« 悲壮感漂う勝利者会見 | Main | 引き続きばんえいだが »

November 27, 2006

「厳しい」は廃止確定に非ず

自民党復党問題では世間から一線をかなり画したところで大騒ぎだが競馬的にはばんえい競馬がたいへんな一日。BANBA王でチェックしていたのだがとりあえず北見の開催はこれでおしまいということで最終レースまで月曜と思えないお客さんの数。本日北見入りしたらしい矢野吉彦さんがBANBA王で状況を報告してくれたりその後も電話で直接話を聞いたりして情報収集。午後3時から岩見沢市長と帯広市長の会見のはずが予定通り会見を開いたのは岩見沢市長のみ。しかしそれを前に今朝から廃止決定のような報道が各紙に出ていて朝日新聞のコレも会見前の12:33に出されていた。そもそも帯広市が1市ではやらないと言っていたので岩見沢がやめると言った時点で廃止という解釈はできるのだが遅れて午後3時半から行われた帯広市長の会見では「現時点で(存続)は厳しい」と言うにとどまり最終判断はしなかったそうだ。そして質疑応答なども含めると会見は1時間にも及び地元から協賛企業などが出てくれば帯広のみでの存続の可能性もなくはないとのことのようだ。どうやらシナリオでは岩見沢、帯広がやめると言ったあとで市営競馬組合の管理者である旭川市長がばんえい競馬の廃止を宣言し、あらためて4市が集まって廃止後の補償などの相談をはじめるということだったらしいのだがとりあえずそれはストップした。矢野さんの表現では「9回裏、0対3で負けててツーアウトランナーなし、カウント2-0」という状態。帯広市がやめると明言せずに「(存続は)厳しい」という表現でとどまったのは上(国会議員とか農水省)からの力が働いてるのではないか。今になって思うのだが3日連続開催の3日目のまさに開催時間中を最終判断の発表としたことは現場の人々に抵抗する機会を与えないためではなかったのか。

競馬北見最後のレース、4歳オープンのクリスタル特別はカネサブラックが勝った。角田輝也調教師が年間勝利数の記録更新。BCマイル3着、シガーマイル2着のバッジオブシルバーが種牡馬入りで早くもエアドリースタッドに到着。種付料15,000ドル。キアラン・ファロンは香港でも乗れない。ええっ!ベットフェアがタイムフォームを買収するんですかっ。

会社泊につき本日休肝日。

|

« 悲壮感漂う勝利者会見 | Main | 引き続きばんえいだが »

Comments

確かに「地元から協賛企業などが出てくれば帯広のみでの存続の可能性もなくはない」とはいえ、残された時間はあまりにも限られている(農水省だけでなく総務省にも開催申請をする必要があるので)ので、期待はすれどもあまり期待できないというのが正直なところではあります。(でもファンとしてはぜひ協賛企業、出てきて欲しいですね)

Posted by: 畑中 智晴 | November 27, 2006 10:18 PM

嗚呼、俺がシェイク・モハメドくらい金持ちだったら、ばんえいそのまま家の近くに持ってきて毎日見たいのに、と思って過ごしました(笑・でも泣)。
もう何年も前ですが、生で見たときの感動は忘れられません。映画にもなったし、観光資源にもなると思うので、諦めないで欲しいなぁと思います。100円単位でしか馬券買えませんが。

Posted by: Co爺 | November 28, 2006 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「厳しい」は廃止確定に非ず:

» ばんえいG1・北見記念 特派員フォトリポート [NO GUTS,NO GLORY.100円の心意気!]
世の中の競馬ファンはディープインパクトの走りに熱狂してた頃、北海道は北見競馬場では、ばんえい競馬のG1レース、北見記念(BG1)が行われました。 本当なら自分自身で行きたかったのですが、諸般の事情により外出出来ず(涙)BANBA王観戦で我慢か....... [Read More]

Tracked on November 28, 2006 04:28 AM

» ばんえい競馬「民間企業の支援などあれば単独開催も」帯広・砂川市長が言及 [KANKANの競馬ニュース]
ばんえい競馬の存廃問題で、岩見沢市の渡辺孝一市長は27日(月)、記者会見で「断腸の思いだが、歴史あるばんえい競馬の存続を断念する」(北海道新聞)と述べ、競馬事業からの撤退を正式表明した。 これを受けて、帯広市の砂川敏文市長も同日に記者会見を行い、「二市開....... [Read More]

Tracked on November 28, 2006 08:32 AM

» まだ廃止決定ではない! これまでの流れと残された可能性  ばんえい競馬存廃問題 [地方競馬に行こう!]
正直、自分の気持ちをかき始めると、色々な感情がわいてきて冷静さを失いそうです。いつもの僕の記事と毛色が違うかもしれませんが、お許しを請いつつ、どうかこの記事をスルーしな [Read More]

Tracked on November 29, 2006 05:56 AM

» あすからファンのエッセー配布 北見の馬主、チラシに ばんえい競馬 [北見ニュース]
あすからファンのエッセー配布 北見の馬主、チラシに ばんえい競馬... [Read More]

Tracked on December 14, 2006 10:06 PM

« 悲壮感漂う勝利者会見 | Main | 引き続きばんえいだが »