« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

ばんえい記念行けません

晴れた。洗濯祭り。洗濯機3回まわした。昼過ぎから出社。のつもりだったのが、不安がよぎる。干したまま出かけて夕方とか夜に豪雨があったらどうしよう。熟慮(ってほどでもないけど)の末、夕方までは家にいることにする。これが大正解。洗濯物を取り込んで午後7時過ぎ池袋に着くとぽつぽつと降り始め、会社に着いてテレビをつけると埼玉県南部に大雨警報が。
UAEの08/09シーズンの開催日程がリリースされた。11/6のナドアルシバからスタートして、ドバイワールドCは3/28(土)。カレンダー的にそうなることは覚悟していたけど来年のばんえい記念は行けないことがほぼ確定。残念だが毎年通って来年で14年目になるナドアルシバが最後の開催なので、そこんとこよろしく。ナドアルシバ開催21日、アブダビ開催15日、ジェベルアリ開催10日。シャルジャの開催がないのはたしか競馬場を大改装するからだったような。

競馬●ビューチフル・ドリーマーカップ。先手を奪ったジュリアが3コーナーから徐々に後続との差を広げると余裕の6馬身差圧勝。父メイセイオペラで、人馬ともに重賞初制覇。後方4番手から進出したサクラアリエルが2着。●建依別賞。3~4コーナーでラチ沿いから進出したトサローランが直線で抜け出し連覇。スタート後最後方も向正面から大外を上がってきた別府真衣ロマンタッチが直線も外から伸びて2着。●JRAクローバー賞。3コーナーから大外を進出したモエレエキスパートが直線余裕の差し切り勝ち。エイブルインレースが3着。モエレエキスパートがこの楽勝なら今年の2歳は楽しみですな。G1モイグレアスタッドS(カラ7F,2yo f):注目の2頭の対決は、クールモアのアゲインがシェイク・ハムダンのシマーを半馬身差でしりぞけた。G2デビュタントSから連勝。3着ビヨンドアワリーチ。●G3ラウンドタワーS(カラ6F,2yo):父コンガリーのアメリカ産、MAOINEACHがデビュー勝ち。1 1/4馬身差2着にシルヴァーシューン。3着クリスタルアイランド。●G3フライングファイヴS(カラ5F,3&up):ルックビジーが重賞初制覇。1 1/4馬身差2着に1番人気マスタプラスタ。短頭差3着ウィダド。●G2ドーヴィル大賞典(ドーヴィル2500m,3&up):このままデットーリで凱旋門賞に向かう予定のゲッタウェイが勝利。1馬身差2着に1番人気ドクターディノ。さらに1馬身差3着にポセイドンアドヴェンチャー。●G3クインシー賞(ドーヴィル1600m,3&up):ラーレイブLAA RAYBが5馬身差圧勝で重賞初勝利。2着アザノールATHANOR、3着に父レモンドロップキッドのホロシーンで、ゴドルフィンの1番人気カーミングインフルエンスはしんがり8着。●G3モートリー賞(ドーヴィル1200m,3&up):ティザが昨年11月のG3セーネワーズ賞以来の勝利。1馬身差2着に重賞初挑戦の3歳馬インキシルINXILE。3着マリオルで、1番人気スターンオピニオンは4着。●G1スピナウェイS(サラトガ7F,2yo f):断然人気マニバヴァンが逃げ切り勝ち。G2アディロンダックSに続く勝利でデビューから3連勝。3番手追走のジャーディンが唯一食い下がって1 1/4馬身差2着。5 1/4馬身差3着にカレジエイト。●G3サラナックS(サラトガ芝9.5F,3yo):スローペースに落として逃げたマーランが逃げ切り勝ち。今年のブリーダーズSでも逃げ切ったカナダ生産調教馬。1 3/4馬身差2着にヴァケーション。3着ニッスルズクランチ。6頭立て最後方追走の1番人気レディズエコーは4着。●G2デルマーダービー(デルマー芝9F,3yo):4番手追走のマデオが逃げ粘るタングルドタンゴをとらえて勝利。断然人気ジオポンティも最後追い込んだが半馬身届かず2着で、タングルドタンゴが3着。4着ナウナウナウ。●G3サプリングS(モンマスパーク6F,2yo):好スタートも2番手追走から直線抜け出したのはオフィサーアイポッドだったが、直線で徐々に迫った1番人気サイレントヴァラーが差し切り1馬身半差をつけて勝利。3着リリードザフットノーツ。17連勝のかかっていたペッパーズプライドが直前でスクラッチ。改修されたサンタアニタの馬場が調教に開放された。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 30, 2008

カーリン賞金王にリーチ

Hanro朝。那須塩原へ。地方競馬教養センターの向正面に完成した坂路の竣工式。明け方まで大雨だったらしいのだがすっかり晴れてくれてありがたい。大雨で濡れるのを覚悟していたのだが、まさか暑くて汗でびっしょりになるとは。真新しいウッドチップのコースを歩いて頂上まで(写真)。9/7のグリーンチャンネル「レーシングワールド」でちょっとだけ写真でご紹介する予定なので興味のある方はどうぞ。お神酒(ただの日本酒ですが)とお弁当をいただいて一旦帰宅。新幹線で那須塩原から大宮に戻る間に集中豪雨のようなのを4回も通過した。おそらく午後には教養センターにも雨が降ってきたのではないか。そう考えると午前中はほんのひとときの晴れ間でほんとうにラッキーだった。夜は大雨の中、九段下「東京タヴァーン」へ。3週間ほど前、ここで飲んでるときに盛り上がり実現したラトゥールを飲む会。H嬢、長野からお越しいただいたTさんと3人で。ラトゥールの1998年はいまや楽天最安値でも5万円ほどもする。が、今回は高騰前に仕入れたということでお安くしていただいた。高いワインは味というより香りがすごいね。でもこれに今5万円はどうかと。同じく高騰しているとはいえ1万円台のブルゴーニュのほうがずっとお得感がある上に楽しいかも。ラトゥールだけでなく今回もいろんなワインを飲ませていただきました。ありがとうございます。

競馬●G2メムジーS(コーフィールド1400m,3&up):前走で連勝が途切れたウィークエンドハスラーだが今回は断然人気にこたえモルディヴィアンを半馬身差でしりぞけて勝利。3着ポンペイルーラー。●G3ソラリオS(サンダウン7F,2yo):スリプトラSRI PUTRAがデビューから2連勝。半馬身差2着にザチェカ。3着パトリシアンズグロリー。シェイク・ハムダン・ビン・モハメドの1番人気クライオブフリーダムは8着。G1ウッドウォード(サラトガ9F,3&up):前とは離れた4番手を追走した断然人気カーリンが3コーナーから徐々に差をつめ直線で交わして勝利。収得賞金$9,796,800はスキップアウェイを抜いて歴代2位。次走予定のジョッキークラブゴールドCを勝てば、シガーの$9,999,815を抜いてトップとなり、北米初の1000万ドル越えも。逃げたダーレーの最低人気パストザポイントが粘って1 1/4馬身差2着。前で競り合ったワンダリンボーイが3着。●G1フォアゴーH(サラトガ7F,3&up):向正面中間で先頭に立ったジャドモントファームのファーストディフェンスが直線後続を突き放して6 3/4馬身差圧勝。ダートで初グレード制覇でG1初制覇。大混戦の2着争いは最低人気のグリーリーズコンクエストが制し、アタマ差3着にフェローシャスファイヤーズ。断然人気ラッキーアイランドは6着。●G2パロマーH(デルマー芝8.5F,3&up f/m):1番人気ヴァカーリVACAREが直線一気の差し切り勝ち。半馬身差2着にクリスシス、ガッタハヴハーが同着。●G3ケントS(デラウェアパーク芝9F,3yo):縦長の展開で先頭からずっと離れた6~7番手追走の2番人気エイドリアーノが直線外から一気に追い込んで差し切った。オールウェザーのG2レーンズエンドS勝ちがあり今回は芝でのグレード勝ち。半馬身差2着に先行集団で粘ったブービー人気のロマンタイガー。さらに半馬身差の3着にミスターマックール。1番人気ディールメイキングは6着。●G3レッドバンクS(モンマスパーク芝8F,3&up):7頭立ての後方を進んだ2頭の決着は、バッファローマンがゴール前で抜け出し、3/4馬身差2着に連覇を狙った1番人気アイシーアトランティック。その2頭の前5番手を追走していたジャイアントレッカーがアタマ差3着。セバスチャン・サンダースがチェスターの開催で落馬し大腿骨骨折で今シーズン絶望。今年のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3を勝ったジャリルの北米でのデビュー戦@サフォークダウンズは、カナダのジュディスズワイルドラッシュの3着。オーバーホールが完了したサンタアニタの馬場。“This is the best track I’ve ever been on,”(ゲイリー・スティーヴンス)って褒めすぎじゃないの。

Latour本日のワイン●まずシャンパーニュは有名なレコルタン・マニピュランのJ.ラサールLASSALLE・プレファレンス・ブリュット
グラスで白、ベルナール・モレBernard Moreyブルゴーニュ・シャルドネ05
赤! モワンヌ・ユドロ Moine Hudelotシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・アムルーズ95!おおおおお、熟成したピノ!
そして、シャトー・ラトゥール98を3人で1本。
ソーテルヌのシャトー・カントグリルCantegril 03
それからマールもいただいたような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2008

豪雨の日に見る強い女性

なるほど。昨日の疑問がなんとなく解決。なぜ雨雲が南から北へ流れるのかというやつね。天気予報の解説を見ていてなるほどと思った。前線が日本列島の上に停滞して、そこに南から風が吹き込んでくるわけね。午後8時前だったか。遠雷が聞こえてきた。この時点で急いで帰って家で仕事という選択肢もあったのだが、家だとワインの誘惑があるからなあ、と思い終わるまで会社にとどまることに。お仕事も一段落してそろそろ帰ろうかとなった午後11時前、ますます雨脚が強くなってきた。もちろん傘はあるんだけど強い雨で濡れるのやだなあ。会社に泊まっちゃうかなあとも思ったけど、さすがに2日続けて会社のイスを並べて寝るのはヤダと思い直し、意を決して帰ることに。どうせ濡れるんならと思いTシャツにジーパンの裾を捲り上げて完全防備。いや、防備じゃないか。会社を出ると豪雨というほどではなくなっていて普通にちょっと強い雨という程度で拍子抜け。結果、あんまり濡れずにすんだ。家の最寄り駅で下車し信号待ちをしていると、傘もささずかといって雨をよけるでもなく雨の中涼しい顔で信号が変わるのを待っている会社帰りと思われる女性が。足元を見るとキティちゃんのサンダル。「どうせ傘もないし濡れるんだったら会社で履いてるサンダルで帰っちゃえ」という状況だと想像。強いね、女性は。

競馬デットーリはドーヴィル大賞典で初騎乗するゲッタウェイに凱旋門賞でも騎乗する予定。いかにゴドルフィンに有力馬がいないかという……。●今年のUAE1000ギニー、UAEオークスを勝ったココアビーチがサラトガのラヴサインS(9F,3&up f/m)を断然人気で5馬身差圧勝。ドバイではオーナーがプリンセス・ハヤだったのに、アメリカに来たらゴドルフィン・レーシングになった。

本日のワイン●湿度120%な感じなのですっきりしたのを期待して……セッラ&モスカ、ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ07。「サルディーニャ州のヴェルメンティーノ種」という何の創意も工夫もない銘柄の白。日本的に例えるなら「山梨県の甲州種」とか(笑)。味はそこそこ、狙いはドンピシャ、湿度120%の夜にぴったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2008

北へ移動するゲリラ豪雨

通常出社。すんごい雨。でもたくさん降ってきたのは出社後だったのでほとんど影響なし。突然ザーッと降ってきて、まさにゲリラ豪雨。しかしこのゲリラ豪雨というのはどなたが命名したんでしょ。もうまさにぴったりという感じ。東京アメッシュを見ていると面白い。普通、雨雲というのは西から東へと流れていくもんだと思うのだが、この東京アメッシュの「再生」で雨雲の流れを見てみると、見事に南から北へと流れている。なんでこんなことになるんでしょうか。詳しい方おせーて。それと。最近のピンポイント予報ってものすごく精度が高くて感心しきりだけど、ゲリラ豪雨になるような天気だとピンポイント予報もアテならない感じ。原稿などまったく終わるメドが立たないので迷わず会社泊。豪雨や台風や大雪などで交通機関が麻痺するようなとき、たまたま会社泊になって個人的にはまったく影響を受けなかったってなグッドなタイミングがよくあるんですけど。

競馬●今年もカルラネイチャー産駒。レトリーブ。井上せんせのとこ、カルラネイチャーの活躍馬多いなあ。●ミツアキタービンが1年3カ月ぶりの勝利。●カーリンがダートに戻ってG1出走というタイミングでビッグブラウンは芝で調教ペッパーズプライドがあらためて連勝記録に挑戦。天気がよければね。ミック・シャノンが水曜日に交通事故に遭い大怪我。金曜日に手術。オーナー兼ブラッドストックエージェントのティム・コービーさんが亡くなった。

というわけで3日連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2008

勝訴しても訴え取り下げ

始発帰りにつき昼過ぎの出社。今週末のワイン会の欠員補充のため心当たりの方に電話とかメールとかしまくっているのだが、久しく連絡していなかったKちゃんに「子供が生まれて先週日曜日に退院したばっかりなの」と言われた。ああびっくり。
笠松競馬場の土地明け渡しの訴訟。勝訴しながら訴えを取り下げた方が2名。競馬が廃止になれば家賃収入がなくなるだけじゃないのと思ってたけどやっぱりそうだよね。たとえば跡地に今流行のアウトレットモールでも誘致できる計画とかあるのならまだしも、むしろ廃止になったら困るんじゃんね。弁護士の「跡地利用についても夢を持っている」というのが、まったく計画も何もなさそうでなんとも胡散臭さを感じる。とにかく競馬は廃止と煽ってるやつがいるんじゃないの。とか。
全然関係ないけど、祭りの人出を数えるのって、やっぱけっこういい加減なのね。祭りとか初詣とかはまだしも、広範囲から見られる花火なんかの人出はどう数えてるのか、さらに謎なんですけど。

競馬スパークキャンドル。ピーターパンSでラビットをつとめた馬がこんなとこに出てくるのは反則っぽい。そもそもこの厩舎が地方を使うこと自体がめずらしい。今年まだ2回目。今年のドバイゴールデンシャヒーンなどを勝ったベニーザブルが引退。右前球節の剥離骨折。

連続休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 26, 2008

白山どうでしょユキチャン

午前中竹見さんち訪問。8月のダートグレードのお話など。出社して普通にお仕事。で、金沢行きは3年ぶりか4年ぶりだったわけだけど、ちょっとしたものだけど知らない食べ物とかいろいろ発見があって、年に1~2度は定期的に行ってみたい街になった。そのうちのひとつが、帰りの小松空港で見つけた「いしる」。なるほど。魚醤というと秋田の「しょっつる」しか知らなかったけど、能登の「いしる」、香川にも「いかなご」というのがあるのね。で、買ってみたのがコレ。空港価格は値段ちょうど倍付けでした。ま、ネットから通販で買うと送料でもっと高くなるしね。まだ使ってないので味のほうは不明だけど、「いしる」がおいしかったら、次回「よしる」のほうも買ってみようかと。
久々の金沢とはいえ、今年は10月の白山大賞典も取材で行くことにしているのだが、どうでしょうユキチャン。白山大賞典あたり。中央のメンバーが薄くなることが多いレースなので、グレード1勝だけでも出られる可能性大かと。てなことを考えていたところ、「秋華賞は未定で船橋クイーン賞と来年のTCK女王盃を使いたい」という報道があった。秋華賞じゃなく白山大賞典いかがですかね。

Masano競馬●荒炎賞。後続を引き付けて逃げたフサイチクローバーが3~4コーナーから後続を引き離しにかかり9馬身差の圧勝。2着に2番人気のシゲルクシエラ。マサノウイズキッド除外ですか。そうですか。売上げの73%が返還になったらしい。ちなみに除外になった直後はまだオッズが出たままというめずらしい状態だったので画面を保存してみた。●スギヤマワッスルの仔が認定勝ち。フジノトップガン。●DRAMATIC 3。目新しいのは「未来優駿」だけだけど、なるほどやっぱり北海道は乗ってこなかったのね。「ビッグブラウンとのマッチレースはやりません」とカーリンのジャクソンさん。「それはとっても残念」とビッグブラウンのイアヴァロンさん。って、そんなおだやかなやり取りではないと思うけど。ボビー・フランケルが、アウトオブコントロールとかプラウジンスキーとかでカーリンとビッグブランを負かしに行くと。パトリック・ビアンコーヌの調教停止は、半年だったのが11月1日までの1年間に延長された。

土曜の金沢と昨日の九段下で飲みすぎたので本日はおとなしく休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 25, 2008

印象ほど遠くはないのね

金沢って最寄空港が小松で、空港から市街地まで遠いって印象があったけど、久々に行ってみたら金沢市内とか駅からはバスで40~50分なわけで、市街地とそれくらい離れてる空港ってほかにも普通にたくさんあるよねえ。おそらく「金沢」と「小松」っていう土地名が違うのが遠い印象を醸し出してるのではないかと。というわけで小松9:20発、羽田10:25着のJALで戻り。で、出社。必死に原稿などやって、夜は九段下で密会(^_^;)。今回もお高いワイン(下記参照)をありがたくいただいて酔っ払いましたとさ。

競馬●イヌワシ賞。後続を引き付けて逃げた笠松トミノダンディが3コーナーから徐々に後続を引き離して楽勝。5~6番手から位置取りを上げたマヤノオスカーが3馬身差2着。さらに3馬身差3着にヒカルアルタイル。2番手を追走したグッドストーンは3コーナーから後退して9着。

本日のワイン●スパークリングを使ったカクテルのアペリティフをいただいたあと……。
ロワールのドメーヌ・デ・グリオットという造り手のムーサイヨンMoussaillon・ペティアン・ナチュレ。シュナンブラン100%、瓶内二次発酵の微発泡。なるほど、ペティアン・ナチュレという自然派の造りかたなのね。
プロヴァンスはヴァンドペイ・デュ・ヴァール(du Var)というところのレ・サラン・ブラン・ド・ロール(って読むのかな>Les Sarrins Blanc de ROLLE05。ROLLEというのが白の品種らしい。とっても肉厚な白。
グロ・フレール・エ・スールヴォーヌ・ロマネ03。マサチューセッツHを見に行った2004年にボストンのステーキやさんでコレ(もちろんヴィンテージ違い)を飲んだときはすんげーすっぱかったんだけど、これはちゃんと高級ブルゴーニュのお味でございました。
ラングドックのとっても有名な作り手さんらしいドメーヌ・レグリエールのAOCコトー・デュ・ラングドック、モンペイルー03
コント・アルマンComte Armand・ポマール・プルミエ・クリュ03。おおおおお、これはさらに高いブルゴーニュのお味でございましたのことよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2008

金沢で逢うアイスクリン

明日のイヌワシ賞の予想を送って、昼過ぎに金沢競馬場。3年ぶりか4年ぶりだろうか。地方競馬の競馬場では、姫路の次にごぶさたな競馬場となっていた。ダートグレードの白山大賞典をやってるのに、凱旋門賞とか盛岡の南部杯と近いのでなかなかタイミングが合わず。本日は金沢でばんえいのリレー発売につきそのイベント。山崎エリカねえさんと。金沢競馬の合間のトークショーは、仕切りがなんとわたし。ちょっと無謀だったけど素人なりにがんばりましたってことで。リレー発売のばんえいナイターの時間帯は及川アナに進行をやっていただいたので予想に集中できてよかった。想像していたよりたくさんの方に残っていただき楽しんでいただけたのではないかと。6~12レースまで7レース予想して、印のまったくないところで来られてしまったのは1レースのみ。それ以外はちゃんと印の範囲に収まってくれたので一安心。終了後は及川さんの待ち合わせに便乗させていただき花街の街並みを残した「空海」という居酒屋さん。デザートメニューに「1×1=1 アイスクリン」があったのでここは高知かと目を疑ったが、どうやらおかみさんが高知出身とのこと。ほかに「ごっくん馬路村」とか焼酎「ダバダ火振り」とか、メニューのところどころに高知色が満載であった。しかし「1×1=1 アイスクイン」はわざわざ高知から取り寄せてるんだろうか。おおおおお、ちゃんとホームページがあるのは初めて知ったよ。

競馬G1モルニー賞(ドーヴィル1200m,2yo c/f):前走G1フェニックスSは3着だったブッシュレンジャーが勝利。ジョニー・ムルタは今シーズンG1・17勝目。半馬身差2着にギャラハー。3着ロードシャナキル。1番人気シェイク・ハムダンのナークースNAAQOOSは5着。●G2ジャンロマネ賞(ドーヴィル2000m,4&up f/m):ゴドルフィンのフォークオペラが重賞初制覇。父シングスピールの4歳馬。1番人気シルヴァノ産駒のフェアブリーズは1馬身半差の2着。半馬身差の3着にハプスブルクHAPSBURG。●G2ケルゴレイ賞(ドーヴィル15F,3&up):ポンテトレサが昨年5月以来の勝利で重賞初制覇。短クビ差2着に重賞初挑戦のマドラッシュ。前走G1アスコットゴールドC3着で断然人気となったコースタルパスはここも3着。●G3ノネット賞(ドーヴィル10F,3yo f):前走G1ディアナ賞(独オークス)2着だったレディーマリアンが勝利。前走G2マルレ賞を勝って1番人気のトリートジェントリーが半馬身差2着。3着アルビソラ。●G1バレリーナS(サラトガ7F,3&up f/m):後方2番手追走のインタンガルーが直線外からまとめて差しきった。今年G1・3勝目。最後方からやや遅れて追い込んだミラキュラスミスが2 3/4馬身差2着。逃げ馬をぴったり2番手で追走した1番人気シュガースワールは3/4馬身差3着。逃げた2番人気ミスティカルプラン6着。●G2モリーピッチャーBCS(モンマスパーク8.5F,3&up f/m):2番手追走の断然人気ヒステリカレディーが3コーナー過ぎで逃げていたローリングシーをとらえると、直線では楽に8馬身突き放して圧勝。フルールドリス、デラウェアHからG2・3連勝でこのレースは連覇、グレードは通算7勝。昨年2着のレキシースターが1 1/4馬身差の3着。●G1パシフィッククラシック(デルマーAW10F,3&up):後方追走の1番人気ゴービトゥイーンが直線外から差し切り勝ち。ギャレット・ゴメスはデルマーマイルHと連勝。好位追走から直線先頭に立っていたウェルアームドが粘ってクビ差2着。3着マストトラック。連覇のかかったステューデントカウンシルは中団のまま見せ場なく5着。●G2デルマーマイルH(デルマー芝8F,3&up):後方3番手を追走した1番人気ホワッツザスクリプトが直線前との差を詰め、4頭接戦の叩き合いから抜け出した。BCマイルの出走権を得たが出走するには追加登録料が必要。3/4馬身差2着にボールドチーフテン。3着ゴールドハンター。●G2パットオブライエンBCH(デルマーAW7F,3&up):4番手につけたルイスマイケルが逃げていたバーベキューエディーをとらえ突き放した。昨年のG2ワシントンパークH以来のグレード勝ち。最後方から直線追い込んだリベリオンが2 3/4馬身差2着。バーベキューエディーはクビ差3着。ハナ差4着インサメーション。1番人気となった今シーズン緒戦のミッドナイトルートは後方まま見せ場なく10着。●G3ランチョバーナードH(デルマーAW6.5F,3&up f/m):好スタートから逃げた2番人気ディアレストトリックスキが押し切った。中団から直線外を追い込んだティズエレメントはハナ差届かず2着。好位追走のラティーが1馬身半差3着。1番人気マグニフィセンスはは5着。ルイジアナダウンズの厩舎にいるタイガーアイドという2歳牝馬!が出産。サドラーズウェルズ産駒のステークス勝ち馬が300頭に到達。これは歴代2位の記録で、1位はデインヒルの349頭。

本日のワイン●「空海」にてハウスワインの白をデキャンタで。梅酒のロックを1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2008

無敵の5連勝マーマレード

夕方金沢へ前乗り。長野まで新幹線。そこからは金沢の美食美酒を案内してくれる小太郎さんの車で。金沢に泊まるのは何年ぶりだろう。競馬では泊まった記憶がないからおそらく10年以上ぶりか。「いたる」という居酒屋で東京あたりではまず食べられない刺身と地物の野菜をいただく。その後「照葉」というワインバーへ。ここはちょっとした発見でしたね。その後もう一軒行って最後はあんまり記憶なし。
華月賞でボクを負かしたダイバクフがJRA札幌ダート1700mの500万下を勝った。ものすごいわずかなハナ差だけど。道営の3歳馬は芝で変わり身を見せて穴をあけるのはたまにあるけど、ダートはめずらしい。とりあえずそれくらいの力はあるということで。

競馬G1インターナショナルS(ニューマーケット10F,3&up):クールモアが用意したラビット、レッドロックキャニオンの2番手を追走したデュークオブマーマレードが早めに先頭に立ち押し切ってG1・5連勝。エイダン・オブライエンは今シーズンG1・18勝目。次走は9/6のG1愛チャンピオンS。直後でマークしたジャドモントファームのフェニックスタワーは3/4馬身まで迫るのが精一杯で2着。英ダービー馬ニューアプローチは2 1/2馬身差3着。●G2ロウザーS(ニューマーケット6F,2yo f):ハナ、アタマの接戦を制したのは、父エクシードアンドエクセルのインフェイマスエンジェル。2着ペニーズギフト、3着に前走G2クイーンメアリーS勝ちのラングズラッシュ。1番人気アフリカンスカイズは6着。●G2グレートヴォルディジュールS(グッドウッド12F,3yo c/g):伏兵のセンテニアルがG3クラシックトライアルに続いて重賞2勝目。1馬身半差2着にトップロック。1番人気パッカイはブービー4着。●G2セレブレーションマイル(グッドウッド8F,3&up):G1で3戦連続2着だったレイヴンズパスが断然人気にこたえ、2歳時昨年9月のG3ソラリオS以来の勝利。1馬身差2着にバンカブル。3着にゴドルフィンのサードセット。●G3プレスティジS(グッドウッド7F,2yo f):サドラーズウェルズ産駒の1番人気ファンタジアがデビューから2連勝。1馬身差2着にローズダイアモンド。3着に父ファルブラヴのエイプリルプライド。●G2フューチュリティS(カラ7F,2yo):アガ・ハーンの自家生産馬アラザンがデビューから2連勝。4馬身差2着にライヒルドリーマー。5頭出しのエイダン・オブライエンはグランドデュカルが3着で最先着。クールモアの1番人気ウエストファリアは7着。●G2ギヨームドルナノ賞(ドーヴィル2000m,3yo):父ケープクロスのラシアンクロスが重賞初出走で勝利。1馬身半差2着にG1プールデッセデプーラン3着だったリヴァープラウド。3着シティリーダー。●G3カルヴァドス賞(ドーヴィル1400m,2yo f):エルーシヴウェーヴがデビューから3連勝。半馬身差2着に1番人気アナアメリカーナ。3着クイーンアメリカ。G1トラヴァーズS(サラトガ10F,3yo):4番手追走のコロネルジョンが直線で先頭に立ち、後方から追い込んできたグレード初挑戦のマンボインシアトルをハナ差でしりぞけた。後方追走から内を突いた1番人気パイロは直線で前がカベになり5 1/4馬身離され3着。クビ差4着ハーレムロッカー。逃げたダタラは5着。G1キングズビショップS(サラトガ7F,3yo):離れた最後方追走のヴィジョネアが直線大外から豪快に差し切って勝利。2 1/4馬身離された大接戦の2着争いはデザートキーが制し、ハナ、ハナの差で3着アイムソーラッキー、4着ランタナモブ。前で競り合った組は総崩れで、1番人気ジェイビーケーも直線で一旦は先頭に立ったが6着に沈んだ。G2バーナードバルークH(サラトガ芝9F,3&up):4コーナーでも後方8番手だったシャキスが直線大外一気の追い込みで差しきり連覇達成。2番手追走のウォーモンガーが粘って3/4馬身差2着。最後方から押し上げたオペレーションレッドドーン3着。逃げたソーンソング4着。1番人気プラウディンスキーは6着。G3ヴィクトリーライドS(サラトガ6F,3yo f):断然人気のインディアンはスタート一息もじわじわと進出してハナを奪い直線でも先頭だったが、直線で伸びてきたポートボヌールが差し切って勝利。インディアンは半馬身差2着。3着インフォームドディシジョン。●G2デルマーH(デルマー芝11F,3&up):縦長の展開で単独5番手追走の断然人気スプリングハウスが3~4コーナーで進出しゴール前で抜け出し、トラックレコードでの勝利。BCターフの出走権を獲得したが、BCダートマラソンのほうに出る可能性もあると。直線勝ち馬と競り合ったトランスダクションが1馬身半差2着。逃げたユーガットミーロッキンが3 1/4馬身差3着。●G2プレイザキングS(ウッドバイン芝7F,3&up):3番手追走のジャストラッシングが直線抜け出し、昨年2着の雪辱。直線伸びたウォレミパインが1 1/4馬身差2着。2番手追走のオフデューティ3着。1番人気タムリンは9着。●G3カナディアンダービー(ノースランドパーク11F,3yo):中団追走のマッツブロークンヴァウが直線で1番人気テキサスワイルドキャッターを振り切り2 1/4馬身差で勝利。G3マリーンSに続いてのグレード勝ち。鞍上はエミリー・ラムサミー。伏兵クールヴェンチュラ3着。

本日のワイン●「いたる」では日本酒。天狗舞のなんだったか。おいしい魚にはやっぱり日本酒だなと再確認。「照葉」にて、オーボンクリマ・アロヨグランデヴァレー・リザーヴ・タリー97。かなり黄色みがかって熟成した白。うまいっ! シャトー・ペスキエ・カンテサンス04。ここでコレに会えるとは。2人で2本。飲みすぎです。最後の1軒は何飲んだんだか記憶なし。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 22, 2008

国を背負うオリンピック

「オリンピックは参加することに意義がある」って言葉、今の若い人たちは聞いたことあるかなあ。これっていつごろまで言われてただろうか。ロサンゼルスあたりまでは言われてような気がするけどどうでしょ。今にして思えばこれってなかなかメダルがとれなかったための都合のいい言い訳というか負け惜しみだよねえ。ま、でも昔も柔道とか体操とかバレーとか強かったからそうでもないのかなあ。日の丸を背負っているという悲壮感からくるものだったのかも。今はそういう悲壮感もほとんどなくなってきた感じだけど、ただ野球にだけはちょっとあるかなと。
ブログで自分の気持ちを表現するのも大変ね。「炎上しかけたら、営業や経理担当者まで動員することもある」って(^_^;)。有名人にブログを開設してもらうために「炎上は何が何でも消します」とかいう契約でもあるんだろうか。
いつもの終電1本前で帰宅して日曜の金沢での場立ち予想の仕込みを明け方まで。

競馬●ヨークイボアの延期代替開催。G1ヨークシャーオークス(ニューマーケット12F,3&up f/m):父ガリレオの1番人気ラッシュラッシュイズがコロネーションSに続くG1勝ち。1 1/4馬身差2着にダーレミ。3着ミチタ。●同じくヨークの代替G1ナンソープS(ニューベリー5F,2&up):セン6歳のボーダーレスコットが重賞初制覇でG1。半馬身差2着に南アフリカでマーキュリースプリンとなど短距離G1・2勝があるナショナルカラー。1馬身差3着にキングズゲートネイティヴ。前走G1キングズスタンドSを勝って1番人気のエキアノは4着。ベンバウン5着。しかし、このレースの冠がクールモアで、ヨークシャーオークスがダーレーなのね(笑)。●G2ジムクラックS(ニューベリー6F,2yo c/g):シェイク・アーメドの伏兵シャウィールがG2・4回目の挑戦で重賞初制覇。2 1/4馬身差2着にマスターノヴェーア。3着ジョーブ。●G1パーソナルエンスンS(サラトガ10F,3&up f/m):4番手の内を追走した断然人気のジンジャーパンチが4コーナーで外から進出、スタート後先頭も3番手に控えたレモンドロップマムと直線は2頭の叩き合い。首の上げ下げでジンジャーパンチがハナ差先着。次走は9/27のG1ベルデームS。3着に2番人気アンブライドルドベル。

本日のワイン●残りのリュー・ユニブラン・コロンバール07

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2008

ためしに芝を使ってみる

午後からグリーンチャンネルで収録。しゃべりうまくならんね。ま、2週間に1回でうまくなろうってほうが無理か。って、以前にも書いたような。そのまま直帰してもだいじょぶなところまで終わらせてあったのだが、週末不在にそなえ帰社して前倒しの原稿など。終電1本前で帰宅。行く夏を惜しんで夏らしい白ワインをごくごくと飲みながら冷蔵庫でしおれかけたきゅうりで夏の風物詩きゅうりもみをつくる。

競馬●G2ボールストンスパH(サラトガ芝8.5F,3&up f/m):2番手追走の断然人気ウェイトアホワイルが直線先頭に立ってこのレース連覇。次走は9/27のG1イエローリボンSで一昨年に続く2勝目を目指す。3番手から直線勝ち馬に迫ったキャリッジトレールが1馬身差2着。5頭立て最後方を進んだ2番人気ルザリアンが3着。ビッグブラウンがBCクラシックのプレップとして9/13モンマスパークの芝のレースを使うらしい。やっぱりね~。オールウェザーの馬場ってダートより芝の感覚に近いのかも。マカイビーディーヴァの初仔はフサイチペガサスの牝馬。デルマー開催のリーディング1、2位の調教師、ジョン・サドラー、マイク・ミッチェルそれぞれの管理馬の計28頭からステロイドの陽性反応があった。

本日のワイン●休肝日明けは南西地区コートドガスコーニュの定番、ユニブランとコロンバールのお安い白。暑い時期にキンキンに冷やしてと思って買っておいたんだけど消費が追いつかず、今日くらい夜が涼しくなるとそろそろ赤の季節という気もしてくるけど……。というわけでリューRIEUX・ユニブラン・コロンバール07。ん~、以前にも飲んだことあったけどイマイチ。同じタリケがつくってるユニブラン&コロンバールでもこっちのほうがおいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2008

金沢でばんえい売ります

そういえばお盆。当然実家には帰ってないのだが、連絡すらしていないことに気づいた。すまん>うちの親。通常出社で締め切りギリギリな夕刊フジの原稿と、締め切り余裕な競馬総合チャンネルの原稿。その他もろもろ。川崎に行くつもりでいたのだがものすごくギリギリの時間になってしまったので断念。人気どおりの結果だったのでまあ行かなくてもよかったかと。川崎に行かなかったことで明日やろうと思ってたことまでできたし。

で、お知らせ。24日(日)金沢競馬場でのばんえい競馬リレー発売で場立ち予想やります。北海道の各空港のおみやげやさんなどでは常に売り切れで入手困難な花畑牧場の生キャラメルなども抽選で当たります。お近くの方はぜひ。お近くでない方もぜひ。

競馬●スパーキングサマーカップ。直線後続を突き放して単独先頭に立ったのはエスプリベンだったが、中団追走から直線伸びたベルモントサンダーが余裕の差し切り勝ち。1番人気シンメイレグルスはエスプリベンをようやくかわしてクビ差2着。●トールポピーの下で父キングカメハメハ。ナサニエル。最後方追走から楽勝。強い。ヨークイボア開催がぜんぶ中止。重賞レースなどは、ニューマーケット、グッドウッド、ニューベリーなどで代替開催の予定。プリークネスS4着だったレースカーラプソディーが16日にモスクワ競馬場で行われたロシアダービーで4着。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 19, 2008

終電間際での弱い引き

昼間は暑くても、明け方はさすがに涼しくなった。窓開けっ放しで寝てたらあやうく風邪ひくところだった。週末も含めて5日も会社を空けるとさすがに雑務が溜まった。先週はほとんど電話がかかってくることもなかったのが、今週はいろいろと動き出しているようで電話がけっこうかかってくる。ゆえに原稿など作業の効率が悪くなり。こうして今週後半か来週あたりは会社泊の生活になるわけであります。夜。東武東上線の人身事故で線路が並行する埼京線もストップ。ちょっと無理してもう1本前に乗れば巻き込まれなかったのに引きが弱い。別路線で帰ることにして結果的にさらに引きの弱さを見せたのだが最悪の事態は逃れ、40分ほどの遅れで帰宅できたのでよしとする。

競馬●もしかしてエスプリシーズ産駒は初勝利?エスプリギャル本日のヨークイボア開催初日が中止となり、予定されていたG1インターナショナルSが金曜日以降に延期。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2008

17歳のダートグレード勝利

水沢競馬場へ。お盆明けだけに新幹線はそこそこ空いてるかと思ったけど甘かった。福島でけっこう降りたかと思ったら乗ってきた客で席がまた埋まり仙台までは満席。まだまだ夏休みモード全開。家族連れもいっぱいいたけどすぐうしろにいた関西弁のおっちゃんおばちゃんの団体がうるさくてまいった。水沢競馬場はいろいろとちゃんとイベントをやってるんだけどさすがにお盆があけちゃったからなのかお客さんはちょっとさびしい感じ。で、佐賀でのハンバーグ定食に触発されてイケてる定食屋@競馬場探しをすることに決めてしまったので、ここでも。「決めてしまった」と書いたのは、水沢ではまず期待できないだろうと思ったから。その期待できないだろうという期待は期待どおりだった(ややこしい)。いちばん定食が充実してそうなスタンド裏いちばん奥のお店で野菜炒め定食。うまいかまずいかと言われればうまいんだけど、これで800円かよというレベル。モツ煮が小鉢でついてたけど食えないし(苦)>わたし。口直し(なのか?)に特設テントで売ってた奥州牛の串焼き350円也。まあまあ値段なり。クラスターカップは中央4頭のうちもっとも人気がないのがタイセイアトムで単勝4.8倍。逆に地方馬の単勝1番人気はコアレスデジタルで46.5倍という極端な人気。いくらなんでもそんなに差はねーだろと思っていたら勝ったのはプライドキムだった。さすがGI馬(2歳時だけど)。川島正太郎くんでは、申し訳ないが買えなかった。おめでとうございます。大井のメインなんかにはよく乗ってたけど、重賞初騎乗だったとは帰宅してネットなどを見てから知った。それと。1秒も更新するコースレコードだったことも帰宅して原稿書いてるときに気づいた。お盆の3つのダートグレード。ブリーダーズゴールドCは当たり前な結果だったけど、佐賀と水沢はネタ的に見に来てよかった。

競馬●クラスターカップ。3番手につけたプライドキムが4コーナー絶好の手ごたえで先頭に並びかけると、直後まで迫った1番人気フェラーリピサを1馬身半差で振り切って勝利。3着トーセンブライト。勝ち馬を別とすれば2~7着あたりはきわめて順当な結果だったのだが。歴代3頭しかいない牝馬のケンタッキーダービー制覇の1頭、ジェニュインリスクが18日の朝に死亡。31歳は、生存していたケンタッキーダービー馬で最年長だったフィラデルフィアパークが9/13のプレジデンツCにビッグブラウンに出てもらおうという計画。BCに5回出走のタイ記録がかかっているベタートークナウだが、今年は出走しない意向。

本日のワイン●本日の原稿終了後、続きのファーングローブ・シンボルズ・シラーズ/ヴィオニエ07

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 17, 2008

脳みそが夏バテだろうか

親指をスライサーでざっくりいってから昨日で2週間、ようやく親指の絆創膏がとれた。それでも新しくできた皮がまだ薄いので、その部分に刺激があると痛い。しかしなんちゅー天気なんでしょ。雨が降ったり止んだり、ときに強く降ったり。気温は上がらず。お盆の時期にこんな涼しくなるのもめずらしいんじゃないかと。ま、暑いばかりじゃなくてたまにはこういう日もあったほうが地球的には健康的かなとは思うけど。気圧が低いからか原稿はかどらず。体力的な夏バテとかは無縁だが、移動中とかもずっと原稿だったので脳みそが夏バテかも。

競馬●福山金杯。直線を向いて先頭に立ったのはファニーカイザーだったが、ブラックパワーが外から差し切って勝利。連れて追い込んだ1番人気ナムラベンケイが1馬身半差の2着。ファニーカイザーが3着に粘り、逃げたアブソルートウインは直線後退して5着。G1ラインラントポカル(ケルン2400m,3&up):父タイガーヒルのオリエンタルタイガーが7馬身差圧勝でG1初勝利。G1ドイツダービー勝ちのカムジンが2着。前走キングジョージ2着で断然人気となったペーパルブルは半馬身差3着。(追記:その後オリエンタルタイガーから禁止薬物検出で失格。カムジンが繰り上がり1着)G1ジャックルマロワ賞(ドーヴィル1600m,3&up):シェイク・ハムダンの1番人気タマユズがG1ジャンプラ賞から連勝でG1・2勝目。武豊で臨んだディヴァインライト産駒のナタゴラは2馬身半差2着。3着メジャーカドゥー。●G2デビュタントS(レパーズタウン7F,2yo):クールモアのアゲインが勝利。3馬身差2着にOUI SAY OUI。3着レアランサム。すでにG3・2勝で1番人気となったクイスゲイールはブービー8着。●G2ロイヤルホイップS(レパーズタウン10F,3&up):これもクールモアで1番人気のキングオブロームがG3メルドSから重賞連勝。3馬身半差2着にアララジ、3着ズールーチーフ。●G3フェニックススプリントS(レパーズタウン6F,3&up):SNAEFELLが重賞初制覇。アタマ差2着にクールモアの1番人気ジョージバーナードショウ。3着KYNISKA。●G3デスモンドS(レパーズタウン8F,3&up):前走アメリカンオークスに遠征して4着だったカリビアンサンセットが勝利。4馬身半差2着にブライスナイト。3着ドーヴィルヴィジョン。1番人気ジャンバジュキバは大きく離されしんがり5着。●G3バリローンS(レパーズタウン12F,3&up):モーリーズウェルズが昨年のこのレース以来の勝利で連覇達成。3馬身半差2着にワシントンアーヴィング。3着に1番人気プロファウンドビューティー。●G3ロングエーカーズマイルBCH(エメラルドダウンズ8F,3&up):2番手追走の1番人気トロピックストームが直線を向いて先頭に立ったが、外から追い込んだワッサーマンが差し切り勝ち。地元ワシントン州産で鞍上は女性のジェニファー・ウィテイカー。連れて伸びたトゥルーメトロポリタンがクビ差2着。さらにクビ差3着にトロピックストーム。G1アラバマSを勝ったプラウドスペルはオールウェザーのブリーダーズCは使わないと。

本日のワイン●めずらしい王冠のフリザンテ。サンテロ・ヴィッラ・ヨランダ・プロセッコ・クラウン・ヴィノ・フリザンテ。ん~、いまいち。続きのテルモ・ロドリゲス、バサBasa 07。西オーストラリア・フランクランドリヴァーというところのファーングローブ・シンボルズ・シラーズ/ヴィオニエ07。シラーズに白品種のヴィオニエを混ぜちゃうんですかっ!と思ったけど、これがシラーズのギシギシのにヴィオニエの酸味が加わっていい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2008

イケてる定食屋@競馬場

20080815140005昨日の佐賀競馬場でちょっとした発見。指定席に上がったところにあるカウンターだけの定食屋さん「クルミ」。よくある喫茶店の定食メニューみたいな感じなのでこれまで素通りしていたのだが、ラーメンとかちゃんぽんとかを食べるには暑いし、ほかにメシっぽいもので食べたいものもなかったので、はじめてココで食べることにした。これがなかなかのアタリ。ぼくが食べたのはハンバーグ定食(800円・写真)でちゃんと手作りしてる感じの煮込みハンバーグ。同行のカメラマン氏が食べたオムレツ定食(700円)も競馬場の定食としてはかなりよかったと。油断してデジカメを持たず携帯での撮影だったのがちょっと残念。ヤキソバはほとんど食べたし、カレーもあんまり特徴がないので、これからは全国の競馬場でイケてる定食屋さん探しをしようかなと思った次第。とりあえずここまでのイケてる定食屋さんリスト入りは、この佐賀の「クルミ」と、名古屋のいちばんパドック寄り「大島屋」の味噌カツ定食

競馬●ばんえいグランプリ。いつもどおり先頭で障害を越えたナリタボブサップがそのまま逃げ切るかと思ったがゴール前で勢いをなくし、まさにゴール上で止まったところで後続が続々と。2番手に障害を越えたニシキダイジンが勝ち、最後伸びてきたスターエンジェルが2着で馬単は10万円。3着フクイズミでナリタボブサップはようやく4着。ナリタボブサップのあんな止まり方はめずらしい。●福山2歳戦。メンバー中唯一のアングロアラブが勝利。ニッセイマイン。今年アラブの2歳でデビューする馬がいたんだなあ。●G3ゴントービロン賞(ドーヴィル2000m,4&up):ボリドドーヴィルが昨年4月のG2アルクール賞以来の勝利。1番人気クロスハーバーが1馬身差2着、3着エラディケート。●G2ハンガーフォードS(ニューベリー7F,3&up):1番人気パコボーイが圧勝でG2連勝。4馬身半差2着にアルカシ。3着ビーヴァーパトロール。●G1アラバマS(サラトガ10F,3yo f):3コーナーからはゴドルフィン2頭とプラウドスペル3頭の争い。逃げたリトルベルをマークして進んだプラウドスペルが直線を向いて先頭に立つと、満を持して追い込んできたミュージックノートが並びかけ、直線半ばから2頭の叩き合い。最後まで譲らなかったプラウドスペルがミュージックノートをアタマ差でしりぞけ、4馬身半差3着にリトルベル。ミュージックノートはG1ケンタッキーオークスを勝ったが、G1マザーグースは2位入線も3着降着、CCAオークスは11馬身差2着で、その雪辱。ミュージックノートはアタマ差でNY牝馬3冠を逃した。●G1スウォードダンサーインヴィテーショナルH(サラトガ芝12F,3&up):縦長の後方2番手を追走したグランクチュリエが直線馬群の中から伸びて抜け出し、このレース連覇。例によって最後方追走のベタートークナウも直線外からよく伸びたが2馬身差2着。3/4馬身差3着に6頭立て最低人気のインターパテーション。1番人気ダンシングフォーエヴァーは5着。●G1デルマーオークス(デルマー芝9F,3yo f):後方2番手を進んだ最低人気のマジカルファンタジーが3~4コーナーラチ沿いを通って進出、直線で抜け出した。イギリスからアメリカに移籍して4戦目での初勝利がG1勝ち。最後方追走のベルエアシズルは大外から伸びて2馬身差2着。2番手追走から3コーナーで先頭に立ったリザルヒートは半馬身差3着。G1アメリカンオークス2着で1番人気となったサタンズサーカスは4着。●G3フィリップH.イズリンBCS(モンマスパーク9F,3&up):中団追走の2番人気オネストマンが直線半ばで先頭に立って突き放しステークス初勝利。最後方から押し上げた1番人気グラスホッパーが2 3/4馬身差2着。3/4馬身差3着にキスザキッド。逃げたゴッチャゴールド4着。●G3ガーデニアH(エリスパーク8F,3&up f/m):6頭立て最低人気のスウィフトテンパーが3コーナーで先頭に並びかけ直線で突き放した。父ジャイアンツコーズウェイ。昨年2月以来久々の勝利がグレード初制覇。4馬身半差2着に後方から位置取りを上げてきたマーキーデリヴァリー。3着アンフォーゴットン。断然人気ファンシーフサイチは4着。

本日のワイン●夏の定番になりつつある赤のフリザンテ、メディチ・エルメーテ・クエルチオーリ・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ。続きのテルモ・ロドリゲス、バサBasa 07

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2008

移動距離約三千キロかな

午前0時過ぎ、千歳のホテルにチェックイン。このタイミングで片付けようと決めていた原稿がすべて終わったのが午前3時近く。午前3時10分ごろ就寝、午前5時40分起床(泣)。朝イチのJALで千歳→羽田、乗り継いで羽田→福岡で、博多→鳥栖→佐賀競馬場と移動。その移動の最中にも予想原稿を1本。福山の金杯。お盆のこの時期、地方競馬の重賞予想はわんこ状態。前日か前々日に予想を書かねばならず、その後に昨日とか一昨日に予想したレースを見たりするので、いざレースを見るときには自分でどんな予想をしたのか忘れてしまってることもあったり。予想に限らず自分で書いた原稿はけっこう忘れてしまうこともあり、雑誌などを読んでて「コレ、前に読んだことあるなあ」とか思ってよく見たら、実は自分で書いた原稿だったなんてことも何度かあった。ま、一夜漬けの試験勉強みたいなもんですな。佐賀競馬場到着が13時半過ぎで、メシを食っていたらすんごい雨。たぶん最近流行の(流行なのか?)ゲリラ豪雨の範疇にはいると思う。たちまち馬場は川のような状態に。しばらくしたら止んでくれて、佐賀のコースはとても水捌けがいいようで、不良馬場ではあるもののメインのころにはところどころ水溜りがある程度という状態にはなってくれた。で、ヴァンクルタテヤマで逃げ切ったのが倉富隆一郎。赤木高太郎落馬負傷によってめぐってきたチャンスで、「赤木高太郎を落とした騎手に感謝しなきゃね。で、誰だっけ?」とぼくが言ってみたら、近くにい調教助手さんと思われる方が「川田ですよ」とニヤリとした。なるほど。今回は偶然にも佐賀の関係者の中でまわしたわけね。終了後はまっすぐ福岡空港。まさかこの時期の上り便に空席があるとはちょっとびっくりしながら予約していたのより1本前のJALに変更して羽田戻り。帰宅してさらにサマーチャンピオンの原稿など。長い1日だった。覚え書きも長くてスマンす。

競馬●笠松くろゆり賞。後方2番手を進んだロードバクシンが3~4コーナーでラチ沿いをするすると上がっていき会心の差し切り勝ち。逃げたエイシンアスワンが粘って2着。ボックスとは書いたものの予想も会心だった。●サマーチャンピオン。ハナを奪ったヴァンクルタテヤマが楽な手ごたえで突き放した。ガッツポーズ早すぎだよ(笑)。4馬身離れた2着争いを制したのはダンツキッスイで、キングスゾーン3着。イイデケンシンは向正面で手ごたえをなくしてしんがり負け。●G2レイクプラシッドS(サラトガ芝9F,3yo f):8頭立ての後方を進んだ2頭で決着。外から追い込んだバックシートリズムが直線抜け出して勝利。昨年のBCジュべナイルフィリーズ3着、アメリカンオークス7着だったがこれがステークス初勝利。馬群を捌いて伸びたローザグレースが3 1/4馬身差2着。2番手追走から直線一旦は先頭に立ったロウシルク3着。1番人気アイロストマイチューは見せ場なく5着。

本日のワイン●福岡空港サクララウンジにて。夜の博多近辺でもゲリラ豪雨があって出発が送れ待ち時間の間に生ビール(キリン)3杯(^_^;)。帰宅してスペイン、テルモ・ロドリゲスバサBasa 07。ぎしぎしのソーヴィニヨンブラン。と思ったら、ソーヴィニヨンブランは5%のみで、ベルデホ80%、ヴィウラ15%というスペインの固有品種でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2008

終焉間近旭川の盛り上り

旭川へ。当たり前だが駅や空港は家族連れが多く歩きにくいことこの上なし。旭川までは今年就航したスカイマーク。この時期当然のことながら正規料金しかなく、さすがに1万円以上も値段が違うとJALは使えない。本日は旭川泊ではないため宿はなくマクドナルドで2時間半ほどお仕事。競馬場へ向かうバスは立った人も満載で、近年では記憶がないほど。ユキチャンは出なくても場内はかつて旭川ナイトレースがはじまったころを思い起こさせるほどのお客さん。お盆開催の大レースで、今年最後となる旭川の見納めと思って来た方が多かったのだと想像。そのわりには2強の馬連複1.8倍という、いかにも馬券の売れないメンバー構成となったのがなんとも残念だった。終了後、鉄路で移動して本日は千歳泊。その車内でブリーダーズゴールドCの原稿ほぼ完了。旭川ナイトレースには毎年少なくとも1回は来たが、旭川に泊まらないのははじめてかも。ま、最終日のエーデルワイスでもう一度来るので。

競馬●摂津盃。ハナを奪ったトップハンデのモエレトレジャーが最後まで楽な手ごたえで直線突き放した。向正面で仕掛け4コーナーで並びかけた1番人気アグネスミステリーだが手ごたえ一杯で直線は突き放され3馬身半差の2着になんとか粘ったという感じ。3着マグマサイン。●ブリーダーズゴールドC。4コーナーで先頭に立ったサカラートだが、直後に迫っていたメイショウトウコンが直線じりじりと差を詰め最後はハナだけ出た。ヤマトマリオン3着で今年も中央が上位独占。カオリノーブルは4着。●G3ミネルヴ賞(ドーヴィル2500m,3yo f):父シングスピールの1番人気ダーレミが重賞初勝利。1馬身半差2着にダラカニ産駒のシェミーマSHEMIMA。3着アルパインローズ。●G2サラトガスペシャルS(サラトガ6.5F,2yo):3番手追走のランナウェイアンドハイドが直線を向いて先頭に立ち、並びかけてきたブレークウォーターエディソンを振り切って1 1/4馬身差で勝利。G3ケンタッキーBCSに続く勝利でデビューから3連勝。1番人気レイナルドザウィザードは3着。逃げたジョインインザダンス4着。

原稿たっぷりにつき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2008

直接対決しばし持ち越し

明日からの旭川行きを前に前倒し原稿がいくつもあり黒潮盃は断念しようかとも思ったのだが、メリット・デメリットをさまざまに天秤にかけ、結局行くことにした。今年の南関東は京浜盃や羽田盃がその後につながらないというめずらしい年。ならば他地区の馬にもチャンスがありそうだけど、今年の3歳は全国的にこれといった馬が出てこないのでやっぱり南関東勢というか船橋勢が上位独占。実は東京湾カップ組のレベルがいちばん高かったりして。結果、メリットはあまりなかったのだが、あるかどうかは行ってみないとわからないので。というわけで本日は飲みには行かずそっこー帰宅で原稿の続き。結局午前4時近くまでかかってしまった。

競馬●王冠賞。断然人気のボクは、縦長の展開で5番手追走も徐々に位置取りを上げ、4コーナー先頭で後続を突き放して2冠達成。3番手から一旦5番手に下げたフットソウルジャーが直線競り勝って2着。3着コルチャック。●黒潮盃。3番手から向正面でやや下げたギャンブルオンミーが直線外から伸びて差し切った。スタート後は最後方も徐々に位置取りを上げたジルグリッターが直線で一旦は先頭に立ったものの3/4馬身差で2着。3着ジャイアンツゲットと、船橋勢が上位3着までを独占。●ヨシノイチバンボシの下、ティアラマドンナがフレッシュチャレンジで4馬身差の勝利。●G2アディロンダックS(サラトガ6.5F,2yo f):逃げたマニバヴァンが直線後続を楽に突き放してデビューから2連勝。7馬身差がついた2着争いからはドレミファソラチドが抜け出した。ハナ差3着にプリティプロリフィック。1番人気ボールドユニオンは中団まま4着。ビッグブラウンがウッドウォードに出てきたら、カーリンのオーナージェス・ジャクソン氏がChild Care Association’s Anna Houseに5万ドル寄付すると。しかしビッグブラウンはそこは使わず、それでは9/27のGIジョッキークラブゴールドCでどうかと。どうもBCクラシックまでは対戦はないようで。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2008

三条競馬場で国体の馬術

三条競馬場が馬術競技の会場になるらしい。三条ではまだ馬券も売ってるし、どんな状態になってるのかちょっと行ってみたい気はする。中津、三条、足利、上山、高崎、宇都宮、岩見沢、北見と、競馬場が廃止されてしまった街にはいずれもその後一度も足を運ぶことがなくなってしまった。高崎くらいなら馬券も売ってるしすぐに行けそうなもんだけど馬券ならネットで投票できるしねえ。南部杯で三連休パスを使うときにでもちょっと行ってみるかなあ。そして旭川も今年限りで足を運ぶことがなくなってしまう街になりそうだ。
しかしさすがにダンボールで饅頭をつくっちゃう国だけのことはある。足跡花火口パク。いや、ダンボール饅頭は捏造とされたが、あれは絶対あったと思う。

競馬去年のGIパシフィッククラシック、今年のGIピムリコスペシャルなどを勝ったスチューデントカウンシルが今シーズン限りで引退し、来年からミレニアムファームで種牡馬入り。牝馬ながら今年のケンタッキーダービー2着のエイトベルズの記念セレモニーが9/7にダービー博物館で行われるマグナが競馬場として開発しようとしていたオカラの土地を売却。

本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 11, 2008

知らぬ間にお高いワイン

夜。競馬仲間たちで九段下の「東京タヴァーン」というワインのたくさんあるお店にお集まり。毎度のことながらお互いの不健康自慢や、当然のことながらオリンピックや高校野球をネタに盛り上がる。どこからそういう話になったのか、最近ワイン高いですよねえという話になったのだが、高騰する前に仕入れたらしいボルドー某5大シャトーのワインが驚きの価格で飲ませていただけるということになって、それを飲む会をやる約束をした(ような)。

競馬日曜日の大雨で中止となったカラの開催で行われるはずだった3つの重賞は今週末にレパーズタウンで行われる。サラトガは夜通しの雨で、カーリンの調教場所がオクラホマの調教場に移された。

本日のワイン●東京タヴァーンにて。本日限りのスパークリングワイン飲み放題という企画でひたすら泡を何種類か。作り手はチェックしなかったけどやっぱりクレマン・ド・ブルゴーニュが断然おいしかった。そのほかに赤。ニュージーランドのカイツナヴァレー・カンタベリー・ピノノワール03ミシェル・マニャンモレサンドニ・プルミエクリュ・レ・シャフォ06。トスカーナのマッキオーレ・ロッソ00。ちょっと奥さん!カウンターでいただいたの、どれもいい値段じゃないですか!残念なことに味を覚えているのは最初のピノだけ。いちばん高い(と思われる)ミシェル・マニャンにいたってはメモを見るまで飲んだこと忘れてたし(苦)。あ~もったいない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2008

マルシャンドールの3連覇

本日はばんえい大賞典くらいでほかにこれといって予定もなく家でだれだれに過ごしてしまった。つい見ちゃうよねオリンピック。窓拭きとか風呂掃除とかやらないといけないんだけどつい後回し。来週末か再来週末ってことで誓いをここに書いておく。閉店1時間前を切った魚屋さんで値下げされた刺身を購入。かつおのタタキが150円とかになっててついつい買いすぎたよ。2日に大量出血した右手親指のその後。2~3日前までは不意にぶつけたりするとかなり痛かったりしたんだけど、昨日あたりからは痛痒いような感じで直りかけてきた。と思ってちょっと親指を酷使したらまた血がにじんできたり。医者には「5日くらいで直りますよ」と言われていたのだがもう1週間以上。表面しか診なかったお医者さんの見立てよりはるかに傷は深かったってことでしょう。ま、洗いものをするときに右手だけビニールの手袋をしないといけないのと、生卵を割ることができないくらいで、それ以外は特に不便はないんだけど。キーボードを打つのに支障がないのがなにより。

競馬●ばんえい大賞典。先頭で障害を越えたライデンロックが一気に歩いて完勝。4番手に障害を越えたウメノタイショウが最後伸びて2着。カイセテンザン粘りきれず3着。4着ウィナーナナ。G1モーリスドギース賞(ドーヴィル1300m,3&up):1番人気のマルシャンドールが前走ジュライCからG1連勝で、このレース3連覇。3/4馬身差2着にジャドモントファームのアフリカンローズ。3着ベリフロアー。5着はクールモアのユーエスレンジャーとアストロノマーロイヤル、それからゴドルフィンのダイアボリカルの3頭が同着だった(のか?)。●G2ポモーヌ賞(ドーヴィル2500m,3&up f/m):6頭立て最低人気のアヴァンティポロニアが勝利。1馬身半差2着に吉田照哉さん所有で昨年のG1リディアテシオ賞を勝っているテュルフロゼ(ターフローズ)。3着ビリーヴミー。1番人気アンナパヴロワは5着。●大雨でカラの開催が中止。重賞は月曜日にやるのか?●G2ベストパルS(デルマーAW6.5F,2yo):前が競り合う展開で、後方から大外を進出したケリーリークが1位入線も直線内に寄って4着に降着。道中最後方から直線伸びた1番人気アズルレオンはハナ差2着も繰り上がり優勝。G3ハリウッドジュヴェナイルチャンピオンシップSからグレード連勝。ゴール前競り合ったダーレーのコロネットオブアバロンが3/4馬身差2着。直線挟まれて不利を受けたチャーリーズモーメントが3着。

本日のワイン●ヴーヴ・デーフォー・キュヴェ・プレステージ・メトード・トラディショナルNV。またまた〆にルイ・ジャドマール

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2008

カルダモンがわかる26歳

長野から帰る日の定番は大平庵。いつもの鴨せいろ大盛をいただいて昼過ぎの新幹線で帰宅。夜、妻のいとこのさっちゃん(29歳)が初めて彼氏(26歳)を連れてくる。ということでお料理当番。若者向けにキャベツとツナとカラムーチョのサラダ。マグロのガーリック風味カルパッチョ。ものすごく久々のキーマカレー。過去のエントリを検索してみたところ2006年1月以来実に1年7カ月ぶりらしい。チャパティもつくった。「カルダモン入ってますね」と彼氏。たしかに今日はカルダモン(パウダー)を多めに入れた。26歳でスパイスがちゃんとわかるとは恐るべし。

競馬●G3スイートソレラS(ニューマーケット7F,2yo f):1番人気レインボーヴューが6馬身差圧勝でデビューから2連勝。2着にシェイク・ハムダンのミスダケヤMISDAQEYA。3着マイナーヴァンプ。シャーガーカップはジェラール・モッセがリーディングライダーになってヨーロッパチームが94ポイントで優勝。武豊は第1、2レースを連勝してその他の国が57ポイントで2位。●G1アーリントンミリオンXXVI(アーリントンパーク芝10F,3&up):フランスの伏兵スピリットワンが逃げ切り勝ちでG1初制覇。1番人気アーキペンコは3番手を追走し直線では前に勝ち馬、外にマウントネルソンがいて出すところがなく脚を余した感じで追い込みきれず3/4馬身差2着。ぴったり2番手を追走したクールモアのマウントネルソンは1馬身半差3着。2番人気アインシュタインは5着。●G1ビヴァリーDS(アーリントンパーク芝9.5F,3&up f/m):2番人気モウララカナが4番手追走からゴール前抜け出してGI初制覇。来年はオーストラリアに連れて行く予定らしい。最後方から追い込んだコミュニケが1 1/4馬身差2着。3着トキードキーダ。逃げたドリーミンオブアンナは4着。2番手追走の1番人気プレシャスキトゥンは5着。●G1セクレタリアトS(アーリントンパーク芝10F,3yo):4番手追走のウィンチェスターが直線を向いて先頭に立つと後続を突き放して圧勝。前走愛ダービーは7着、北米初出走でグレード初制覇。7 1/4馬身差2着にプラン。G2アメリカンダービー勝ちがある逃げた1番人気ディズデジャヴは3着。●G2ラホヤH(デルマー芝8.5F,3yo):離れた2番手追走のスカイケープが直線で抜け出して3連勝でグレード初制覇。1馬身半差2着に直線入口で先頭に並びかけたタングルドタンゴ。後続を離して逃げたリベリアンフライターは3着。1番人気ティズウエストはしんがり10着。●G3モンマスオークス(モンマスパーク8.5F,3yo f):ハナを奪った伏兵マレンズメドウが逃げ切ってG3バーボネットBCオークスに続くグレード勝ち。アコマが4番手から追い上げ4馬身半差2着。同オッズ1番人気のワーリーバーティー、アフリカンヴァイオレットが3、4着。

本日のワイン●プランス・ド・ルルム・ブランドブラン・ブリュットNVオリオール・ロッセール・ロゼ・ブリュットNVヴーヴ・デーフォー・キュヴェ・プレステージ・メトード・トラディショナルNV。っと、泡を3本飲んでようやく赤、南アフリカのザ・ダーク・サイド・カベルネソーヴィニヨン・シラーズ05。濃い。さらにルイ・ジャドマール・ド・ブルゴーニュまでいって撃沈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2008

たしかに避暑地な軽井沢

本日はお休みさせていただいた。夕刻、軽井沢の脇田美術館へ。渡辺香津美さんのライブ。軽井沢は新幹線ができてからはじめて下車したのだが。近いじゃん、うちから。終わってからでも帰れるし。そうとは気づかず迷わず長野泊まりにしてしまったよ。さすがに軽井沢は涼しい。でも人多い。中国人とか韓国人らしき観光客もいっぱいいた。アコースティックライブで「天国への階段」など、ライブは盛り上がって予定時間をかなりオーバーしてたらしい。終了後、美術館の中庭でのガーデンパーティー。地元の食材をなどがふんだんに使われたものばかりでおいしい。これで7000円ならかなりお得。というわけで終了後は中9日で長野。深い時間まで飲んだ。

競馬●東海クイーンカップ。直線を向いて先頭に立ったのは1番人気アジュディサクセスだったが、中団から進出してきたオグリオトメが直線半ばで一気に差し切った。オグリキャップの近親かあ。イーストミー3着、クロスウォーター5着。●G3ギヴサンクスS(コーク12F,3&up f/m):ハイチャパラル産駒の3歳アンサングヒロインがデビューのメイドン勝ちから連勝。2馬身差2着にハサンカHASANKA、3着アーケイディナ。愛オークス4着で1番人気となったチャイニーズホワイトは12着。大雨でサラトガの開催が中止。スーダンがアーリントンミリオン除外。ポリトラックのコースでクオーターホースのレースが9/12のターフウェイパークで初めて行われる。キーンランドがブリーダーズC開催を目指しての拡張計画シーキングザダイヤがヒルンデールファームで種牡馬入りするというニュース

本日のワイン●ガーデンパーティー@脇田美術館にて、ロバート・モンダヴィのウッドブリッジ、シャルドネカベルネソーヴィニヨン。景家屋台にて、グラスでロスヴァスコスのカベルネソーヴィニヨンオーボンクリマ・サンタマリアヴァレー・ピノノワール06。ワシントン州コロンビアヴァレーのマシュー・セラーズMatthews Cellarsレッド02。←このリンク、ラベルが2003なのでセパージュが違いますね。たしかマルベックとかも入ってたような。さらに黒糖焼酎「朝日」だったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2008

肉じゃがのできる男40代

空が青い。なるほど立秋か。気温は30度を超えてはいるものの、感じる空気はなんとなく秋という感じがしてくる。と思ったのも朝のうちだけ。午後2時前のいちばん暑い時間帯に打ち合わせに出かけたのだが。あぢ~よ。アスファルトの上を歩いていると危険を感じるくらいにあぢぃんですけど。というわけで本日は打ち合わせが入ってしまったためノー残業は断念。あさっての予想原稿やって、ブリーダーズカップの取材申請。毎年いろいろと厳しくなっている。
帰宅してジャガイモが余りぎみだったのでなんとなく肉じゃがをつくってみる。たまたま見つけた「だしも水もいっさい使わない肉じゃが」(肉は牛でなく豚を使用)でつくってみたのだが。これがウマイ! 焦げないの?とも思うけど、ふたをしてれば水分があまり飛ばないのでわりとだいじょうぶ。ただ最後は弱火にしないとちょっと焦げたけど、またその醤油の焦げたところもおいしいし。煮るというより炒める感じなので、タマネギの存在感がなくなるのでタマネギは2個にしてもいいかも。しかし世間ではよく「肉じゃがの作れる女性はポイントが高い」とか言われるけどホントかね。おいしい肉じゃがの作れる男40代、どうでしょう。

競馬●イノセントカップ。スタート最後方も向正面から進出したワンダフルクエストがゴール前差し切って最後は余裕のガッツポーズ。連れて押し上げたリロが2馬身差2着。ワンダフルクエストを負かすにはこれしかないという大逃げのカネマサディールは半馬身差3着。4着以下は大差。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2008

いよいよやばいかマグナ

さすがに今日はノー残業にはならんかった。夕刊フジの連載があり、競馬総合チャンネルの連載も締切は明日だけど念のため今日やっておいたほうがいい状況になったので。それにしても北京オリンピックが盛り上がってない気がするんですが、みなさまにおかれましてはいかがでしょうか。いや、競技ひとつひとつの結果はそれなりに気になるものの、オリンピック全体として盛り上がってないというか。むしろテロかなんか事件がおきるんじゃないかということのほうが気になってる雰囲気ありありで。もはやオリンピックの開催国になるのはプラス面よりマイナス面のほうが多くないか。今回の北京は当然のことながら、長野でも結果的にそうなったし。

競馬●リリーカップ。今回は好スタートから3番手につけたアンペアが直線で先頭に立ち、追ってきたイケノナインを振り切って勝利。おめでとうございます。●ラブストレングスがこの距離なら強い。●タキオンスピリットがA2まで楽勝で7連勝。●G3ソレントS(デルマーAW6.5F,2yo f):中団追走のエヴィータアルゼンティナが馬場の中央から伸びて勝利。デビューから2連勝。父は03年のパシフィッククラシックを勝ったキャンディライド。1番人気スターダムバウンドはさらに外から追い込んだが1馬身差2着。直線一旦は先頭に立ち3着に粘ったグリッターシティーは直線で斜行して4着に降着。2番人気エミーダーリンが繰り上がりで3着。マグナが負債を減らすためにとうとうサンタアニタの所有権を売りに出すと。ビッグブラウンはウッドウォードは使いません。

本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 05, 2008

カーリンはやっぱりダート

すごい天気。池袋は赤道直下の熱帯雨林か。普通なら雨雲というのは西から東へと移動するものだが、10分ごとに自動更新される東京アメッシュを見ていると、赤色の「猛烈な雨」が豊島区あたりを中心に居座ったまま。5人が流された(らしい)下水道は弊社から徒歩5分くらいの場所ですよ。そんな豪雨と雷の中、ずっと会社にいたけど、降り始めたのは出社後だったし、帰るころはちょうど雨雲がなくなってくれたので個人的にはほどんど影響なし。あっ、スカパーが映らなくなったりとか、夕方ネットが異常につながりにくくなったりとかいうちょっとした影響はあったけど。本日はちゃんとノー残業が実現し19時半には退社。会社帰りに池袋西武で買い物ができるという普段なら考えられないような時間で、夏物一掃バーゲンでジャケットを買って帰宅。

競馬ファシグティプトン・サラトガ・イヤリングセールでストームキャット産駒が200万ドル。お買い上げはクールモア。カーリンの次走は8/30のウッドウォードと発表。とりあえず凱旋門賞は断念。その後は9/20のマサチューセッツHか9/27のジョッキークラブゴールドCを使ってBCクラシックと。そのBCクラシックの前にパシフィッククラシックでオールウェザーを経験することも考えたけど、西海岸の往復はたいへんなのでやめた。ただBCはクラシックではなくターフを使う可能性もあり、その後はJCとかJCダートとか香港とかいろいろな選択肢が。来年も現役を続ける可能性もありと。G1ロートシルト賞を勝ったゴルディコワがBCへ。フィリー&メア・ターフか、マイルか、レディーズクラシックのどれか。

本日のワイン●ヴーヴ・ド・ボール・ブリュット・レッドラベル・ブランドブランNV。それからいただきものの〆張鶴をちょっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2008

実現できるか?ノー残業

昨日から暑さが一段と増したような。昨日も今朝も目覚めたときは汗びっしょり。家では冷房はまったくといっていいほど使わないので。で、会社に来るだけでTシャツが水浴びしたような状態になった。今週は南関東の重賞もないし、連載の原稿以外に急いでやらなきゃいけないような仕事もなし。というわけで今週は自主的にノー残業ウイークにしようかと思い立った。で、家で夕飯を食うと。家で夕飯を食うなんてことは、週末家にいるとき以外ありえないので。目標20時までに退社。がしかし。初日からいきなり21時半過ぎ。家に着いて用意して、結局メシを食い始めたのは22時半過ぎという不健康な時間帯になってしまった。ま、弊社には定時とか残業とかいう概念がそもそもないんですがね。

競馬●MRO金賞。ハナを奪ったノーブルシーズが3コーナーから後続を徐々に離しにかかり直線も楽な手ごたえで4馬身差の圧勝。後方追走から向正面でロングスパートのキヌガサスターが直線でも外から伸びて2着。3着ハンサムケンタ。東海ダービーを勝って1番人気のヒシウォーシイは2番手追走も直線ばったりで7着。●G2競馬殿堂博物館S(サラトガ芝9F,3yo):後方追走の2番人気ウェズレーが直線外から差し切ってステークス初制覇。逃げたブービー人気のゾウスウェルが粘って半馬身差2着。ハナ差3着ディールメイキング。1番人気エイドリアーノは4着。●G2ニジンスキーS(ウッドバイン芝10F,3&up):2~3番手追走のシーサイドリトリートが前で粘る1番人気ストライクアディールをゴール前で1馬身とらえてトラックレコードでグレード初制覇。2 1/4馬身差3着にフレンチベレー。カーリンの次走は5日の午後1時に発表すると。

本日のワイン●めずらしいポルトガルの白。キンタ・ド・ロケスという作り手のキンタ・ド・コーレイヨ・ダン・ホワイト07。マルヴァジア・フィナ45%、エンクルザード25%、セルシアル20%、ビカル10%って、いずれも聞いたことないぶどうたち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2008

とりあえずビッグブラウン

週末の夕飯に刺身を買うときは、武蔵浦和駅ビルに入ってる魚屋さんの閉店1時間前、午後7時過ぎに売れ残って値下げになったものを狙って買いに行くようにしているのだが、そうするとたまにはこういう大物にありつけることもあったりするのよ。で、昨日のことなのだが。いつものとおり午後7時ちょい過ぎに行くと秋刀魚の刺身が大量に売れ残ってた。1皿(たぶん1匹分)のデフォルト価格がたしか680円で、そこから3度に渡って値段が書き換えられ、なんと200円!(喜)。もしかして東京近郊では秋刀魚を生で食べるという習慣はあまりないのかも。ぼくも秋刀魚が刺身で食べられるのを知ったのはかなり大人になってからだったし、その売り場でぼくのすぐ隣にいらしたご夫婦の奥様は「アジのたたき?」とか言ってたし。というわけで、セレクトセールの帰りがけに寄った居酒屋、ラベンダー賞後の函館の鮨屋に続いて、今シーズン3度目となる脂のたっぷりのった秋刀魚を200円!でおいしくいただきましたとさ。

競馬●G1ロートシルト賞(アスタルテ賞・ドーヴィル8F,3&up f/m):好位追走から馬場の中央を伸びたゴルディコワがG1初制覇。後方から外ラチ沿いを進出したダルジナは半馬身届かず2着。1番人気で逃げたナタゴラは2馬身差3着。●G3カブール賞(ドーヴィル6F,2yo):シルヴァーフロストが1番人気アベイサイドをクビ差でしりぞけ勝利。3着マッダズフォース。●G1ディアナ賞(独オークス・デュッセルドルフ11F,3yo f):G2独1000ギニー2着だったローゼンライアが重賞初制覇。父キャッチャーインザライのアイルランド産。クビ差2着にレディーマリアン。3着バイラミー。G1ハスケルインヴィテーショナルH(モンマスパーク9F,3yo):2番手に控えた断然人気のビッグブラウンが、逃げた伏兵コールプレイをゴール前でとらえ1 3/4馬身差で勝利。ゴールでは余裕があったけど4コーナーから直線での反応はそれほどでもなく楽勝という感じでもなかった。目標はBCクラシック。4 1/4馬身離れた3着に2番人気クールコールマン。●G3オーシャンポートS(モンマスパーク芝8.5F,3&up):一団馬群の5~6番手を進んだ1番人気の8歳馬シルヴァーツリーが、逃げたジャイアントレッカーをゴール前でクビ差とらえて差し切り勝ち。早め好位にとりついたホットスタッファンゼンサムがアタマ差3着の接戦。●G3マッチメーカーS(モンマスパーク芝9F,3&up f/m):後方追走から4コーナー大外をまくったジェイレイが直線抜け出してG3・3勝目。1 3/4馬身差2着にダイナズラッシー。クビ差3着にコーズィキャピタル。好位追走の1番人気パリスウインズは4着。●G1ジョンC.メイビーH(デルマー芝9F,3&up f/m):ニュージーランド産で断然人気のブラックマンバがラチ沿いから位置取りを上げ、直線で抜け出した。G2ビバリーヒルズHから連勝でG1初制覇。大外から追い込んだ最低人気のアイキャンシーが半馬身差2着。逃げた2番人気パシファイドが粘って3着。●G2フォースターデーヴH(サラトガ芝8.5F,3&up):直線を向いて先頭に立ったのはスターリングラッドだったが、道中同じ3~4番手を進んだレッドジャイアントが差し切ってクビ差勝利。昨年10月のG2ジャマイカH2着以来10カ月の休み明けだった。僅差2番人気のソーンソングは1馬身差3着。ブリーダーズS(ウッドバイン芝12F,3yo):マーランMARLANGが逃げ切り勝ち。調教師デボラー・イングランドは女性として2人目のブリーダーズS制覇。2 3/4馬身差2着にSLIGOVITZ。1冠目のクイーンズプレート3着で断然人気となったソリテアは3着。2冠目のプリンスオブウェールズS2着のイーストエンドタップは7着。トッド・カベルが体重の問題で今年はお休み。

本日のワイン●バロン・ド・マルティネイ・ロゼ・ブリュット。ここのところ連日スパークリングでござる。続きのモンジャール・ミュニュレ・ブルゴーニュ・ピノノワール05。いただきもののうなぎ(国産・冷凍)を食べながらと思ってあけたピノだけど、うなぎに至らないうちに飲み干してしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2008

親指ざっくりと大量出血

やっちまいました。昼。スライサーでキャベツの千切りをわしわしと大量作成していたら、勢い余って親指をざっくりと。切ったという程度の生易しいものではなく、えぐったという感じ。大量出血(T_T)(T_T)(T_T)。皮だけちょっと切ったりとか、大根おろしですりむいたりとかは何度かあったけど、血がドクドクとでるほどのは実家にいるころに一度記憶があるだけで、少なくともここ10年はなかったような。最初は痛さを感じなかったものの1時間くらいしてからズキズキと。親指の先に心臓がついたみたい。キーボードのスペースキーを叩くときに当たる場所とは微妙にずれていてよかったけど、不意にどこかにぶつけるとすげー痛い。腰の痛さを忘れるほどの親指の痛さよ。こういうのってがっつり落ち込むよね。仕事で大失敗をしたときみたいな。

競馬●G1ナッソーS(グッドウッド10F,3&up f/m):アタマ、アタマ、クビの大接戦を制したのはクールモアのハーフウェイトゥヘヴンで、愛1000ギニー勝ちから久々の実戦でG1連勝。前走G1コロネーションSを制し、断然人気となったラッシュラッシュイズは2着。3着パッセージオブタイム、4着ヘヴンセント。●G3プシケ賞(ドーヴィル10F,3yo f):1番人気トップトスが接戦を制した。短クビ差2着に前走ようやくメイドン勝ちの伏兵チャンジングスカイズ。ハナ差3着にG1ディアヌ賞4着のプロヴィソ。●G1テストS(サラトガ7F,3yo f):断然人気インディアンブレシングが5頭一団の3番手追走から3~4コーナーで先頭に立つと直線突き放して圧勝。GI・4勝目。7馬身差2着に2番人気のスウィートホープ。離れた最後方追走のミズマーガレットエイチが3着。●G3アーリントンオークス(アーリントンパークAW9F,3yo f):3~4コーナーで一気にまくったスカイマムが逃げていたドリーミングオブリズに直線で並びかけ、最後は1馬身突き放してグレード初制覇。2 3/4馬身差3着にアップルマティーニ。1番人気デイオブヴィクトリーは4着。●G2クレメントL.ハーシュH(デルマーAW8.5F,3&up f/m):8頭立て最後方追走の断然人気ゼニヤッタが直線を向いて危なげなく抜け出しトラックレコードで勝利。デビューから7連勝。ブービー人気モデルが1馬身差で食い下がって2着。5 1/4馬身離れた3着にタフティズシス。4着ロマンスイズダイアン。●G3ウエストヴァージニアダービー(マウンテニア9F,3yo):後方集団を追走していたレディセットが3コーナー付近で一気に進出すると、直線を向いて内から抜け出しステークス初勝利。次走は9/1のG2ペンシルヴェニアダービー。外から追い込んだウェブジェムがアタマ差2着。3馬身差3着にリアルアピール。1番人気チェロキーアーティストは4着。●G3ロイヤルノースS(ウッドバイン芝6F,3&up f/m):3番手追走のアクロニズムが直線で抜け出し完勝。G2オナラブルミスSをスキップしてこっちを選んでグレード初勝利。3 3/4馬身差2着にベッキーシャープ。先行した1番人気マリーナバレリーナは3着。

本日のワイン●ちょっとだけ余ってたコノスル・コンバージョン・シャルドネ07サンクレール・ブリュット・ヴァンムスーモンジャール・ミュニュレ・ブルゴーニュ・ピノノワール05

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2008

40代のおじさんだけどね

午前中は竹見さんち訪問。昼飯はLAZONA川崎のフードコートにある「すみれ」でどす黒いスープの醤油ラーメン。最近ラーメン食べ過ぎな気がする。一時期は月に1回と決めていたのに、最近は週に1回に近いかも。最近食事に関する自制がちょっとゆるくなってきた。といっても平均的な40代のおじさんたちと比較するとカロリーはだいぶ控えめだと思うけど。自炊してるし。てか、自炊って普通は一人暮らしの人が使う言葉だよね。でもだいたい自分でやってるから自炊のほうが雰囲気は合ってるような。週のヤマ場の木曜日が過ぎてダレダレな金曜日。ダレダレにやってたら結局終電。といっても金曜日の終電は接続待ちやらなんやらで確実に遅れるので終電1本前で帰宅。野菜が悲鳴を上げはじめているのでその処理を。枝豆をゆでる。小松菜を胡麻和えに。夏の風物詩きゅうりもみは、たっぷりわかめにミョウガもたっぷり入れて具沢山。終了は午前2時半。

競馬●G2リッチモンドS(グッドウッド6F,2yo c/g):クビ、アタマの接戦を制したのは重賞連続3着だったプロリフィックで、デビュー5戦目で重賞初制覇。2着に1番人気のギャラハー。3着レーヴドソレイユ。●G3グローリアスS(グッドウッド12F,4&up):06年の英セントレジャー勝ち馬シックスティーズアイコンが1番人気にこたえて勝利。1馬身差2着にギャラクティックスターで、ガリレオ産駒のワンツー。クビ差3着ライオンサンズはヨーロッパではめずらしいストロナックステーブル。●G3オークツリーS(グッドウッド7F,3&up f/m):ジャドモントファームの1番人気ヴィジットがG3プリンセスマーガレットSに続いての重賞勝ち。前走G3ブラウンズタウンS勝ちのシャイアンスターがアタマ差2着。3着シェイク・ハムダンのシャビーバSHABIBA。●G2オナラブルミスS(サラトガ6F,3&up f/m):5頭立て最低人気のエニーリミットが直線突き放して逃げ切り勝ち。G2ファーストフライトHから連勝でグレード4勝目。次走は8/24のG1バレリーナH。5 3/4馬身差2着にゼーダベル。3着グレームシックス。2番手を追走した1番人気ミスメイシースーは直線沈んで4着。今年のブリーダーズCからはアナボリックステロイド使用には厳しく対処すると。発覚したら1年間の調教停止。3度やったら永久追放。改修中のサンタアニタのメイントラック。

我慢して連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »