« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

ますますドル安ユーロ高

川崎の中継をスカパー!で見ていたら菅原勲お別れセレモニーをやっていた。今野騎手会長もごあいさつ。ところで。内田博幸セレモニー@川崎は司会の及川アナがいたのみで他の騎手は誰もいなかった。大井のセレモニーもテレビで見ただけだったけど、たしかほかに騎手はいなかったよね。引退式とかだと騎手全員が参加するのに、引退ではないとはいえなんで内田博幸だけ単独だったの。この件はもしかしてあんまり触れちゃいけないんでしょうか。どなたかこっそり教えて。
円高でござる。ドバイ行きを前にしてありがたい。ま、行ってるときに円高でないと意味ないんだけど。てか、ドル安ユーロ高が激しい。
なんとなくネットを見ていたら東池袋大勝軒が復活していたのを発見。近いので空いてそうな夕方に行ってみた。実は池袋のこの場所に10年以上も通っていて元祖の東池袋大勝軒って、結局一度も行かないままだったんだけど。

競馬だいじょうぶかマグナアメリカンオークスとキャッシュコールマイルは7月5日。今年は同日開催に戻る。

会社連泊につき本日も休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 28, 2008

いよいよ始動したカーリン

Coro通常出社。さてと。本日から土曜日までが最初のヤマ場。と思っていたところ、ありがたい原稿依頼をいただく。来週木曜日朝という締切を考えるといつ書くんだという感じだけど断るわけにはいかん。夕飯は昨日につづいて川崎競馬場の手作りコロッケ。おいぴい。次に川崎にはいつ行けるだろうと見たところ、開催が4月半ばまでないのね。ちょっと残念。
シンガポールフライヤーが3月1日に一般向けのオープンとなるらしい。1周約30分で、ただ乗るだけならS$29.50らしい。今年のシンガポール航空国際Cのときにプレス向けの観光ツアーで乗せてくれないかなあ。期待しております。左のメニューにある「面白いもの」ってベタな直訳がなんともアンジアンテースト(元はFun Stuff・笑)。

Curlin競馬●ドバイインターナショナルカーニバル9日目。アルクォーズスプリント分割I(ナドアルシバ芝1200m,3&up):シェイク・ハムダンのムタマーレスが後続を寄せつけず逃げ切って年明け3連勝。2 3/4馬身差2着にビッグタイマー、3着グランドヴィスタ。●アルクォーズスプリント分割II(ナドアルシバ芝1200m,3&up):2番手追走のインスタントリコールが直線一旦先頭に立ったあと、他馬に並びかけられるもゴール前で伸びて勝利。ラチ沿いから伸びてきたカリシアンが短頭差2着。3着ムナダム。●ジャガートロフィー(ナドアルシバ・ダート2000m):逃げたインペリアリスタの2番手を追走したカーリンは、直線でもほとんど持ったままで先頭に立ってそのまま楽勝。他馬との接触を避けてか大事にずっと外目を通っていたのもまた強さを感じさせた。2 1/4馬身差2着にシェイク・サイード・ビン・モハメドのファミリアーテリトリー。3着ジェットエキスプレス。しかし写真で見るとカーリンの顔って端整だよね。去年のジョッキークラブゴールドCからBCへの間隔と同じだということでこの日に使ったらしい。●ザビールマイル分割I(ナドアルシバ芝1600m):中団追走のワイズデニスが、逃げていたゴドルフィンのディジールに直線で並びかけ短頭差で競り落とした。3着ディヴァインジュリー。●UAEオークス(ナドアルシバ・ダート1800m,3yo f):中団外を追走したプリンセス・ハヤのココアビーチが直線を向いて追い出されるとあっという間に突き放して6馬身。UAE1000ギニーに続いて2冠達成。UAE1000ギニー3着だったラヴオブドバイが2着。3着ラヴダンシング。UAE1000ギニー2着だったフィエスタレディーは9着。●ザビールマイル分割II(ナドアルシバ芝1600m):後方追走のサードセットが直線外から伸びて勝利。1馬身半差2着にメトロポリタンマン。3着ベッカーメット。バーナーディニとストリートセンスが今年後半はダーレー・オーストラリアにシャトル。おおおおお!スタープログラマーですよ。今年はオクラホマ州のメリックランチズで繋養される。種付料1000ドル(^_^;)。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2008

金曜日はBCレディースデイ

Uchi引き続き原稿をみっちりやって午後から川崎競馬場。予定より遅れ、着いたらすでにエンプレス杯のパドックだった。合間を見てヤキソバを食べようと思っていたのだがいろんな人と話しているうちにもう締切間際。とりあえず持ち帰り用のコロッケ(4個)を購入。なんだか馬券がよく当たる。サヨウナラから馬単。つってもフェブラリーSの損失を補填した程度だけど。最終レース後に内田博幸がファンに向けてごあいさつ。ただあいさつするだけだけど、これはこれでなかなかよかったと思う。「着いたのが3時半でもう帰るんですかっ」と浅野さんに突っ込まれたが原稿があるのでそっこー帰社。川崎競馬場の手作りコロッケでようやく本日最初の食事にありついたのが夜7時過ぎ。おいしい。つかの間のシアワセ。例の信金のシステムトラブルに端を発した借り換えトラブルの再手続きで銀行の担当が書類を持参。名刺に「融資・渉外マネージャー」とあったが、おそらくトラブル解決の特攻隊長といった役回りではないだろうか。とりあえず穏便にすませてあげた。

競馬●エンプレス杯。4番手追走のサヨウナラが直線ラチ沿いから抜け出してグレード初制覇。後方から直線追い上げたニシノナースコールが1馬身半差2着。逃げたクインオブクインが3着に粘った。1番人気内田博幸ラピッドオレンジは3コーナー手前で手ごたえがあやしくなり6着。日本からモンスターがやってくる。ブリーダーズCの初日金曜日に牝馬限定レースのみをやって「レディースデイ」とする。そしてBCディスタフはBCレディースクラシックとレース名を変更。

本日のワイン●続きのノストラーダ・テンプラニーヨ06。テンプラニーヨはどうも苦手だったのだがこれには嫌味な感じがぜんぜんなく、むしろおいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2008

システムトラブルの続き

朝9時。予定日に現金が移動しなかったため再度借り換え手続きの必要が生じて銀行に寄る。システムトラブル自体は振り込む側の信金システムの落ち度であり振り込まれる銀行側にはまったく非はないのだが、それにともなう手続きで銀行側からきわめて不当な扱いを受けテーブルひっくり返したろかという状況に。もちろんやらなかったけど。午後から最後の「ハロン」に掲載するとあるインタビューというか対談のために地全協へ。終了後、バジリコ(大)@ジャポネ経由で会社戻り。昨日信金の営業担当が菓子折りを持っておわびにきていたのだが、向こうも予想以上の不手際と思ったのだろう。ぼくがいない間に支店長までじきじきに菓子折りを持っておわびに来ていた。しかしイージス艦の事故。漁船とぶつかったというニュースを最初に見たときに、そんなんだったら最新鋭の護衛艦が、仮に漁船を装って爆弾を積んだテロリストとかいたとしたらいとも簡単に爆破されちゃうわけでしょ。と思った。ずんずんと遅れている原稿をリカバリーすべく会社泊。信金システムトラブルにともなう借り換え手続きの不手際についてはさらに明日に続く。

競馬高知福山観戦ツアー。もうちょっとなんかこう、予算の都合もあるだろうから有名人とは言わないまでも、トラックマンとかを使って馬券検討会をやるとかして馬券が売れるように仕向けたほうがいいんではないかと。坂路コース。小林なの……。ん~、いろいろ微妙。ファシグティプトン・カルダー・トレーニングセールでシェイク・モハメドがストリートクライ産駒に210万ドル

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 25, 2008

まさにそれ。振込みされず

本日25日だからであろう。信用金庫から銀行などに送金するシステムがパンク。まさにその74万件のうちの1件となった。住宅ローン借り換えのン千万円がいつまでたっても移動せず。それを待つあいだ銀行で無駄な時間を過ごした。というかこれからのクソ忙しい時期にもう一度手続きに行かねばならんという状況に至った。信金から銀行への送金なんてめったにしない、というか普段はする必要ないのに、このタイミングでドンピシャとは。たぶんものすごい確率。これで一生飛行機が落ちることはないかもしれん。と思うことにする。その影響というわけでもないのだが。原稿を書く予定がズルズルと遅れだしている現状でござる。送金トラブルの件は翌日に続く。

競馬ヴァーミリアンが勝ったことは現地でも歓迎されてる感じ。ウォーパスの次走は3/15のG3タンパベイダービーと。本番までは裏街道なのか?クールコールマンが勝ったG2ファウンテンオブユースSの勝ちタイムが1.49.53から1.50.07に訂正された。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2008

2日続けて電車が止まるか

東京競馬場へ。と思ったのだが、午前中にネットのニュースなどを見ると武蔵野線だけならまだしも、埼京線も京浜東北線も動いてないと。ぬ。うちの近くの電車が全滅。身動きが取れん。さて、どうしたもんか。思案してタクシーで東川口に出て埼玉高速鉄道か、浦和から宇都宮線か。と思案しながらメシを食ってたら昼前に埼京線が動き出してくれた。新宿まわりで府中競馬場正門前には14時45分ごろに着いて事なきを得た。のはいいのだが。馬券は一昨日のエントリに書いたとおりフィールドルージュでがっつり。スタートでアッと思い、向正面で徐々に減速して止まるまでを双眼鏡で見届けてしまった。だってそこで馬券おしまいなんだもん。まあ無事でよかった。ただヴァーミリアンが勝ってくれたのはドバイに向けて盛り上がるので、それはそれでよしとする。強めの追い切りがどうなのと話題になってたけど、太め残りにならないように、かといって強くやりすぎないようにと、石坂調教師はかなり苦悩していた感じがうかがえた。

競馬●飛燕賞。3番手追走のパラダイスセントが向正面から併走したミトノコウモンダをゴール前で振り切り、追い込んできたザドリームパワフルをクビ差で押さえて勝利。キングサンディは半馬身差3着。●アブダビ開催。純血アラブ4歳3冠の最終戦。ADSC UAEアラビアンダービー(芝2200m,4yo):オマーン調教馬のZOUMIRがUAE2戦目で勝利。オーナーがRoyal Cavalry Omanって、オーマーン王室騎兵隊ってこと?UAE産のバレクBAREQが2冠目に続いての2着はハナ差。2冠馬アブアレマラットは出走せず。G2ファウンテンオブユースS(ガルフストリームパーク9F,3yo):4番手追走のクールコールマンが4コーナーで先頭に立つとそのまま押し切って勝利。5戦4勝でグレード初制覇。父はカジノドライヴと同じマインシャフト。3番手追走から直線で一旦は離されかけたもののゴール前再び差を詰めたエリジウムフィールズが半馬身差2着。後方から押し上げたコートヴィジョンは離れた3着。BCジュベナイル勝ち以来のウォーパスが、ガルフストリームパーク8F、3歳馬のアロウワンスで7馬身半差の圧勝。なぜファウンテンオブユースを使わないのかと思ったら、なるほどクールコールマンもオーナーのロバートV.ラペンタ、ニック・ジトー調教師で同じなのね。3/22のG2レーンズエンドSにトッド・プレッチャーが24頭もノミネートしたと。土曜日の香港G1香港ゴールドCを勝ったヴィヴァパタカはドバイシーマクラシックへと。2 3/4馬身差2着にフローラルペガサス、さらに2 3/4馬身差3着にブリッシュラック。きのう新馬戦を勝ったカジノドライヴ。向こうで1戦してベルモントSと。ベルモントSはまだ見たことないし、行ってみるかな。関係ないけど旭川にカジノドライヴというライブハウスを発見。

本日の酒●競馬終了後「土風炉」にて、芋焼酎のお湯割をひたすら。帰宅してミネストローネを作りながら続きのノストラーダ・テンプラニーヨ06

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 23, 2008

ものすごい春一番でした

午後からなんか曇ってきたなあと思ったら曇ってきたわけではなく、すげー、ホコリが舞い上がって見通しがきかなくなってるだけだった。すごい風。ベランダに干した布団が吹っ飛ぶかという勢い。ものすごい春一番だった。
本日は一応お休み。更新とかはあるけど。ということでお食事当番。お昼は冷凍にしてあったカレーを同じく冷凍にしてあった出汁で割り醤油をちょっと入れてカトキチの冷凍さぬきうどんでカレーうどん。うまい!さすがわたし。夜は手間のかからない鍋でしゃぶしゃぶ。豚と牛とラムとで豪華版。しかし。ラムをやっちゃうとそのくさいのが出汁とか野菜にからんじゃうのでラムは単独でやるべきだった。覚え書きってことで。居候中の小学5年生とオセロ。20年以上ぶりか。2回やって2度目は途中負けるかという情勢だったが負けなくてよかった。つい本気になってしまった。

競馬●シンガポールの結果をチェックしていたら1レースが、ん?なるほど。コーフィールドのブルーダイアモンドSを売ってたのね。見たいなあそういうレース。そのG1ブルーダイアモンドS(1200m,2yo)は、シェイク・ハムダンのリアーンREAANが勝利。鞍上ドウェイン・ダンはこのレース4連覇。半馬身差2着に調教師本人が共有のオールアメリカンで昨年に続いてデヴィッド・ヘイズのワンツー。調教師も3連覇。G1オークレイプレート(コーフィールド1100m,3&up):1番人気ウイークエンドハスラーが勝ってコーフィールドギニーズ、クールモアスタッドSに続くG1勝ち。1 3/4馬身差2着にマグナス。●G1ガルフストリームパークBCターフS(ガルフストリームパーク芝11F,4&up):逃げたソーンソングをマークする位置で進んだブラジル産アインシュタインが3コーナーで先頭に立つとそのまま粘った。去年のこのレース3着、前走ドンH6着からの勝利。後方追走でラチ沿いから位置取りを上げてきた最低人気ダンシングフォーエヴァーがゴール前差を詰めたがクビ差届かず2着。後方追走の1番人気ストリームオブゴールドは3馬身差3着。2番手追走のシャムディナンは直線後退し9着。●G2サンルイオビスポH(サンタアニタ芝12F,4&up):6番手追走から直線で先頭に立った1番人気スプリングハウスが勝利。父チェスターハウスで昨年10月のG3カールトンF.バークHに続くグレード勝ち。次走はドバイシーマクラシックへと。最後方追走から直線大外を追い上げた最低人気チャーチサーヴィスが2 1/4馬身差2着。3着オンジエイコーンで後方追走の3頭で決着。リチャード・ミグリオーレがジョージ・ウルフ・アワード受賞。

本日のワイン●とりあえずヴァンムスーで、シャルル・ペルティエ、メトード・トラディショネル・ブランドブラン・ブリュットNV。赤は続きでボデガ J. & F. リュルトン、ティエラ・デル・フエゴ・レッド04。さらに。スペイン・タラゴナのノストラーダ・テンプラニーヨ06

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 22, 2008

すげーな、サンクラシーク

内田博幸壮行会。行きたかったんだけど断念。さすがになんでもかんでも出て歩いてるわけにはいかず。今年は「レーシングワールド」をやらせてもらってる関係で重賞を最優先ということにしております。
うちの最寄り駅横の西友に餃子の皮コーナーができてた。毒餃子の件で急に手作りする人が増えたってなことでしょうな。餃子だけ手作りしたって、たまたま毒が入ってたのが餃子だったってだけで実際にほかの冷凍惣菜からも出てるのに、ねえ。あるあるの納豆のときもそうだったけどおもしろいよね行列文化の日本人。
フェブラリーSは◎フィールドルージュで。土曜日まで暖かそうなのに日曜日はフェブラリーSらしく寒くなりそうね。

競馬●ドバイインターナショナルレーシングカーニバル8日目。第1レース芝1300mをムタマーレスMUTAMARRESが勝ち、第2レースダート1800mをムタサリルMUTASALLILが勝って、シェイク・ハムダン、ダグ・ワトソン、リチャード・ヒルズが連勝。●バランチーンS(ナドアルシバ芝1777m,3&up f/m):またまたマイク・ドゥ・コック。5番手の内を進んだサンクラシークが、直線行き場をなくして一旦下がる不利がありながら逃げ粘るゴドルフィンのメニーカラーズを差し切ってクビ差で勝利。ケープヴァーディSと同じ決着。3着ライトグリーン。●芝2000mの最終レースはガルチ産駒のグレンネヴィス、1 1/4馬身差2着にファンタスティックライト産駒のインペリアルスターでサイード・ビン・スルールのワンツー。

本日のワイン●続きのアラウカーノ・シャルドネ07。アルゼンチンのボデガ J. & F. リュルトン、ティエラ・デル・フエゴ・レッド04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2008

今年もマイクドゥコックか

昼前、住宅ローン借り換えの手続き。毎月これまでと同じ程度の額の支払いで7年ほど短くなったけど、反面まだこんなに残ってんのかよという気はする。この程度(どの程度だ?)でもたいへんなのに、サブプライムローンてつくづく、そりゃ無理ってもんですぜ、ダンナ。って感じ。
きのうのサッカーの中国戦ですが。なるほどレフェリーって北朝鮮のヒトだったのね。そりゃ中国人がやってるのとおんなじですぜ、ダンナ。って感じ。
マイク・ドゥ・コックはなぜ毎年毎年こんなに勝てるんでしょう。スゴすぎますぜ、ダンナ。って感じ。

競馬●ドバイインターナショナルレーシングカーニバル7日目。純血アラブのG2バニヤス(ナドアルシバ芝1200m,5&up):シェイク・マジド・ビン・モハメドのセボンCES BONが中団うしろを追走から直線伸びて差し切り勝ち。前走G1HHザ・プレジデントC13着からの巻き返し。短頭、短頭の接戦で2着カイチ、3着バハー。●第3レースのダート1700m戦は2番手追走のロスバーグが直線楽に抜け出して完勝。父エーピーインディ、母ボスラシャムという血統。●第5レースのダート2000m戦。中団の外を追走したゴドルフィンのジャリルが直線抜け出して楽勝。今シーズン2連勝。父ストームキャット、母トランキリティレイク。G2アルファヒディフォート(ナドアルシバ芝1600m):中団内を追走したアーチャペンコが直線外に持ち出しゴール前で差し切った。現在はマイク・ドゥ・コックの調教で、エイジアティックボーイと同じ勝負服。マイク・ドゥ・コックはインターナショナルレーシングカーニバルで早くも10勝。このレースは03年のイピトンビ、05年のヤードアームに続いて3勝目。鞍上のケヴィン・シアはこのレース3連覇で4勝目。2馬身差2着にロイヤルオースが入り、キングマンボ産駒のワンツー。3着にヴィンセント・オブライエンのロードアドミラル。3連覇を狙ったリンガリは4着。3/4,5にナドアルシバ競馬場で行われるドバイインターナショナルレーシングカーニバルセールのカタログロードアドミラルも追加上場されている。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2008

天国の佐藤隆さん後押し

明け方夕刊フジの原稿をやって、午前中に競馬ブックの原稿もほぼ完了。会社に泊まった甲斐あって最低限のノルマ達成。午後から大井競馬場へ。金盃。きわめてめずらしくパドックで馬が見えた気がする。馬券好調。内田博幸、大井所属としては最後の大井の重賞で勝利。「佐藤隆さんが大事に育ててきた馬で、隆さんが天国から後押ししてくれました」と。終了後まっすぐ帰社。で、もろもろ作業など。

競馬●金盃。中団につけた断然人気ルースリンドが3コーナーで先団の直後につけると直線楽に先頭に立って勝利。4コーナーで勝ち馬の直後につけたナイキアースワークは直線食い下がるも2馬身離され2着。3着も同じような位置にいたレッドドラゴンが1馬身差。●梅見月杯サンキンスピーチが逃げ切り。しかし、ゴール前油断して危なくなかったか?中団からムサシボーが差を詰めて半馬身差2着。3~4コーナーで2番手に上がった1番人気コスモスパーブは直線バテて1馬身差3着。G2ロバートB.ルイスSの勝ち馬クラウンオブソーンズが左前脚管部の怪我によりダービー戦線離脱ベタートークナウはドバイシーマクラシックへ出走。サンタアニタの馬場改修。現在はクッショントラックにオーストラリアのプロライドを加えているが、改修にあたってどの素材を使うのかはまだ決まってないみたい。

本日のワイン●べたべたニューワールドなシャルドネな気分だったのでチリのアラウカーノ・シャルドネ07。べたべたなのはいいけど樽がちょっと効きすぎかなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2008

フランキーズ・イタリアン

そろそろドバイが近づいてきましたが。フランキー・デットーリが経営しているイタリアンレストランチェーンの「Frankie's Italian Bar and Grill」がドバイの Al Fattan Marine Towersに去年オープンしていたと。イギリス以外の出店は上海に続いて2カ国目らしい。今年のドバイでの楽しみがひとつできた。内装はなかなか豪華っぽいけど値段はどうなんでしょ。さらに。ドバイに毎年行ってる日本人の間ではいろんな意味で(^_^;)話題の「wagamama」も同じビルにオープンしていた。それはいいとして、な、な、な、なんと! wagamamaは「UK's number one restaurant」に選ばれたとっっっ!!!さっすが。うまいものがない(と言われる)イギリスですな。って、わたしイギリスには行ったことないんですが。だってね。このメニューにあるyaki sobaって、麺が日本蕎麦なんですよ。あはは。

競馬ニュージーランドからG1・7勝のシーチェンジがドバイ到着。3/6のジェベルハッタからドバイデューティフリーへ。アレック・ヴィルデンシュタインさんが67歳で亡くなった。お父さんのダニエル・ヴィルデンシュタインさんが亡くなったのもほんの何年か前のことだったような。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 18, 2008

なんともホースニュース馬

銀行窓口で某諸手続きをして昼前出社。ネットのあちこちでホースニュース馬が休刊という情報が。中央はともかく、ばんえいの今後を考えるとこれはショックでもあり悲しくもあり。CSのばんえいの中継をつけると前半は何事もないかのように木本さんが解説をしていた。しかし前半の終了時には「馬」が休刊しますとのご挨拶。17日(日)分まででおしまいという情報もあったがそれは中央版のことで、地方版は19日(火)分で最後となるらしい。ばんえいには専門紙が2紙しかなかっただけに(「金太郎」も入れれば3紙だけど)なんとも……。

競馬●G2ゼネラルジョージBCH(ローレルパーク7F,3&up):1番人気バスティンストーンズが逃げ切り勝ち。5連勝でグレード初制覇。7頭立て最後方から追い込んだロードスノードンがアタマ差2着。3着プレミアムワイン。●G3サウスウエストS(オークロンパーク8F,3yo):縦長の中団追走デニスオブコークが直線差し切ってデビューから3連勝。父ハーランズホリデー。離れた2番手で競り合ったシエラサンセットが2 1/4馬身差2着。後続を離して逃げたセイクリッドジャーニーと中団追走のリバティーブルが3 1/4馬身差で同着の3着。人気のターフウォーは後方ままの9着。●G2ブエナヴィスタH(サンタアニタ芝8F,4&up f/m):コスチュームが2番手追走から直線で抜け出し、1番人気ブラックマンバの追い込みをクビ差で振り切った。昨夏にイギリスからボビー・フランケル厩舎に移籍しこれが初勝利。1馬身差3着にクリスシス。88年のKYダービー馬ウイニングカラーズが疝痛の合併症のため17日に安楽死。23歳。サンタアニタでピック6の払戻が$3,120,256.80のレコード。3日間キャリーオーバーがあり賭け金の合計は$4,607,104になっていた。ゆえに的中は1票。発売された場所はニュージャージー。キャリーオーバーが続いたことで全通り買った人がいたんじゃないだろうか。JOE BRAVOって、騎手じゃなくて馬なのね(^_^;)。17日に行われたブラジル3歳1冠目を勝利。ハットトリックのブログができた。

本日のワイン●昨日の続きでミシェル・ノエラ、ブルゴーニュ・ピノノワール06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

勝った!アンローズに感動

20080217124546実はうちに1カ月ほど前から小学校5年と2年の子供がいるのよ。妻の妹が足を骨折して入院。母子家庭ゆえしばらくうちで預かることになったというわけ。この子たちね。家の中がしばらく散らかり放題でござる。で、本日はお食事当番。子供用に(って、当然自分でも食べたけど)昼には昔風のナポリタンをつくってみた(写真)。賞味期限がとうの昔に過ぎ去ったフェットチーネがあったのでそれで。まずまずなデキ。夜は定番のマグロタタキのユッケ風、鶏肉としめじのおろしポン酢煮、冷凍味付きジンギスカンともやし炒め。
ううう、スマイルジャックぅ~~~。あそこまでいったら勝ってくれよ~。
感動したっ!アンローズの帯広初勝利。リアルタイムでは見られなかったけど、結果は見ずに動画を見た。ついでに障害に詰まったフクイズミの追い込みもいつにも増してスゴかった。

競馬●黒潮スプリンターズカップ。3~4コーナーで外から一気に進出したマリスブラッシュが直線後続を突き放して重賞初制覇。直線外から伸びたサンエムウルフが3馬身差2着。1番人気トサローランは半馬身差3着。●香港G1チェアマンズスプリントプライズ(1200m,3&up):セイクリッドキングダムがアブソリュートチャンピオンを返り討ち。中団うしろに控え、直線で抜け出し1馬身半差をつけた。単勝1.2倍、馬連複1.75倍。3着シンティレーション、4着エーブルプリンス。●アブダビ開催。UAE産純血アラブのエミレーツブリーダーズC(アブダビ芝1600m):前走G1HHザ・プレジデントCを制したダイナマイトがUAE産馬相手なら当然のように勝利。2 1/4馬身差2着にアズナジムAS NAJM。●G3アラビアントリプルクラウン・ラウンド2(アブダビ芝2200m,4yo):アブアレマラットABU ALEMARATが1/13のラウンド1から条件戦をはさんで3連勝。ラウンド1で4着だったバレクBAREQが4馬身差2着。カーリンがドバイ到着。一安心。スティーヴ・アスムッセンがオークロンパークの第3レースで通算4000勝。北米では歴代8人目。●G3ハリケーンバーティH(ガルフストリームパーク7F,4&up f/m):3番手追走の断然人気シュガースワールが3コーナー過ぎで先頭に立つと直線楽に突き放して8 3/4馬身。1/13のG3ファーストレディHからグレード連勝。2番手追走のチェンジアップが2着。3着シルヴァーノッカーズ。

本日のワイン●ウンベルト・カビッキオーリのランブルスコ・グラスパロッサ・アマービレNV。ちょい甘のランブルスコもいいですな。
続きのトリガイオ・ヴェネヴェンターノ・ロッソ06
さらにミシェル・ノエラ、ブルゴーニュ・ピノノワール06。2000円以下でもちゃんとしたAOCブルゴーニュ。やっぱブルゴーニュは作り手ですな。ちょい軽めな感じなのは06年だからかなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 16, 2008

スパイス好きにはたまらん

ひきつづき原稿。昼は会社近くのうどんやさん硯家へ。去年だったか「俺のカレーうどん」という新メニューができていたので、試しにそれを食べに行ってみた。十数種類のスパイスを使っているとか書いてあったがクミンとカルダモンがこれでもかってなくらい効いててかなりいい感じ。今回さらに「みんなのカレーうどん」というメニューも増えていた。こちらは鶏の出汁で「みんな」が食べられるようにマイルドな感じになっているのであろう。次回食べてみよう。このうどんやさんには唐辛子と山椒が大量に入った「四川麻辣うどん」(コレね)というのもあって、最近ではスパイス好きにはたまらんうどんやさんになった。ちなみにノーマルなうどんの出汁もかなりちゃんとおいしいのよ。ただ讃岐うどんではないので麺にコシを求める方にはもの足りないかも。あとはせめて昼時くらいは禁煙にしていただけるともっと行く回数は増えるのだが。席と席が近いからとっても気になるのよ。
完成しましたかシンガポールフライヤー。聞いた話では、30分の搭乗中に食事ができるコースもあるとか。

競馬G1オーストラリアS(ムーニーヴァレー1200m,3&up):断然人気のアパッチキャットが2/2のライトニングSに続いてのG1勝ち。ライトニングS3着だったスタンザウトが1 1/4馬身差2着。3着モネルールズ。●G2バーバラフリッチーBCH(ローレルパーク7F,3&up f/m):2番手追走のゴールデンドーンが3~4コーナーで先頭に立ち直線突き放して圧勝。3~4コーナーで外から勝ち馬に並びかけてきた1番人気コントロールシステムは6馬身差2着。最後方追走のフォーキスィズ3着。●G2サンカルロスH(サンタアニタAW7F,4&up):ジョニーイヴズとグレッグズゴールドが前で競り合う展開で、後方を追走した2番人気サーフキャットが直線外から伸びて差し切り勝ち。06年5月のG2マーヴィンルロイH以来の勝利。グレッグズゴールドが粘って半馬身差2着。3着ソウルシティスルー。1番人気ジョニーイヴズは直線後退して4着。●G3エンデヴァーBCS(タンパベイダウンズ芝8.5F,4&up f/m):一昨年のBCジュベナイルフィリーズ勝ち馬ドリーミンオブアンナが逃げ切り勝ち。昨年のG1ガゼルSでラグズトゥリッチズを差し切ってここは1番人気となったリーアズプリンセスは直線差を詰めたがハナ差届かず2着。3/4馬身差3着にメリベル。

本日のワイン●ヴァンムスーでカーヴドバイイのメトード・トラディショナル・ブリュット・ド・シャルヴィ。続きのトートワーズクリーク・ピノノワール06。さらにいただきものでカンパーニャ州、フェウディ・ディ・サン・グレゴリオのトリガイオ・ヴェネヴェンターノ・ロッソ06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2008

週末へダレダレフライデー

今年からはいろんな仕事のローテーション的に木曜日が終わると一段楽という雰囲気。ゆえに金曜日は会社でダレダレ。地方競馬は開催も重賞も週末が多いので、さらにやることはあるのだが。というわけで本日も夕方くらいまでは何もしてないというわけでもないのに成果はぜんぜん上がってない状況。いい加減前倒しで進めていかないとたいへんなことになりそうなので気合を入れて会社泊。
しかしまあ毒入り餃子の社長。消費者を差し置いて「我々は最大の被害者」と威張ってみせた。百歩譲って仮に工場側に落ち度がないにしてもその態度は何様か。記者会見はまるで北朝鮮の国営放送でニュースを伝えるアナウンサーの如し。さすが中国四千年。

競馬●ジェベルアリ開催。ジェベルアリスプリントプレップ(ダート1000m)は、ブラジル産のコマンダンテザーラComandante Xara が今シーズンUAEでの初勝利。鞍上は南アの若手キーガン・ラザムKeagan Latham。3馬身半差2着に一昨年のG3バージュナハール勝ちがあるマルブシュ。カーリンがドバイに向けてガルフストリームパークに移動。2/28のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3から使うらしい。昨年24レースだったブリーダーズカップチャレンジだが、今年は倍増で少なくとも49レースになる。二聖モスクの守護者カップ(キングアブドゥルアジズ2400m):アルゼンチンクラシックウイナーのジョールイスJoe Louis(サウジアラビアでの馬名はハリムスKharimes)が勝利。次走はドバイワールドC。3/4馬身差2着にアイルランド産のクリティック(同シャベルアルミダーン)。アタマ差3着に独G3勝ちのあるオミクロン(同アロクワン)。ケント・デザーモ鞍上のプレミアムタップは4着だった

というわけで本日休肝日。今週はきっちり1日置きな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2008

今年も好調マイクドゥコック

午前6時半起床。早めの出社で競馬総合チャンネルの原稿を1本。午後からグリーンチャンネルへ。淑子さんのレーシングワールド収録。終了後帰社したものの早起きの反動か激眠感でいつのまにか座ったまま寝てしまったよ。
ばんえい記念ご招待キャンペーンて。帯広競馬場までの飛行機と宿泊がタダになるのかと思ったよ。ま、馬券買った人に次の馬券の引換券、ようするに馬券の割引ってのは大いにアリだと思う。

競馬ゴールデンジョッキーカップ優勝は川原正一。上位3位まで兵庫に所属したことある騎手が占めた。●G3UAE2000ギニー(ナドアルシバ・ダート1600m):スタート後先頭も3番手に控えたアルゼンチン産のオナーデヴィルが直線抜け出して勝利。1/24ナドアルシバの1400m戦から連勝で、鞍上はジョニー・ムルタ。勝ち馬の外を追走したロイヤルヴィンテージが半馬身差の2着で、オーナーのシェイク・モハメド・ビン・ハリファ、この日誕生日のマイク・ドゥ・コック調教師のワンツーで、昨年のエイジアティックボーイに続く連覇。1、2着馬ともにスーパーサーズデーに行われる3歳2冠目のアルバスタキヤへ。勝ち馬の直後をマークしして進んだエッチトは4着。3着マイインディ、5着ニューマーニーで、ゴドルフィンが3~5着。マイク・ドゥ・コックは第1レースのダート1500m戦もドリフトアイスで勝利。●サイード・ビン・スルールもデットーリで3勝。第2レースのダート1600m戦はシェイク・ハムダン・ビン・モハメドのブラッカトブラッキトゥンで1/31から連勝。第3レースの芝2000m戦はゴドルフィンのウィズインタレスト。第6レースのダート2000m戦はシェイク・サイード・ビン・モハメドのファミリアーテリトリー

本日のワイン●トートワーズクリーク・ピノノワール06。高騰して2000円超のAOCブルゴーニュとかで冒険するくらいなら南仏の1000円ちょっとのピノのほうが精神衛生上よろしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2008

佐賀競馬場実況中島さん

午前6時半起床で夕刊フジの原稿をやってしまおうと思ったものの、結局家ではネタ探ししかできず。書けたのは通常出社ののちだった。先週末は中央が雪を理由に3日間に開催を分けたことで売上げ大幅アップだった(昨年の同開催3場×2日間が約545億4千万円→今年が約611億円)のに対し、せっかく毎年祝日が指定席の佐賀記念はとばっちりで昨年の約2億3600万円から今年は約1億3300万(佐賀記念のみの売上げね)になってしまった。佐賀記念で思い出したけど表彰式のため表彰台下で待機している実況の中島アナが、その場からワイヤレスマイクで最終レースの本馬場入場のアナウンスをしているのを見てちょっと感動した。地方競馬は人数が足りないなかで、こうしてやりくりしてるのよ。

競馬●園田ユースカップ。断然人気アルアルアルは逃げたものの3~4コーナーで一杯になり直線後退して5着。直後2番手を追走した名古屋サチコゴージャスが、3番手追走から直線で差を詰めた笠松アイファーダイオーをクビ差振り切って勝利。新春ペガサスCに続く重賞勝ち。3着に名古屋ノゾミカイザー、4着福山マルチグランドボスで、4着まで他地区勢が占めた。

本日休肝日。生姜湯を飲んで寝る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2008

なるほどポートワインね

20080212154646午前5時半起床。ネットなどチェックして早めに福岡空港。が、サクララウンジ工事中でやんの(あとからJALのホームページ見たら案内がちゃんとあったけど)。ラウンジ入口まで行った資格会員には空港内売店で使える500円の金券をくれた。いや、お茶を飲みたかったんじゃなくて無線LANをアテにして早めに来たのに…。8:25発のJALで東京戻り。で、本日は出社せずまっすぐ帰宅。午後からは残り2回となったアズーリのお料理教室。本日は、魚介のサラダ仕立て、羊肉煮込みのクスクス、バレンタインってことでチョコレートケーキ(^_^;)。わたしは魚介を担当いたしました(写真)。チョコレートに合わせて甘いワインが出され、「ポートワインってぶどうは何を使ってるんですか」という話になり。そういえばポートワインのセパージュって気にしたことないなあと気づいて聞いてみた。赤はBastardo、Mourisco Tinto、Tinta Amarela、Tinta Barroccaほか、白はDonzelinho Esgana、Cao Folgonzaoほか、だそうで。ぜんぜん聞いたことない品種ばっかりなので覚え書きってことで。やらんといかん原稿は明日早起きしてやることにして、きわめてめずらしく日付が変わらぬうちに就寝。

競馬1600万ドルのザグリーンモンキーが3戦未勝利のまま引退。フロリダのハートリーデレンゾサラブレッズで来年から種牡馬となる。なるほど。ショウナンアルバはウォーエンブレム産駒として初のステークス勝ち馬になったと。ファニーサイドのケンタッキーダービーの写真の件で争っていたホセ・サントスがマイアミ・ヘラルドと和解。てか、まだ裁判やってたんだ。2年連続でサンタアニタ開催となる09年のBCの開催日は11月6、7日。ばんえい競馬が今年度の予算額達成と。

本日のワイン●チェスコーニ・トラミネールアロマティコ03
シチリアのドナフガータ・タンクレディ04。ネロダーヴォラ70%、カベルネソーヴィニヨン30%。
チョコレートに合わせて甘口でM.シャプティエ・バニュルス05。バニュルスBANYULSというラングドックのAOCらしい。
ポートはバロース・ポート・ヴィラノヴァデガイア
さらに普通の赤に戻ってピエモンテ、ミケーレ・キャルロのモンテマレート・カウンタック!01
ブランカイア・トレ03

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 11, 2008

九州行きで北の大地の宝物

Skyward佐賀競馬場へ。行きの福岡便で2月のJAL下り線で放映されているJALスカイスクエア「北の台地の宝物 ばん馬の里 十勝・帯広」を見る(写真は機内誌の案内)。もうちょっとレースのおもしろさに触れてもらってもよかったかなと思ったけど、まあ万人向けの観光案内なのでこんなもんかとも思う。出演は、アマチュアカメラマンのサトウマサヒロさんという方、この映像はどこの牧場だろうと思って見ていたら三井宏悦さん、谷あゆみ調教師、「支える会」の清原さん、以上だったかな。
中央の代替開催もあるし、佐賀競馬場には取材の関係者は少ないかなと思っていたのにむしろいつもの年よりいろんな方々が来ていてびっくり。武豊とアンカツがいなくなったとはいえお客さんもそこそこ入っててちょっと安心。馬券も好調の波に乗った。この予想で◎だけでなく○からも頭で馬単流し。ま、年末年始のン十万の負けを取り戻すにはぜんぜん至らないけど。終了後は博多泊。宿泊は初めて利用する西鉄イン博多。JALのパックツアーだと千円だったか2千円だったかの追加料金だけど、部屋は広いし机も広いしネットも快適だし大浴場もあるしなどで快適(覚え書きってことで)。明日の朝までにやっとかないといけない原稿が2本に、明日までにやれるといいなあというのが1本あったので飲みに出ず。近所でてきとーに夕飯を済ます。予想はしていたが結局「どうしても」の2本しかできなかった。

競馬●佐賀記念。マコトスパルビエロとミツアキタービンが競り合ってハイペース。チャンストウライが3コーナーから一気に進出して先頭に並びかけ直線は4馬身突き放してレコード勝ち。3番手追走のクーリンガーが直線マコトスパルビエロを交わして2着。12日にオープン予定のペンナショナル競馬場だが悪天候のため競馬開催のほうは13日に延期。幸先の悪いスタート。マッシヴドラマとかの有力馬がいるザヤットステーブルの馬たちがボブ・バファート厩舎からスティーヴ・アスムッセンとかビル・モットとかのところに移される。サンタアニタのクッショントラックの問題が原因らしい。ウィジャボードの初仔誕生。キングマンボの牡馬。シェイク・ラシッドくんのお買い物。南アフリカ無敗のG1馬ポインティングノース。トッド・プレッチャー厩舎へ。プレッチャーさんのところはクールモア系とマクトゥーム系が入り乱れちゃってだいじょぶなんでしょうか。「その他」を除けばパイロが5-1で1番人気。続いて6-1のウォーパス。

というわけで本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2008

なるほどカレー鍋でした

ばんえいで共有のヤエノリュウ。オッズも割れてたしなんとなく単勝ではない感じで馬連総流しにしたら万馬券だった。100円だけど(^_^;)。馬券の巡り合わせが確実によくなってきた感じ。調子に乗って期待の佐賀・パラダイスセントが小倉のくすのき賞に出るので気合を入れて買う。はずだったのだがPATの口座に2200円しかなかった。2万円入れたつもりになっていたのだが、入れようとしたのが火曜日で、雪で順延の関係で火曜日にはまだ入金できずそのままになっていたのだった。しかしパラダイスセントは直線バタバタに後退して結果ちょっとだけオーライ。これも馬券の巡り合わせがよくなってきたからに違いないと考えることにする。本日もお食事当番。流行のカレー鍋をやってみる。ダシ昆布とパックのやつでしっかり和風ダシをとって市販の固形ルーを溶かして醤油とみりんをちょっと。なるほど、なかなかおいしいやね。

競馬●アブダビ開催。純血アラブのUAE産4歳牝馬によるエミレーツフィリーズクラシック(芝1600m)はアフマハブアルシャマルAF MAHAB ALSHAMALが今シーズン4戦目で初勝利。ジリアン・ダフィールド調教師はこのレースも含めこの日全6レース中4勝2着1回。●G2ラカナダS(サンタアニタAW9F,4yo f):ステークス勝ち馬がいない5頭立てで、1番人気のドーンアフタードーンが逃げ切り勝ち。次走は3/9のG1サンタマルガリータ。1馬身差2着にセイユーウィル。3着カレッシヴ。●G2サンヴィセンテS(サンタアニタAW7F,3yo):4頭立て3番人気のジョージーボーイが3番手追走から直線外から差し切って突き放した。差のない2番手追走の1番人気イントゥミスチーフは3 1/4馬身差2着。逃げた2番人気マッシヴドラマは3着。4着レッドホットフレーム。エドガー・プラドがガルフストリームパークの第6レースを勝ち、北米で16人目の6000勝達成。

本日のワイン●鍋には泡ってことでウンベルト・カビッキオーリ、ランブルスコ・ディ・ソルバーラ・セッコ。食後にちょっと残ってたニールエリス・カベルネソーヴィニヨン03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2008

3冠路線有力はパイロかも

京都は3レースから雪で中止ですか。で、月曜日に延期と。となれば月曜日は佐賀記念が行われる佐賀競馬場のJRA場外での発売があればたくさんお客さんも来るだろうに、と思ったのに、それはやらないと。ただJRA小倉競馬場にある佐賀場外はで佐賀の全レースをを売ってくれるらしい。にしてもJRAの開催があっては佐賀記念は厳しいでしょうねえ。夕飯のお食事当番はマグロずくしの手巻き寿司でした。

競馬●G1サンタマリアH(サンタアニタAW8.5F,4&up f/m):4頭立て4番手追走のダブルトラブルが4コーナーで外に持ち出し直線差し切った。ブラジルでG2勝ちがあり昨年移籍後北米で初勝利。直線しぶとく内から伸びた1番人気タフティズシスが4馬身半差2着。3着サムシンアバウトローラ。●G1ラスヴァージネスS(サンタアニタAW8F,3yo f):6頭立て最後方追走の1番人気ゴールデンドックエーが3~4コーナーで大外から進出、逃げねばるラヴリーアイルをゴール前で差し切り1馬身抜け出した。前走G2サンタイネツSでインディアンブレシングにアタマ差まで迫る2着でこれがグレード初制覇。ラファエル・ベハラーノはサンタマリアHに続いてこの日G1・2勝目。2番人気タシャズミラクルは2 3/4馬身差3着。グレースアナトミー5着。●延期になっていたG2サンアントニオH(サンタアニタAW9F,4&up):伏兵ウェルアームドが粘って逃げ切り勝ち。3/1のG1サンタアニタHからドバイワールドCへと。縦長の中団追走ヒートシーカーがゴール前追い詰めたがアタマ差届かず2着。1番人気オウサムジェムは1馬身半差3着。スチューデントカウンシル5着。2番人気ザッパ7着。●G3シルヴァービュレットデイS(フェアグラウンズ8.5F,3yo f):向正面でハナを奪った断然人気のインディアンブレシングが粘って勝利。昨年のBCジュベナイルフィリーズを含めここまで5戦5勝はいずれも異なる競馬場でのもの。ゴール前差を詰めた2番人気プラウドスペルが1馬身差2着。3着ハイエストクラス。G3リズンスターS(フェアグラウンズ8.5F,3yo):最後方追走の断然人気パイロが直線外から豪快に差し切り勝ち。調教ではカーリンのパートナーになってるらしい。好位から直線先頭に立っていた2番人気ジーフォーチュンは2馬身差2着。3着ヴィジョネア。KYダービーの前売りはパイロが急上昇。●G3フェアグラウンズBCH(フェアグラウンズ芝9F,4&up):1番人気デイトナが直線突き放して逃げ切り勝ち。年末のG2サンガブリエルHから連勝。2馬身半差2着に伏兵ジャズクエスト。スターウインがハナ差3着。最後方追走の2番人気ベタートークナウは見せ場なく6着。●G3マインシャフトH(フェアグラウンズ8.5F,4&up):一団馬群の3~4番手を進んだ1番人気グラスホッパーが直線で抜け出してグレード初制覇。2馬身半差離れた混戦の2着争いはシルヴァーロード。2番人気マグナグラデュエートはアタマ差3着。●G2フォワードギャルS(ガルフストリームパーク7F,3yo f):ラチ沿いから徐々に位置取りを上げたビーシャープソナタが、逃げた1番人気キープザピースとの直線一杯を使っての叩き合いをハナ差で制しグレード初制覇。キープザピースのエドガー・プラドは通算6000勝をハナ差で阻止された。3 1/4馬身差2着に2番手を追走したメリッサジョー。G1ワイカトドラフトスプリント(テラパ1400m)を勝ってG1・7勝目を挙げたシーチェンジがドバイデューティフリーへと。

20080210181954本日のワイン●グランディアル・ブリュット・ブランドブラン。寿司にはピノってことで小布施ワイナリー自社農場のドメーヌ・ソガ・ピノノワール2e・05。色が薄くてかなり軽いけどボリュームはあってなるほど日本でピノノワールをつくるとこうなるのね。今年も小布施ワイナリー行きたいなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2008

今年は好調のゴドルフィン

午前中、大塚のB社へ営業を兼ねた打ち合わせ。終了後、都電の駅への近道を探っているとテレビなどによく出ていて一度来てみたかった洋食GOTOOに行き当たった。11時をちょっと過ぎたところで昼にはまだはやかったけどせっかくの機会なので入ってみる。豚肉生姜焼きか本日のランチ(チキンカツとポテトコロッケ)か迷いに迷って後者。チキンカツの衣が薄くて肉はきわめてやわらかい。さすがに話題になるだけのことはある。ついでがあったらまた来よう。と思うけどなかなか大塚では下車しないからなあ。日付変更線前に帰宅。早く処理しなきゃと思っていたセロリとホウレンソウが限界近くしなしなになってたのでお料理。ミネストローネスープとホウレンソウの胡麻和え。

競馬ドバイインターナショナルレーシングカーニバル5日目。サイード・ビン・スルールが1/31の開催に続いて今シーズン2度目の1日4勝。第1レース芝2400m戦はマークオブエスティーム産駒のグラヴィタスで、一昨年のパリ大賞典でレールリンクの6着がある。第3レースのダート1700m戦は父ストームキャット、母トランキリティレイクのジャリル。第5レースの芝1600m戦はロイヤルアプローズ産駒のサードセット。第6レースのUAE1000ギニーはプリンセス・ハヤのココアビーチで5 1/4馬身差の圧勝。チリの3歳牝馬戦線で活躍し、移籍後これが2戦目。2着フィエスタレディーでサイード・ビン・スルールのワンツー。3着ラヴオブドバイ。●第4レースの芝1700m戦。一昨年のG3ドバイシティオブゴールドを勝って、昨年のG1ドバイシーマクラシック2着のオラクルウエストが勝利。昨年のシーマクラシック5着フジキセキ産駒のスシサンが1 1/4馬身差2着。

本日のワイン●ステレンボッシュのニールエリス・カベルネソーヴィニヨン03。狂乱高騰ボルドーの1万円クラスにも負けない2千円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2008

なんと来年もサンタアニタ

営業再開の赤福には朝から行列ができたと。そんなにまでして買いたいのかなあ。ニュースとかで取り上げてもらうためのサクラじゃねーの、とか思ったり。そしてヤフオク上場(笑)。しかし日付を改ざんして売ってた側がどのツラ下げて「日持ちしないので迅速な対応を」とか言うかね。
午後から目黒雅叙園へ。NARグランプリの表彰式。ま、ここ何年かはあまり変化のない感じ。「もし中央に行ったら、中央でも1番になります」と内田博幸。その内田博幸が中央に行ったら主戦は誰に?との質問に川島正行曰く「次は、戸崎君じゃないですか」。そんななか、今年話題を独占したのはコジトモであった。終了後は立飲「Bistro-SHIN」に行く予定だったのだがすでにお店がほぼ満員だったのに加え、我々一行がこの店では収拾つかない感じの人数に膨れ上がったので断念。ま、この日の状況からして少人数で地味にってことにはなりにくいわね。で、歩道橋近くのロンドンパブ(店名忘れ)へ。席順は決裂した合コン状態(笑)。けっこう広いお店であとから数名が合流するなど結果オーライだった。京浜東北線の終電にて無事に帰宅。仔羊と春キャベツのソテー食べたかったなあ。近いうちにぜひ再訪希望。

競馬●ドバイインターナショナルレーシングカーニバル4日目。純血アラブのG1マクトゥームチャレンジ・ラウンド2(ダート2400m):中団外から直線抜け出したのはラウンド1で3着だったパリガニエだが、同5着だったアルムータワケルが中団ラチ沿いから伸びて並びかけ一騎打ち。最後はアルムータワケルが短頭差先着。7 1/4馬身離れた3着にバハー。後方2番手を追走したケルベルロトワ4着。昨年の覇者アルジャルファン5着。●第2レースの芝1300m戦で3着のビーバーパトロールのオーナーがGary Stevensとなっているのだが、あのゲイリー・スティーヴンスだろうか。●ケープヴァーディS(芝1600m,3&up f/m):フジキセキ産駒のサンクラシークが馬群を割って抜け出し完勝。南アフリカで3歳時に3歳牝馬のG1を制し、昨年のダーバンジュライは7着だった。2 1/4馬身差2着にゴドルフィンのメニーカラーズ。●サラブレッドのG3マクトゥームチャレンジ・ラウンド2(ダート1800m):2番手追走のラッキーファインドが、逃げていたキャンディデートを直線でとらえ2 1/4馬身突き放して勝利。南ア・マイク・ドゥ・コック調教で1/17の1800mハンデ戦から連勝。ゴドルフィンのインペリアルスターは3着。4着ジャックサリヴァン。ドバイレーシングクラブがタタソールズと組んでトレーニングセールをやると。3/6のスーパーサーズデー直前、3/4~5の2日間。2/4に生まれたジョージワシントンの産駒はたった1頭のみの産駒となるもよう。なんと、2年連続でブリーダーズCはサンタアニタでと。で、2010年はチャーチルダウンズかデルマーかニューヨーク(のどこ?)かその他か協議中。サンタアニタは馬場改修のため明日8日の開催を中止。

本日のワイン●権之助坂の足の付け根の部分に位置するロンドンパブにて。カヴァでカステルブランチ・ブリュット・ゼロで乾杯。オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のデ・ボルトリ、ディーン・VAT9・カベルネソーヴィニヨン04

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2008

ホントに心房細動なのか?

ヴェンジャンスオブレインは心房細動だったの?という疑問。日本の多くのメディアでは心房細動と書いていたけど、オーストラリアやニュージーランドのメディアなど(おそらく出所は香港だろうけど)を見るとレース中の「a heart defibrillation」と書いている。心房細動は通常「atrial fibrillation」と表記するようで「defibrillation」だと、たとえばYAHOO!の辞書では「細動を止める。除細動」となっていて、頭に「de」が付いてることからも細動とは逆の意味のような。イマイチ不安なので木曜発売の夕刊フジのコラムでは念のため「心臓の疾患」というあいまいな表現で逃げておいた。どなたか「a heart defibrillation」の正確な日本語訳を教えてください。
スカパー!で船橋の映像を見るとスゴイ雪で1レースの発走が遅れていた。天気予報では「雪はちらつく程度」のはずで、午前中に見たピンポイント予報でもずっと曇りだった。去年までなら競馬場行きを断念していたところだけどネタ集めもしないといけないので競馬場へ。7番人気のブルーローレンスから5点流して抜けた!と思ったら、降着で的中となってくれた。馬券運がちょっと戻ってきてる感じ。終了後マクドナルドでHさんと待ち合わせしてお茶しているとHさんのところに某所からお呼びが。ということで某所におじゃましてちょっとだけ飲む。結果、ワールドC予選が2-1のところまで見られてよかった。結局夜までほとんど雪。
20080207005703帰宅して弘岡かぶ千枚漬けの最終仕込み。塩で出た水分を捨ててダシ昆布を切ったのとタカのツメを挟んで再び重ねていき、みりんと酢と砂糖を煮きった調味液で漬ける。けっこう手間がかかった。おいしくできるといいなと。その後がんばって原稿2本(泣)。

競馬●報知グランプリカップ。4番手追走の7番人気ブルーローレンスが直線不利がありながらも抜け出して勝利。逃げねばったプライドキムが2位入線もスタート後によれたことで3着降着。外から追い込んだアートルマンが繰り上がりの2着。●兵庫牝馬特別。出遅れて最後方追走のキーポケットが3コーナー手前で一気に進出。4コーナーまで持ったままでゴール前抜け出し着差以上の楽勝。連れて上がったノーメイクが半馬身差2着。中団うしろ追走から勝ち馬に食い下がっていた1番人気クインオブクインはゴール前後退して3着。昨年のBCクラシックで予後不良となったジョージワシントンの初仔が2/4にアイリッシュナショナルスタッドで誕生というニュース。

本日の酒●缶の発泡酒を1本。芋焼酎をお湯割で。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 05, 2008

千枚漬けにしてみようかと

20080206012432昨日の弘岡かぶ。どうやら千枚漬けにするのがいいらしい。日付変更線過ぎに帰宅して千枚漬けにとりかかる。薄切りにすると、たしかにかぶだ!というなんともいい香りが漂ってくる。普通のかぶではここまでの香りはない。まず2%の塩で24時間、下漬けをするらしい。ということで本日はここまで。みりんと酢と砂糖を煮きって本漬けの調味液まで準備万端。

競馬●たんぽぽ賞。2コーナーで先頭に立ったクリノダイシスがゴール前粘って押し切った。後方から3~4コーナーで進出したテイエムモッコスがゴール前追い込んでクビ差2着。クリノダイシスの直後を進んだカシノヨウスケが半馬身差3着。ケンタッキーダービー&オークスの事前の賭けがはじまった。いつも思うのはこの時期のその他の馬(Mutuel fields)を買いたい。去年はストリートセンスなのでおそらくハズレだったけど、儲かるときのほうが多い(と思う、たぶん)。現在は3.5倍。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2008

大根と思ったらかぶでした

20080205015540通常出社でいっしょうけんめい作業。帰りに自宅最寄り駅近くの西友に寄る(いつものことだけど)。レジに並んだところで日付が変わればセゾンカードで合計から5%引きになることに気づく。「ああああああ、か、会計、ひ、日付が変わるまで、ちょ、ちょっと待ってもらえませんかぁぁぁぁぁ」と言おうと思ったけど恥ずかしいし、うしろに他のお客さんが並ぶと迷惑なので言葉を飲み込んだ。あ~あ、あと1~2分買い物してりゃよかったなあと思いながらレシートを受け取って日付と時間を見ると「2/5(火) 00:00:02」。なんと!日付が変わって2秒の差で5%引きをゲット。2000円ちょっとの買い物だったので100円儲かった(笑)。なんかすごくうれしい。で、帰宅。らでぃっしゅぼーやの野菜が届く日で、でっかい大根が入っていた。と思ったらかぶだってよコレ。弘岡かぶ(写真)といって高知で採れるものらしい。うちにはタバコがないので大きさ比較にタマゴを置いてみた。らでぃっしゅぼーやではたまにこういう地方独特の野菜を送ってくるんだけど、どうやって料理すんだよっ。

競馬カーリンはアメリカでは使わず2/15にドバイへ向けて出発。ドバイワールドCの前に2/28の2000m戦を使うと。去年と同じレース名ならアルサラブ(AL SARAB)Sというレース。翌週のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3だと中2週(と2日)で間隔が短いということか?シェイク・モハメドに1050万ドルで買われたプレイフルアクトはストリートクライをつける予定。まだ乗るのかよ!お騒がせのパット・ヴァレンズエラ。2/8フェアグラウンズで騎乗予定。引退を勧告されたはずなのに。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2008

アラブも強くなったUAE産

♪ゆっきでしたっ♪。←雪が降るとこの歌が頭の中をぐるぐると……。もともと競馬場には行けない状況なのだが行きたくても競馬はやってないという状態になった。競馬中止はともかく、この程度の雪で首都圏はいろいろなものが麻痺してしまうのかとあらためて思う。ま、年に一度積もるか積もらないかの雪のために備えるとするとそれはそれで莫大な費用がかかるのだろうけど。
20080203215033というわけで(昨日のエントリ参照)本日の夕飯はわたし作、豚バラたっぷりのお好み焼(写真)。おいちい。すった山芋に卵を入れただけで焼く山芋のステーキもおいしいでござるよ。こんな感じね。

競馬●福山・椿賞。2番手追走の単勝元返しナムラベンケイが逃げていたエンドジョーカーを直線でとらえると1馬身かわしてゴール。3着にナムラゼウス。●アブダビ開催。純血アラブのG1・HHザ・プレジデントC(芝2200m):ダイナマイトが今シーズン5戦目での初勝利も、昨シーズンUAE産として初めてG1のナショナルデイC(06/12/3)を制したのに続き、HHザ・プレジデントCを勝ったのもUAE産馬としては初めてのこと。またナショナルデイCとHHザ・プレジデントCの両レースを制したのはアラヌード、エジルという最強馬2頭に続いて史上3頭目の快挙。05,06年に続きこのレース3勝目がかかったシェイク・ハムダンのマジャニは惜しくもクビ差2着。マジャニには今年ドバイカハイラクラシック4連覇がかかる。前走マクトゥームチャレンジ・ラウンド1を制したカンダールドゥファルガスは2 1/4馬身差3着。4着にHHザ・プレジデントCプレップ勝ちのナディルデュバックと実績馬が上位を占めた。●G3スワニーリヴァーH(ガルフストリームパーク芝9F,4&up f/m):8番手ラチ沿い追走のグリーンガールが3~4コーナーで位置取りを上げ直線抜け出して勝利。06年7月に仏シャンティイで勝って以来の勝利で、北米での初勝利がグレード勝ち。これが引退レースでキングマンボをつける予定と。後方を追走し大外から伸びたラドルチェヴィータが半馬身差2着。早めに進出した1番人気ジェイレイはハナ差3着。2番手追走の2番人気ベルエアビューティは6着。サンタアニタはまたまた雨で中止。こうなると神頼みだねホント。スチューデントカウンシル、オウサムジェム、ザッパなどが出走を予定していたG2サンアントニオHは9日に延期。19歳になったエーピージェットが種牡馬引退。

本日のワイン●ジャンクっぽいメシにはランブルスコがぴったり。ってことでメディチ・エルメーテのクエルチオーリ・レッジャーノ・ランブルスコ・セッコ。ランブルスコのフリザンテって、ちゃんと宣伝すれば日本でもっと売れると思うんだけどなあ。さらにチリのロゼでアラウカーノ・カルメネール・ロサード05。飲む順番としては逆だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 02, 2008

ヴェンジャンス引退ですか

馬のマッサージとかをやってるSさんが都内にいるということでライターSさんも誘って夕方から上野広小路というか湯島というかそのあたりのお好み焼やさん。知ってる店ではなくぐるなびで探したちょっとおしゃれ系な店なのだが行ってみてびっくり。ほぼ完全スナックビルで2階にあるそのお好み焼やさんのみ普通の店という。ちょっと入るのにためらわれた。飛込みではおそらく入れない。お客さんも常連ぽい感じの人がほとんどだった。値段も味も場所を考えれば普通。このレベルなら自分でつくったほうが間違いなくうまい。帰宅しておでんを仕込む。紙パックのダシと昆布でダシをとって半端にちょっとだけ余ってた粉末のおでんのダシを加えたらこれがかなりおいしいダシになった。満足。

競馬グローバルスプリントチャレンジ第1戦G1ライトニングS(フレミントン1000m,2&up):父ライオンキャヴァーンのアパッチキャットがスウィックをクビ差で斥け勝利。3着スタンザウト。ミスフィンランドは5着。●香港G3センテナリーヴァーズ(シャティン1800m):後方3番手追走のブリッシュラックが直線を向くと馬群を割って抜け出し完勝。6番手追走のヴァイタルキングが直線外から伸びて3馬身差2着。3着ヴィヴァマカオ。後方追走のヴェンジャンスオブレインは直線を向いたところで競走中止。心不全らしくこのまま引退らしい。●G1ドンH(ガルフストリームパーク9F,4&up):逃げたダーハーの直後を追走したスプリングアトラストが3~4コーナーで先頭に立って押し切った。昨年のゴドルフィンマイルを勝っていてこれがG1初制覇。後方からゴール前差を詰めたエーピーアローが半馬身差2着。逃げ馬に競りかけたキスザキッドが3着。最後方追走のブラスハット4着。断然人気のダーハーは3コーナー過ぎから後退してブービー7着。●G2スウェイルS(ガルフストリームパーク6.5F,3yo):後続を引き付けて逃げたイートンズギフトが直線突き放して圧勝。父ジョハネスバーグでG1キャッシュコールフューチュリティではバテて7着だったので短距離向きらしい。後方から直線伸びた伏兵サリールディールが3馬身半差2着。2番手追走の1番人気ウインキャットは最後粘れずクビ差3着。●延期になったG1サンタモニカH(サンタアニタAW7F,4&up f/m):5頭立て最低人気のインタンガルーがやや離れた4番手追走から直線ラチ沿いを伸びてグレード初制覇。アロンソ・キノネス騎手、ゲイリー・シャーロック調教師、ともにG1初勝利。最後方追走で外から伸びたソサイエティホステスがハナ差2着。逃げたオーヴァリーテンプティング3着。BCディスタフ2着以来で断然人気のヒステリカレディーは直線伸びず4着。●G2ストラブS(サンタアニタAW9F,4yo):後続を離して逃げたモントレージャズがそのまま逃げ切り。サンシャインミリオンズクラシックでゴービトゥイーンが出したトラックレコードに1/100秒及ばず。芝のG3サービューフォートSに続いて今度はクッショントラックでグレード勝ち。次走はおそらく3/1のサンタアニタHと。断然人気のティアゴは後方から徐々に位置取りを上げたが4馬身半離されて2着。3着モンザンテ。2番人気ジャイアントギズモは6着。●G2ローバートB.ルイスS(サンタアニタAW8.5F,3yo):3番手追走の1番人気クラウンオブソーンズが3コーナーで内から先頭に立つと、直線でコーストガードを突き放して2馬身半差で勝利。3/1のG3シャムSから4/5のG1サンタアニタダービーへ。5頭立て最後方追走の日本産リフレクトタイムスは残念ながらさらに3 3/4馬身離され3着。●G3ラハブラS(サンタアニタ芝6.5F,3yo f):3コーナー手前でハナを奪ったパッションが直線、1番人気アリージとの一騎打ちをハナ差で制し、デビューから2連勝でグレード初制覇。父は日本に来たケイムホーム。3 1/4馬身差3着にスイートオーガストムーン。ハリウッドパークの厩舎に戻ってきたラヴァマン。●シャージャの開催が強風でラチが壊れたため中止になった。

本日の酒●鍛高譚をお湯割で1杯。黒糖梅酒とかにごり梅酒とかをロックで何杯か。帰宅してちょっとだけ残ってたレイラン・シャルドネ05。あらたにボトルをあけるのも半端な感じだったので黒糖焼酎「奄美」をお湯割で1杯。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 01, 2008

ラッセル・ベイズも1万勝

通常出社。今週唯一のずっと会社にいる日。ようやく1月の請求書だとかそういう関係が片付いた。ココでスゴイメンバーになると書いた佐賀記念だが、なんのことはないクワイエットデイ、ブルーコンコルド、ボンネビルレコードが回避して普通のJpnIIIになった。ま、フェブラリーSがあるんで当然といえば当然ですな。

競馬●ジェベルアリマイル(ジェベルアリ・ダート1600m):勝ったのはジョンキルJONQUILという父マキャベリアンの牡6歳。2 3/4馬身差2着にシェイク・ハムダン・ビン・モハメドのゴールデンアロー。ラッセル・ベイズも1万勝到達。ゴールデンゲートフィールズ競馬場の第3レース。「北米では初の」と書くところがアメリカっぽいヴィクトリーギャロップがトルコへ

本日のワイン●ちょっとだけ残ってたチェスコン・ラボソ・デル・ヴェネト05。白でラングドックのレイラン・シャルドネ05。ありゃ、これいっちゃってねーか?って感じだったのでカシスリキュールを入れてキールで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »