠達成。2番手に続いたウィナーナナがやや苦しくなりながらも2着。3着キタノメイゲツ。カネヅルは5着。●中日杯。向正面先頭のノーブルシーズを交わしてサムソンリンリンが3コーナーで一気に先頭。ノーブルシーズは手ごたえが悪かったものの、ゴール前でなんとか交わして勝利。例によって最後方追走で向正面から徐々に押し上げたテンリットルが直線突っ込んで半馬身差2着。ゴール前バテたサムソンリンリンはクビ差3着。●ワタリシンセイキ。ダートでは負けなしの6連勝。●アブダビフィリーズクラシック(アブダビ芝1600m,UAE産PA 3yo f):シェイク・ハリファ・ビン・ザイド所有のメンアブダビが2連勝。●ナショナルデイC(アブダビ芝1600m,TB 3&up):エミレーツゴールドが今シーズン2連勝でこのレース連覇。1 1/4馬身差2着にモンペリエMONTPELLIERで、シェイク・マンスール・ビン・モハメド所有馬のワンツー。一昨年の覇者キングジョックは3着。●G1ナショナルデイC(アブダビ芝1600m,PA 4&up):今年のカハイラクラシック5着だったシェイク・ハリファのFRYVOLOUSが圧勝。7 1/4馬身差2着にシェイク・ハムダンのニルワンNIRWAN。3着ナディルデュバックNADIR DU BAC。ニューメキシコ州レーシングコミッションH(サンランドパーク6F,3&up f/m)で断然人気トップハンデのペッパーズプライドが2着に5 3/4馬身差をつけ圧勝で19連勝。ジョエル・マール調教師は「こんなすごいレースをして(引退の)決断はつらい」ということでおそらく無敗のまま引退。

本日のワイン●益新美食館にお持込で。
グリーンポイント・ブリュットNV
マーガレットリヴァーのClairault(クレアラウルトって読むの?)シャルドネ05
ロスヴァスコス・カベルネソーヴィニヨン・グランレゼルヴ06
ニュージーランドのセントラルオタゴというところのクォーツリーフ・ピノノワール06
バローロ&バルバレスコの作り手として有名らしいチェレットCERETTOバルベーラダルバ06
ピーターレーマン・メントー04
税金がなくなってさらに円高もあるんだろうけど、今香港で買うワインがめちゃめちゃ安い。楽天最安値より安いんで世界最安値じゃなかろうか。
FCCにて。サンジュリアンのシャトー・オー・ベイシュヴェル・グロリア01。残念なことに香りとか味とかの記憶がまったくない(悲)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 13, 2008

中国くさい豆腐の揚げ物

香港行きの前に原稿などはきれいさっぱり終わらせてきたものの、それでも香港に来てからのタイミングじゃないとできないものもあり、朝から夕方までみっちり原稿。いつものことだけど外国まで来てやってることは日本にいるのと変わらんという状況。
夜は毎年のようにお世話になっているK村さんのご案内で総勢5名で湾仔の「杭州飯店」。「中国くさい豆腐の揚げ物」を食った。うまいまずいというか経験ということで。ワイン5本お持込。ワインを飲むペースがぼくがいちばん遅いという最強メンバーであった。さらにFCCでも飲む。部屋に戻って撃沈。
追記:入江さんに「くさい」はひらがなでしたよと指摘を受けたので直しました。

競馬●G3 A.J.スケイヒルS(豪アスコット1400m,3&up)でテイクオーヴァーターゲットがTARZIに2 3/4馬身差をつけて勝利。●G1ハリウッドスターレット(ハリウッドパークAW8.5F,2yo f):1番人気ララーが逃げ切ってグレード初制覇。G1ケンタッキーオークスが目標。ゴール前差を詰めたウイニングライドが1馬身差2着。2 3/4馬身差3着にトロボニータ。●G2ラプリヴォヤントH(カルダー芝12F,3&up f/m):3~4コーナーで一気に進出した人気2頭ジェイレイとエルボリストが直線目一杯を使っての叩き合いは、アタマ差でエルボリストが先着。これが引退レースでグレード初制覇。6馬身離れた3着にラメンテーション。●G2 W.L.マクナイトH(カルダー芝12F,3&up):後続を引き付けて逃げたプレシャスパッションが直線突き放して昨年に続いての連覇。2馬身差2着にロジックウェイ。3/4馬身差3着にオールウェイズファースト。1番人気サマーパトリオットは5着。●G3フレッドW.フーパーH(カルダー9F,3&up):ファイナリーメイドイットが最後までハナを譲ることなく粘ってグレード初勝利。直線一旦は並びかけたドリームマエストロが1 1/4馬身差2着。半馬身差3着にアクティングッド。ぴったり2番手を追走した断然人気のゴッチャゴールドは4着。●G3ケニーノーJr.H(カルダー7F,3&up):1番人気イエスバイジミニーが4番手追走から3~4コーナー外から進出し直線抜け出して勝利。6連勝で重賞初制覇。2 3/4馬身差2着に2番人気イッツバード。アタマ差3着にヒポクリト。●G3クイーンズカウンティH(アケダクト9.5F,3&up):5頭立て3番手追走のリサーチャーが3~4コーナーで進出。逃げ粘るブリリアントサンを半馬身差で競り落とし4連勝でグレード初制覇。ウェストヴァージニアのジェフ・ランコ調教師もグレード初勝利。1番人気ドライマティーニは5馬身半離されて3着。サーウィムジー4着。G1カルロスペレグリーニ国際大賞(サンイシドロ2400m):昨年4着だったライフオブヴィクトリーが勝利。

本日のワイン●杭州飯店にお持込。
MARC CHAUVETというシャンパーニュの作り手と提携してるらしいニュージーランドのクォーツリーフQUARTZ REEF・ショーヴェChauvet・メトードトラディショネルNV。一応シャンパーニュの香りはする。
チリの大手、モンテス・アルファ・シャルドネ06。ちょっといまいち。
アルゼンチンでアラモス・セレクション・ピノノワール06。ピノのくせに濃い。
モンテス・アルファ・メルロー06
AOCラランド・ド・ポムロールのシャトー・ラ・フルール・ド・ブアール02
FCCにて、ヴェネト州のトッマーゾ・ブッソーラという作り手のカデルライト・リパッソCadel Laito Ripasso・ヴァルポリチェッラ03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2008

評価高いジャガーメイル

というわけで5週連続の週末お出かけは再び香港へ。金曜日のうちに香港入りしたのは2年ぶりか3年ぶりか。久しぶりにガラパーティーに参加。パーティーが始まる前にカクテルなんちゃらと称して1時間以上も待たされるのが日本人にはどうもいまひとつ。なので参加する日本人のプレスも最近ではかなり少ないし。逆を言えば、だから日本人はパーティーでのもてなしがヘタなんだろうと思うけど。やっぱり土曜日に来ればいいやという感じ。覚え書きってことで。
ジャガーメイルの評価がえらく高い。14カ国16名(香港が3人)のハンディキャッパーズセレクションでは、南アフリカのハンディキャッパーがジャガーメイルを1位指名して、日本を含め4名が2位に指名。トータルポイントではドクターディノがダントツの1位だけど、なんとジャガーメイルが2位ですよ。穴として狙おうと思っていた日本人にとってはがっくりなオッズになるかも。

競馬来年のブリーダーズC。経済状況を考慮して関連ステークスレースの大幅見直しとエントリーフィーの値上げか。カルダーが賞金の支出超過で元旦の3つのGIIIをキャンセルする。カナダのソヴリン賞。年度代表馬にG3ケンタッキーCスプリントを勝ってBCスプリント2着のフェイタルビュレット。

本日のワイン●成田空港のキャセイのラウンジにて。ミゲル・トーレスがチリでつくるサンメディン・ソーヴィニヨンブラン07を1杯だけ。キャセイのYにて、ラングドックのメルローを1杯だけ。ガラパーティーにて、カクテルなんちゃらでイマイチなグラスの白を2杯。バイキングディナーで、オーストラリアのアリスホワイトというシャルドネを1杯とシラーズを2~3杯。こっちはまあまあ。夜中に到着した入江さんをお迎えし7-11で買っておいたジェイコブズクリーク・シャルドネ・ピノノワール・ブリュット・キュヴェNVを1本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2008

20年もの時の流れとは

夜、新橋の沖縄料理屋へ。なんとなく大学時代の軽音楽同好会の仲良しメンバーが集まることになった。前回集まったのは、そのうちのひとりの家族に不幸があったときで、それが5年くらい前だったらしい。大学を卒業したあたりが生まれてから今までのほぼ中間地点にあたり、そう考えると時が経つのは早いやね。しかしだ。みんな変わんないね~、という話になると「お前が一番変わってね~」とまず全員から指摘されるのが不肖わたし(^_^;)。みなさんさすがにこの年になるとそれぞれそれなりの企業のなかでそれなりの地位になってるわけで、自分だけこんなフラフラしたままでいいのかと当然思うわけですわ。ちょっと衝撃だったのが、今日は不参加のある1人が2年ほど前に男を捨てて女になったというお話。普通に結婚してお子さんまでいたのに、実はずっと以前から性同一性障害(っていうんだっけ?)で悩んでいて、ついに我慢できなくなったんだと。ああ、びっくり。でも今にして思えばそういう感じもなくはなかったかなと。23時ごろ店を出て「もう1軒」という意見もあったのだが、さすがにぼくは翌朝午前便で香港行きのため頑なにお帰りを主張したらそのまま散会となった。盛り上がったとこすまんね。また次回ってことで。

競馬●ナドアルシバ開催。プリンセス・ハヤのドバイドリーマーが1400m戦を勝って今シーズン3連勝。BCジュべナイルを勝ったミッドシップマン、ホープフルSを勝ったヴィンヤードヘヴンのほか、デザートパーティ、ホセエイダン、ツーステップサルサなどゴドルフィン関係の2歳馬が15日にドバイへ向かう。オウイン・ハーティって、まだそういう関係にあったんだなと。

本日の酒●翌朝のことを考え、酔わない程度にちびちびと泡盛のロックをひたすら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2008

ユキチャンの船橋競馬場

船橋競馬場へ。暖かい、というか暑いよ。ホントに12月か?というほど。日当たりがいいスタンド前のベンチに座っているとコートを脱いでもさらに暑い。さすがにユキチャンが出るだけあって取材関係者は倍増、お客さんも5割増な感じ。いや、3割増くらいかな。ブリーダーズゴールドCとか白山大賞典とかに出られていたらどのくらいお客さんが来ていただろうと思うと今でもちょっと残念。意識していたわけではないのだろうけど、不良馬場にもかかわらずよくも泥をかぶらずきれいなままレースをしてきたものと思う。
そういえば最近、ようやく以前のようにバナナが流通するようになってきた。一安心。

競馬●クイーン賞。直線は人気2頭ユキチャンとヤマトマリオンの叩き合い。最後はヤマトマリオンがアタマ差出た。さすがに牝馬同士なら負けない。上位を中央勢が占め5着も兵庫のザッハーマイン。シスターエレキングはこのメンバーに入ると51キロでもまったく自分のレースができず。残念。おそらく最後のレースになるであろうペッパーズプライドが日曜日にサンランドパークで19連勝をかけて出走予定。

本日のワイン●カリベイ・シラーズ・カベルネ06。ようやく飲み終わった。さらにスペインの白を1杯だけ、ボデガス・セロソール・ヴィウラ・ヴェルデホ07。ん~、いまいちかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 09, 2008

バリウム対策まめ知識

本日バリウムを飲む日。予約が午後1時という半端な時間にしかとれなかったため仕事もお休みにした。といっても例によって会社に行かないというだけで家でちょこちょこと原稿などはやるのだが。バリウム、さすがに毎年やってるとだいぶ慣れてきた。飲むときはさすがにマズイと思うけどそこだけは我慢。常に唾を飲むようにしてればゲップも出ないし、終了後はすぐに下剤と一緒に水を1リットルくらい飲む。そうすると何時間かのうちに水の状態でバリウムがほとんど出ちゃってくれるので楽ちん。以上、バリウム対策まめ知識でした。
誕生日のご案内をいただいていたので夕飯はちょっと豪華にアズーリ。新妻シェフの料理を堪能。白子と九条ねぎのパスタとか、鴨のローストはシェフ曰く史上最高の焼き具合だそうで、なるほどたしかにこの焼き具合は素人では無理!
帰宅して大量にある大根を消費するためおでんを仕込む。

競馬アゼリがキーンランド・ジャニュアリーセールで売りに出される。アラン・ポールソン・リヴィング・トラストを再構築というか縮小するらしい。ハリウッドパークの危機的な状況。アイルランドの年度代表馬にニューアプローチ。

本日のワイン●アズーリにて。
グラスでスプマンテ、モンテベッロ・ブリュットNV
ピエモンテ州フォンタナフレッダのシャルドネをグラスで。
ボトルの赤はロンバルディア州のヴェッツォーリVEZZOLI・テッレ・ディ・フランチャコルタ・ロッソ05。メルロー50%、カベルネソーヴィニョン25%、カベルネフラン+バルベラ+ネッビオーロで25%。
グラッパの名門らしいベルタ社のロッカニーヴォ。めちゃめちゃフルーティーでおいしい。でもちょっとお高いのね(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2008

ようやく変わった出走枠

ダートグレード出走枠の一部変更が発表された。おそらく2009年ダートグレードの格付け会議のときに話し合われたのだろう。さまざまな面で地方競馬における中央枠が少ないのは明らかなことで、これについてはいろんなところでぼくも何度も何度も指摘してきたこと。今後詳細が発表されるであろう来年4月以降のダートグレードでも、おそらく中央枠は同様に増やされるのだろう。もうちょっと出走枠を柔軟にできないのかとも思うけど、10年以上もたってようやく動き出したかという感じ。
そういえば、レッツノート(Win XP SP3)の日本語変換のユーザー辞書がなくなってしまいました。電池をはずしていたのを忘れていて、電源を入れたまま電源ケーブルを抜いてしまったのが原因と思われ、これで2度目。変換を覚えさせたものすっかりなくなって不便なことこの上なし。これ、復活させることはできるんでしょうか。詳しい方、おせーて。

競馬●母カネミボンバーのディアボロスが5馬身差で認定勝ち。アデナスプリングスも種付料の値下げを発表。オウサムアゲインとゴーストザッパーが、ともに15万ドルから12.5万ドルに。それでもまだ高いような気はするけど。アメリカグレードステークス委員会より。来年からG1は総賞金が30万ドルないと認めませんよと。今までは25万ドル。メルボルンC2着のバウアー。調教師の責任は問われず。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2008

さすがに天下の台所ね

ホテルチェックアウト後も近くのマクドナルドに移動して原稿。かよこちゃん同様たしかに外のほうが原稿がはかどる。WSJSに間に合うように午後2時頃阪神競馬場着。勲さん、とりあえずひとつ勝ててよかった。馬券は、昨日のエントリのとおりなのでたっぷり負けた。わたしまけましたわ。JCDは、前3頭の勝ち負けは最短距離を通ったルメールのうまさで決まったような。しかしそれ以上に2度の手術から復活したカネヒキリはスゴイ。WSJSの表彰セレモニーを最後まで見て伊丹→羽田で帰宅。JCDの原稿。意外に苦戦して午前1時半過ぎまでかかった。
一般的に言われてることだけど、大阪ってほんとに普段食べるようなリーズナブル飯が充実してるとあらためて感心した次第。昨夜、ひとりでどこで飯を食おうかとちょっとだけ散策した駅前第一~第四ビルとか、今日の昼に歩いたお初天神のアーケードとか見て思った。ギャンブルフード系統もたくさんあるしね。ひとりでちょっと飯を食うにも、何人かで居酒屋みたいなのに入るのも選び放題。

競馬トーシンブリザードが種牡馬引退と。●G2バヤコアH(ハリウッドパーク芝8.5F, 3&pu f/m):逃げた伏兵ブリーキャットがゴール前突き放し、3連勝でグレード初勝利。中団4番手から3~4コーナーでまくった1番人気モデルは直線入口で勝ち馬の直後に迫るも2 1/4馬身離されて2着。後方を追走した2番人気ウェイクアップマギーは3着。ウッドバインの今シーズン開催最終日は異常低温のため第2レースまでで打ち切り。

本日のワイン●続きのカリベイ・シラーズ・カベルネ06をちょっとだけ。つまみなしで飲むにはやっぱちょっと濃い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2008

20世紀っぽい阪神競馬場

4週連続の土曜日お出かけ、今週は阪神競馬場。昨日、ピンポイント予報を見て、え?土曜日の阪神こんなに寒いの。と思ったのだが、大阪空港モノレールホームで吹きつけてくる風はまさに冬そのものだった。阪神競馬場は前回いつ来たんだか記憶がないくらいひさしぶり。エンゼルカロが出てた阪神3歳牝馬Sに来た記憶は確実にあるのだが、それが20世紀の99年。そのあとに1~2回は来てるとは思うのだがいつなんだかまったく記憶がない。初めて生で見る芝外回りのコースはけっこう遠い感じ。阪神競馬場の食べ物を見て回ったけど、昔からおなじみのそばうどんカレー焼きそばラーメンその他定食類という20世紀のメニューを引きずったものばかりでちょっと驚いた。東京競馬場と比べるのはさすがにかわいそうだけど、なんかちょっと目新しいのを入れてもいいんじゃないかと。本日の宿泊は梅田。夕飯は回転じゃないけどそれほど高くはない寿司。香港までにやらねばならん原稿がてんこ盛りにつき、心を鬼にしてアルコールは摂取せず。

競馬●G3ジョージムーアH(ドゥーンベン1200m)をフレンドリーエンブレイスで勝ったK.Yoshida騎手は日本人ですかね。●G1ハリウッドターフC(ハリウッドパーク芝12F,3up):6番手追走の1番人気シャンゼリゼが直線を向いて先頭に立ち、追ってきた伏兵オブリガードを半馬身差でしりぞけた。3着チャーチサーヴィス。2番人気ウィンチェスターは6着。●G3ネイティヴダイヴァーH(ハリウッドパークAW9F,3&up):前3頭での直線の争いは、2番手を追走していたスルーズティジーが抜け出して勝利。目標はサンタアニタHと。ドミニカ出身の鞍上ジョエル・ロザリオはこの日5勝の活躍で、ハリウッドターフCも2着。1番人気ダーレーのパストザポイントは1馬身半差2着。逃げたボールフォー3着。●G3マイチャーマーH(カルダー芝9F,3&up f/m):後続を引き付けて逃げたワイルドプロミシズがそのまま逃げ切り。ゴール前差を詰めたコールウッドダンサーが1馬身差2着。1番人気ルザリアンはクビ差3着。●G3トロピカルターフH(カルダー芝9F,3&up):直線を向いて6番手のスパイスルートが猛然と追い込んで差し切り勝ち。イギリスから移籍し北米では初勝利。勝ち馬と馬体を併せて伸びた断然人気のソルジャーズダンサーは叩き合いの末ハナ差で2着。逃げた最低人気のエーピーマジックが2馬身差3着。メルボルンC2着のバウアーが、違法なショックウェーヴテラピーをやったとかで失格の可能性。オーストラリアのルールではレースまで7日以内のショックウェーヴテラピーは禁止。

大阪にて、本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2008

なんだか冴えない誕生日

ちょっとしたことなんだけどさてこれからどうすっかなって思うようなことがいくつかあり溜息ばっかりな44歳。さすがに残りの人生、今までとおんなじだけは生きられないだろうとそろそろ思う。普通に仕事して普通に日付変更線あたりに帰宅すると普通に妻は寝ていたので普通にひとりでちょっと飲む。なぜか知り合いに同じ誕生日が多い12月5日。佐藤あな、まさこちゃんのお子さん、長野のでこちゃん。みなさまおめでとうございます。
めずらしく予想。JCダート。サクセスブロッケンの単勝で。前走JBCクラシックはスタートでトモを滑らせ出負けしてあの結果。普通にレースができればヴァーミリアンには逆転。カジノドライヴは、アメリカで勝てるように向こうでレースをしていたわけだから、単純に日本の競馬にいきなり対応できないんじゃないかと。北米の3頭のうちサバーバンHを勝ったフロストジャイアントと、ハリウッドゴールドCを勝ったマストトラックの2頭がG1馬だけど、とりあえずメジャーなG1勝ち馬を2頭よく呼んだなと思う。さすがJRA。ただ両方ともそのG1は人気薄での勝利。特にフロストジャイアントのサバーバンHはレースレーティングが低く来年からG2に格下げとなる。馬券を買うならむしろ底を見せていないティンカップチャリス。ニューヨーク産馬3冠を勝っただけではどうかと思ったけど前走G2インディアナダービーでパイロの追い込みを封じたレースはそれなりに価値がある。

競馬●ジェベルアリ開催。フェルナンド・ハラが2勝で今シーズン5勝目と好調。●G3デルタジャックポットS(デルタダウンズ8.5F,2yo):向正面で早めに先頭に立ったビッグドラマが、3~4コーナーで直後に迫ってきたウエストサイドバーニーを1馬身差で振り切って勝利。最後方から押し上げたスティミュラスプランが半馬身差で3着。BCジュベナイル4着で1番人気のテレインは5着。●G3デルタプリンセスS(デルタダウンズ8F,2yo f):4番手追走のフォーギフツが直線外に持ち出して抜け出し勝利。1番人気シーエスシルクは直線を向いたところで先頭に立ったが2 1/4馬身突き離され2着。3着にスモーキンアゲイン。ファニーサイドがケンタッキーホースパークにお目見えトッド・プレッチャーのウェイトアホワイルがBCフィリー&メア・ターフ3着のあとにプロカインの陽性反応スリーチムニーズファームで余生を過ごしていたワイルドアゲインが老衰のため安楽死。28歳。●あら。エクウスは有馬記念の日で閉館なのね。残念。

本日のワイン●南オーストラリアのカリベイ・シラーズ・カベルネ06。さすがに1000円でも濃い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2008

景気の悪いケイバの話

昼からグリーンチャンネルで収録。もう1年たったかと思うとえらく早い。12月ってことで何も考えずにコートを着てきたらちょっと暑い。たしかに、電車に乗ってるサラリーマンなんかでもスーツのみでコートを着てない人がけっこういる。過ごしやすくていいけど、いいのかこんなに暖かくて。12月ですよ、12月。ギリギリ終電1本前で帰宅。茄子の味噌炒めをつくる。ピーマンもたっぷり。ぅんまい。もちろん明日のおべんと用ですよ。
なるほど~。最近はこういうお客さんがいるのか(エントリの下半分)。去年のJCのときのことはどこかで読んだんだか聞いたんだかで知ってたけど今年もとは。なんとも残念。というか、これがエスカレートするようなら新しめのファンが引いてしまわないか心配。

競馬●園田金盃。後続を引きつけて逃げた単勝元返しのアルドラゴンが直線楽に突き放して6馬身差圧勝。後方2番手追走のバンバンバンクが内を突いて進出し2着。後方から向正面で進出したシンボリシューマン3着で人気どおりの結果。●乗せてもらえるんだ。ナドアルシバ第5レースのダート2000m戦で、フェルナンド・ハラがシェイク・ハムダンのエルムスタンサーで勝利。と思ったら11/20の開催でも乗っていたのね。タタソールズも総額51%減とはちょっとすごい、ってか、おそろしい。北米では11月の馬券の売上げが前年比9.7%減。開催日数は5.68%増えてるにもかかわらず。

本日のワイン●少しずつ残ってたワインを。フィンカ・カルボネル・テンプラニーヨ06カリベイ・シャルドネ06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2008

お気に入りうどんやさん

ひさしぶりに行ってみた会社近所のうどんやさん。ここはダシが絶品でホッとする味。基本は普通のかけうどん系なのだが、最近カレーうどんが充実。通常のカレーうどんのほかに、「俺のカレーうどん」「みんなのカレーうどん」までは知っていたのだが「タイカレーうどん」まで加わった。とりあえずぜんぶ食べてみたい。ただね、禁煙じゃないのが難点。隣と席が近いので、タバコを吸う人が隣に来るとたいへん。うどんをズズっとすするのと一緒にタバコの煙まで入ってくるのよ。せめて昼間だけでも禁煙にしてくれないだろうか。さすがに今日は帰宅した。
指摘したら騎手名直った(^^)

競馬02年の北米年度代表馬アゼリがキーンランドジャニュアリーセールに上場される

本日のワイン●家でワインを飲めるのは何日ぶりだろう。オーストラリアのカリベイ・シャルドネ06。ちょい緑がかった濃いめの黄色で、いかにもニューワールドなちょっとねっとりした冬向きな白。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 02, 2008

いまだ頂上辿りつけず

先週あたりの想定では今日で今年の仕事の山場を越えると思っていたのだが、どうやらまだまだ登ってる途中な感じであることに気づかされてきた。17日の全日本2歳優駿までにはなんとかなっていたいのだが。本日も帰れず。シンガポール2泊のあと会社にも2泊(涙)。明日は帰るぞと強く誓う。
ひだか東農協のトップページに「祝優勝エルドラド」がでかでかと掲載された。がしかし。ジョッキーが違ってますよ~(^_^;)

競馬●アラブの2歳が荒尾に入厩していて初勝利。ミッチールビー現在28歳のディキシーランドバンドが種牡馬引退JC13着だったシックスティーズアイコンが引退。イギリスのノーマンコートスタッドで種牡馬入り。

当然休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2008

原稿原稿校正値下値下

いつもの朝イチのUAで東京戻り。が、ひさしぶりにびっちびちの満席。プレミア専用のチェックインカウンターでもかなり待たされた。機内でいろいろ思い出しているとようやく涙がじわじわと出てきた。スポーツ選手などが「喜びがは明日になってじわじわと湧いてくると思います」と言うのをたまに聞いたりするけど、なるほどこういう感覚なのかとはじめてわかった。超満席のUAは30分ほど遅れて成田着。出社して現実に戻って原稿原稿校正。シンガポール帰りで、そのまま会社泊。ま、先週から決めていた規定路線だけど。

競馬カーリンの20%の権利はまだ浮いたまま。土曜日のG2ダモワゼルSを勝ったスプリングサイド。レース中に右前繋部を骨折していたが手術成功と。ミスターグリーリーも10万ドルから7.5万ドルに値下げエンパイアメーカーも10万ドルから7.5万ドル

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »