« March 2007 | Main | May 2007 »

April 30, 2007

KYダービーに着差ボーナス

満席のJALにて戻り。定刻で成田着。急いで出発階に上がりネット接続。ばんえい十勝オッズパーク杯にギリギリ間に合った。結果。見事なタテ目。慌ててネットにつないだのはそれが本来の目的ではなく、原稿書いて送信して一息。海外から成田戻りですぐにネットにつなぐのが恒例になってきた(泣)。そうでもしないと食いつなげないので。
27日からずっと外に出っ放しだったので実は新生ばんえい競馬の映像を今日初めて見た。ものすごい砂埃がゴール方向に流れていって、まるで夏の岩見沢みたいだ。本日はまっすぐ帰宅。

競馬●ばんえい十勝オッズパーク杯。ひと腰で第2障害をクリアしたカネサブラックが逃げ切り。2番手で障害を越えたタケタカラニシキがそのまま2着かと思われたところゴール上で止まり、一気に伸びてきたトモエパワーが差し切って2着。ナリタボブサップ6着。●尾張名古屋杯。先行2頭が直線で叩き合いとなり、1番人気ゴールドマジンガーがハナ差先着。名古屋で復帰後2着のあと3連勝で重賞初制覇。ハナを切ったペアーネオ健闘の2着。KYダービーのスポンサー、Yum! Brandsが、バルバロが勝ったときの着差6 1/2馬身を越えたら100万ドルのボーナスを出すと。タイトルでは「tied」本文では「surpass」となっていて、同じ6馬身半だったらOKなのかどうかわからん。

旅帰りにつき本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 29, 2007

いつも勝てるほど甘くない

午前中に競馬場。冷房で冷え切ったプレスルームにこもってひたすら原稿書きと原稿チェック。寒さに耐えかねてときどき暖まりに外に出る。時間との戦いで、レースはなんとかチャンピオンズマイルとQEIICだけは見ることができた。最近競馬場にいながら別の競馬の原稿書いてることが多いなあ。第3レースを勝ったMEDIC POWERという馬がものすごく強くて安田記念を目指しているらしいというのをあとから話にだけ聞いた。香港まで来て何してんだか。かしわ記念の予想を今日書かなければいけないのをすっかり忘れていて、枠順が出ているのを見て気づいた。あぶないあぶない。レースはどちらもキネーンがお見事な騎乗だった。チャンピオンズマイルは香港馬4頭の3連単ボックスだったがもちろん勝ち馬が抜けた。QEIICはオラクルウェストにこだわったのだが不発。夜は柏村さん夫妻、土屋さんと新しくなった益新美食館。香港には何度も来ているもののまだ一度も行ってないハッピーバレーに行かねばというお話など。しかし週中だもんなあハッピーバレーは。最後ホテルのラウンジで1杯。翌日ワインのメモを見て飲んだことを思い出した。

競馬●香港・チャンピオンズマイル。人気薄のエイブルワンでキネーンがスローに持ち込んで見事な逃げ切り。2着争いは3頭の接戦で、ジョイフルウィナー、ザデューク、フローラルペガサス。●香港クイーンエリザベスII世C。スタート後は後方も、内ラチ沿いから位置取りを上げたヴィヴァパタカが4コーナーでは5番手まで押し上げ、直線を向くと一気に抜け出した。3番手から伸びたヴェンジャンスオブレイン2着。アドマイヤムーンも外から追い上げたがさすが外々を回らされたロスは大きく3着。●留守杯日高賞。断然人気パラダイスフラワーが逃げ切り勝ち。後方追走のマツリダワルツが直線追い込んで2着を確保し、人気どおりの決着。●G1ガネー賞(ロンシャン10.5F,4&up):断然人気ディラントーマスが勝利。愛ダービー、愛チャンピオンSに続いてG1・3勝目。スミヨンがクールモアの馬に乗ることが多くなってきた。2馬身差2着にアイリッシュウェルズ。3着ドクターディノ。●G3ヴァントー賞(ロンシャン9F,3yo f):グランドスラム産駒のジャストリトルがデビューから4連勝で重賞初制覇。アガ・ハーンの1番人気エルヴァは半馬身差2着。●G3バルベヴィル賞(ロンシャン15.5F,4&up):5頭立てで4着までクビ、クビ、クビの接戦を制したのはジャドモントファームのホストネーションで重賞初出走での勝利。昨年のG1カドラン賞3着だったルミラクルが2着。3着ポンテトレサ。●G2ドイツ1000ギニー(デュッセルドルフ1600m,3yo f):シルヴァノ産駒の1番人気マイエマMi Emmaが後続を9馬身突き放して圧勝。2着ジェネラス産駒のミスティックリップス。●G3フォートマーシーH(アケダクト芝8.5F,3&up):5カ月の休み明け伏兵ウッドランダーが好位から抜け出し。05年ベルモント芝のG3レキシントンS以来のグレード制覇。後方から追い込んだゴールデンコマンダーがクビ差2着。1番人気グランドクチューリアは3/4馬身差3着。●キングスポイントH(アケダクト9F,3&up):1番人気アカウントフォーザゴールドが逃げ切り圧勝。フーホワットウィンが6 1/4馬身離れた2着。ファニーサイドは3着。バルバロの誕生日祝賀会には600人以上が訪れた。ユートピアがベルモント開催初日、5/2のG3ウエストチェスターHでゴドルフィン移籍後初出走となる。サンキングとかイヴニングアタイアとかも出走予定。

本日のワイン●益新美食館にてお持込。
ニュージーランド・ホークスベイのテマタ・ウッドソープ・ソーヴィニヨンブラン05
ベリンジャー・ナパヴァレー・ピノノワール05
チリのサンタヘレナ・カベルネソーヴィニヨン05
ホテルのラウンジにてグラスで1杯。カリフォルニアのガイザーピーク・メルロー02

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 28, 2007

連休初日に成田から香港へ

午前4時15分就寝、5時15分起床。寝過ごせん。と思ったら1時間のうちに途中4~5回も目が覚めた。起きてみてたいへんなことに気づく。なんと世間様が言うところの連休初日じゃん。こんな日に成田から出発とは。そんなの最初からわかってるじゃんという話だが、今朝になってようやくコトの重大さに気づいた次第。救いは土曜日のため電車は通勤ラッシュではないことか。成田までちゃんと睡眠をとるべく京成線は普通の特急ではなくスカイライナー。ちょっと早めに出てよかった。指定を買った数分後になんと満席売り切れのアナウンス。混んでる時期には極力出かけないようにしてるからだけどスカイライナー満席なんて初めての経験。そして満席のJALで香港着。「メディアの方はみんな昨日とか一昨日に来て、今日着くのはあなただけよ。日本では忙しかったの?」とか香港ジョッキークラブの出迎えさんに言われた。別にイヤミな感じではなかったのだが。レース見に来るだけで申し訳ねえ。ちゃんと売上げには貢献するので。夜は日本人記者おなじみのIさん、Tさん、Hさん、Kさんと総勢5名で湾仔のリーズナブルな火鍋やさん。
なるほど。ドバイスポーツシティねえ。2010年オープンってことは、新競馬場と完成が同時期ですな。

競馬●G2ベットフレッドマイル(サンダウン8F,4&up):デットーリが騎乗した1番人気ジェレミーが勝利。1 1/4馬身差2着にバヒアブリーズ。3着テイクアバウ。●G3ベットフレッドポーカークラシックトライアル(サンダウン10F,3yo):これもデットーリで父ゴーランのレジームが重賞初勝利。前走は10月のG1レーシングポストトロフィー7着だった。2馬身差2着にストライヴィングストーム。クビ差3着に1番人気アスペリティ。●G3ウィザーズS(アケダクト8F,3yo):2番人気ディヴァインパークが逃げ切り。3 1/4馬身差2着にシーピーウエスト。3着伏兵フロスティシークレット。●G3ボーゲイH(アケダクト芝8.5F,3&up f/m):2番人気マッサージが差し切り勝ちでグレード初制覇。直線一旦は先頭に立った伏兵ストーミーキスはクビ差2着。3着フィンランディア。1番人気ミスショップは5着。●G3マイアミマイルBCH(カルダー芝8F,3&up):単勝26倍のジェットプロパルションが逃げ切り。鞍上Eduardo Nunezという騎手。1馬身半差2着にジャイアントレッカー。3着パラダイスダンサー。●北カリフォルニアで唯一のG2サンフランシスコマイル(ゴールデンゲートフィールズ芝8F,3&up):5頭立て最後方追走のチャイニーズドラゴンが、早め先頭で粘るヴェガズロードをハナ差で差し切ってグレード初制覇。昨年の覇者チャーモは3着。スタート後先頭に立った1番人気ベクルーはしんがり5着。●G3イングルウッドH(ハリウッドパーク芝8.5F,3&up):アフターマーケットが直線先頭に立って抜け出し。昨年8月のG2競馬殿堂博物館S以来の勝利。6頭立て最後方追走のレッドフォートが2馬身差2着。逃げた1番人気ウィローオウィスプ3着。●G3テキサスマイルS(ローンスターパーク8F,3&up):逃げた2番人気サイレントプレジャーが直線で一旦は1番人気のボブアンドジョンに並びかけられるも差し返してクビ差で勝利。グレード初制覇。3着ドリームスアンドヴィジョンズ。●G3ヴィジルS(ウッドバインAW7F,4&up):逃げたジャストラッシングがアーユーシリアスをクビ差で退け勝利。鞍上エマジェイン・ウィルソンで今シーズンはこれが初出走。1番人気シレラースルー4着。

本日のワイン●JALのY席にて。白の1/4ボトルはヴァンドペイ・デュ・タルン(DU TARN)というところのFLEUR DU TARN。赤の1/4ボトルはAOC BERGERACのLES CHAPELLES BERGERAC。前にJALに乗ったときも同じだったような気がするけどどちらもイマイチ。おかわりはいいやという感じで梅酒のロックを1杯。夜は青島ビールを少々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2007

オグリキャップひつまぶし

Iqjs午前6時半起床。笠松行きなのだがその前に会社近くの銀行&信用金庫に寄って資金移動。さすがに4月の平日最終日のため、銀行は朝9時過ぎからお客さんが多い。会社経由で東京駅で笠松。本日より新生ばんえい競馬がスタートで、なぜ今日はばんえいに行かなかったのかとも思うが、笠松も早いタイミングで来ておきたい理由があったのでしかたない。笠松競馬場の土手は葉桜が青々としていた。平日だと思えばお客さんは入っているほうなんだろうけど、これが笠松競馬最高賞金の重賞の日かと思うとちと寂しい。競馬場の倉庫というか物置小屋でなつかしのインターナショナルクイーンジョッキーシリーズの賞金目録を発見(写真)。平成5年てことは93年。地方競馬の売上げが落ち始めた競馬バブル終盤の出来事ですな。オグリキャップ記念は、断然人気のミツアキタービンが絶好位3番手を追走しながら3コーナーで置かれてしまい5着。脚が痛いのをゴールまで我慢できるかどうかなんだそうだ。予想はハズレたに等しいが、ちょっと不安になりタテ目の○▲を押さえておいてよかった。しかしゴールの瞬間は無印のブルーローレンスが2着に粘っているように見えたのだが。終了後、今シーズンから笠松に移籍した法理厩舎に寄らせていただく。笠松ではここまで未勝利だったのだが、なんと今日、いきなり2勝。「勝てるときはこんなもんかねえ」と嬉しそうだった。
Hitsu帰りは名古屋で寄り道。やまけんブログで名古屋の松坂屋本店に「あつた蓬莱軒」というひつまぶしの名店があると知り、地下鉄を乗り継いで訪問。たしかにうみゃー。うなぎの身はホコホコで皮はパリパリ。わざわざ寄り道した甲斐があった。ひつまぶし万歳!

競馬●オグリキャップ記念。逃げたブルーローレンス、直後追走のウイニングウインド、出遅れて後方からとなったクインオブクイン。ゴール前は3頭横一線の接戦となったがウイニングウインドがクビだけ出た。内外離れた2着争いは外から押し上げたクインオブクインがハナだけ先着。ミツアキタービンは3番手追走も5着。●G3ゴードンリチャーズS(サンダウン10F,4&up):昨年のBCターフの覇者レッドロックスが勝利。2馬身差2着に重賞未勝利のMASHAAHED。3着カンディデート。1番人気マウンテンハイは5着。●G3フィフスサードエルクホーンS(キーンランド芝12F,4&up):2番手を追走したアサーテインが直線差を詰めたオールウェイズファーストをクビ差で振り切って勝利。鞍上Jamie Theriotという騎手はキーンランドでステークス初制覇。3着ドリリングフォーオイル。後方追走のクラウディズナイトは5着。なんとジャジルがここに出ていたが後方まましんがり負け。昨年のBCマイルの覇者ミエスクズアプルーヴァルが南アフリカで種牡馬入り。

なんか疲れたので本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2007

行かなきゃメルボルンC

20070426203224通常出社で急いで原稿2本。夕方から六本木のグランドハイアット東京へ。ヴィクトリアレーシングクラブ主催のパーティーなのだが、競馬関係の人たちはむしろ少ない。メルボルンCをきっかけに観光でもビジネスでも、メルボルンに来てくださいってな趣旨みたいだった。料理はリゾットもラムもさすがというおいしさ。こんな招待を受けたらメルボルンCも取材に行かなきゃだわ。しかしメルボルンCに行くとなるとその前週はブリーダーズCだし、翌週はシンガポールゴールドCだしってことになるのでどうにも。

競馬●G3ベンアリS(キーンランドAW9F,4&up):伏兵ジェイズリヴェンジが好位から直線先頭に立ってハナ、ハナ、クビの接戦を制した。2着に最後方から追い込んだミニスターズジョイ、3着ムスタンファーと、ここまでいずれも単勝は10倍以上という波乱。G3ハルズホープHの勝ち馬で1番人気シャテインは8着。ブリーダーズCのチケットの申し込みが4/30から始まる。

本日のワイン●グランドハイアットでのパーティーは、ビクトリア州ってことでグリーンポイントが協賛していた。
グリーンポイント・ビンテージ・ブリュット・ロゼ04
グリーンポイント・シャルドネ05
グリーンポイント・シラーズ04

シラーズは初めて飲んだけどすっごいプラムっぽい果実香たっぷり。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 25, 2007

税金の無駄遣いシリーズ

睡魔と闘いながら原稿。何の原稿書いたっけ。オグリキャップ記念の予想だったか。夕方前に浦和競馬場へ。しらさぎ賞が3歳以上牝馬のレースとはなんかピンとこないなあ。スパーキングレディーカップのトライアルになってたらしいというのをレース終了後に知った。3連単当たったけど30点買いで31.7倍ではねえ。とほほ。終了後、総勢4名で飲み。「949(くしきゅー)」が本日まで飲み物すべて半額、食べ物も一部半額でリーズナブルに飲んだ。楽しく盛り上がった宴会も気がつけば日付変更線近く。翌日レシートを見たら支払いをしたのはちょうど午前0時だった。
勝谷誠彦さんもメルマガで書かれていたが「美しい日本の粋(すい)募集中」って何だ。国が国民の税金を使ってやることか。「海外日本食レストラン認証」と同じくらい意味ねー。
金曜日からスタートするばんえい十勝のオフィシャルサイトがリニューアル。「ばんえい競馬情報局」もリニューアルオープンしました。よろしくお願いします。

競馬●しらさぎ賞。後方追走のベルモントノーヴァがラチ沿いからスルスルと伸びてきて直線で抜け出した。1番人気クリムゾンルージュはなかなか勝てないまた2着。3着アストリッド。●ハリウッドパーク開催初日。G3ウィルシャーS(芝8F,3&up f/m):ジャイアンツコーズウェイ産駒、2番人気チャームザジャイアントが後方追走から直線一気の差し切り勝ち。1馬身半差2着にソーゴル。1番人気ダブルトラブル4着。●G3ビウィッチS(キーンランド芝12F,4&up f/m):断然人気サファリクイーンが早め先頭で押し切った。芝11ハロン以上のグレードで4勝目。2番人気バランセラが2馬身差2着で人気どおりの結果。3着ムーンベリーには12馬身もの差をつけた。

本日のワイン●949にてハウスワインをカラフェでひたすら。半額ならまあ許そうという感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2007

マクドナルドで仕事する時代

午後からN社にてミーティング。終了後、会社に戻ってると間に合わないので場所をチェックしておいた東陽町駅そばのマクドナルドでWeb更新の原稿チェックなど。さすがに夕方だけに禁煙席は女子高生とか小さいお子さんとかで騒々しいけどそれは仕方ない。ホントに助かっております。マクドナルドではほとんどの店でYahoo!BBの無線LANが安定して使えるので。紅茶1杯で何時間でも仕事できちゃうのでありがたいのことですよ。さすがにそれでは申し訳ないのでビッグマックも食べた。今月はもう今日と明後日しかデスクワークができる日がないので会社戻りで雑務とか原稿とかで会社泊。
技評さんっ!ネットで盛り上がってたソレ、本にしちゃったですかっ! コレとかコレとかコレとか

競馬KYダービー当日に、バルバロとそのオーナーを表彰するセレモニーが行われる。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 23, 2007

豚肉生姜焼きに関する考察

すごく好きというわけでもないけど豚肉生姜焼きにはとっても興味アリ。スタイルがものすごくいろいろあるでしょ。そもそも生姜焼きというと和食な感じで、ポークジンジャーというと洋食な感じがするってだけでもおもしろい。普通は「しょうが焼き用」として売ってることが多い2ミリくらいにスライスしたものを使うことが多いのかもしれないけど、こま切れとかバラのスライスとかで野菜を一緒に炒めちゃう場合もある。ポークジンジャーっていうと1.5センチくらいの厚いロースかなんかを炒めるんじゃなくてソテーする(同じことだけど)って感じがする。なんで突然こんなことを書いたかって言うと、はじめてその分厚い豚肉をソテーしてお弁当に持ってきたしょうが焼きがなかなかにおいしかったからだ。ブショネで料理行きになったブルゴーニュの赤でフランベしてみたからだろうか。しかしそもそもフランベって、視覚的効果だけであってあんまり効果はないって主張する人もいたりするけどホントのところはどうなんでしょ。本日通常出社でござんした。週末は香港なので今週で今月もおしまい。ちょっと焦る。帰宅して野菜を摂取したいときの定番、ミネストローネを作る。

競馬●ソフトバンクプレイヤーズのばんえい帯広ニュースリリース

本日のワイン●おとといの続きでスターク・コンデ・メルロー02。うまい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2007

第1回ジョッキーマスターズ

午後から東京競馬場。ウマニティの公開予想討論会@フジビュースタンド3Fにご協力出演。このデカいスタンドって、中に入っちゃうと生で競馬やってる感があんまりないですな。だからダメというわけではないけど。というわけで本日生でレースを見たのは「第1回ジョッキーマスターズ」のみ。ってか、今日はこれを見るために来た。パドックはかなりの人。いいねえヤジが飛ぶパドックって。本馬場入場でスタンド前に出るとまるで重賞かと思うほどの人が残ってる。振り返ってみるとデカいスタンドにも人がいっぱいでこれにはびっくり。マイルでもスタート後はさすがにゆっくりだったけど、ゴールはちゃんと迫力あった。上がり35秒台だったの? 幹夫がうしろに気を使いながら逃げたのとか、「オレが勝っちゃまずいだろ」ってな感じで本田が最後に遠慮しながら追ってたのもよかった。競馬ってすごい。競馬ファンてすごい。見に来てよかったよ。そういえばかつてダービー当日にやってたダービースタリオンステークスとかダービージョッキーステークスなんてのも復活してほしいよねえ。ダービージョッキーSのほうは、現役ダービージョッキーが足りなくなってそのままやめたんだっけ?

競馬●G3バリーサックスS(レパーズタウン10F,3yo):サドラーズウェルズ産駒のモーリーズウェルズが今シーズン2連勝で重賞初制覇。半馬身差2着にファーネリー。1番人気モンジュー産駒のマッカーサーは3着。おお、スタンレー・チンが香港で重賞勝った。G3香港マカオトロフィークラウンズマスターで。●G2サンファンカピストラーノH(サンタアニタ芝14F,4&up):2番人気オンジエイコーンが直線で抜け出した。去年11月に4万ドルでクレーミングされた安馬らしい。逃げた1番人気スイートリターンは1馬身半差2着。3着フィッツフラッグ。困る。マグナ関連の競馬場のレース映像が見られなくなった。どんな意図があるんだ。

本日ほぼ休肝日。安い国産白ワインを1杯飲んでみたけどあんまり進まないのでやめた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

無料券の期限5月末につき

会社に泊まってはみたものの切羽詰ってるわけじゃないのでやっぱり効率は悪かった。午前2時ごろいつのまにか椅子で寝てたし。目標の半分くらいしか進まず。午前11時半のオープンに合わせてまたも無料券を使ってスパ。で、帰宅。夜は妻の飲み友達が来てお食事当番。マグロ、ホタテ、タイ、甘エビで定番イタリア風豪華海鮮サラダ。なぜか突然居酒屋っぽいメニューで山芋ステーキ。マグレドカナールのロースト&フォアグラソテー。自分より速いペースで飲む女性と一緒に飲む酒はきわめて楽しいというのが持論であります。

競馬●G3ドバイテニスチャンピオンシップS(ジョンポーターS:ニューベリー12F,4&up):シェイク・ハムダンのマラーヘルが昨年6月のG2ハードウィックS以来の重賞制覇。クビ差2着マイティー。3着もハムダンのマンセフ。●G3ドバイデューティーフリーS(フレッドダーリンS:ニューベリー7F,3yo f):ストリートクライ産駒の伏兵マジェスティックロイがデビュー3戦目で重賞初制覇。3戦2勝。G1チュヴァリーパークS勝ちで1番人気のインディアンインクがクビ差2着。3着エルーシヴフラッシュ。●G3グリーナムS(ニューベリー7F,3yo c/g):G2コヴェントリーS2着だったメジャーカドゥーが重賞初勝利。G1モルニー賞、G1ミドルパークSまで2歳時は4戦全勝で断然人気となったダッチアートは3馬身半差2着。3着ケープクロス産駒のハリカーナサス。●G2レキシントンS(キーンランドAW8.5F,3yo):9頭立て最低人気のスルーズティジーが逃げ切り。中1週なのでKYダービーは使わないみたい。3馬身半差2着にブービー人気のスターベースでエグザクタ500倍の大波乱。3着フォーティーグラムス。1番人気ベルグラヴィアはしんがり9着。●フェデリコテシオS(ピムリコ9F,3yo):2番人気エクスチェンジャーが逃げ切り楽勝。4 3/4馬身差2着に6頭立て最低人気のピンクヴァイパー。1番人気エチュードは5着。●G2サンタバーバラH(サンタアニタ芝9F,4&up f/m):ここ数日の悪天候による馬場悪化の危険回避のため10Fから距離短縮。ブラジルでG1・2勝の実績で僅差2番人気となったノーティーラファエラが差し切って北米でグレード初制覇。1馬身差2着マバディ。逃げたスウィートベレ3着。人気のリヴライフはしんがり7着。●サンシメオンH(サンタアニタ6.5F,4&up):ヒルサイドターフからダート変更で暫定グレード外、5頭が回避して4頭立て。ボンファンテBONFANTEが逃げたバトルウォンとの接戦をハナ差で制した。人気のサイレンルアーは3着。●G2ベッドオローゼスBCH(アケダクト7F,3&up f/m):5頭立て最後方追走のカーマンディアが差し切り勝ち。逃げたマグノリアジャクソン2馬身差2着。3着スワップフリッパルー。1番人気エニーリミット4着。●G3ナショナルジョッキークラブH(ホーソン9F,3&up):4頭立て早め先頭に立った1番人気マスターコマンドが勝ってグレード3連勝。3着以下を大きく離しスイートノーザンセイントが2着で人気どおりの結果。●G3シックスティセイルスH(ホーソン9F,3&up f/m):こちらも5頭立て最後方追走のケトルワンアップが差し切り勝ち。3 3/4馬身差2着にマイチッカディー。3着ローリングシー。逃げた1番人気Mo Cuishleは4着。パントルセレブルがアルゼンチンにシャトル。スラマニはブラジルにシャトル。

本日のワインは4人で4本半。
西友で投売りされてたイエローテール・バブルス
これも西友投売りのルイ・ジャド・マコン・ヴィラージュ05
アルベール・ビショー・ジュヴレシャンベルタン03
南アのルパート&ロートシルト・クラシック03。これはメルロー/カベルネ。
もいっちょ南アでスターク・コンデ・メルロー02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2007

メルボルンC盛り上げに躍起

本日も平和に通常出社。マッサージをしてもらってきのうはわりとフニャフニャになったのだが、今日は夕方くらいになったら背中の張りが昨日よりひどくなった。もしかして揉み返しってやつ? 凝ったと感じたことがあんまりなかったので、揉み返しってのも経験がないのよ。締切は先とはいえ溜まってる原稿を片付けておかないといけないのでゆるゆると会社泊。
これまでの経緯にはまったく触れず、JBCは通常通りという事務的なリリースが出た。まあ流れとして当然だよね。あとは予算(賞金ではなく)がどうなるんだろうってことだけど、表向きにはあんまり関係ないことなので。

競馬シェイク・モハメドが昨年末にプレイヴェートでストリートセンスとスキャットダディの母を買っていた。って、もはやなりふりかまわずって感じですな。ロウヤーロンの共有オーナー同士が裁判所で争い中。しかしLawyerという馬名が皮肉ですな。そのLawyerのRonさんはすでに亡くなってるんだっけか?アクアダモーレがゲート試験に合格せず、香港チャンピオンズマイルには出走せず引退。バルバロの全弟がミルリッジファームで誕生。ディスクリートキャットはまだドバイにいて復帰は遅れますよ。G2サンファンカピストラーノの勝ち馬はメルボルンCに優先出走できる。

というわけで連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2007

自覚しない体じゅうの凝り

通常出社。仕事を早めに切り上げ(といっても20時過ぎ)もらったタダ券で会社近くというかサンシャイン近くのスパに寄ってみる。時間的に空いてたのもあるけどなかなか快適。ちょっと背中が張っていたのでマッサージも(これは有料)。どうやらほんとにバリバリなのは背中ではなく腰のあたりらしい。以前にこのブログで、ぼくは生まれてこのかた数回しか肩こりになったことがないと書いた。しかし。ばんえい記念@帯広のときにホテルパコでお願いしたマッサージの方に言われたのだが、いろんなところが凝っているのだけど、ただそれを自覚してないだけという体質らしいことが判明。そんな体質の方、います?

競馬門別で新馬戦スタート。勝ったのはバトルライン産駒のアイファーダイオー。●G3クレイヴンS(ニューマーケット8F,3yo c/g):G1デューハーストSは7着だった1番人気のアダージオが勝利。1馬身半差2着にサニーレッド。3着サウザンドワーズ。●G3アールオブセフトンS(ニューマーケット9F,4&up):1番人気マンデューロがG2ダルクール賞以来1年ぶりの勝利。4馬身差2着にスペシオーサ。3着ファイナルヴァース。08年のブリーダーズCは、サンタアニタに決まった。10/24,25の2日間。サンタアニタだと時差の関係で朝が早いんだよなあ、って独り言。

本日休肝日。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 18, 2007

いきなりG1は無理だわな

午後から地全協で打ち合わせ。終了後、大井へ。浜松町で夕飯をと思って入ったカレーやさんに折りたたみ傘を忘れた。モノレールのホームまで上がったところで気づき、戻ったけどもうなかった。くっ。まったくツキが落ちてるゼ。マイルグランプリは皐月賞に触発されて穴狙い。アウスレーゼは見事に来てくれたけど3連単の軸にしたもう1頭、コアレスハンターがもうちょっとのところで届かず。くっ。この時期でこの冷たい雨なのでしかたないけど大井の内馬場はどんどん寂しくなるね。寒いのでそっこーでお帰り。翌日のお弁当用に鶏の雉焼きと煮玉子を仕込む。

競馬●マイルグランプリフジノウェーブが5番手から直線抜け出し。10連勝で重賞2連勝。水の浮く馬場で最後方追走から追い込みクビ差2着まで来た紅一点のアウスレーゼはすごかった。サンキューウィンとナイキアディライトはガリガリとやりすぎ。●G3ネルグウィンS(ニューマーケット7F,3yo f):スカーレットランナーが昨年7月のG3プリンセスマーガレットS続く重賞勝ち。G3アルバニーS、G2チェリーヒントンSと重賞2勝で断然人気となったサンダーカミロはクビ差2着。ロックオブジブラルタル産駒のブルーロケット3着。●G3ダブルドッグデアS(キーンランドAW8.5F,4&up f/m):BCディスタフ2位入線4着降着以来5カ月半の休養明け、1番人気のアシシエンプレが5頭立て最後方からの差し切り勝ち。1馬身差2着に逃げた2番人気ピラミッドラヴ。3着ウォリアーガール。ドバイワールドC2着だったプレミアムタップはアメリカには戻らず来年のキングズC連覇を目指す。ブリーダーズCの新設3レースで申請されていたG1認定は却下。

本日のワイン●続きのエステザルグ・テラヴィティス・コートデュローヌ・ルージュ05

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2007

近ごろの悩みどころは…

通常出社。原稿2本。競馬総合チャンネルの香港特集と夕刊フジ。最近ときどき仕事も手につかないほど悩んでいること(大げさだな)。今年はJALのグローバルクラブを狙おうかどうかってこと。今年はわりと飛行機に乗る回数が多そうなので、ちょっと、というかけっこう無理すれば狙えなくもない位置にはいる。さらに、フライオンポイントで狙うのか搭乗回数で狙うのかも微妙な悩みどころ。国内で稼ぐってなことだとやっぱり搭乗回数になるんでしょうか。海外はスタアラ・ゴールドを維持するだけでほぼ精一杯なのでねえ。
すげえ。帯広競馬場が綺麗になった

競馬ケンタッキーダービーでおなじみのミントジュレップのグラスだが、今年は1000ドルの「ゴールドカップ」が売られ、引退馬や障害を負った騎手へのチャリーティーとなる。サティッシュ・サナンがカーリンとエニーギヴンサターデーの権利を狙っている。

本日はちゃんと休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2007

値上り続くオーストラリア

通常出社。長いスパンで見ればやっとかなきゃいけない原稿はたっぷりあるんだけど、とりあえず今日やらないといけないというのはないので仕事がダレダレ。早めの帰宅。日曜日の宴会の最後に出てきたひじきご飯がおいしかったのでマネして仕込んでみる。

競馬サクラメントと東サンフランシスコの間のベイエリアにマグナが計画している260エーカーの競馬コンプレックスは、住民投票で判断されるらしい。リダウツチョイスの種付料が昨年の25万ドルから今年は30万ドル(税込み33万ドル)にアップしオーストラリアでのレコードに。ヒーズノーパイイーターが調教中の事故で安楽死。マーク・ギドリーがケンタッキーダービー(たぶん出ないと思うが)後に引退しアーリントンに戻ると。土曜日のG1オールエイジドS(6着)がラストランとなったヴィラージュドフォーチュンだが、ウィリアムイングリス・セレクトセールで340万豪ドルの繁殖牝馬としてのレコードで取引された。買ったのはダーレー・オーストラリア。

本日休肝日……のつもりが妻が飲みたいというのでおつきあい。エステザルグ・テラヴィティス・コートデュローヌ・ルージュ05

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

By Chaparral by High Chaparral

Webの更新作業などあったので皐月賞は自宅観戦。人気馬で厚くという買い方だったのでカスリもせず。夜に宴会@神楽坂のみ参加。といっても15名集まったうち中山に行ってたのは2名?だったらしい。近くだというので神楽坂の火事になった現場を見学。たしかにあの場所では消防車は入れん。
イビキがうるさいと妻に怒られるので通販で買ってみた「ネルネル」を貼って寝てみる。ちょっと苦しい感じだけどたしかに喉にはよさそうだ。
桜花賞の売上げは対前年比90.3%、皐月賞は88.7%。どっちもそんなに馬券が買いにくいようなメンバーではなかったと思うのにこれは厳しいですな。毎年10%ずつ減っていったらどうなるんだろうと思ったり。

競馬●福山桜花賞。単勝元返しのユノフォーティーンが逃げ切り。重賞10勝目。ヤスキノショウキが2番手で食い下がっていたがアトムビクトリーがこれを差して2着。●南国桜花賞エスケープハッチが今回は3コーナーから早めに先頭に立ち、最後方から押し上げてきたホーエイスナイパーを半馬身差で振り切った。このレース3勝目で通算は48勝。西川敏弘はこのレース5連覇で8勝目。●佐賀ル・プランタン賞。3~4番手追走から3コーナー過ぎで先頭に立った断然人気のナンブラッキーワンが直線後続を楽に突き放して8馬身。2着に花吹雪賞5着だったトコナツ。●シンガポールで共有のオプティマムノートが芝1200mのクラス3で4着。7歳になってこのクラスで賞金圏内とはちょっと驚き。●G3グラッドネスS(カラ7F,4&up):1番人気シェイク・ハムダンのマスタミートが重賞4勝目。●G3グロット賞(ロンシャン1600m,3yo f):プリンセス・ザーラ・アガハーンの1番人気ダージナがデビューから2連勝。ミスヴィンスキが短首差2着。●G3フォンテンブロー賞(ロンシャン1600m,3yo c):3連勝のチチクリーシーが重賞初出走で勝利。1馬身差2着にG1ジャンリュックラガルデール賞でホリーローマンエンペラーの2着だったバトルペイント。3着ヴィジョナリオ。●G3ラフォルス賞(ロンシャン2000m,3yo):リテレートが重賞初出走で勝利。これで7戦6勝2着1回。3/4馬身差2着にモンジュー産駒のチャイニーズウィスパー。●G3シェイカータウンS(キーンランド芝5.5F,3&up):伏兵のジエンスディグリーThe Nth Degreeが差し切り勝ち。クビ差2着にコンゴキング。1番人気インサメーション4着。●G3ラスシエネガスH(サンタアニタ芝6.5F,4&up f/m):僅差2番人気のリヴァーズプレイヤーが逃げ切ってグレード初制覇。鞍上はクリントン・ポッツという聞いたことない騎手。1番人気インディアンフレアーは差を詰めたが半馬身差2着。3着ストロングフェイス。●G3ウィムジカルS(ウッドバインAW6F,4&up f/m):セダクティヴリーが直線先頭に立って勝利。2番人気ハイドアンドシックが2 1/4馬身差2着。KYダービーのフューチャーウェジャー最終オッズは、G2アーカンソーダービーを圧勝したカーリンが7-2で1番人気。ハイチャパラルHigh Chaparral産駒の初勝利馬がバイチャパラルBy Chaparralって。

本日のワイン●1軒目。白はAOCボルドーのバルトン&ゲスティエフォンセ・ラクール04。これといった特徴もなく香りも弱め。赤もAOCボルドーで、シャトー・マルジョス04。メルロー主体らしいけど香りも弱いしイマイチ。なのであとは黒糖系の梅酒をロックで。2軒目は天狗。梅酒のロックを2杯。帰宅してブショネの(^_^;)フレデリック・マニヤン・ブルゴーニュ・ピノノワール04。酔ってるときに飲めば飲めないってほどではないけど料理行きですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2007

カーリンで断然のような

20070414200529午後から中山競馬場。中山グランドジャンプは(大障害を含めても)生観戦はいつ以来だろう。今日は取材というわけでなく普通の客モード。京葉Sで手を広げすぎて失敗したのでグランドジャンプはメルシーエイタイムの単勝と馬連2点に絞ったら見事にタテ目。3連複なら1点、3連単なら3頭ボックス6点で当たったのになあ。今年はこういう外し方が多くてかなり不調。終了後はお誘いいただいて楽しみにしていた「ステーキの石井」へ。極上ステーキを堪能(写真)。念願の激辛ヤキソバはたしかに辛いけど爽やかな辛さでおいしかった。帰りの武蔵野線で爆睡。ハッと気づいて飛び降りたらぜんぜん手前の駅。終電より前なので助かったが。翌朝体重を計ったら2キロ増也。

競馬●水沢・菜の花賞。さすがに牝馬同士ではパラダイスフラワーが逃げ切り。●G1チャンピオンズマイル(エラズリー1600m,3&up):フロイドボーイがデザイナをクビ差で退けた。●G1シャンペンS(ランドウィック1600m,2yo):G1ゴールデンスリッパー3着、G1プロデュースS2着だったMEURICEがG1制覇。3/4馬身差2着に伏兵ソロフライヤー。G1プロデュースS勝ちで人気のカマリラは3着。●G1クイーンエリザベスS(ランドウィック2000m,3&up):デザートウォーが勝ってG1は6勝目か? G1ドンカスターH勝ちから中4日の1番人気ハラダサンが2 1/4馬身差2着。3着スピリットオブテラ。●G1シドニーC(ランドウィック3200m,3&up):クビ、短頭、ハナ、クビの接戦を制したのはザビール産駒のガリック。2着イラズ、3着ノーワインノーソング。●G1オールエイジドS(ランドウィック1400m,3&up):パントルセレブル産駒の1番人気ベントリービスケットがTJスミスSからG1連勝。ゲイ・ウォーターハウス調教師はこの日、シャンペンS、クイーンエリザベスSに続いてG1・3勝の活躍。1 1/4馬身差2着にブラックインクでTJスミスと同じ決着。テイクオーヴァーターゲット5着、ヴィラージュドフォーチュン6着。●G2カムリーS(アケダクト8F,3yo f):ボカグランデが2番手から直線半ばで抜け出し。昨年11月のG2デモワゼルSに続くグレード制覇。1馬身半差2着にウイニングポイント。逃げた1番人気のパーフェクトフォレストは3着。●G1ブルーグラスS(キーンランドAW9F,3yo):ハナ、アタマ、アタマの大接戦を制したのはドミニカン。5番手追走からゴール寸前での差し切りで3戦全勝。1番人気ストリートセンス2着、3着ザンヘロ。4着に逃げたトーフレスバーグで、人気を分けたグレートハンターは直線で挟まれる不利があり5着。●G2コモンウェルスBCS(キーンランドAW7F,3&up):日本産のサンデーサイレンス産駒サイレントネームが2番手から直線単独先頭に立って勝利。昨年4/8の芝G2アーケイディアH以来の勝利で、オールウェザートラックは初出走だった。次はメットマイルあたりがいいんじゃないかとナカタニ。4馬身差2着にルイスマイケル。3着スティールライト。1番人気ミッドナイトルートは4着。●雨により芝からオールウェザーに変更、G2→G3のジェニーウィリーS(キーンランドAW8.5F,4&up f/m):3番手追走のマイタイフーンが差し切り勝ち。2番手追走から直線先頭に立ったプレシャスキトゥンがクビ差2着。断然人気ウェイトアホワイルは見せ場なく5着。スクラッチしなかったのは失敗だったとトッド・プレッチャー。●G2アーカンソーダービー(オークロンパーク9F,3yo):好位追走の1番人気カーリンが4コーナー手前で先頭に立つと直線後続を突き放し10馬身半差圧勝。デビューから3戦全勝でつけた着差の合計が28馬身半。2着に伏兵ストームインメイ。逃げた2番人気のデッドリーディーラーは3着。Gen Kato(林幻)鞍上のオリンピックチーフは向正面からついていけなくなり8着馬から28 1/4馬身、先頭からは55馬身ほども離されたしんがり9着でした。G1フロリダダービー2着馬ノーショナルが調教中に左前の球節を骨折し戦線離脱。

本日のワイン●ステーキの石井にて。クックスCook's・ブリュットというカリフォルニアのスパークリング。あとはひたすら赤でジンダリー・エステート・プレミアム・シラーズ(05年だったか?)を3本空けた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 13, 2007

なるほどそっちもJBCなのね

通常出社。日曜日の重賞の予想など。福山桜花賞とか南国桜花賞とかは、たしかにアラブは層が薄くなってるからしかたないっちゃしかたないんだけど、力関係がはっきりした相手関係で、これで馬券を買ってくれというのに無理がある。この件については場所をあらためてちゃんと書いてみようかと。
夜は新宿で飲みの約束。東スポを買うと1面皐月賞の枠順の上に「混迷JBC <記事5面>」。なぬ。昨日のエントリで書いたJBCの問題が東スポでそんなに大きく取り上げられるとはなんともタイムリーだなあ。と思ったのだが。JBC=日本ボクシングコミッション。なのね。亀田父処分問題でござんした。

競馬あ、荒尾のホームページがいきなり変わったっ!●G2メーカーズマークマイル(キーンランド芝8F,4&up):キップデヴィルが直線1番人気のショウイングアップとの接戦をクビ差で制しグレード3勝目。半馬身差3着にブービー人気のピューリム。2番人気バイユー4着。●G3カウントフリートスプリントH(オークロンパーク6F,3&up):断然人気のボードネーロが逃げ切ってこのレース連覇。昨年の3着馬セマフォーマンが差を詰めたが半馬身差2着。3着オフデューティー。怪我で引退が決まったラウンドポンドにはストームキャットをつけることになった。

本日の酒●新宿区役所通りのジンギスカン「North」にてマッコルリ2杯、鍛高譚ロック1杯。ゴールデン街で焼酎水割り。帰宅して続きのドメーヌ・ガストン&ピエール・ラヴォー・ピノノワール02。これが1杯分しかなかったのでニューボトルはさらにブルゴーニュ。フレデリック・マニヤン・ブルゴーニュ・ピノノワール04。ざんね~~~ん。ブショネでしたっっっ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 12, 2007

それでどうなのよJBCは

通常出社。現役外国馬導入問題でJBBAからは資金的な協力もしないしJBCというレース名も使ってはならんと通告されてしまったが、その後特別区競馬組合からはどう対処するのかがなかなか明らかにされない。関係ありそうな人々に尋ねてみると、レース名を変えて地方交流でやるんじゃないかという人もいれば、話し合いの上妥協点を見つけてJBCは通常どおりやるんじゃないかという人もいたりする。ちなみに大井のWebでは先日発表になったようにグレードは「Jpn」に、南関重賞は「S」という格付けに丁寧に直してあるのに、JBCは「第7回JBCスプリント(JpnI)」「第7回JBCクラシック(JpnI)」のままでがんばっておられる。弊社業務といたしましても1年のうちでわりと大きなイベントとなりますので、どっちにしても早めの決着を願いたいものです。突然丁寧だ。ただひとつ。ファンのことを考えるならどっちにすればいいかはわかってると思いますが。

競馬●東海桜花賞。3コーナーから動いたキングスゾーンが直線で先頭に立ったものの、やや遅れて仕掛けたマサアンビションがゴール前で半馬身差し切って重賞初制覇。●G2ボーモントS(キーンランドAW7F,3yo f):早め先頭のストリートサウンズが勝利。父ストリートクライは活躍馬出しますね。1番人気フォーエヴァートゥギャザーが差を詰めたもののクビ差2着。3着パレスピア。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2007

アメリカでがんばるGen Kato

長く通った歯の治療がようやく本日で終了。歯並びはきわめて悪いので、これからは痛くなくても定期的に診てもらうようにしよう。決意表明ってことで。月、火と出社してないので雑務と原稿が溜まった。ゆえにクラウンカップ行けず。行ったら行ったで雨でたいへんそうだったが。
最近ニュースとしてはあんまり出てこなくなっていたのだが、船橋の林幻(=Gen Kato)がアーカンソーダービーに乗るんですな。ココの下のほうに出走予定馬。ちょっとスゴイ。50-1の最低人気とはいえアメリカのミリオンレースですよ。しかも。もし何かの間違いで勝っちゃったりしたら次はケンタッキーダービーですよ。

競馬●クラウンカップ。2連勝中のエスプリベンが逃げ切って重賞初制覇。好位3番手から3コーナーで並びかけたロイヤルボスはクビ差及ばず2着。1番人気ヒデサンジュニアは手ごたえ悪く3着に押し上げるのがやっと。G1オーストラリアンオークス(ランドウィック2400m,3yo f):4日前にG3を勝ったばかりのレナズレディーが逃げ切り。半馬身差2着にパーフェクトドロップ。1番人気バンクドフォーチュンは5着。●G2マジソンS(キーンランドAW7F,4&up f/m):1番人気メアリーディラニーが逃げ切り。ポリトラックで4連勝でグレード初制覇。1馬身半差2着にジンジャーパンチ。3着リアーズシークレット。ばんえいの能検を一般公開。って、今までも公開してないわけではなかったですが。そして帯広競馬場の改装状況。だいぶ明るくなりますな。しかし今どき「アベック」って(^_^;)(^_^;)。昨年のCCAオークス勝ち馬ワンダーレディーアンエルが引退。ジャイアンツコーズウェイを付ける。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2007

イタリアンなお料理教室

20070410144638本日仕事はお休みにして、なんと、お料理教室に参加。老後の楽しみにそなえてってことで。って、ちゃんと老後があるのかどうかもわかりませんが。懇意にさせていただいているイタリアン・アズーリさんで、こちらのBクラス。本日はカンパーニャ州の料理だったのねの鯛のアクアパッツァ(写真、以外に簡単)と、モンテプルチアーノ・ダブルッツォに合わせて仔羊ラグーソースのスパゲッティ。生徒は女性7名に男性2名というなかなかの環境。昼日中からおいしいワインもいただいた。暗くなる前に帰宅。この2日でだいぶ体が休まった。
『競馬の文化誌』読了。かしこまった文章でちょっと読みにくいけど資料としてはおもしろい。<サラブレッドの出現と生成がゼネラルスタッドブックを生んだのではなく、ゼネラルスタッドブックこそがサラブレッドという馬種を生んだ>というのには、なるほど。

競馬香港で132頭が馬ヘルペスに感染。QEIICはちゃんとやるんだろうか。すでに香港にいるアドマイヤムーンはちゃんと帰ってくるんだろうか、とかルイジアナダービー2着馬ケッチカンが左前の管骨を傷めて戦線離脱。

本日のワイン●アズーリにて。
カンパーニャ州のムスティッリMustinlli・ファランギーナ05。ファランギーナという品種はたぶん初めて飲んだような気がするけど、パイナップルのようなニュアンスで肉厚な感じ。
エンメ・エ・エンメM e M・レモルジェLe Morge・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ05。05年だけにフレッシュなモンテプルチアーノ。
マシャレーリMasciarelli・マリナ・チベティックMARINA CVETIC・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ03。これは熟成していておいしい。
夜、自宅にて。AOCブルゴーニュのドメーヌ・ガストン&ピエール・ラヴォー・ピノノワール02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2007

いろんな人とつながるセリ

Taiyu午前5時起床。時計を2つかけたのだが両方とも寝たまま止めてしまい、それでも奇跡的に5時10分に目が覚めた。新幹線で高崎。地元の赤見さんに迎えにきていただき第1回境TCサラブレッドセール見学。晴れて暖かかったり通り雨がザザザーっと降って急に寒くなったりと、これが赤城の麓では日常らしい。結果はこちら。値付けがちょっと高いかと思ったら再上場でけっこう売れた。初回としてはこんなもんでしょう。長く続けて定着させることが重要。セリは馬関係の人脈を広げる場所でもあって、今回もいろんな方を紹介していただいた。そのなかのおひとりは、境町トレセンのすぐ近所にあるホースパラダイス群馬の代表、栗原さん。セリの前の昼休みに連れてっていただき、なんと。ハシノタイユウ(写真)に乗せていただいた。ハシノタイユウといえばライデンリーダーと同じ年に地方在籍のまま皐月賞に出たのだが、ぼくは地方緒戦の足利の3歳(当時の表記では4歳だが)1組戦とか、青峰特別とか、もちろん弥生賞とか皐月賞も見てたので、思い入れ度はわりと高い。なんとこんな機会に乗れるとは。といっても、もちろん引き馬ですよ。セリ終了後、伊勢崎では超有名らしい「朝生菓子 妙ちくりん」でコーヒー大福を仕入れる。いちご大福はいつも売り切れらしい。その後約束していた赤見さんの実家『そば処 藤水』に寄らせていただき、メニューのいちばん最初に書いてあるオリジナルの名物「カルビ煮込みうどん」をいただく。赤見母自慢の五目ご飯などもいただき超満腹で帰宅。充実したセリ見学であった。

競馬●共有のシェアコンサート。最低人気で3着。複勝はなんと1840円。当然馬券は買ってません。●香港G1クイーンズシルヴァージュビリーC(シャティン1400m):ジョイフルウイナーが勝って1 1/4馬身差2着にザデューク。●G3ペネロープ賞(サンクルー2100m,3yo f):シアトリカル産駒のミセスリンゼイがデビュー2戦目での初勝利が重賞制覇。短首差2着にシスミックス、3着トプカ。昨年のBCディスタフ勝ち馬ラウンドポンドが土曜日のG1アップルブラッサム(3着)のレース中、脚に怪我をしていて、このまま引退となる。

本日のワイン●「そば処 藤水」にて、昼日中から蕎麦焼酎お湯割りをいただく。帰宅して夕寝したあと続きのエステザルグ・ドメーヌ・ジェネスタ・シニャルゲ・コートデュローヌ・ヴィラージュ05

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 08, 2007

クロネコのせいで人生初の

午前中の新幹線で岩手より帰宅。本日は分刻みとまではいかないけど、時間刻みの行動が決まっていたのだがクロネコヤマトのおかげでグダグダな1日。昨日午前中着の指定で送った荷物が先方に届かないと。問い合わせるには伝票番号が必要なので、その伝票を確認するためしかたなく出社。結果。クロネコヤマトのチョンボであった。クロネコのWebで伝票番号から確認すると「配送済み」になってるのだが、調査してもらった結果、配送車に積まれたままだったと。本日最大の痛恨は日本国民の権利である選挙権を放棄してしまったこと。家に寄ってから会社に向かう電車の中で気づいた。このタイミングで投票整理券を持ってないと時間的に投票所には行けないのだった。選挙権を行使できなかったのは人生初の失態。それもこれもクロネコのせいだと書いておく。夜。妻のお店で見習い美容師さんの試験台になる。

競馬●金沢スプリングカップ。中団から3~4コーナーでまくってきたタフネスゴールドが、3コーナーで先頭に立っていたケンゴウザンを直線で突き放した。中日杯連覇に続く重賞3勝目。直線追い込んだビッグドン2着。●二十四万石賞ストロングボスが逃げ切って05年8月の建依別賞以来の重賞勝ち。3番手追走から内を突いたマリスブラッシュが2着。●特別に格下げとなった栗駒賞はダンディキングが古馬オープン勝ち。●ユタカカネカセゲ3勝目。●G2ノアイユ賞(ロンシャン2100m,3yo c/f):G1クリテリウムドサンクルー2着だったガリレオ産駒のソルジャーオブフォーチュンが重賞初勝利。クールモアにスミヨンというめずらしい組合せ。1馬身半差2着にスピリットワン。1番人気スパイクローラー3着。

本日のワイン●夕飯の寿司屋で日本酒。帰宅してエステザルグ・ドメーヌ・ジェネスタ・シニャルゲ・コートデュローヌ・ヴィラージュ05。1580円なら値段的には満足だが期待したほどでもなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2007

北のヤキソバはイマイチ?

午前6時半起床で睡眠4時間ほど。ドバイから帰って以来なかなかちゃんと寝る時間がない。新幹線は当然爆睡して水沢競馬場へ。全国競馬場実況アナウンサーサミットにお誘いいただいた。こういう時代だけにいろんな競馬場のお話が一度に聞けるのはいい機会。
で、まず水沢の一番の繁盛店と思える売店でヤキソバ。しかしだ。受け取った瞬間にありゃりゃという感じ。リベンジとばかり別の食堂でも食べてみた。さっきよりマシだけどかなりイマイチ。味がほとんどない。なんつってもがっかりしたのが店は違えど麺も味付けもほとんど同じで、当然値段も同じなこと。おそらく材料は同じ業者から納入してるんでしょうなあ。東北北海道はヤキソバ不毛の地なんでしょうか。ぼくが食べてるのは競馬場だけだけど、そういえば一般的にも北のほうでおいしいヤキソバというのは聞いたことがない。おいしいヤキソバを知ってるという方は教えてください。

競馬●G3・1000ギニートライアルS(レパーズタウン7F,3yo f):1番人気アーチスウィングがデビューから3連勝。短頭差2着にフォーシンズFour Sinsでジョン・オックスのワンツー。3/4馬身差3着にエイダン・オブライエンのシーンTheann。●G3・2000ギニートライアルS(レパーズタウン8F,3yo c/g):キングズベスト産駒のCREACHADOIRがデビュー4戦目での勝利が重賞制覇。3馬身半差2着にコンフューシャス(孔子)。G2ロイヤルロッジS勝ちで1番人気アドミラルオブザフリートは7着。●G1ウッドメモリアルS(アケダクト9F,3yo):断然人気のノービズライクショービズが3番手追走から早め先頭で勝利。伏兵サイトシーイングが追い込んで半馬身差2着。2番人気エニーギヴンサタデーは3着。●G1カーターH(アケダクト7F,3&up):人気を分け合ったシルヴァーワゴンがゴール前抜け出し。1 1/4馬身差2着にディアボリカル。3着アーデイ。4着レイテントヒートで、僅差1番人気のキードエントリーは5着。●G3ベイショアH(アケダクト7F,3yo):6頭立ての後方を進んだ2番人気ビルプレースが差し切り勝ち。直線一旦は先頭に立ったホブビットオンザロックスがクビ差2着。断然人気レグラントロワLes Grands Troisは3着。●G3エクセルシアBCH(アケダクト9F,3&up):マグナグラデュエートが直線先頭に立ってグレード5勝目。3 3/4馬身差2着にノーティーニューヨーカー。3着アカウントフォーザゴールド。前走G2ガルフストリームパークH勝ちで人気のコリンシアンは5着。●G2イリノイダービー(ホーソン9F,3yo):2番人気カウタウンが逃げ切り。鞍上はドバイワールドC以来初騎乗のフェルナンド・ハラで、トッド・プレッチャーとのコンビ。2 1/4馬身差2着にリポーティングデューティー。3着ボールドスタート。1番人気コバルトブルー7着。●KYオークスの前哨戦、G1アシュランドS(キーンランドAW8.5F,3yo f):レモンドロップキッド産駒のクリスマスキッドが直線先頭に立ち、断然人気オクターヴの追撃をアタマ差でしのいだ。3着ドーンアフタードーン。●G1アップルブラッサムH(オークロンパーク8.5F,4&up):2番人気アーミンが差し切り勝ち。逃げたテイクドツアーは1 1/4馬身差2着。昨年のBCディスタフ勝ち、1番人気ラウンドポンド3着。●G2オークロンH(オークロンパーク9F,4&up):断然人気ロウヤーロンが直線先頭に立って圧勝。最低人気ブラザーボビーが4馬身差2着。3着ボボマン。●G3ジョンB.コナリーBCターフH(サムハウストンレースパーク芝9F,3&up):2番人気メンディングフェンセズが逃げ切ってグレード初制覇。1番人気シルヴァーツリーは5着。●G1サンタアニタダービー(サンタアニタ9F,3yo):後方追走のブービー人気ティアゴTIAGOが差し切り勝ち。父プレザントタップでジャコモの半弟。鞍上もジャコモと同じくマイク・スミス。半馬身差2着に直線先頭に立ったキングオブロキシー。3着1番人気サムピー。僅差2番人気のリキッディティー4着。●G2アーケイディアH(サンタアニタ芝8F,4&up):最後方追走のアイシーアトランティックが追い込みを決めた。半馬身差2着にエルロブラー。逃げたウィローオウィスプは半馬身差3着。1番人気ミルクイットミックは7着。●G2ポトレログランデBCH(サンタアニタ6.5F,4&up):断然人気スモーキーストーヴァーが2番手追走から直線先頭に立って4連勝。今年はBCスプリントを目指す。4馬身半差2着にグレッグスゴールド。3着セイラーズサンセット。●G3プロヴィデンシアS(サンタアニタ芝8F,3yo f):好位追走のスーパーフリーキーがゴール前で抜け出し。2番手追走から直線一旦は先頭に立ったパシファイドが3/4馬身差2着。1番人気ヴァルベニー6着。

本日の酒●宿泊地・北上での宴会で北上の地酒「鬼剣舞」。2軒目の「魚民」で以前から怖いもの見たさで気になっていた激安ワイン、フランジアの赤。うぬぬ。ソルビン酸使ってるのか。まあこの値段では仕方ない。ラベルにはカリフォルニアNo.1、ウェブには世界No1ワインとか書いてあるけどほんとかね。ヤキソバもワインもイマイチな日。ってかどっちも覚悟の上だったので。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 06, 2007

Jpnに拘束力はないわけね

雑務をこなしていたらあっという間に過ぎてしまった1日。
松坂の好投はよかったがおかげで最初のJpnIである桜花賞が東スポ(だけじゃないと思うが)では最終面に追いやられてしまった。しかし東スポはJpnは使わずGIのままなんですな。
で、西武の裏金問題。以前の「他の球団でもやっていると思うとやめられなかった」という発言でもわかるとおり西武だけの問題ではないのは明らか。そして「公表したら収集がつかない」なんてのは、耐震偽装問題とまったく同じ。まあ野球のほうは一般の人までは巻き込んでないという点ではマシかもしれないが。まったくこの国は偽装と談合でできあがってるみたいだ。

競馬●笠松スプリング争覇。差のない3番手集団を進んだニシノフィクサーが、2番手追走から直線先頭に立ったブルーローレンスを差し切った。イエロージャケット3着、ニッシングリン6着、1番人気ティアマット7着。●G2ファンタジーS(オークロンパーク8.5F,3yo f):後方から進出したイードバイ産駒のハイヒールズが直線後続を突き放し圧勝。6 3/4馬身離れた2着にBCジュベナイルフィリーズ3着で断然人気のコットンブラッサム。3着2番人気インクルード。●キーンランドの開幕日。G3トランシルヴァニアS(キーンランド芝8F,3yo):ジョバネスバーグ産駒の2番人気マーキャヴェリーが好位から抜け出し勝利。後方から押し上げたインジェストが3馬身半差2着。3着コブラドール、4着1番人気セッジフィールド。

本日のワイン●だいぶヘタった白があったのでカシスを入れてキールにして1杯のみ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2007

ばんえいの封筒ができた!

競馬総合チャンネルと競馬ブックの原稿。最初から会社泊を決めてたからというのもあるけど、競馬ブックのほうはなかなかスタートが切れず書き始めたのが日付変更線を越えてから。ただアウトラインは頭の中で出来上がっていたので苦戦はしなかったが。
ばんえい競馬の封筒ができた。うれしい。「つづけよう!ばんえい競馬」掲示板でたしかどなたかから出していただいた提案で、それをぼくが1月のシンポジウムで力説したのが実現に至った。ほんとうにうれしい。
ここで訂正とお詫び。本日発売された夕刊フジのコラムでドバイワールドCのことを書いたんだけど「7頭が遠征した日本調教馬…」って、8頭じゃんよ。どひゃっ。どこから勘違いしてたんだろ。今思い出すと実際にレースを見てたときも7頭だと思い込んでたフシがある。
で、頼まれたので宣伝。「ジャジャウマ」が本日からリニューアルしたらしい。

競馬●笠松新緑賞。1番人気ワイティタッチが中団から3~4コーナーで進出し、差し切った。ゴールドウィング賞以来の重賞勝ち。2番手から直線で一旦は先頭に立ったリックフィオーレが2着。●菊水賞は単勝一桁台が6頭という混戦。逃げたオオエヘイローに3コーナーで並びかけたユキノアラシがゴール前で突き放した。オオエヘイローがそのまま2着に粘り、ホクセツファミリー3着。1番人気マイシスドリームはスタートでタイミングが合わず9着。バルバロのドキュメンタリー「Barbaro: A Nation's Horse」が4月29日にNBCスポーツで放映される。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2007

天気予報きわめて正確なり

午後から船橋競馬場。グレード、じゃなくてJpnIIIか、にしてはお客さん少ない感じ。寒いし牝馬のレースだからだろうか。マリーンCは3連単で手を広げてもあんまりつきそうもなかったので潔く馬連複2点。結果的にはゴール前でチヨノドラゴンがミリオンベルの進路をふさいでくれたおかげで的中。本日一番の話題は川島調教師がこの日のために新調したというピンクのスーツでした。天気予報どおり雷が鳴り、みぞれまで降ってきたが表彰式が終わったあとで助かった。最終のふさの国オープンはたいへんそうだったが。終了後、京成線船橋競馬場駅へI嬢と歩いていると、けっこうなスピードを出してる車に水を撥ねられた。それもズボンが濡れるとかいう程度の生易しいものではなく、頭からじゃばーっと降ってくるってなほどに。斜め左から降ってきたので傘も意味なし。夜は新橋で「ハロン」新年度に向けての懇親会。わりと若めの人たちが残った2軒目はほぼ終電まで。好きモノ同士の集いは楽しい。

競馬●マリーンC。ハナを主張したトーセンジョウオーが逃げ切り。中団から徐々に位置取りを上げたクリムゾンルージュが2着で船橋のワンツー。JRAでは唯一いらなそうだったライラプスが外から追い込んで3着。ミリオンベルはチヨノドラゴンに邪魔されなければ2着か3着はあったかも。ドバイデューティーフリーでしんがり16着だったラヴァマン。もうカリフォルニアからは出ないだろうと。昨年3月15日に生まれたバルバロの全弟はニカノール(Nicanor)と名づけられた。

本日のワイン●1軒目はデキャンタで白。2軒目は銘柄メモ忘れのアルゼンチンのカベルネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2007

ハムダンさんご立腹らしい

寒い。なんでこんな寒くなるんだ。このまま暖かくなると思ったのに。本日15時からココログは24時間メンテナンスであった。お知らせのメールは来ていたが10日ほども前だったので忘れていた。で、昨日のエントリをアップするタイミングを失ってしまった。すっかり油断しておった。そしてまたまた原稿の日々。今日やらなくてもいいんだけど、やっておくと楽になれる原稿を帰宅して2本。安かったので思わず昨日買ってしまった豚ばら肉を塩豚にすべく肉塊に塩をすりこむ午前4時。

Ham競馬●RACING POSTの登録会員(無料)エリアなのでリンクできないのだが、ドバイワールドCでのフェルナンド・ハラの騎乗に対し、プレミアムタップを交わすタイミングが遅かったとかでシェイク・ハムダンがたいそうご立腹らしい。ぶっちぎって勝たないといけなかったんだろうか。馬に無理をさせず、ぼくには見事なレースぶりに見えたが。加えてあの状態でディスクリートキャットを使ったゴドルフィンにも苦言を呈した。金沢の厩舎関係者が能登の地震被災地でボランティア。こういうことはちゃんと伝えておきましょう。

というわけで連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2007

地方競馬9年ぶり売上げ↑

シンガポールでトランジット。ほぼ定刻で成田着。出発フロアに移動しネットにつないで原稿のチェックと送信。どうやら京成線がストップしていたらしく、結果的に成田空港で仕事してたのは正解だったみたいだ。
2010年の新競馬場オープンで総賞金1000万ドルになるというドバイワールドCだが、レース条件の変更などについてはまったく触れられていない。あくまでも想像だが、メイントラックが芝になるのでドバイワールドCは芝のレースになるのだろう。そういえば何年か前に芝に変えるかという話も出ていた。これまで12回もやってアメリカ調教馬かマクトゥームファミリーの馬しか勝ってないし。
コスモバルクは香港行かないのかあ。残念。

競馬2006年度の地方競馬の開催成績がリリースされた。全体の総売得がプラスになったのは05年度から06年度にかけて廃止された競馬場がなかったということもあると思う。1日平均でも102.2%と伸びたのはいい傾向。しかし。総売得76.8%、1日平均74.9%という荒尾はだいじょうぶか。●G3エドモンブラン賞(サンクルー1600m,4&up):スペクトラム産駒のレーシンガーが重賞初制覇。クビ差2着に05年のG1ジャンプラ賞を勝った1番人気タートルボウル。

旅帰りにつき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

ドバイの渋滞悪化が心配

総勢6名でインド料理「アシアナ」でランチ。シェアするのにはこのくらいの人数がちょうどいい。ばんえい記念で大儲けした須田さんにありがたくごちになる。デイラシティセンターでみやげ物や頼まれ物を仕入れてホテル戻り、空港。早めの行動なので問題なかったけどそれにしてもドバイ市内の渋滞はこの1年でたいへんなものになった。ぴったり止まってしまうようなことはないものの夜中以外はどこも渋滞。1年後にはどんなことになってしまうのかかなり心配。
Siteblock早めのチェックインでスタアラのラウンジでメールなどチェックしていると、こやちゃんとバッタリ。ここはイスラムチェックがかからないものと思っていたのだが一応ちゃんとあるのね。地全協のサイトなどは見られるのでまったく問題のない程度だけど。
競馬の伝え方。「アドマイヤムーンが1分47秒94で優勝、賞金300万ドルを獲得した。」300万ドルを獲得したのはアドマイヤムーンではなく馬主でしょう。日本ではなんとなく馬主を表に出さないような風潮があるけど、騎手や調教師と同じかそれ以上に馬主をちゃんと前面に出すように変えていくべきだと思う。

競馬●G2ダルクール賞(ロンシャン2000m,4&up):ボリドドーヴィルが昨年5月のG3ギシュ賞に続く重賞制覇。1馬身半差2着パールスカイ、3着アイリッシュウェルズ、4着ソルジャーホロー。●G3サンタポーラS(サンタアニタ6.5F,3yo f):4頭立て1番人気のマグニフィシェンスが5馬身差圧勝。2着スイスディーヴァ、3着2番人気ココベレ。ドバイワールドCでレースにならずしんがり負けだったディスクリートキャットだが、喉と肺に障害があり治療をはじめたと。2010年のドバイワールドCはとうとう総賞金が1000万ドルになる。

本日の酒●アシアナにてペンフォールド・ローソンズリトリート・セミヨン・シャルドネ05。ドバイのスタアララウンジにて、Marquis de Valnyというヴァンムスーを1杯。シンガポールへ向かう機内で来たときと同じリースリングとシラーズを1杯ずつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »