« June 2008 | Main | August 2008 »

July 31, 2008

ようやく引退ラヴァマン

午後からグリーンチャンネルの収録。あいかわらずしゃべりが進歩しないね>自分。ま、練習とかしてるわけではないので当たり前か。2週か3週にほんの1時間ほどしかしゃべらないのにそれでうまくなったら天才だよね。終了後、そのまま直帰の可能性も、とも思ったのだがやることをいくつも思い出して帰社。直帰どころか終電までやっても終わらず。少々やり残したまま終電で帰宅。毎週のことだけど仕事的にはヤマ場な木曜日であった。

競馬●フサイチホウオー、トールポピーの下で父キングカメハメハのナサニエルが直線だけで楽に突き放し大差の圧勝。脚元があやしいので道営デビューらしい。G2グッドウッドC(グッドウッド16F,3&up):イエーツが7馬身差圧勝でこのレースは一昨年に続いて2勝目。今シーズン3連勝。2着に伏兵タングステンストライク。ゴドルフィンの1勝馬サガラが3着。●G3フィリーズS(グッドウッド14F,3&up f):ガリレオ産駒のグラヴィテーションが1番人気ゴドルフィンのフォークオペラを短頭差でしりぞけて重賞初勝利。3 1/2馬身差3着にミラクルシーカー。●G3アウディS(キングジョージS・グッドウッド5F,3&up):伏兵エンタイシングが勝って、2歳時のG3モールコムS以来2年前ぶりの重賞勝ち。1馬身差2着にマスタプラスタ。1番人気ゴドルフィンのダンディマンは1 1/4馬身差3着。噂されていたラヴァマンの引退が決定。●サラブレッドタイムスのブリーダーズCのサイト

本来なら月曜の長野翌日に休肝日にしたいとこだったけど、その後外飲みが続いてようやく本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2008

マイルGI・4連勝ヘンリー

午後から某所で某企画の提案。通るといいなあ。会社戻りで原稿。何本書いたんだっけ? ほとんどあきらめていたのだが、なんとかメドをつけて大井競馬場へ。馬券師Nさんと邂逅。といっても、最近地方の競馬場でよくお会いする。同じケイバをやっているといっても、かかわり方がまったくといっていいほど違うので、話していてもいい意味でドキドキする。で、サンタアニタトロフィー。馬連単は当たったけど3連単ハズレでトリガミ。こういう買い方してるからダメなのよね。

競馬●サンタアニタトロフィー。5~6番手追走の1番人気チェレブラーレが3コーナー手前で早めに仕掛け、前にいたマズルブラストと直線では馬体を併せての叩き合い。最後はチェレブラーレがクビだけ前に出た。3着ベルモントノーヴァ。G1サセックスS(グッドウッド8F,3&up):断然人気のヘンリーザナヴィゲーターが3番手から先頭に立ち、追ってきたレイヴンズパスをアタマ差でしりぞけて勝利。英・愛2000ギニー、セントジェームスパレスSから今シーズンはマイルのG1ばかりを4連勝。レイヴンズパスは3戦連続でマイルのG1で2着。3 1/4馬身差3着にメジャーカドゥー。●G2ヴィンテージS(グッドウッド7F,2yo):前走G2コヴェントリーS5着だったシェイク・ハムダン・ビン・モハメドの1番人気オリザバORIZABAが勝利。父はオーペン。スパイツタウン産駒のロードシャナキルが1 1/4馬身差2着。3着セイフ。

本日のワイン●品川のいつもとは違うイタリアンぽい店で。ドネリ社レッジャーノ・ランブルスコ・ロッソ・アマビーレ
帰宅して何日か前にあけたコノスル・コンバージョン・シャルドネ07

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2008

飲んでる間に雷雨は過ぎ

長野より定時出社。近いね長野は。企画書とか見積とか夕刊フジの原稿とか。終わらんかと思ってたけど予定の19時までに完了。暑気払いということでL社と合同で神田のスペイン居酒屋へ。料理はまあ値段なり。ワインもスペインのお手軽価格なのがそれなりにあったのだけど、メニューに生産地区と商品名だけ書かれていたのではまったく選べないですよ。せめて軽いとか重いとか、さっぱりとかこってりとか程度は書いてくれないと。できればセパージュも。店員さんだってそんなことまでちゃんと教育されてるわけじゃないだろうし。宴をはじめてすぐに雷が鳴りだし、どうやらけっこうな雨が降ったらしい。総武線だか中央線だかの高架下の店舗なので雨の音などもあまり聞こえず、雷雨はわりと他人事のうちに過ぎていったみたい。完全に雨が上がるまでちょっと余分にアルコールを摂取したけど。

競馬●読売レディス杯。好位追走のシールビーバックがゴール前差し切ってサマーカップに続く重賞勝ち。2番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったファストシャラポワが粘って半馬身差2着。テーマミュージックも追い詰めハナ差3着で、東海勢が3着まで独占。タヤスツヨシが死亡。●G2ベットフェアC(レノックスS・グッドウッド7F,3&up):パコボーイが重賞2勝目。クビ差2着にショワジール産駒のスティミュレーション。1番人気のインファリブルは5着。●G3ゴードンS(グッドウッド12F,3yo):前走G2キングエドワードVII世Sで2着だった断然人気コンディットが重賞初制覇。アタマ差2着にDONEGAL。3着に2番人気ヘブリディーン。●G3モールコムS(グッドウッド5F,2yo):シェイク・ハムダンのフィンジャーンFINJAANがデビューから3戦目での重賞初制覇。アタマ差2着にボニーチャーリー。3着JARGELLE。前走G2ノーフォークS2着で1番人気となったスピンサイクルは5着。06年のG1サンタアニタダービーなどを勝ったブラザーデレクが引退。エアドリースタッドで種牡馬入り。

本日のワイン●アリカンテ地区のボコパ・ラウデュム・ナチュール・オーガニック06。リオハのエルコト・クリアンサ04。泡でサンクレール・ブリュット・ナチュール。サングリアもたくさん飲んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2008

旭川で走ると思ったのに

ユキチャン補欠2番ですか。そうですか。たしかにJpnIIを1勝したくらいじゃ地方のダートグレードなら除外されても当然だけども、しかし。除外というのは不意を突かれた感じ。例年のブリーダーズゴールドCならグレード勝ってないような馬も出れることがあるのに。しかも回避してくれそうな馬もいないし。強いて言えばスウィフトカレントにはご遠慮願いたいところ。
夕刻長野へ。小太郎さん51回目の盛大なバースデーパーティーに参加させていただく。50名くらいは集まったんでしょうか。スタートが早かっただけにだいぶ飲んだ。「スタートが何時でも終わる時間は結局同じなんだよね」とどなたかがおっしゃっていたが、まさに。最後は結局20年前のわたしがいるインディアまで行ってしまった。

競馬●G2アムステルダムS(サラトガ6.5F,3yo):向正面中間で先頭を奪ったのは1番人気デザートキーだったが、4番手から3~4コーナーで進出した2番人気コディアックカウボーイがアタマだけ差し切った。スティーヴ・アスムッセンからラリー・ジョーンズに転厩して初戦だった。次走は8/23のG1キングズビショップ。3着デヴェロー。サラトガのダートで調教中のカーリン。凱旋門賞に行くかどうかまだ考え中。8/16芝のG1スウォードダンサーインヴィテーショナルHか8/30のG1ウッドウォード、または8/24のG1パシフィッククラシックに行く可能性も。17連勝を目指していたペッパーズプライドは予定していた8/2のリンカーンHを回避予定。

20080728204816本日のワイン●テタンジェ・ブリュット・レゼルヴNV。なんと!6Lボトル。うめ~、シャンパーニュ。さすがにフルボトル8本分だとなかなかなくならない。
カステル・デル・モンテ・ロッソ・カンティーナ・クリフォ04。なんと!5Lボトル。
写真の真ん中は大きさ比較のための普通のフルボトル。
その後泡盛をいただく。
景家屋台に移動しワインに戻ってオーボンクリマ・サンタマリアヴァレー・ピノノワール06。おいしいね、ABC。
ロスヴァスコス・カベルネソーヴィニヨン06
さらに店を変えてマイヤーズのソーダ割り。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 27, 2008

夕立の夜にかぼちゃカレー

さすがに函館では食いすぎだったようで太目残り(汗)。とはいえ脂っぽいものとか肉類とかはあんまり食ってないので。と、都合のいい言い訳をしておく。正午近くの灼熱の中でジョギングして体を絞った気になる。午後3時過ぎ、すでに夕方のような暗さになり、18時前にはかなりな雷雨。外を見ると大雨が西から東方向へほぼ真横に降ってる。最近ではちょっとした夕立程度ではあんまり涼しくはならないけど、さすがに今日くらい降ると夜は気持ちいいくらい涼しくなった。ちょっとやそっとの雨では涼しくならないのは、それだけアスファルトが熱を溜め込んでいるんだろう。今日も気温が下がったとはいえ、夜のあんまり深くならない時間にすでに道路が乾いていたし。
夜。冷蔵庫のかぼちゃを処理せねばならん状態だったためカレーにする。いまやネットで検索すれば料理のレシピなんてものはいくらでも出てくるので、料理本なんて買うことはまずないのだが、東京カリ~番長の本だけは別。「感動!炒カレー」は感動というか目から鱗。基本的には、具材はフライパンで炒めて、あらかじめ熱湯で溶いておいた市販のルーを入れてほんの数分煮込むだけというもの。読み物としてもおもしろい。

競馬●福山マイラーズカップ。3番手追走から3~4コーナーで突き放したブラウンコマンダーが直線突き放して圧勝。船橋時代のクラウンC以来の重賞勝ち。7馬身離れた2着争いは1番人気ナムラベンケイ。ハナ差3着リスティアグリー。●北斗賞。先頭で障害を越えたナリタボブサップが独走で楽勝。離れた2番手で越えたミサイルテンリュウはやはりゴール前が甘くなり、トモエパワーに差された。フクイズミは障害6番手から追い込んだがミサイルにコンマ1秒届かず4着。●G1フェニックスS(カラ6F,2yo c/f):クールモアのマスタークラフツマンが4馬身半差で圧勝。G2レールウェイSに続く勝利でデビューから3連勝。エイダン・オブライエンは今シーズンG1・15勝目。無敗対決のもう一方、前走G2コヴェントリーSを勝って3連勝中、1番人気となったアートカノサーART CONNOISSEURは2着。3着ブッシュレンジャー。●G2ロベールパパン賞(メゾンラフィット1100m,2yo c/f):イタリア調教馬ルイレイが、断然人気PERCOLATORを半馬身差でしりぞけ勝利。2馬身離れた3着にセニョールミラソル。●G2ユジェーヌアダム賞(2000m,3yo):前走G1セントジェームスパレスS3着で1番人気となったジャドモントファームのトワイスオーヴァーが勝利。3/4馬身差2着にシティリーダー。クビ差3着にCHINCHON。●G1バイエリシェスツフトレネン(ミュンヘン2000m,3&up):リンガリが昨年10月のG1ヴィットリオディカプア賞に続くG1勝ち。1番人気プレシングは2馬身差2着。3着フェアブリーズ。エガートン5着。●G1ビングクロスビーH(デルマーAW6F,3&up):馬群から取り残されるように最後方を追走した1番人気ストリートボスが4コーナー大外を回して直線で差し切りトラックレコードで5連勝。1馬身差2着に連覇を狙ったインサメーション、3着ジャングルプリンス。逃げた2番人気バーベキューエディー8着。●G2ジムダンディS(サラトガ9F,3yo):縦長の4~5番手追走のマッチョアゲインが直線で抜け出した。後方から差を詰めた1番人気パイロは半馬身届かず2着。3着ティズナウティズゼン。3番手以下を離して競り合ったダタラ、ミントレーンはしんがり7着とブービー。●G3シーグラムカップS(ウッドバインAW8.5F,3&up):ラチ沿いの3~4番手から一旦中団に下げたアーティーホットが直線で内から抜け出してグレード初制覇。鞍上エマジェイン・ウイルソン。2番手追走から直線で一旦は先頭に立ったトゥルーメトロポリタンが半馬身差2着。3着パラディオ。

本日のワイン●スプマンテでベリーノ・サンディリアーノ・グランキュヴェ・ブリュット
続きのトートワーズクリーク・ピノノワール06
チリのコノスル・コンバージョン・シャルドネ07

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 26, 2008

空が広い函館の街を散策

早起きしてネットの更新とか予想原稿とかを11時のチェックアウトぎりぎりまで。このまま競馬場に行っても早すぎるので函館朝市とか駅の近辺をぶらぶらと。函館の街っていいよねえ。空が広くて。高いビルといえば駅前のホテルくらいだし。てか、せっかくの景観なんだから高さ5階かせいぜい7階くらいで制限すればよかったのに。あえて観光客相手にどんな商売をやってるのかを体験すべく、どんぶり横丁市場で朝飯兼昼飯。外見こそこじゃれた感じになったけど、このあたりはぼくがはじめて行った20数年前とあんまり変わらない感じ。ただ昔は「どんぶり横丁市場」なんて名前はついてなかったような。最近は物流もめちゃめちゃ速くなったから、ここでありがたがって2千円近くも払わなくても、東京あたりでもちょっとした魚屋さんで食材を買えば同じようなもん食えるじゃん、というのが結論。ごはんがかわいい量だったので、しばし散策したのち駅近くの「海峡ラーメン」やさんで塩もやしラーメン。さすがに食いすぎ。午後1時ごろ函館競馬場へ。JRAのKさんに話を通していただいたので臨時の取材証もすぐにもらえた。とはいっても取材するのはラベンダー賞だけなので、それまでは普通の客。三浦皇成をどのレースで狙うかというのがテーマだったのだが、それが8レースでばっちりハマって本日のプラスが確定。ラベンダー賞は、取材でもありアンペアの応援でもあり。今年の地方勢はイグゼキュティヴが惜しい3着というのみで残念。松風町の鮨屋で残念会をしたのちJALで帰京。というか帰玉。

競馬G1キングジョージVI&クイーンエリザベスS(アスコット12F,3&up):中団内を追走していた断然人気のデュークオブマーマレードが最終コーナーで外に持ち出すとあっという間に抜け出した。そこへやや遅れて仕掛けたペーパルブルが並びかけてきて一旦は完全に前に出る場面もあったが、デュークオブマーマレードが差し返して半馬身差をつけた。今シーズンはガネー賞からG1・4連勝。9馬身離れた3着にユームザイン。●G3プリンセスマーガレットS(アスコット6F,2yo f):父ジョハネスバーグのアフリカンスカイズがデビューから3戦目での初勝利が重賞勝ち。1馬身差2着にローザビー。3着エクセレレーター。●G2ヨークS(ヨーク10.5F,3&up):G1プリンスオブウェールズS、G1エクリプスSともに3着で1番人気のパイプドリーマーが重賞初制覇。1馬身半差2着にゴドルフィンのキャンパノロジスト。ハナ差3着スパセウスSUPASEUS、4着ハリカナサス。●G1ホイットニーH(サラトガ9F,3&up):最内枠からハナを奪ったコメンテーターが後続を寄せ付けず逃げ切って圧勝。05年のこのレース以来のG1・2勝目。BCクラシックの出走権を獲得。後方から押し上げたステューデントカウンシルが4 3/4馬身差2着。3着グラスホッパー。勝ち馬を追った僅差1番人気のソーラーフレアーは7着。●G1ゴーフォーワンドH(サラトガ9F,3&up f/m):単勝1.2倍の断然人気ジンジャーパンチが好スタートも3番手に控え、3コーナーから直線入口までは前がカベになったが、直線半ばでようやく前が開くと楽々と抜け出して勝利。グレード3連勝でこのレース連覇。G1は5勝目。さらに連覇のかかるBCレディースクラシックの出走権獲得。次走は9/27のG1ベルデームS。2番手追走のコッパーステートが食い下がって1 1/4馬身差2着。3着インディスクライバブル。逃げた2番人気ムーンキャッチャー4着。●G1ダイアナH(サラトガ芝9F,3&up f/m):最後方追走のフォーエヴァートゥギャザーが直線外から豪快に差し切って勝利。昨年のG2フォワードギャルSに続いてグレード2勝目。BCフィリー&メアターフの出走権獲得。2番手追走のダイナフォースは直線一旦は先頭に抜けたものの3/4馬身差2着。やはり後方から押し上げたルザリアン3着。後続を離して逃げたバイユーズラッシーは6着。1番人気ウェイトアホワイル7着。●G2アルフレッドG.ヴァンダービルトH(サラトガ6F,3&up):シャドウェルの1番人気アブラージが4番手追走から直線で外に持ち出すと楽に差し切ってステークス初制覇。BCスプリントの出走権獲得。2馬身半差2着にファーストディフェンス。逃げたサンマルコ3着。ソーズエコー4着。1番人気の予定だったバスティンストーンズはザ石でスクラッチ。●G2サンクレメントH(デルマー芝8F,3yo f):中団に控えたストームメサが直線外から伸びて勝利。前走G3アイオワオークスに続くグレード勝ち、初の芝挑戦で5連勝達成。次走は8/16のG1デルマーオークス。1 1/4馬身差2着にタシャズミラクル。向正面で先頭に立ち直線まで粘ったミスティオーシャンはアタマ差3着。1番人気ミシット4着。

本日の酒●鮨「せん葉」にて。暑かったので生ビールを1杯。その後純米吟醸の冷酒をたっぷり飲んだ。帰宅して冷やして赤、トートワーズクリーク・ピノノワール06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2008

函館前日入りで偶然久々

通常出社で懸案だった競馬ブックの原稿を校了。JALの夕方便で函館へ。この時期普通運賃しかなく、無料航空券では当日朝便はとれなかったので前日入り。と、羽田に向かう途中で失態に気づいた。取材証、持ってきてないじゃん。中央のGIとかならそういう心構えもあるので忘れたことはないのだが、ラベンダー賞ということで、なんとなく地方の取材みたな気分になってたからかも。忘れたとかいうレベルではなく、完全に意識の外に飛んでいた。ま、臨時の取材証を発行してくれるでしょうと思うことにする。函館空港で函館駅方面のバスに乗ろうとするところで、JRAのKさんを発見。ボクがまだ単なるファンだったころ、ニフティのパソコン通信時代につながった方。ホテルにチェックインしたあと、久々に一献。しかしパソコン通信て、その後のインターネットの時代を考えると超短命だったよなあ。

競馬●G2レイクジョージS(サラトガ芝8.5F,3yo f):直線で抜け出したのは、シャドウェルのアルワジーハだったが、内を突いた2番人気マイプリンセスジェスが差しきった。G3ボイリングスプリングスSに続くグレード勝ちで3連勝。3着ズィーズィー。わざわざルメールを連れてきて1番人気となったフランスのムースオウショコラは、4コーナーで前との差をつめたものの直線後退して離れたしんがり6着。逃げていたスティーリンキスイズが直線で不利を受け審議になったがそのまま確定。ビーシャープソナタがトッド・プレッチャー厩舎へ転厩。メイダンのトレーニングトラックにタペタを導入。って、たしかアルクォーズの調教場にもタペタを入れていたような気がしたので、いまさらニュースにせんでも。

本日のワイン●ホテル裏の居酒屋にて。はこだてワインの白、ハーフボトル。ん~。一応辛口の白ワインではあるが・・・。銘柄失念の冷酒を1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2008

やっぱいちばん厳しいのか

ちょっと必要があっていろいろ調べていたのだが。現在の地方競馬で賞金がもっとも低いのは高知で間違いないのだが、預託料と出走手当の金額を調べてみたら、馬主にとってはばんえい競馬がもっともキビシイ状況であることが判明。ちょっとショック。まあこれより下がないと考えれば、それはそれで救いなんだけど、やっぱり下はありえないよなあとも。

競馬●サラ・クイーンカップ。ゴール前の接戦を制したのは、中団から進出したイーストミー。3番手追走の金沢ケイアイブランコが粘って2着。出遅れたカキツバタフェローはラチ沿いから進出して惜しい3着。人気のクロスウォーターは見せ場なく6着。●G3タイロスS(レパーズタウン7F,2yo):クールモアのリップヴァンウィンクルがデビューから2連勝。デビューから3連勝でG3アルバニーSまで勝った1番人気クイスゲイールCUIS GHAIREは1 1/4馬身差2着。3着ヴィラソル。●G3メルドS(レパーズタウン10F,3&up):前走G1ドイツダービー6着で1番人気のキングオブロームが重賞初制覇。父モンジュー。2馬身差2着にヴィンセント・オブライエンのロードアドミラル。3着マスタミート。●G2サンフォードS(サラトガ6F,2yo):ダーレーのストリートクライ産駒、デザートパーティーが4頭立て2番手追走から3~4コーナーで一旦は最後方に下げたものの、直線でラチ沿いから抜け出して勝利。逃げたオフィサーアイポッドが3 1/4馬身差2着。3着ヴィンヤードヘイヴン。

本日のワイン●プランス・ド・ルルム・ブランドブラン・ブリュット。何日か前にあけたワシントンヒルズ・シャルドネ06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2008

どうやって伝えようかと

夕方、ちょいとJRAへ。取材、というか、かねてからの疑問を解決に。で、自分の中ではかなり消化できたのだが、それを文章で簡潔に伝えるのはかなり難しい。そもそも速度と時間と距離との関係が感覚的にわかってくれないと理解するのは無理だし。さて、どうしたもんか。ただ、伝えるのが難しいということは、自分の中でも完全に消化できているわけではないということでもあるのだが。そもそもこんな細かいことにこだわらなければよかったとも思うけど、いろんな面で勉強になったと思うのも確かだし。そんな気持ちを引きずりながら、懸案だった原稿を朝まで。なにやらわけのわからん話でスンマセン。基本は自分の覚え書きってことで。

競馬●兵庫サマークイーン賞。先行争いからやや離れた6番手追走のフサイチミライが向正面で進出、直線で5馬身突き放した。逃げたオチャメデヒアが2着。後方から押し上げたサンペールウルトラ3着。断然人気アドマイヤチャチャは向正面で手ごたえがなくなり4着。●はぁとのマサノウイズキッド、好タイムで2連勝。●それにコンマ1秒差のフレッシュチャレンジ、スーパーマークン。●G3ヴィシーオーベルニュ大賞典(ヴィシー2000m,3&up):ハプスブルクHAPSBURGが重賞初勝利。短クビ差2着にジャドモントファームの1番人気コカブ。3着ボリドドーヴィル。●サラトガ開催初日。G3スカイラーヴィルS(サラトガ6F,2yo f):好位追走のジャーディンが直線の接戦から抜け出してデビューから2連勝。2番手を追走していたカメロンクレイジーズが4馬身差2着。3着ガールフレンオンザサイド。ウイニングカラーズの仔として注目された1番人気オーシャンカラーズはしんがり9着。

会社泊につき連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2008

偶然だけで殺される時代

朝イチの羽田行きで東京戻り。連休明けなのにぎちぎちの満席。夏休みの北海道便はずっとこんな状況なんでしょうか。さすがに梅雨の明けた東京はあぢぃ。
しかし八王子の殺傷事件。そもそも精神状態がオカシイ人とかは別として、かつては絶望とかするとだいたいは自殺という方向に向かっていたと思うのだが(もちろん今でもそういう人はいると思うが)、大阪の私立小学校での殺傷事件あたりからどんどん他人に向かうようになってきたような。駅のホームの端に立って「もしかして今、ドン、と押されたら死ぬ?」とか考えると、殺されるかもしれない恐怖は日常生活にいくらでもあるし。

競馬今年のフロリダのリーディングサイアー、トリッピが南アフリカへ。土曜日のG1ホイットニーHで4連勝がかかっていたジャイアントギズモが右前脚骨折で戦線離脱。

旅帰りにつき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2008

パソコンの設定どうしたら

中7日で帯広競馬場へ。JRAジョッキーDAYということで。重賞とかではなくイベント色の強いレースの取材にはあんまり出かけないのだが、去年見に行かなかったら「えっ?来ないんですか」「行かなかったんですか?」的な反応をいくつかいただいたので、一度くらいは見ておこうかと思った次第。とはいうものの、プレミアムラウンジのソファー席を予約した上に、一度食べてみたかった煉瓦亭のお弁当(最上の2000円也)まで頼んじゃったので、取材というより普通に馬券を買って楽しんでる人みたいだったけど。エキシビジョンレースそのものより、むしろ楽しみにしていたのが、レース前の中央ジョッキーの練習。がしかし、去年の経験組は出てこず、今年新規参加騎手のみだったのがちょっとがっかり。それでも馬がデカいからか、ソリに乗るのはさすがに慣れてないからか、腰が引けて、というか、はっきり言うとへっぴり腰だったのはちょっと面白かった。誰かはナイショ。で、エキシビジョンレースは、たしかにお客さんというより中央のジョッキー自身が楽しんでるなあという感じ。楽しいよねえ、ばんえい競馬。
夜。ホテルに戻って焦る。ネットにつながらん。東急インは何度も泊まったことがあって安全パイだったのだが、明朝までに原稿のやりとりをしなければいけないので。きわめて丁重フロントにに文句を言って部屋を変えてもらったのだがダメ。そして。なんと!。ホテルがレンタルしているパソコンだとすいすいとつながるではないか。さて、こっちのパソコンの問題とわかり、どうしたもんかと思案。自費でとなりのパコに宿を変えようかとも思ったけど、一晩800円也のレンタルパソコンとウェブメールを駆使してなんとか急場をしのいで事なきを得た。去年の凱旋門賞あたりからウェブメールが大活躍中(汗)。普段いろんなところで問題なくつながってるパソコンが、ある場所ではまったくつながらなくなるというとき、どういう対処法があるんでしょうか。教えてください>詳しい方。日本ならネットカフェとかマクドナルドに行くとか、いざとなれば近くの安いホテルを探して移るとか、パソコンの設定をいじらずとも力技の対処方法はいくつもあるけど、外国に行ってこうなるかもしれないことを想像するとなんともオトロシイあるよ。

競馬●マーキュリーカップ。先行勢はフィフティーワナーがエイシンロンバード、シンメイレグルスなどと競り合って出入りの激しい展開。直線を向いてもフィフティーワナーが粘っていたが、道中5番手あたりに控え3~4コーナーから直線で外から並びかけてきたサカラートが交わして1馬身半差で勝利。ヤマトマリオンがシンメイレグルスを交わして3着。エディーリードHでしんがりだったラヴァマン引退か。ペッパーズプライドが日曜日のリンカーンHで17連勝を目指す。

本日のワイン●プレミアムラウンジにてサッポロビールのばんえい十勝缶を1本。居酒屋にて、十勝ワイン「トカップ」白のハーフボトル。梅酒をロックで1杯。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 20, 2008

お別れとお祝いを兼ねて

夜、ディアボラへ。ご自身でお店を出されることになった金田シェフが本日最後のお勤めということで、そのお別れ会というか、門出を祝してというか、そんな感じでディアボラは遅い時間までほぼ満席。プレゼント贈呈のとき、まったくのフリーで来ていたカップルが1組だけいて、何事かと驚いていたのがおかしかった。翌日午前便で帯広行きにつき、かなり抑えて飲んでるつもりが、日付変更線を大幅に超えるロングランとなり結局はけっこうな量を飲んでたみたいだ。帰宅は午前3時ごろだっただろうか。どうやら宴は朝まで続いていたようだが。

競馬●せきれい賞。最後方追走の断然人気ボスアミーゴが3コーナーから外を回って進出。直線じりじりと伸びゴール寸前で差し切った。外から追い込んだマヤノグレイシーがアタマ差届かず2着。直線を向いて一旦は先頭に立ったクルセイズが粘って3着。●吉野ヶ里記念。中団追走のオリオンザクロノス、そのうしろのザオリンポスマンが向正面から進出。直線ではこの2頭の叩き合いとなり、最後はオリオンザクロノスがクビ差だけ出た。離れた3着にシルクエレメント。●G1ドイツ賞(デュッセルドルフ2400m,3&up):父インザウイングスの牡4歳のアドレルフルックADLERFLUGが圧勝でドイツダービーに続くG1勝ち。7馬身差2着にキジャノ。さらに離れた3着にイッツジノ。●G1エディーリードH(デルマー芝9F,3&up):6頭立て最後方追走の2番人気モンザンテが直線大外から豪快に差し切った。昨秋イギリスから移籍し、北米での初勝利がG1制覇。最大目標はBCマイル。半馬身差2着に内から抜けてきた1番人気ホワッツザスクリプト。逃げたストームミリタリーは3/4馬身差3着。いつから勝負服変わったラヴァマンは2番手を追走するもしんがり6着。ベルモントパークの春夏開催の最終日が中止になった。

本日のワイン●ディアボラにて。
まず泡。ロンバルディア州のフランチャコルタDOCG、カデルボスコ・フランチャコルタ・ブリュット・キュヴェ・プレスティジ
白はヴェネト州のヴィニャルタ・コッリ・ユーガネイ・シャルドネ06
赤の1本目。トスカーナ、モッレリーノ・ディ・スカンサーノDOCのPOGGIOSALVI I BUTTERI 06。サンジョヴェーゼ90%、アリカンテ5%、メルロー5%。
赤の2本目。フラテッリ・ジャコーザのバローロ・ヴィーニャ・マンドルロ96
その後、ジョルジュデュブッフとか、ボルドーとか、どこからか出されてきた赤ワインをいろいろと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2008

なんちゃってイタリアン

昨日「梅雨明けてんじゃないの?」ってタイトルにしたら、まさに今日が梅雨明け。昔は梅雨明けっていうと、まさにその日からいかにも夏っ!ってな陽気になったけど、最近は梅雨明けの境目がはっきりしないよね。本日はお休み。といってもいつものとおりネットの原稿とかはあるわけだけど。で、夜はお料理教室で知り合った向かいのマンション(!)にお住まいのKさんご夫妻をお招きしてお食事当番。メニューは、ルッコラ・ベビーリーフ・ホワイトアスパラのサラダをオレンジマヨネーズドレッシングで。ホタテとキウイのカルパッチョ。トマトとバジルの冷製パスタ。メインはおひさしぶりねのズッパディペッシェ(ブイヤベースのイタリア風)。Kさん奥様ご謹製のトマトとバジルのパンをお持ちいただき、これがズッパディペッシェにぴったんこ。残念ながら写真はとってません。

競馬●高知トレノ賞。後方から3~4コーナーで外をまくったロマンタッチがゴール前差し切り勝ち。別府真衣重賞初制覇。おめでとうございます。直線競り合った人気3頭、オオキナキタイ2着、ルタンティール3着、ビッグフリート4着。西川敏弘も2000勝。エスケープハッチ54勝。●G3メシドール賞(メゾンラフィット1600m,3&up):シェイク・ハムダンのラシンガーが昨年5月のG2ミュゲ賞以来の勝利。1馬身半差2着にスピリトデルヴェント。3着CHOPASTAIR。1番人気クロスハーバーは6着。●G3ハックウッドS(ニュベリー6F,3&up):牡6歳の伏兵イントレピッドジャックが重賞初制覇。4連勝中で1番人気となったコリーブロウが2馬身差2着。短頭差3着にバルサザールズギフト。●G1コーチングクラブアメリカンオークス(ベルモントパーク10F,3yo f):5頭立て最後方追走のミュージックノートが3コーナー手前から進出、直線では後続を楽々と突き放し圧勝。マザーグースSに続いて牝馬2冠制覇。8/16のG1アラバマSで3冠を目指す。11馬身差2着にリトルベルでゴドルフィンのワンツー。さらに6 3/4馬身離れた3着にフレーミングスルー。●G2ヴァージニアダービー(コロニアルダウンズ芝10F,3yo):3番手追走から直線先頭に立った僅差2番人気のジオポンティが、直線追い比べとなったコートヴィジョンをハナ差でしりぞけた。G3ヒルプリンスSに続くグレード勝ち。G3コロニアルターフCを勝って1番人気となったセーラーズキャップは2 1/4馬身差3着。●G3ヴァージニアオークス(コロニアルダウンズ芝9F,3yo f):後方6番手追走から直線一気に追い込んだ1番人気アイロストマイチューが差し切ってグレード初制覇。連れて追い込んだ2番人気ナマステズウィッシュが1馬身半差2着。直線を向いても後続を離して逃げ粘っていたジュリアタトルが3着。●G2サンディエゴH(デルマー8.5F,3&up):ドバイワールドC3着以来の出走で1番人気となったウェルアームドがトラックレコードで逃げ切り勝ち。好位から進出したサーフキャットが1 1/4馬身差2着。さらに1 1/4馬身差3着に最後方から押し上げたモスタコリモート。2番人気リベリオンは5着。

20080720120703本日のワイン●キザン・スパークリング・トラディショナル・ブリュット。おお、イーストっぽいちゃんとシャンパーニュのニュアンスが。
Kさんにお持ちいただいたハミルトン・ラッセル・ヴィンヤーズ・シャルドネ05。まさか今日この日にハミルトンラッセルに会えるとは。確実にその価格を超える逸品。
いただきもののアンドレア・オベルト、バローロ・ピッコルヴィーニュ(って読むの?>Piccole Vigne)01。レンガ色に枯れた感じのいかにもなバローロ。
オーボンクリマ・サンタマリアヴァレー・ピノノワール06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2008

梅雨明けてんじゃないの?

昼前に打ち合わせで地全協へ。しかし、あぢぃよ。それでも地方競馬関連は主催者も含めてほとんどのところでネクタイなしが完全に定着した感じなので、こっちも堂々とネクタイしていかくてもいい感じでありがたい。一般企業の営業の方々におかれましては、ホントにたいへんですよね。
野茂英雄さん引退ですね。思い出すなあ、大リーグの初登板。競馬仲間で集まって、飲んでカラオケやったあと、板橋だったかそのあたりのメンバーのお宅におじゃましてみんなで見たんだった。そのおじゃましたお宅が不倫というか、まあそういうかなり危ない感じで同棲していた方で、その後あのおふたかたはどうしてるんでしょうかね。

競馬●名港盃。C~B級で15戦連続連対中だったテキサスイーグルが逃げ切って重賞初制覇。余裕で3番手を追走しているように見えた断然人気のマルヨフェニックスだが直線ではなかなか差が詰まらず、最後はクビ差届かず2着。3着シルクトワイライト。ミツアキタービン5着。すごいね、内田利雄。05年のG1サンタアニタダービーなどを勝ったバザーズベイが引退。G1・3勝を挙げたトミースーズディライトが疝痛からくる合併症で安楽死。14歳。

本日のワイン●続きのエステザルグ生産者組合テラヴィティス・コートデュローヌ・ルージュ06。その後に白。ワシントン州コロンビアヴァレーのワシントンヒルズ・シャルドネ06。北のほうらしく色は無色に近い麦わら色。味もそんなすっきりなのを期待したけど、これがまったく逆。樽とバターのような風味をがんばって追加してみましたな感じ。知らずに飲んだらオーストラリアの暑いところの白って答えるかも。がんばる方向が違うような気がするけど、1000円ならまあこんなもんか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2008

種牡馬としてはどうなの

セレクトセールは、最近では海外でもあたりまえのように報道されるようになって、セリを前にしてドバイから送られてきたニュースリリースは「ハーツクライの初年度産駒がJRHAセールでデビュー」ってことだった。むしろディープインパクトがオマケ的な扱いになってるのは、ハーツクライがシーマクラシックを勝ってることを考えれば当然のことですね。その後、ダーレーはアグネスタキオン産駒を4頭買って、ディープインパクト産駒は1頭も買ってないよってわざわざ言ったり、ジョン・ファーガソンが「サンデーサイレンス産駒のベスト・スタリオンはアグネスタキオンだよ」って言ったのも、なるほどって思う人も多いのでは。事前に騒がれたほどディープインパクト産駒が高額にならなかったのは、おそらくみなさん同じようなことを思われていたからなのではないかと。

競馬●星雲賞は人気2頭の決着。逃げたカオリノーブルがダイワメンフィスを振り切って、ステイヤーズCに続いての重賞勝ち。ビッグブラウン。8/3のハスケルインヴィテーショナルHに出走予定、か?明日、デトロイトのピナクルレースコースでサラブレッドの競馬が再開。

いろんなことがずれ込んできて会社泊。ゆえに連続休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 16, 2008

副都心線にはじめて乗る

さすがに3日間も出て歩いてたので雑務とか原稿とかたっぷり溜まった。夕方から川崎競馬場。なのだが、その途中渋谷の某社で打ち合わせ。先月開通した副都心線をはじめて利用してみる。雑司が谷といいつつ鬼子母神にある雑司が谷駅(ローカルネタですまん)は、意外にもそれほど遠くはなく、これで渋谷まで行けるならかなり便利。とはいうものの、渋谷に行く用事なんて渋谷エクウスに行く以外、年に何度もないのだけど。で、スパーキングレディーカップは、トーセンジョウオーが恐れ入りましたという強さ。単勝10.1倍はたしかにおいしい配当だけれども、メンバー中唯一最高の57キロでしかも9カ月の休養明けなら仕方ないでしょう。レース前、川島調教師からも強気なコメントはなかったみたいだし。信じたものは救われたってことで。夕方から雨という予報もあったみたいだけど、降らなくてよかったよ。表彰式後にぽつぽつときたけど傘をさすほどではなかった。そっこー帰宅して原稿3本。のうち2本までで力尽きた。

競馬●セレクトセール3日目。2日目の落札率75.2%から一転、65.8%に下がった高知競馬が08年度の第1四半期黒字。夕焼けいば。ってそんなに売れたのかなあ。バンブーボカ13カ月ぶりの勝利。●スパーキングレディーCトーセンジョウオーが3コーナーから後続との差を広げて4馬身差で逃げ切り勝ち。このレース3年ぶり2勝目。馬群から抜けたメイショウバトラーがニシノナースコールをアタマ差で抑えて2着。●G3シルヴァーフラッシュS(レパーズタウン7F,2yo f):ルミナスアイズが1番人気チンツに2馬身半差をつけて勝利。3着マークオブアンエンジェル。大盛況のデルマー開催初日。ポリトラックで行われた5レースのうち3レースでトラックレコードを更新。レッドロックスはイギリスには戻らずBCターフまで北米にとどまると。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2008

テイクアウトババア発見

朝から幸先悪し。宿泊した日高ケンタッキーファームで、ロッジの前まで車をつけて出かけようとしたらガツっ。どうやら切り株かなんかに乗り上げたようで、一般道に出たらパンクしてた(苦)。そっこーでスペアタイヤに交換してノーザンホースパークへ。それでもちょうど展示が始まったところに間に合った。20年ぶりかもっとぶりのタイヤ交換作業で焦りましたよ。2日目(当歳初日)のセリは、今年はFの方が不参加で、高額で競る方々にも棲み分けができたようで比較的おとなしい感じ。薗部さんがディープインパクト産駒(しかも母はキングカメハメハの姉)を落札する瞬間も目撃。結果はこちら集計)。おとなしいとはいっても、落札率75.2%はすごいと思う。ところで。外のテーブルのところで食べ物飲み物を大量に持ち帰るべく、せっせと持参した袋に詰めてるババア発見。そんな食わねーだろというほどの骨付きソーセージだとかおにぎり(天むす限定)だとかビールだとかジュースだとかをもらってきてテーブルのところで袋に詰めるというのを人目もはばからず何度か繰り返していた。去年も、いかにも「お前らセリとは関係ねーだろ」とう長時間にわたって飲み食いしているババアのグループを見た。そーとーにそういうヤツらがいるのだろうなあ。セリを最後近くまで見て、千歳の居酒屋で夕飯を食べてレンタカー返却。運転手なのでもちろん居酒屋ではウーロン茶ですよ。千歳空港に着いてサクララウンジで生ビールをぐびっと飲んだら疲れがどっと出た。帰宅。

競馬ティンカップチャリスが12日、フィンガーレイクスのニューヨークダービーを勝って、ニューヨーク産3歳馬による「ビッグアップル3冠」ボーナスに王手。3冠目は8/20サラトガのアルバニーS。

本日のワイン●千歳空港のサクララウンジで生ビールを1杯。帰宅して冷やしてもおいしい赤、ローヌのエステザルグ生産者組合がつくるテラヴィティス・コートデュローヌ・ルージュ06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2008

今年は暑いセレクトセール

午前9時。レンタカーをピックアップして一路ノーザンホースパークへ。途中休憩を挟んで順調に3時間半弱で到着。聞いていたとおり、帯広から千歳までノンストップなら3時間だった。覚え書きってことで。雨の予報だったはずが暑い。が、例年雨が多いことを考えれば贅沢ってもんだ。セリは始まっていたけど主要なところはだいたい見た。クロフネの半弟(父アグネスタキオン)の2億4500万円のところとか(初日の結果)。セリを見つつ会場でネットの更新とか校正とか。去年からちゃんと無線LANがつながるようになって、会場内でやればいいやと思うと結局ちゃんと仕事になっちゃったりして、セリの会場にいながらあまり見てないのと同じような状況というのがなんとも。終了後、オリオンファームを見学させていただき、日高門別駅近くのいつもの炉辺で魚介を堪能。本日は日高ケンタッキーファーム泊り。

競馬G1パリ大賞典(ロンシャン2400m,3yo c/f):1番人気モンマルトルが直線残り300mで抜け出して圧勝。G1ジョッキークラブ賞は15着だったが、前走G3リス賞から連勝でG1初制覇。4馬身差2着にプロスペクトウェルズ。3着マガダン。●G2モーリスドニュイユ賞(ロンシャン2600m,4&up):父ガリレオのインキャントドリームが重賞初制覇。1馬身半差2着にCAUDILLO。3着ノーブルプリンス。アーキペンコがアーリントンミリオンへ。

本日の酒●「黒霧島」を水割りで。昨日帯広競馬場のプレミアムラウンジでもらったサッポロビールのばんえい缶を1本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2008

十勝帯広でイベント満載

この日ばんえい帯広の7、8、9レースの個人協賛レース仕掛け人として帯広へ。まずは六花亭本店へご案内。改装後いろいろと微妙にシステムが変わったようで、2階のカフェでは独自のケーキを用意した代わりに、1階売店のケーキは2階で食べられなくなったということでちょっとショック。1階のケーキは1階で食べてくださいと。次なるご案内は豚丼。地元の人やネット上では評判が芳しくない「ぱんちょう」だけど、はじめての人に豚丼を食べていたくには総合点においてやっぱり「ぱんちょう」がベストだとぼくは思う。のだが、時間をずらして行ったにもかかわらず日曜日だからなのか家族連れなどですんごい行列で断念。
20080713152401そして思案の末、帯広駅に入ってる「桔梗」へ。看板がソバ屋のため、蕎麦は食べたことがあったのだが豚丼はぼくも未体験だったところ。今年6月ごろからはじめたという数量限定の蝦夷ブタ丼1300円也。ロース、肩ロース、バラの合い盛りで、これが大当り。放牧豚を使ってるとのことで、それならこの値段でも高くはない。店内に貼ってあった新聞記事によると採算度外視らしい。
Kyosanで、競馬場では協賛レースとトークイベント。今回、鈴木淑子さんが事情により直前回避となったため第9レースは僭越ながらぼくが代理で表彰させていただきました。終了後、オランジュにて北海道の食材を堪能。洞爺湖サミットでも出されたという白糠産ラムを生のままオードブルでいただいた。

競馬●盛岡・オパールC。中団追走の大井・カクテルラウンジが直線伸びて差し切り勝ち。逃げたウィンエヴリーが半馬身差2着。3着テンショウベストで、1番人気リュウノツバサは好位追走も直線伸びず7着。●福山アラブマイラーズ。逃げたバクシンオーが3コーナーから後続を離して余裕の勝利。中団から押し上げたホワイトモンスターが3馬身差2着。2番手追走のフエストクインシー3着。カーリンは9/6のアイリッシュチャンピオンSを使う可能性も。●星G1シンガポールダービー。高岡厩舎のエルドラドは中団後ろのラチ沿いを進んで直線じりじりと伸びたが2着。いかにもステイゴールドらしい。勝ったのは好位から直線抜け出したトップスピンで、ダービートライアルから連勝。●G1アイリッシュオークス(カラ12F,3yo f):G1英オークス2着で1番人気となったムーンストーンがアイスクイーンとの叩き合いを短頭差で制した。2馬身差3着にガニョアで、クールモアが3着まで独占。●G3アングルシーS(カラ6.5F,2yo):ブッシュレンジャーが勝利。クールモアの断然人気ウエストファリアは2馬身半差2着。3着カマド。●G1ジャンプラ賞(シャンティイ1600m,3yo c/f):シェイク・ハムダンの伏兵タマユズが2番手追走から一旦3番手に控え、直線を向いて先頭に立つとそのまま押し切った。G3フォンテーヌブロー賞に続く重賞勝ちでG1初制覇。父ネイエフ。G1セントジェームスパレスS2着で1番人気のレイヴンズパスはラチ沿いから伸びたが1馬身半差2着。後方から外を追い込んだゴドルフィンのリオデラプラタは半馬身差3着。●G3ポーカーH(ベルモントパーク芝8F,3&up):スタート後先頭に立った断然人気キップデヴィルが、一旦はセンセーショナルヒューモアにハナを奪われるも、直線抜け出して勝利。2 3/4馬身差2着に2番人気タムリン。3着オペレーションレッドドーン。●BC(レディーズクラシック)チャレンジのG2デラウェアH(デラウェアパーク10F,3&up f/m):2番手追走のヒステリカレディーが3コーナーで先頭に立ち、直線突き放して圧勝。逃げた伏兵レモンドロップマムが粘って4馬身差2着。連覇を狙った1番人気アンブライドルドベルは3/4馬身差3着。●G3バルバロS(デラウェアパーク8.5F,3yo):5頭立て最低人気のマジカルフォレスト、1番人気のチェロキーアーティストが直線一杯を使っての叩き合いは、マジカルフォレストが半馬身抜け出した。ゴール前迫ったレディセットがアタマ差3着。●G2サンセットBCH(ハリウッドパーク芝12F,3&up):中団追走のウォーニングゾーンが直線ラチ沿いから抜けて勝利。1番人気シーダーマウンテンが1馬身差2着。離れた2番手追走から直線一旦は先頭に立ったポルフィドは3着。カナダ3冠の2冠目プリンスオブウェールズS(フォートエリー9.5f,3yo):僅差2番人気のハーレムロッカーが直線先頭に立って勝利。フランク・ストロナックの所有で父マッチョウノ。4月にアケダクトのG3ウィザーズSを勝っていた。最後方から押し上げた伏兵イーストエンドタップが1 1/4馬身差2着。3着PRONGER。1冠目のクイーンズプレートを制して1番人気となったノットバーボンは直線後退して6着。

本日のワイン●オランジュにて。ドメーヌ・ド・ラ・バジョレ・クレマン・ド・ブルゴーニュ。赤はアントワーヌ・シャトレーポマール・プリミエクリュ00。食後にアルベール・ピックがシャブリでつくるマール・ド・ピック・プリミエ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 12, 2008

カーリン、直線届かず2着

本日はお休みでようやくのんびりと。午後、突然グリーンチャンネルが「受信不能です」というメッセージが出て画面が真っ暗になった。なるほど。ところによってはすんごい雷雨だったのね。自分のところでは雨が降ってないばかりか雲だってそんな厚くかかってる感じでもなかったのに受信不能になったので、故障かと思ったよ。ま、その後に雨が降ってきたわけだけど。夜のお食事当番は、東京カリ~番長レシピでドライカレー。だいぶアレンジしてるけど。
カーリンが初の芝で2着に負けた。相手がBCターフ勝ち馬とはいえ、レッドロックスあたりに2馬身離されて、おまけにほとんど過去の馬になってるベタートークナウに迫られているようでは、芝では凱旋門賞とかいうレベルではないかもなあ、と。行くかどうかの判断は急ぎたくないとのことらしいが。

競馬●G2サマーマイルS(アスコット8F,4&up):香港のQEIICを勝って以来のアーキペンコがここも勝利。3/4馬身差2着に最低人気のバーシバBARSHIBA。断然人気のチェザレはクビ差3着。ゴドルフィンのラモンティは5着。●G3ミンストレルS(カラ7F,3&up):ジャンバジュキバがカラでG3・3勝目。半馬身差2着に1番人気アルカシAL QASI。3着ジョージバーナードショウ。●G3インターナショナルS(カラ9F,3&up):前々走英2000ギニー8着だったプランが重賞初制覇。父ストームキャット、母スペイン。1馬身差2着にレジーム。3着マスタミート。●G1マンノウォーS(ベルモントパーク芝11F,3&up):ミッションアプルーヴドとスーダンが競り合って後続を10馬身ほど離す展開。離れた3番手のレッドロックスが直線半ばで先頭に立ち、4番手を追走していたカーリンが直後まで迫ったが、最後は逆にレッドロックスが2馬身突き放した。例によって最後方追走のベタートークナウが半馬身差まで追い込んで3着。●BC(スプリント)チャレンジのG1プリンセスルーニーH(カルダー6F,3&up f/m):スタート後先頭に立ったのは1番人気のドリームラッシュだったが、外から並びかけたミスティカルプランが直線で突き放し圧勝。5 3/4馬身差2着に最後方から押し上げたミラキュラスミス。ドリームラッシュは後退して3着。●BC(スプリント)チャレンジのG2スマイルスプリントH(カルダー6F,3&up):今年のドバイゴールデンシャヒーン勝ちで1番人気のベニーザブルが後方待機から直線大外からまとめて差し切った。単勝50倍という伏兵のハウズユアヘイローが直線内から伸びて2馬身差2着。3着ロッカーフェラー。●G3アザレアS(カルダー6F,3yo f):外からハナを奪ったインディアンが直線後続を突き放し9馬身半差の圧勝。父インディアンチャーリー。2着争いから抜け出したのはブービー人気のドバイマジェスティ。3着ダンシングオールスター。●G2キャリーバックS(カルダー6F,3yo):好位追走の1番人気ゴールデンスパイクスが直線外から差し切って勝利。逃げ粘ったジェントルマンジェームスが3/4馬身差2着。3着に2番人気ランタナモブ。●G2アメリカンダービー(アーリントンパーク芝9.5F,3yo):断然人気のティズデジャヴが逃げ切り勝ち。G3アメリカンターフ、G2ジェファーソンCに続いて芝では3戦3勝。3番手追走の最低人気セニョールヘンリーが粘って2 1/4馬身差2着。3着アブレイズウィズスピリット。●G3アーリントンH(アーリントンパーク芝10F,3&up):4頭立て一団の後方を進んだストリームキャットが直線半ばで抜け出して勝利。父ブラックミナルーシュ。逃げた1番人気のコスモノートは3 3/4馬身差2着。3着コラプト。●G3モデスティH(アーリントンパーク芝9.5F,3&up f/m):後方追走のコミュニケが直線外から伸びて抜け出した。G3ビウィッチSに続くグレード勝ち。3 3/4馬身差2着に好位から伸びたキスウィズアツイスト。後方から押し上げたチャオ3着。1番人気レモンシフォンは4着。●G2デラウェアオークス(デラウェアパーク8.5F,3yo f):断然人気プラウドスペルが4番手追走から直線で先頭に立ち、最後まで食い下がったアフリカンヴァイオレットを3/4馬身差で振り切って勝利。G2フェアグラウンズオークス、G1ケンタッキーオークスに続いて3つ目のオークス制覇。2馬身差3着にシーズオールエルティッシュ。●G3ロバートG.ディックメモリアルH(デラウェアパーク芝11F,3&up f/m):6頭立て最低人気、離れた3番手追走のパルミラが直線で差し切って勝利。2番手追走のヘルボリストが3馬身半差2着。逃げた断然人気のロジンカは粘りきれずハナ差3着。●G2スワップスBCS(ハリウッドパークAW9F,3yo):4頭立て最低人気、好スタートも3番手に控えたトレスボラチョスが4コーナーラチ沿いから抜け出して勝利。ハナを奪ったツーステップサルサが1 1/4馬身差2着。アタマ差3着に1番人気コロネルジョン。●G2ダンススマートリーS(ウッドバイン芝9F,3&up f/m):向正面で先頭を奪ったザナイアガラクイーンが、直線で迫ってきたスプラングを1馬身半差で振り切って勝利。1番人気クワイエットジャングルはクビ差3着。

本日のワイン●バロン・ド・マルティネ・ブリュット・ロゼ。ピノノワール100%の薄いサーモンピンクのロゼ。続きのクマラ・シュナンブラン・シャルドネ07

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 11, 2008

ばんえいリレー発売@笠松

笠松競馬場へ。オッズパークファンセレクションの取材。は、おまけで、笠松の開催終了後にばんえい競馬6レース以降のリレー発売があり、それの場立ち予想を赤見ちゃんと。笠松では、ばんえい競馬1レースのみの発売はしたことあるらしいけど、複数のレースを売るのは初めてだそうな。笠松の最終レースが終わって入場門のほうにゾロゾロと客足が向かったときはどうなることかと思ったけど、予想以上にお客さんが残ってくれて、「イルファンティーノ」前のスタンド階段下の予想イベントとしては、ちょっと盛り上がってるじゃん的な雰囲気が感じられるくらいにはなった。場立ち(といっても、テーブルとイスがあって座ってたけど)をはじめる直前、おっちゃんに「わからねえから、あんたの予想で買うからな」とすんごいプレッシャーをかけられた。最初の第6レースは△◎で馬連複1180円を的中で、ホッ。最終11レースまでの6レースで、奇跡的にも3レース的中し、外れた3レースもそのうち2レースは印的には買える感じではあったのでお役目は果たせたかと。しかし笠松で発売が始まる前の第5レースから第8レースまで、4レース連続で枠連8-8の決着。そして第4レース以降最終までいずれも8枠がらみ。冬じゃなくても雨で軽くなると外が来るんですな。メインというか最終レース終了後、最初のとは別のおっちゃんが「ばんえい競馬、おもしれーな」と言ってくれたのがうれしかった。

ところで日曜日はシンガポールダービーなんですよ。ここ何年かは毎年行ってたのだが、今年は帯広&セレクトセールか、シンガポールダービーか、どっちをとろうか苦渋の選択で前者。高岡厩舎のステイゴールド産駒、エルドラドがわりと期待されてるんで、ちょっとドキドキ。

競馬●オッズパークファンセレクションin笠松。2番手追走のケイゾクが3コーナーで先頭に立ち、3番手から一旦は並びかけられる場面もあったサチコゴージャスを振り切って勝利。ゴールドジュニア以来の重賞2勝目。3着にイーストミー。●G1ジュライC(ニューマーケット6F,3&up):後方追走の1番人気マルシャンドールが外ラチ沿いから追い込んで、06、07年のモーリスドギース賞に続いてG1・3勝目。アタマ差2着にクールモアのユーエスレンジャー。半馬身差3着にウォーアーティスト。ゴールデンジュビリー勝ちの3歳馬キングズゲートネイティヴは惜しい5着。ゴドルフィンのダイアボリカル6着、ベンバウン10着。●G2スーパーラティヴS(ニューマーケット7F,2yo):ファースオブフィフスが勝利。1 1/4馬身差2着にウィールドパーク。3着シャウィール。クールモアの1番人気グランデュカルは4着。●G3サマーS(ヨーク6F,3&up f/m):アワフェイOUR FAYEが重賞初制覇。アタマ差2着にレディーグレース、3着サンシチャリア。●G3リゾランジ賞(ドーヴィル1200m,3&up):セン5歳のマリオールMARIOLが34戦目にして重賞初制覇。1馬身半差2着にスターンオピニオン。3着オンリーアンサー。連覇を狙った1番人気のティザは4着。ノービズライクショービズが2009年からレキシントンのダービーダンファームで種牡馬入り。ヒートシーカーはヒルンデールファームで種付け料20,000ドル。

本日のワイン●まだ残ってたシャトー・デ・ゴートロニエール、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー06。さらに白で南アのクマラ・シュナンブラン・シャルドネ07。おお!いい意味で青臭いシュナンブラン!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 10, 2008

おぢさんついていけません

ネット新聞(もちろん競馬の)を買おうと思ってWebMoneyを初めて使ってみた。のだが、カードでWebMoneyを買うところまでがたいへん。途中、IDとかパスワードとかいくつも手順があってようやくたどり着けた。こういうのがとってもわずらわしく感じるのは、「おぢさん、時代の進化についていけましぇん」て感じかも。
しかし洞爺湖サミット。普段の会見から何も言ってないのと同じじゃん、な感じのフクダさんを象徴するように、ほとんど何も決まってないのと同じじゃん、な感じの結果だったような。

競馬●華月賞。断然人気のボクがハナに立ったが、3番手追走のダイバクフが3~4コーナーで並びかけてきて、直線は2頭の叩き合い。最後はダイバクフが1馬身突き放した。3着ラプレで、北海優駿組が上位を占めた。●G2ジュライS(ニューマーケット6F,2yo c/g):クラシックブレードがセイーフSAYIFを短頭差でしりぞけ勝利。1番人気プロリフィックは3馬身離され3着。●G2プリンセスオブウェールズWBX.com S(ニューマーケット12F,3&up):昨年の英セントレジャーの勝ち馬ルカルノが1番人気ペーパルブルを1 1/4馬身差でしりぞけて勝利。3着ペタラベイPETARA BAY。G2ランカシャーオークス勝ちから中4日のアンナパヴロワはしんがり6着。

本日のワイン●続きの。シャトー・デ・ゴートロニエール、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2008

いろいろと騒動だった大井

20080709182852すげぇよ、ユキチャン。写真はモノレール浜松町駅の改札。除外なのに存在感抜群。「ユキチャンは出ないけど、競馬場に行く予定だったので来た」的な感じのファンが多かった。地方競馬にとってはありがたい限り。川崎とか船橋の牝馬限定のダートグレードとかは使うんだろうけど、マーキュリーカップとか白山大賞典とか佐賀記念(だいぶ先だけど)とかも使ってくれないかなあ。黒船賞は……ちょっと距離が短いか。
モナ、じゃなくて、モナ。こっちもすごい騒動になってたみたいだけど、ぼくはぜんぜん気づかなかった(汗)。

競馬●ジャパンダートダービー。先頭に立ったナンヨーリバーの2番手を追走したサクセスブロッケンが4コーナーで先頭に立つと、楽々と突き放して圧勝。恐れ入りました。勝ち馬以外では唯一直線で伸びたスマートファルコンが3馬身半差2着。3着コラボスフィーダ、4着ドリームスカイ。イイデケンシンは3コーナー手前で手ごたえが悪くなりしんがり15着。●G1ファルマスS(ニューマーケット8F,3&up f/m):一団馬群の後方を追走し外から伸びたナフードが勝利。昨年2歳時のG2ロウザーS以来の勝利でG1初制覇。馬主はシェイク・ハムダン・ビン・モハメド。1 3/4馬身差2着にインファリブル。1番人気ヘヴンセントが3/4馬身差3着。ニュージーランドのシーチェンジ4着。フィンスケールビオ7着。●G2チェリーヒントンS(ニューマーケット6F,2yo f):伏兵プリーズシングが勝利。3/4馬身差2着にアートプリンセス。クールモアの1番人気ハートシェイプドは4着。

本日のワイン●品川のいつものイタリアンで軽くいつものヴァンムスー、ピエール・レジェンドル。帰宅して久々に家でもワイン。暑くなってきたのでずっと飲みたかったのよ、きりっと冷やしたミュスカデ。シャトー・デ・ゴートロニエール、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2008

笠松競馬場で金曜ばんば

栄冠賞のアンペア惜しかった。それでも直線差を詰めて2着。このまま順調ならラベンダー賞に出るんでしょう。というわけでラベンダー賞行きたい。今の函館競馬場は今年で最後だし、たぶんこの機会を逃すと行けないかもしれないし。しかしだ。今年はJRAのスケジュールがいつもより1週遅い感じで、26日とかは安い航空券があんまりないのよ。さて、どうしたもんかと。
で、お知らせ。オッズパークファンセレクションが行われる11日の笠松競馬場では、リレー発売でばんえいの第6レース以降を発売します。場立ち予想もやりますんでよろしくお願いします。

競馬●栄冠賞。1番人気ネフェルメモリーがスタート後にエフテーダージーに絡まれながらも逃げ切り勝ち。母の母がカシワズプリンセスだとは、レース後に気づいた。スタート最後方のアンペアはすぐに3番手にとりつき直線で差を詰めたものの半馬身差で2着。3着ラックマイサイド。●1500mの2歳オープン、アルカセット賞はビッグレッドファームのイグゼキュティヴが逃げ切り勝ち。カーリンはオーナーライセンスが許可されて12日のマンノウォーSへクリス・マッキャロン。デラウェアパークには「Wall of Fame」というのがあるのか。

本日も我慢して休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2008

暑い福山で懸案の肉そば

朝からツイてねぇ。1000円でホテルのチェックアウトが正午まで延長できるというので延長。福山競馬場行き無料バスの最終便11時45分発のぎりぎりまでネットの更新。と思っていたらほんとにギリギリな時間になってしまい、灼熱の中をバス停まで走る。がしかし。バスターミナルの路線を1本横切れば、というタイミングでそのバスを見送ることになってしまった。しかたなくタクシーで競馬場へ。しかし、あぢぃよ。さすがにネクタイこそしていなかったのだがシャツとジャケットではあまりにも暑い。で、本日のキャンペーン用のTシャツをオッズパークさんにいただいてそれを着ることにした。胸にOdds Parkって書いてあれば一応スタッフみたいでしょ(笑)。背中は「進路妨害」だけど(一番下の写真、わたしです)。しかし「ハロン」にかかわるようになってから、常にネクタイというわけでもないにしても競馬場では一応それなりの格好をずっとしていて、競馬場でTシャツ姿なんて10年以上ぶりかも(海外の競馬場は除く)。なんかね。パンツ1枚で人前にいるような、そんな恥ずかしい感じがした。あぢぃけど今回懸案事項のひとつだった肉そばを食べた。それと、別府真衣ちゃんが売っていたはちきん地鶏の炭火焼きも。で、オッズパークグランプリはこちら。終了後、赤見ちゃん、須田さん、つっちー、おひげUさんと福山駅前の居酒屋へ。鯛茶漬けが食えてよかった。

競馬●オッズパークグランプリ2008。人気のキングスゾーンに、マリスブラッシュ、ラストチャンピオンが競りかけハイペース。やや離れた4番手追走のマルヨスポットが4コーナー先頭に立って抜け出してレコード勝ち。後方から追い込んだマチカネモエギが2着。キングスゾーン3着で東海の3頭が独占。5着のマリスブラッシュはキングスゾーンのペースで4コーナーまでくらいついていたのにはちょっとおどろいた。逃げるかと思ったアブソルートウインはまったく見せ場なくしんがり。ベルモントS2着のデニスオブコークが亀裂骨折で戦線離脱。

本日の酒●昼間、あんまりにも暑いので缶ビール1本だけ飲んだ。夜は飲まず、ウーロン茶で。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 06, 2008

同着のダーバンジュライ

Fukuyamawakuwaku午後から新幹線で福山競馬場へ。福山競馬には申し訳ないことに本場開催は終了している時刻で、ばんえいの準メインに間に合うように競馬場到着。わくわくルームはけっこうな盛況。ばんえいトークイベントだが、矢野さんはよくもあんなにしゃべるネタが出てくるものとほんとに感心させらる。アナウンサーだからというのは当たり前だが、ばんえいの専門紙を瞬時でよくあそこまで理解できるものと思う。当たるかどうかは別だけど(^_^;)。狙ったイケダガッツが結構な配当で、さらにとかちダービーも的中。ホテル代を出して余りあるプラスとなり、前乗りした甲斐が大いにあった。しかし本日食べた場内のいつもと違う売店のヤキソバは、競馬場のヤキソバとしては久々にハズレを引いた感じだった。
で、本日の中央競馬。メインの時間帯は新幹線に乗っていたのだが、ラジオNIKKEI賞が内田博幸。函館スプリントが岩田。阪神のメイン米子Sが赤木、小牧のワンツー。前にも書いたけどこんな時代が来るとはねえ。と、いちばん思ってるのは乗ってる本人たちかも。

競馬●岩鷲賞。中団内を追走のトーホウライデンが直線半ばで抜け出し、追ってきたヤマニンエグザルトをクビ差でしりぞけ重賞初制覇。高橋悠里も重賞初制覇。1番人気マンジュデンコウベは5馬身差3着。●高知優駿。3番手追走のパッショネートキスが3コーナーで先頭に立っちそこから持ったままで9馬身差楽勝。黒潮皐月賞を勝ったタケショウクィーンが2着。グランドオーク3着で、皐月賞の上位3頭での決着。G1ドイツダービー(ハンブルグ2400m,3yo c/f):父ザムームのカムジンKAMSINが逃げ切り勝ち。3馬身差2着にランド産駒のOSTLAND。3着トップロック。前走G2オッペンハイムウニオンレネン勝ちで1番人気のLIANG KAYは4着。●G3ボワ賞(メゾンラフィット5F,2yo):断然人気PERCOLATORがデビュー2戦目から3連勝で重賞勝ち。3馬身差2着にカパロッソ。●G3クロエ賞(メゾンラフィット8F,3yo f):プールデッセデプーリッシュ2着、ディアヌ賞3着で1番人気のゴルディコワが重賞初勝利。3馬身差2着に伏兵トップトス。さらに3馬身差3着にディアヌ賞4着のプロヴィソ。●G2ドワイヤーS(ベルモントパーク8.5F,3yo):G2ピーターパンでカジノドライヴの2着だった断然人気ミントレーンが直線で差を広げ逃げ切り勝ち。あらためてカジノドライヴの強さが際立つ結果。差のない3番手追走の最低人気ティズビッグが2 3/4馬身差2着。3着パスカル。2番手追走の2番人気レディズイメージはしんがり6着。●G3ローカストグローヴH(チャーチルダウンズ芝8F,3&up f/m):1番人気ジェニュインディヴォーションがバイユーズラッシーに競りかけられながらも突き放して4連勝で重賞初制覇。5番手から直線差を詰めたブラウニーポインツが半馬身差2着。3着に僅差2番人気バイユーズラッシー。南アG1ダーバンジュライ(2200m)は、なんと1番人気のポケットパワーと牝馬のダンサーズドーターが同着優勝。

本日イベントのあったオッズパークの方々と魚のおいしい居酒屋で遅い夕食をご一緒させていただき、かなりな誘惑があったもののここもウーロン茶と熱いお茶で我慢して休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2008

首都圏もサミットの影響

予想原稿などはあるものの家でダラダラと。テレビでは明日からはじまる洞爺湖サミットのニュースがいっぱい。ちょうど1週間ほど前から池袋駅近辺、コンコース、ホームなどにもおまわりさんが突然沸いて出てきたような感じだったのだが首都圏の大きな駅はどこもこんな感じなんでしょう。なるほどテロが標的にするのはサミットをやってるその場所よりも地下鉄とか山手線とか新幹線とかのほうが効果があるんでしょう、きっと。セレクトセールが例年より1週うしろにずれたのは、中央競馬のスケジュールに合わせてのことかと思っていたのだけど、なるほど例年通り7月の第1週にやってたら洞爺湖サミットとまるっきり重なってたわけね。野菜摂取のためにミネストローネをつくる。セロリが3本束でしか売ってなかったので、いつもは1本のところ2本入れてみたのだが、ミネストローネはセロリが大量に入ったほうがおいしいかも。

競馬●佐賀でもゴールドヘイロー産駒が認定勝ち。ギオンゴールド。●G1エクリプスS(サンダウン10F,3&up):ゴール前で抜け出したのはジャドモントファームの1番人気フェニックスタワーだったが、さらに後ろから追い込んだクールモアのマウントネルソンがゴール寸前、短頭差で差し切った。父ロックオブジブラルタルで、2年前2歳時のG1クリテリウムアンテルナシオナル以来の勝利。1馬身差3着にパイパードリーム。ゴドルフィンのキャンパノロジストは4着。ロブロイ5着。マラーヘルしんがり8着。●G3シャンペンスプリントS(サンダウン5F,3&up):シェイク・アーメドのアンシャンレジームが重賞初出走での勝利。クビ差2着にプライムディフェンダー。半馬身差3着にホーマイク。●G2ランカシャーオークス(ヘイドック12F,3&up f/m):アンナパヴロワが昨年のG2ロワイヤリュー賞に続いての重賞勝ち。3 1/4馬身差2着にエジマ。3着クイーンオブナプルス。●G1アメリカンオークス(ハリウッドパーク芝10F,3yo f):中団に控えた1番人気ピュアクランがラチ沿いから進出し直線で馬群を割って抜け出した。KYオークス3着で、芝では4戦全勝でG1初制覇。前走G1ディアヌ賞5着だったフランスから遠征のサタンズサーカスが3/4馬身差2着。3着クリアリーフォクシー。2番人気カリビアンサンセット4着。逃げたダーレーのロウシルクは8着。●G2キャッシュコールマイルインヴィテーショナルS(ハリウッドパーク芝8F,3&up):直線外からヴェンチュラが一旦は完全に抜け出したが、内からダイアモンドディーヴァが差し返してハナ差で勝利。連覇がかかった1番人気のレディーオブヴェニスは2 1/4馬身差3着。●G1トリプリベンドインヴィテーショナルH(ハリウッドパークAW7F,3&up):断然人気ストリートボスが6頭立て最後方追走から3~4コーナーで大外をまくり、直線で抜け出した。G3ロサンゼルスHに続くグレード勝ちで4連勝。次走は7/27のG1ビングクロスビーHで、BCスプリントが目標。向正面で早めに先頭に立ったエリートスカッドロンが食い下がって半馬身差2着。2 1/4馬身差2着に2番人気トロピックストーム。●G1ヴァニティH(ハリウッドパークAW9F,3&up f/m):断然人気ゼニヤッタが最後方追走から3~4コーナーで進出し、直線で抜け出しデビューから6連勝。父ストリートクライで、アップルブロッサムHに続くG1勝ち。タフティズシスが最後追い詰めたが半馬身差2着。3着シルヴァースワロー。●G3ハリウッドジュヴェナイルチャンピオンシップS(ハリウッドパークAW6F,2yo):断然人気アズルレオンが後方追走から3~4コーナーでまくって直線抜け出し完勝。新種牡馬ライオンハート産駒として最初の重賞勝ち。逃げた伏兵メイキングドリームスが4馬身差2着。アタマ差3着にファスナット。●BCターフ・チャレンジのG1ユナイテッドネーションズS(モンマスパーク芝11F,3&up):父ロイヤルアンセムの5歳セン馬、伏兵プレシャスパッションが、2番人気ストライクアディールの追撃をクビ差でしのいで逃げ切りG1初制覇。1 1/4馬身差3着にエクイタブル。1番人気シャンゼリゼは見せ場なく6着。●G3サルヴァトールマイルS(モンマスパーク8F,3&up):6頭立て5番手追走のノーショナルが直線抜け出して勝利。昨年3歳時、G3リズンスター、G2サンラファエルを制したもののG1ブルーグラスSを前に骨折で戦線離脱していた。連覇のかかった断然人気のゴッチャゴールドは逃げたものの2 1/4馬身差2着。3着オネストマン。●G1プライオレスS(ベルモントパーク6F,3yo f):断然人気インディアンブレシングが直線を向いて先頭に立つと楽に後続を突き放して勝利。2歳時のフリゼットS、BCジュヴェナイルフィリーズに続いてG1・3勝目。次走は8/2のG1テストS。2番人気バイザライトが5 1/4馬身差2着。3着インディアンウェイ。●G2バシュフォードマナーS(チャーチルダウンズ6F,2yo):伏兵スクリーンユアフレンドが逃げ切って勝利。カルヴァン・ボレルはこれが通算4500勝。最後方から押し上げたラインハートが1 1/4馬身差2着。4 1/4馬身差3着にシーガル。

本日も我慢して休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 04, 2008

なおるのか、腰が痛いの

腰痛が直るらしい。なんと、薬だけで。本日、薬を飲んでみた経過を伝えに整形外科に行ったらお医者さんにきっぱりと言われた。ほんとかなあ、とちょっと疑ってみたり。そして新しい薬ももらってきた。今日は余裕かな~と思って予想原稿などをダラダラとやっていたら終電までに終わらず、持ち帰ることになってしまった。ぐへ。終電1本前の通勤快速、いつもより混んでるなあと思ったら、世間一般の会社員の方々はもしかしてボーナスの週末ですか?
で、ネコ好きの方向け

競馬●デビュー戦は2着でした。ちゃんと払ってますか~?●G2ファーストフライトH(ベルモントパーク7F,3&up f/m):11カ月休養明けのエニーリミットが先頭を奪い、直線外から馬体を併せてきたワイルドゲイムスをクビ差振り切って勝利。1馬身半差3着に1番人気ライトモーメント。バロネスサッチャー6着。●G2トムフールH(ベルモントパーク7F,3&up):後続を離して競り合った人気2頭の決着。ハナを奪ったシャドウェルファームのラッキーアイランドが直線でテイスティーヴィルを突き放して4 1/4馬身差をつけ、これで4連勝。次走は8/30のG1フォアゴーH。1馬身差3着にプレミアムワイン。●G2ファイヤークラッカーH(チャーチルダウンズ芝8F,3&up):2番人気ソーンソングが逃げ切って、昨年11月のG3リヴァーシティH以来のグレード2勝目。ゴール前差を詰めた1番人気アインシュタインが1馬身差2着。半馬身差3着にスティーヴズダブル。●G3ジャージーショアS(モンマスパーク6F,3yo):断然人気のジェイビーケーが直線独走で勝利。ベルモントSの日のG2ウッディスティーヴンスに続く勝利でグレード3勝目。2歳のデビュー時はボブ・バファート調教師だったのにいつの間にかスティーヴ・アスムッセンに変わっていた。4馬身差2着に2番人気シルヴァーエディション。さらに6馬身離れた3着にインディジョー。4着フジタ。●G3スターズアンドストライプスターフH(アーリントンパーク芝12F,3&up):後方追走のシルヴァーフットが3コーナー手前で一気にマクって直線で抜け出し、06年5月のG3ルイヴィルH以来の勝利。父ウィズアプルーヴァルの8歳セン馬。2馬身差2着にテリング。大逃げのルーマーハズイットから離れた2番手を追走したカネラが3着。1番人気ラティスは大きく離されたしんがり負け。

薬を飲むためまじめに休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2008

悲しきかな競馬場の廃止

午後からグリーンチャンネルでレーシングワールドの収録。最後バタバタになったところをちょっと捌ききれなかった。会社戻りで原稿などあんまし普段と変わらない日常。
東武鉄道のお客様センターに「姫宮なな」という萌えキャラが採用されたらしいコレね。<名前の由来は東武鉄道の「姫宮駅」「七里駅」「七光台駅」から>とのことだが、姫宮駅はまさにぼくの実家から徒歩3分の最寄り駅で、実家にいた十数年前まで毎日のように利用してたのよ。生まれてからずっと近くにあったので「姫宮」という地名にはなんの思いもなかったのだが高校だか大学のころに「姫宮ってきれいな名前ですね」と誰だったかに指摘されて、ああなるほどと思った次第。ちなみに小学校の通学路には姫宮神社があり、中学生くらいまではそこに初詣に行ってました。おお!ちゃんと公式ホームページあるじゃん。と思ったら宮城県の別の神社でした(笑)。ほんとはこっちね。宮代という町の名前の由来も初めて知ったよ。さらに。古墳群だった!というのも今初めて知った(驚)。それもこれも姫宮ななのおかげだ。

競馬86年の歴史があるエリスパークが財源不足により閉鎖されることが正式に発表された。しかし開催を明日に控えての発表というのもすごいね。開幕日にコスチュームコンテストなんかも予定されていたところを見るとそうとう急な決定だったのだろう。サラファンがテレビドラマに登場。イギリスの10のG1レースを対象にポイント制で賞金ボーナスを出すというソブリンシリーズが2010年にスタートという計画。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2008

夏だね、きゅうりとトマト

薬がきいたのか、医者に行ったからという精神的なものなのか、まだちょっと腰は痛かったものの久しぶりに快適な目覚め。それでも会社では眠かったけど。夕方から浦和競馬場へ。夏だねえ。きゅうり(1本100円)、トマトまるごと(1個100円)とか夏の風物詩が登場していた。薄暮開催だとある程度仕事してから競馬場へと出かけられる上に終了後は会社に戻らなくてもうしろめたくないような時間なので、ぼくの生活リズムでは南関東の昼間開催は1年中この時間にしてくれるとありがたい。終了後、久しぶりにアズーリでおいしい料理をいただく。当たり前だけどプロがつくるものは違うなあと思う。そもそも野菜なんかの素材もそのへんのスーパーで買うのとは違うわけだけど。

競馬●浦和ゴールドカップ。新設の1500メートルではじめての重賞。中団に控えたチェレブラーレが3~4コーナーで4番手まで進出。直線で外からまとめて差しきった。3番手追走から直線を向いて一旦は先頭に立ったクレイアートビュンが4馬身差2着。3着サウンドサンデー。レース後、ディープサマーがばったりいってしばらく立ち上がれなかったものの、しばらくしたらちゃんと立ち上がって歩いていたのだがだいじょうぶだったんだろうか。●新種牡馬サニングデール産駒のパープルマジックが8馬身差で圧勝。あらら。エリスパークが閉鎖なの。まだ行ったことない競馬場だったのに。

本日のワイン●アズーリにて。アペリティフでスパークリングのカクテルを1杯。勝沼醸造のアルガブランカ・クラレーザをグラスで1杯。赤はアズーリではめずらしくフランスものを薦められた。ドメーヌ・ヤン・シャーヴYann Chaveクローズエルミタージュ02。最初はちょっと閉じていた感じだったけど、時間がたったらちょっと熟成した香りと味が出てきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2008

やっぱり本気なのね芝挑戦

というわけで午前中。ネットで調べて会社近くのよさげな整形外科に行ってみる。痛さ自体は我慢できないほどではないものの、このままにしておいてよくなるとも思えないし、何より明け方目が覚めてしまうので毎日が完全に睡眠不足になっているのが困るのよ。座り仕事の人は座っているとどんどん腰が痛くなってくるというのが普通の症状のなのだが、ぼくは座っているときにはなんともなく、寝てると痛くなるという症状には、お医者さんも「う~ん」と唸っていた。とりあえずレントゲン。座ってると腰が痛くなる人の場合、5つある腰椎のうち第5か第4の腰椎が変形しているのだそうだが、僕の場合は第2と第3の腰椎が変形しているらしい。なるほどね。寝てるときに筋肉が硬くなっているのも原因ではないかということで、とりあえず緊張を和らげる薬を処方してもらった。のはいいのだが、それがだね。寝る直前に飲むというもの。しばらく酒飲めないじゃん!

競馬カーリンがチャーチルダウンズの芝コースで調教をはじめた香港07/08シーズンの年度代表馬はグッドババ。

というわけで本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »