« December 2005 | Main | February 2006 »

January 31, 2006

小さい文字は読めません

出社してしばらくするとプチ風邪の症状。月曜日に帯広のホテルで朝起きたときにちょっと寒いなと思い今朝もちょっと喉が痛かったのでもしやと思ったけどやっぱり。なんとか悪化しないようにがんばる。本日はとっても細かい文字の表などの校正がたくさん。情けないことだが年齢的にもうこんなちっちゃい文字には対応できん。途中から拡大コピーで対応(笑)。近くを見たり遠くを見たりの焦点が合わせづらくなり異常な目の疲れで日付変更線あたりで一旦寝る。
「正嗣」。久々に食いたいかも。

競馬●荒尾。トウショウゼウスが昨年5月以来久々の勝利で荒尾2勝目。にしてもこのレースのメンバーはなんか豪華だ。ゲイリー・タナカさんがニューオリンズH2着のディキシーマイスターを買った。UAEの昨シーズンの年度代表馬にグランドエンポウリアムが選ばれたようだがこれはどうしたことだろう。地元調教馬の中から選ばれるようになったのだろうか。ただこの馬にしてもゴドルフィンマイルの前日だか前々日に突然シェイク・ラシッドにトレードされたに過ぎないのだが。

というわけで会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 30, 2006

帯広はうまいものいっぱい

ホテルの朝食はサラダと牛乳ジュースだけにしてせっかくなので豚丼。月曜日は「ぱんちょう」定休日につき(やってても飛行機の時間を考えたらダメなんだけど)帯広駅の「ぶたはげ」初挑戦。10時開店で10時半ごろ行ったらたぶん一番客。肉はやわらかくてとてもおいしいけど「ぱんちょう」には及ばない感じ。まだちょっと時間があったので長崎屋まで足を伸ばしお土産用に「ソラチ」「十勝豚丼のたれ」を求める。駅や空港でも豚丼のたれを何種類か売ってるけど当然おみやげ価格なので長崎屋まで行ったほうがお得。東京戻りは伊勢谷友介さんほか『雪に願うこと』出演者の方々と同じ便だった。16時過ぎ出社。本日のばんえい競馬は矢野さんほかアナウンサーの方が何人か集まっていろいろ楽しそうなのに後ろ髪をひかれたがやっぱり早めの戻りでよかった。原稿雑務やってもやっても終わらずいつもの終電1本前で帰宅。早めに寝ようかと思ったけど野菜が溜まりそうなのでレンコンとニンジンのきんぴら。今日はコチュジャンを入れてみる。
「豚丼ソング」発見。右上の「豚アニメ」をクリックしてアニメ付でお楽しみください(笑)。

競馬●04年のジョッキークラブゴールドC以来勝ち星から遠ざかっているファニーサイドが木曜日ガルフストリームパークの1マイルのアロウワンスに出走予定。BCクラシック9着以来となるサンキングもここに出走予定。修理中のフェアグラウンズ。06-07年シーズンの開催はまだメドが立たず引き続き検討中。今シーズンで引退するボレゴは07年から生まれ故郷のケンタッキー・ウインターグリーンファームで種牡馬入りする。

本日のワイン●ルパラドゥー・コトーデュトリカスタン03。おいしい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 29, 2006

「雪に願うこと」を見る

昼過ぎの便で帯広へ。快晴の帯広は当然一面の雪ではあるが道路などは完全に乾いていてこの時期にしては雪はかなり少ない。やはり気温が低くなって雪国で雪が多くなるような天気ではこの地は雪は少ない。バスで帯広駅に着き長崎屋に直行。前回閉店直後で店の前まで行って食べられなかったカレーショップ「インデアン」。いちばん高いシーフードはエビ、ホタテ、アサリなどの具がごろごろ入っているけどルーは思ったより普通。次回は違うルーのカレーも食べてみよう。電車飛行機バスとひたすら読んだ『輓馬』が残り50ページほどになっていたので長崎屋のベンチで読了して競馬場へ。矢野吉彦さんの声が聞こえてきたので実況席へ行きさまざまな方にまとめてご挨拶。映画『雪に願うこと』の舞台となった矢崎厩舎(ほんとは平田厩舎)の見学ツアーに同行させていただくとちょうど出演者の方々も来ていた。馬券は2レースやって両方はずす。ばんえいは地全協のデータベースで過去の全出走履歴を見て予想する方法に慣れてしまったので競馬新聞だけではちょっと難しい。夜は帯広市民文化ホールで根岸監督以下出演者の方々の挨拶があり『雪に願うこと』上映会。映像はものすごくきれいだった。がやはり原作を超えるのは難しいかも。その後ホテルノースランドで行われた東京国際映画祭の各賞受賞の祝賀会にも参加させていただく。立食形式で食材自体がいいので料理はおいしい。ものすごくやわらかいローストポークが絶品。政治的に難しい絡みのある祝賀会だったようだが我々はすみっこのほうでおとなしく。期せずして「ばんえい競馬情報局」の書き手全員集合ができたのでよかったよかった。
朝日新聞。「地方競馬では全国初となる公認の女性予想師」と書いているが高崎にいたじゃんと突っ込んでおく。

競馬●中央の重賞は東の根岸Sを内田博幸、西の京都牝馬Sを岩田康誠が勝った。●G1サンタモニカH(サンタアニタ7F,4&up f/m):1番人気ビヘイヴィングバッドリーが4馬身半差で逃げ切り。G1初勝利でグレードは2勝目。2着アルゼンチン産のミステリブル。2番人気リーヴミーアローン3着。●G3マクダイアーミダH(ガルフストリームパーク芝11F,3&up):オウサムアゲイン産駒の伏兵ホットスタファンゼンサムが後方追走から直線で先頭に立ちトラックレコードで勝利。1馬身差2着にゴーデピュティ。1番人気シルヴァーフットは5着。●アブダビ開催。純血アラブのG3 AL RUWAIS(芝1000m,4&up):アルリーフステーブルの7歳牡馬バシリクドガザルが重賞初勝利。今季ナショナルデイCを含む2連勝中でこのレース4連覇を狙ったシェイク・ラシッドのビッグイージーはトップハンデがこたえたか1 1/4馬身及ばず2着。

本日の酒●祝賀会にて乾杯のウイスキー水割り。銘柄失念の十勝ワインの赤・白。その後北の屋台「プチ・プレジュール」というお店でラングドックの赤。さらにカラオケスナックで「鏡月GREEN」水割り。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 28, 2006

J.ベイリー引退の日

本日はお休み。夜はおじょーが来てお食事当番。リクエストのあったホタテとキウイのカルパッチョ。いただきもので魚久の京粕漬け。ちょっと前から作ってみたかった豆乳鍋。紀文の「豆乳鍋の素」使って味噌も入れてキノコ鍋。おいしくて健康的。

競馬●ガルフストリームパークのサンシャインミリオン開催。ジェリー・ベイリーの引退レースとなったターフS(芝9F,4&up)は、断然人気ジェリー・ベイリーのシルバーツリーが2着に敗れる波乱。勝ったのは単勝49倍のミエスクズアプルーヴァルが後方から一気にまくって3/4馬身差で押し切った。空気を読まなかった騎手はエディー・カストロ。●ジェリー・ベイリーは31年間の現役生活で5,893勝を挙げ、総収得賞金はパット・デイに次ぐ歴代2位の2億9500万ドル余り。その記録など。●ディスタフS(9F,4&up f/m):パット・ヴァレンズエラの2番人気ハウスオブフォーチュンが早め先頭から直線で6馬身半突き放した。父はフリーハウス。2着僅差の3番人気スウィートリップス。さらに離れた3着に1番人気ドリームオブサマー。●オークス(6F,3yo f):ジョイントエフォートが中団から抜け出した。2、3着はブービー、最低人気の決着でアシートリッピ、レイクアリスと続いた。●スプリントS(6F,4&up):1番人気Bordonaroが押し切って3連勝。こっちも鞍上はパット・ヴァレンズエラ。3/4馬身差2着にTacirring。●サンタアニタのサンシャインミリオン。クラシックS(9F,4&up):僅差の2番人気ラヴァマンが4番手追走から直線抜け出して勝利。JCダート11着以来の出走で、この馬は勝つときと負けるときの落差が大きい。次走は3/4サンタアニタH。2 1/4馬身差2着にフーズクライングナウ。1番人気バザーズベイ4着。G1マリブS勝ちのプラウドタワートゥーは11着。●フィリー&メア・ターフS(9F,4&up f/m):1番人気モスコーバーニングが直線抜け出し。04年はこのレース2着で3度目の挑戦で勝利。1馬身半差2着ベネフィシャルバートク。3連覇を狙ったヴァレンタインダンサーは8着。●フィリー&メア・スプリントS(6F,4&up f/m):2番人気ホットストームが逃げ切り。去年のサンシャイミリオン・オークスを制していて、サンシャインミリオン・シリーズ2勝馬はヴァレンタインダンサーに続いて2頭目。断然人気のウェスタンヘミスフェアは1 3/4馬身差2着。●ダッシュS(6F,3yo):1番人気ダストゥープスが逃げ切りで7馬身半ぶっちぎり。父ディストーテッドヒューモア。2着チェンジングウェザー。●南アG1ファンコートマジョルカS(ケニルワース1600m,3&up f/m):05年の古牝馬チャンピオン・ジャマイカが接戦を制した。●南アG1ケープダービー(ケニルワース2000m,3yo):1位入線マネーバッグズが2着降着で繰り上がり優勝は1番人気のフロートユアボート。●南アのチャンピオンオブチャンピオンズシリーズの第2戦、G1・J&B Met(ケニルワース2000m):人気2頭の決着はゼブラクロッシングが勝利。1馬身差2着にブラジル産イラダヴィトリア。

本日のワイン●白はフィリップダルジャンバル・マコンヴィラージュ03。赤はタケダワイナリーの山形県産マスカットベリーA種2005年収穫・サンスフル。飲む人3人で2本。健康的な量。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 27, 2006

4月以降へがんばる

某パンフレットなど無事に校了。午後から夜にかけて競馬関連打ち合わせ2件。どちらも来年度に向けてのもの。とりあえずいいほうに転ぶようにがんばる。てかそうなってくれないと会社がやっていけん。終了後に打ち合わせ1件目のメンバーK女史OさんOくんがすでに飲んでるところに合流。打ち合わせ2件目組のMさんもその後に合流するはずだったが仕事がおわらないようなので22時半ごろおとなしく散会。

競馬●笠松1Rの3歳1400m戦。ミツアキタービンの下のミツアキサンキュウが勝って4勝目。笠松6Rの9頭立てで5頭が落馬。●笠松・ゴールドジュニア。中団のラチ沿いを進んだ2番人気オクトパスが4コーナーで先頭に立ち直線で振り切った。重賞2戦目で初勝利。逃げた1番人気のフジノスターガールは3馬身差2着。

本日の酒●寒かったので黒糖焼酎「有泉」お湯割り。その後グラスの白を1杯。「シャルドネ&甲州」とメニューには書いてあったけどシャトー・メルシャンでしょうか。帰宅して月曜日の続きフィリップ・ダルジャンヴァルのブルゴーニュ・ピノノワール00。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2006

逆ギレに呆れるしか

目覚めたときは二日酔いかと覚悟したがそれほど重症ではなく会社につくころには回復。ただ胃が疲れているのはわかる。
しかし最近のコイズミさん。ライブドア問題では「あのメディアの持ち上げ方、何ですか」とか。牛肉輸入問題では「日本は悪くない。悪いのはアメリカです」とか。字面では伝わらないけどその発言の様子を見ると完全に逆ギレ。呆れるしかないというかなんというか。
マイケル・ジャクソンの女装。ロイターはよくこんな写真とったね。
ところで来週には発売になる『ハロン』184号ですがダーレー・ジャパンの高橋氏と川島調教師のロングインタービューを掲載してますのでぜひご覧ください。

競馬●川崎・多摩川オープン。断然人気のトキノコジローは3コーナーから早めにマクって完勝。●ナドアルシバのインターナショナルカーニバル開催。G3アルシンダガスプリント(ダート1200m):ブラジル調教の4歳牡馬ハートアローンが勝利。鞍上はマイケル・キネーン。3 3/4馬身差2着にもう8歳のコンロイ。●第1Rのダート1400mを勝ったのはプリンセス・ハヤのドバイドリーマーといういかにもという馬名。1日9レースやったのは初めてじゃないかと。そしてキネーンはこの日3勝。97年アシュランドSなどを制したグリッターウーマンが疝痛の発作のため12日に安楽死となっていた。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2006

正装が認められない理不尽

出社ののち午後から川崎競馬場。きのうと違ってかなりお客さんが入ってる。少頭数でも馬がちゃんと揃えばファンもちゃんと来てくれるということか。ほとんど4頭立てという馬券だったにもかかわらず5億2100万円ちょっとという売り上げは去年一昨年の4億円台よりだいぶ増えた。ぼくの馬券も昨日の忍くん単勝から本日馬連1点勝負でうまくころがってくれてめでたし。終了後競馬道の原稿送信。最後まで待ってくれていたK女史、Sさん、ひげUさんと計4人でこぢんまりと「土風炉」。盛り上がってそのまま同じビルのカラオケになだれ込み3時間。酔った。川崎駅ホームで大宮行きの終電を待っていると「あ~、フラフラしてる人がいると思ったら…」という声のほうを振り向くと荘司さんだった。
ところでアジュディミツオーを引いていた伸也くんともうひとりの方がこのくそ寒いのにワイシャツ姿だったのがとても気になったのだがどうやら主催者に言われて上着を脱がされたらしい。事情を詳しく聞けばよかったのだが忘れた。今度真相を聞いてみる。

競馬●川崎記念はアジュディミツオーが見事に逃げ切り。スタート直後はともかく途中でも11秒台のラップがある厳しい流れでタイレコード。次走は状態を見てフェブラリーSかかしわ記念だそうで。それにしてもシーキングザダイヤはペリエでも2着。GI・2着6度目。アイバー・コアがアケダクトで1日5勝。土曜日のG2Palos Verdes Hを勝ったアティラズストームの左前脚に亀裂骨折。●2/5の開催からシンガポールでもトリプルトリオ導入。

本日の酒●「土風炉」にて。寒かったので黒糖焼酎「天海」お湯割り。わりと珍しいと思われるルーマニアのリバールート・シャルドネ04。居酒屋価格で2000円弱ということは元値は3桁だろうからそれにしてはなかなかイケてる白。カラオケは異常にメニューが少なく「ZIMA」とかアサヒスーパードライとか。無節操に飲み過ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2006

忍くんの活躍で明日へ

昼過ぎ川崎競馬場へ。佐々木竹見カップ。5R終了後に騎手紹介があり7Rと9Rが該当レースと間が開いているのでついつい激旨コロッケとヤキソバを食べてしまう。あまりテンションが上がらないので今日は馬券は買わないつもりだったのだが最初のレースで忍くんが2着に突っ込んできたとき気迫を感じてこれは優勝するかもと思い第2戦では忍くんの単勝だけ買っていたらなんとそのとおり見事に来たっ! 気合を入れてそのとおり馬券が当たったときも気持ちいいけど成績云々は関係なしになんとなくで買った馬券が1点で当たるのも気持ちがいい。川崎記念の軍資金ができた。最終記念も忍くんが勝って今日は3勝と大活躍。天気はよかったけど寒空の下ずっと立ちっぱなしでけっこう疲れた。気力をふりしぼって出社。メールや電話で各所に事務連絡や夕刊フジの原稿などもろもろで結局終電近く。疲れたので本日はお料理なしで就寝。

競馬●佐々木竹見カップは2着1着で優勝酒井忍。内田博幸、的場文男と南関東が3位まで独占。KYダービーのフューチャー・ウェイジャーが木曜日にスタート。とりあえず「その他の馬」が4-1で1番人気。これってこの時期に「その他の馬」に掛けておけば毎年儲かるような気がしてるんですがどうでしょう。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2006

修行のように玉ねぎ

某パンフレット色校チェック。夕刻汐留某ビル20階にて来年度から新たに始まるプロジェクトの打ち合わせ。新橋のこっち側ってものすごく久々にきたけどこんなに新しいビルがたくさん立ってたんだ。相手方はその後も別の打ち合わせが入っていたようで今回は顔合わせ程度でおしまい。このまま帰ろうかとも思ったけど明日明後日はほとんどなにもできない状況なので帰社することに。夕飯は東京駅下車でインデアンカレー。そういえばお昼も昨日つくったキーマカレーだった。ま、種類のまったく異なるカレーなので。池袋さくらやに寄って懸案だったLANのハブを買う。
輸入牛肉問題。「物理的に不可能」はそれはそれとして「食品安全委員会については、米国産牛肉のリスク評価について『すでに科学的な議論を十分に尽くしてもらった』」ってそれでは食品安全委員会は何も役割を果たさなかったってことかい。そもそも科学的な議論だけ尽くせばいいのか。しかしいろいろな事件が次々起きるものでいろいろなものを見失わないようにしないと。
帰宅して本日のお料理はオニオンスープ。連日修行のように大量の玉ねぎを炒める。
ドバイの取材申請を書いていたら今年はプレスホテルが異常に値上がりしてるのに気づいた。さすがにこんなに高いとシェアする人募集しようかなぁ。

競馬ドイツの年度代表馬はBCターフを制したシロッコ。「Moment of the Year」はアフリートアレックスのプリークネスS。これで勝っちゃうのはすごかったですね。●北米エクリプス賞。年度代表馬は194票でセイントリアムだった。アフリートアレックスは56票。心情的にはアフリートアレックスにとってほしかったがやはり後半に走ってないからなあ。カナダのエマ・ジェイン・ウィルソンが過去35年で2人目の女性騎手としてのアパレンティスのエクリプス賞を受賞。

本日のワイン●ちょっと残ってたスタークコンデー・シラーズ02。激安ブル・ピノでフィリップ・ダルジャンヴァルのブルゴーニュ・ピノノワール00。800円のブルゴーニュで00年ですかい。色がやや薄めでレンガ色っぽくなってたりとかいろんな面でなるほど。2000円のAOCブルゴーニュでああ損したと思うのよりはかなりお得感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2006

なるほど魚久の京粕漬

本日はちゃんとジョギング。当然雪が凍っているところもありそのぶん余分な筋肉が使えてよかったかも。川崎記念の枠順が出たので予想原稿。シーキングザダイヤとアジュディミツオーの馬連複で勝負かなあと思う。今のところはね。本日のスタ☆メン。太田さんがめずらしくおちゃらけ抜きでホリエモンについて延々力説。ぼくも思っていたのだがこうなってみていきなり手のひらを返すようにライブドアを叩きまくるマスコミもどうかと。ウラの事情についてはマスコミの方々は以前からある程度わかっていたわけでしょう。それと個人投資家の増加に追いついていけない東証のシステム情けなさすぎ。
本日お食事当番。客人ありかと思って張り切ったけど結局なし。セロリとリンゴのサラダ。いただきものの魚久の京粕漬。なるほどこれにおばさんがたが開店前に行列をするのはわかるという感じのおいしさ。リクエストのキーマカレー。

競馬●平安S。連勝で勝ち上がってきたタガノゲルニカはちょっと人気の盲点だった。ヴァーミリアンはさすがにあの馬体増では。それでもこの結果でさらに先が楽しみになったのではないかと。●ばんえいオープン睦月特別。先頭で障害を越えたエンジュオウカンがギリギリ逃げ切り。ひとつ前のレースでエンジュダイヤが勝って姉妹が続けて勝利。●佐賀・花吹雪賞アブソルートウインが逃げ切り。北海道から移籍後3戦目での重賞制覇。1番人気カネクラモチは直線追い込んだが3/4馬身届かず。●G2サンマルコスS(サンタアニタ芝10F,4&up):8歳になったザティンマンが2番手追走から直線で抜け出し。03年のG2サンルイオビスポH以来のステークス勝利。次走はG2サンファンカピストラーノ。1馬身差2着に伏兵ミルクイットミック。1番人気アトランド4着。

本日のワイン●ベルクールのヴァンムスー・ブランドブランスタークコンデ・シラーズ02。飲む人2人なのでちょい飲みすぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2006

雪で調子が狂った1日

起きたら雪がうっすらと積もっていてびっくり。降るのは昼からじゃなかったのか。ジョギングもできないしプールとか行って帰るときに道路にも雪が積もってたなんてことになったらヤダなと思ってたら行動できず。買い物に行って机の配置などをちょっと変えてたいしたこともしてないのに1日が終わってしまった。夜は何カ月か前に近所にオープンした「やまみの(山海野)」という居酒屋に行ってみる。思ったよりいい感じ。魚新鮮だし焼き鳥もかなりおいしい。豚角煮温玉添えが絶品。なるほど。たまり醤油で煮込むと黒くてもそれほど濃い味にはならないのね。

競馬●ペリエが川崎・山崎尋美厩舎で短期免許。なるほど川崎記念でシーキングザダイヤに乗るためね。●ばんえい・おおぞらオープン。最初に障害を越えたスターエンジェルが楽勝。2着キタノコクホーでヒロインズC組牝馬2頭の決着。●G2Palos Verdes H(サンタアニタ6F,4&up):クビ、アタマの接戦は2番人気のメジャーサクセスが制した。タイラー・ベイズに乗り替って3連勝でステークス初出走初制覇。ボビー・フランケルはサンタアニタ開催(オークツリー開催は除く)のステークス勝ちが通算116となりチャーリー・ウィッティンガムの204に次ぐ歴代2位。勝利数もウィッティンガムの869に次ぐ2位で832。2着ジェットウェスト、3着1番人気のアティラズストーム。●G3ファーストレディーH(ガルフストリームパーク6F,3&up f/m):10/30のG2ファーストフライトH3着以来休養明けのスモーキーグラッケンが残り2Fで先頭に立つと直線で4 1/4馬身突き放した。2着ブービー人気のクアニャン、3着最低人気のソーマッチモアで波乱の結果。1番人気トリックルオブゴールドは5着。●フェアグラウンズ開催@ルイジアナダウンズのG3フェアグラウンズBCH(芝8.5F,4&up):フォートプラドが直線で差し切り勝ち。1番人気チャイニーズドラゴン5着。●G3アケダクトH(アケダクト8.5F,3&up):1番人気ハッピーハンティングが2番手追走から早め先頭でステークス初出走初制覇。1馬身差2着にトップハンデのイヴニングアタイア。3着に逃げたミスターホワイトストーン。ピムリコのヘルペスウィルスはまだ収まらず隔離されることになった。

本日の酒●「やまみの」にて。利き酒セットでいろんな日本酒をちょっとずつ。その後麦焼酎とか黒糖焼酎をお湯割りで。帰宅して昨日の続きのパンゴリン・カベルネソーヴィニヨン04。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2006

情報交換も大切です

午前中JRAで取材証更新。続いて徒歩で地全協へ。とある初稿をお持ちする。ちょっと時間ありますかと聞かれとある相談を受ける。今まで夕刊フジのコラムなどいろいろなところで主張してきたことが聞いてもらえてうれしい。帰社して税理士さん来社。その後美人ライターSさん来社でドバイの最新事情などいろいろなお話。聞けばいつの間にか自分でもエンデュランスに出場するようになったという。さすがだ。夜はCB社Nさんと地方競馬のいろいろな事情について長電話。いろんな人と話をしただけで終わった感じの1日。でも情報収集にはなったのでよしとする。
帰宅してHDD/DVDレコーダーのセッティング。今までなんとかビデオでやりすごしていたのだがようやく買った。テレビは競馬とニュース以外あんまり見るほうじゃないんだけどそれだけにとりあえずハードディスクに録画して必要なところだけDVDに残すということにも必要性を感じていたので。
米国産牛肉はいきなりボロが出た。ってかこれがやっぱり実態ということでしょう。

競馬●大井1Rの1200m3歳未出走戦。ダーレーのアルカビールが3番手追走から直線抜け出し3馬身差。遊びながらでまだまともに走っていない感じ。栗田裕光厩舎。父シングスピールの持ち込みでノーザンファーム産。●大井2Rの1400m3歳未出走戦でもダーレーのバンクレイドが持ったまま逃げ切り6馬身。堀千亜樹厩舎。父ジェイドロバリーのUAE産。●名古屋1900mガーネットオープン。後続を引き付けて逃げたレイナワルツが直線突き放して楽勝。JBCクラシックのあとは2連勝。●ジェベルアリ開催。6レースのうち4レースをシェイク・モハメドの息子たちの持ち馬が勝利。最終第6レースを勝ったボレゴBORREGOはアメリカのボレゴとは別の馬。●サンタアニタの3歳アロウワンスでG1ハリウッドフューチュリティでブラザーデレクの3着だったボブアンドジョンが断然人気で勝利。ボブ・バファート厩舎で父シーキングザゴールドの期待馬。ニューマーケットにオールウェザートラックを作るという計画はとりあえず保留。

本日のワイン●ちょっと残っていたMONTUPOLI・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ02。久々のパンゴリン・カベルネソーヴィニヨン04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2006

みりんの効果を知る

申し訳ないと思いつつ本日も会社で例の偽装問題参考人質疑を見る。見るといっても仕事しながらなのでところどころ。夜のニュースで一部分だけ見せられてもぜんぜん雰囲気は伝わってこないのでねえ。
帰宅して豚角煮大根の味付けと煮込み。どうも今まで肉がいまいちやわらかくならないと思っていたらみりんにはそういう効果があるということをネットで知った。なるほど(ってもしかして常識でしょうか)。というわけで味付けは酒と醤油と砂糖のみ。かなり理想に近づいてきたけどまだまだ。

競馬●大井の準重賞ウインタースプリント。7歳馬のイブキオネストが1番人気トウケイファイヤーとほぼ並走でハナに立って逃げ切り。●園田クイーンセレクション。1番人気の金沢センパツトモはあまりよいスタートではなかったものの押して3番手につけると3コーナー手前で持ったまま先頭に立ってあとは突き放すばかりで7馬身差。2着地元のビビットプラム。逃げたゴールドハートラン10着。●ドバイは本日からインターナショナルカーニバル。3Rのダート1400m戦をティズナウ産駒のウェルアーメド、4Rの芝1500m戦をキャンディデートが勝ってクライブ・ブリテン厩舎が2勝。エディー・アハーンも4Rと8Rを勝って2勝。●純血アラブのマクトゥームチャレンジR1(ダート1600m)。レーティング118でトップのシェイク・ハムダンのAL SAOUDIが順当勝ち。昨年のカハイラクラシック2着で、その後アブダビのG1エミレーツチャンピオンを制し、今シーズンはこれが初出走。●サラブレッドのG3マクトゥームチャレンジR1(ダート1600m):プリンセス・ハヤのブレイタントが9 3/4馬身差の圧勝。父マキャベリアンの7歳セン馬で昨年の英QEIISでスタークラフトの3着だった。調教師イスマイル・モハメド。鞍上リチャード・ヒルズ。2着シェイク・ラシッドのチェリーピッキング。04年のUAEダービーを勝ったラインディーズライアビリティ3着。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2006

29人の中から選ぶのに

午後は大井競馬場へ。着いたのはちょうど準メインがゴールしたところだったのでいつものように挨拶などしているうちにTCK女王盃。珍しく(というか初めてか)逃げたグラッブユアハートが楽勝。レマーズガールとは3/4馬身差だが直線で何度もうしろを振り返って脚いろを計っていたから内容的には子ども扱い。以前の勝ちきれないレースぶりからするとこの安定感はどうしたことだろう。牝馬同士では完全に抜けた実力。有楽町「ジャポネ」経由。本日はナポリタンの大。トマトソース(というかケチャップか)がウマイ!あっという間にたいらげたが時間がたってお腹にずしりとくる。帰社して引き続き原稿など。そして今日も終電1本前の帰宅。豚角煮大根がどうも満足なデキにならないので再度。本日は豚肉の下ごしらえのみ。
園田のゴールデンジョッキーカップのメンバーが発表されたがここで川原正一が復帰する。1年待たないでも乗れるようになるらしいという噂は聞いていたがここでしたか。どうやら兵庫も騎手の交流に関しては縛りがゆるくなっていくようだ。そして暫定浦和所属の内田利雄も選ばれている。南関東からは何人も選ばれるし一時的な浦和の所属だから無理なんじゃないか(本人談)ということだったが無事に選出された。それはよかったという反面毎年ほとんど同じような顔ぶれなのはどうしたものか。地方競馬には29人(だったと思う)も2000勝以上の騎手がいるというのに。やっぱり人気があって有名な騎手から選んでいるんだろうか。たまには山中利夫だとか山口竜一だとか鷹野宏史だとか地方競馬らしいシブい(あくまでも個人的な感覚)騎手も出てくれないものかと。

競馬●TCK女王盃。レマーズガールも行きかけたが結局グラッブユアハートがハナ。そのまま後続を引き付けて逃げ楽勝。ついてきたのはレマーズガールだけで直線でテンセイフジが追い込んで3着。次走はまだ勝ってないエンプレス杯だと。馬券的には追い込んでくる3着の馬を間違えた。1/28のガルフストリームパークでジェリー・ベイリーが引退することが正式に発表された。ABCスポーツとESPNの解説者になる。初仕事はドバイワールドC。ゲイリー・スティーヴンスがTVGの解説でテレビ中継の解説は豪華ですな。BHBの年度代表馬はモティヴェーター。●15日から延期になったアブダビの代替開催。プレジデントカップ・プレップ(芝2200m)は去年のカハイラクラシックを勝ったシェイク・ハムダンのMADJANIが5 1/4馬身差で順当勝ち。純血アラブ4歳馬によるシェイク・ハリファ・トリプルクラウン第1戦(芝1600m)はこっちもハムダンのスピードトルネードが勝って今シーズン2連勝。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2006

J.ベイリーついに引退か

証人喚問で仕事がはかどらず。って見なきゃいいんだけど。とはいうものの前回の内河健のをちゃんと見なくてプチ後悔だったので。そして小嶋社長は誰かに「しゃべったら殺す」とでも言われてるのかと思うほど「控えさせていただきます」。もしくは自民公明とそういうシナリオだったか。しかしたしか民主党の質問のときだったか補佐人に相談したあとに「質問がわからなかったんですけど」とか言っておろおろしていたときにはもう破綻していたのだろう。その外ではいかにライブドアに目を向けさせるかという算段。選挙で党として応援するのに「会社の内容はいちいち審査していないし」ってありえねぇ。さすが狂牛病。
今日もいつのまにかお決まりの終電1本前。本日の深夜の料理は昨日発見したゴボウできんぴら。ゴボウってなんとなくめんどくさいのでいつも後回しになってちょっとふにゃふにゃになってからあわてて料理されるというかわいそうな役回りなんだけど今回は新鮮なうちに料理してあげたので感謝しなさい。

競馬カナダの04年クイーンズプレートの覇者ニーゴンが右前脚剥離骨折のため引退。ジェリー・ベイリーが1/28のサンシャインミリオン開催で引退となるもよう。05年のワールドランキングは凱旋門賞を勝ったハリケーンランが130でトップ。

本日のワイン●きのうの続きのモンテプルチアーノ・ダブルッツォ。酸がちょっとやわらかくなった感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2006

野菜も石油も高いこのごろ

土日とも完全に休んでしまったので雑務満載。そしていつの間にか終電近く。月曜日は野菜が届く日。白菜がスカスカで小さくてさびしい。しかし今のような天候で毎週コンスタントな量の野菜を届けるほうもたいへんだろうなあとも思う。というわけで悪くならないうちに野菜の処理。小松菜の胡麻和え。白菜の一夜漬け柚子風味。午前2時過ぎスタートで終わったのは午前3時過ぎ(苦)。その後ゴボウを発見。これはまた後日。

競馬●G2サンタイネツS(サンタアニタ7F,3yo f):BCジュベナイルフィーリーズ勝ちのフォークロアが断然人気となったがトップハンデがこたえたか逃げて3着という波乱。しかし勝ったのは2番手追走を追走したフォークロアとカップリングのダンスデイリーでグレード初勝利。馬券的には堅かった。ハナ差2着タルラールラ。

本日のワイン●ミリアニコという協同組合らしいMONTUPOLIというモンテプルチアーノ・ダブルッツォ02。普通のモンテプルチアーノ。ちょっと酸が強いかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

窓拭きで1日が終わる

午前9時起床。がしかし。まだ睡眠を欲している感じで坂田さんのさわやかな声に申し訳ないと思いつつグリーンチャンネルをつけたまま11時過ぎまでうとうと。夕方になって年末の懸案だった窓拭き。外の景色がきれいになった。しかし床の雑巾がけまでには至らず。次週以降へ持ち越し。料理やるき満々だったのに時間がおして野菜の処理という感じで具だくさんミネストローネスープ。2日続けての来客で本日はおじょー。スープのほかに定番簡単マグロなかおちのユッケ風。賞味期限がはるかに過ぎた冷凍エビ餃子。マグロのカマの焼いたの。昨日仕込んだ大根とがんもと厚揚げと卵のおでん風。残り物のようなものばかりで申し訳ない感じ。飲み終わり近辺でレンコンのきんぴらforおべんとうを仕込む。

競馬●ばんえいヒロインズカップ。5歳牝馬エンジュオウカンが単独第2障害を抜けてそのまま圧勝。スターエンジェルが2着に粘って3着キタノコクホー。7着アンローズはともかくサダエリコも障害で詰まって9着。●ラ・カナダ・シリーズの第2戦G2エルエンシノS(サンタアニタ8.5F,4yo f):1番人気のプロポーズドが直線抜け出して重賞初勝利。2馬身半差2着に2番人気のプレイバラード。●雪のためアケダクト開催中止。

本日のワイン●タケダワイナリー2004年収穫ピュアシャルドネ。樽を使わずキリッとしたシャルドネ。おいしい。赤はきのうの続きローズマウントエステートのダイアモンドラベル・カベルネソーヴィニヨン03。飲む人3人でボトル1本半ときわめて健康的な量。もうちょっと飲みたいけど新たに抜栓するほどでもなく黒糖焼酎「天海」お湯割りで〆。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2006

おいしい野菜でしあわせ

さすがに1週間もアルコールを抜いていきなりボトル1本は飲みすぎだったかプチ頭痛。しかし不快なほどではないのでぜんぜんおっけー。午後から妻と池袋でお買いもの。夜は妻のいとこのさっちゃんを誘って以前から行ってみようと思ってた浦和のビストロ・ド・タニ。4800円のオードブルとパスタとメインが選べるコース。パスタやメインに使っている野菜がめちゃくやおいしい。野菜をメインにしてもいいくらいだ。かなり満足度高し。ただ浦和のこの場所にしてはワインの値付けがちと高いような。大雨の中タクシーで帰宅。さらにワイン。やや酩酊しながら大根と近所の絶品豆腐屋のがんもどきと厚揚げそれにゆで卵をおでんのダシで仕込む。さらにほうれん草の胡麻和えを作る。

競馬●G2サンラファエルS(サンタアニタ8F,3yo):4頭立てでスティーヴィーワンダーボーイとブラザーデレクの一騎打ちだがブラザーデレクの逃げ切り。G2ノーフォーク、G1ハリウッドフューチュリティに続いてグレード3勝目。次走は3/4のG2サンタカタリナ。後方を進んだ1番人気のスティーヴィーは1馬身半届かず2着。●G2サンフェルナンドBCS(サンタアニタ8.5F,4yo):後方追走から一気にまくって直線で先頭に立ったアンブライドルドエナジーが勝利。7月のG2オハイオダービー5着のあとにエリオット・ウォルデンからリチャード・マンデラ厩舎に移っていた。3/4馬身差2着にキャンティーン、さらに3/4馬身差3着に1番人気グリーリーズギャラクシー。●ファエグラウンズ開催@ルイジアナダウンズのG3リズンスターS(8.5F,3yo):早め先頭のロウイヤーロンが8 1/4馬身ぶっちぎりでグレード初出走初制覇。2番手追走のマークオブサクセスがそのまま2着。1番人気セイントアウグスツス5着。●G3シルバービュレットデイS(ルイジアナダウンズ8.5F,3yo f):伏兵バグダリアが断然人気フレンチパークとの競り合いを制した。●G3バイユーBCH(ルイジアナダウンズ芝8.5F,4&up f/m):断然人気イギリス産のスノードロップスが中団追走から直線先頭で押し切った。G3マイチャーマーHからグレード連勝。

本日のワイン●ビストロ・ド・タニにて。銘柄メモ忘れのスパークリングのハーフボトル。白はルイラトゥール・シャルドネ02。キンキンに冷やして出してくれたけどこれはちょっと温度が高いほうがおいしい。赤はドルーアンラローズのジュヴレシャンベルタン・プリミエクリュ99。帰宅してさらに赤。ローズマウントエステートのダイアモンドラベル・カベルネソーヴィニヨン03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2006

久々の帰宅で風呂

なんとか夕方には校了。残りの原稿などは土日にやろうかとも思ったが土日完全オフにするためにもうちょっとがんばる。午後11時過ぎ火曜日以来の帰宅。何日ぶりかの風呂。そういえば今日食ったものはカップうどん1杯だけだった。帰りに寄った西友で手作りパンが半額になっていたのでそれで軽く深夜のメシ。たぶんそのままだと疲れすぎてて眠れないのでワインをボトル1本開けて午前3時近く爆睡。
以前ちょっと聞いてはいたのだが矢野吉彦アナがなんとベトナム競馬観戦ツアーというのをやるらしい。

競馬●船橋2R、1000mの3歳未出走戦。ダーレーのアルマハが2番手から抜け出して3馬身差勝利。父シングスピールの持ち込みで生産はノーザンファーム。●3Rの3歳戦もダーレーのヒースローが勝利。父ディクタットのイギリス産。ヒースロー空港から輸出されたという単純な馬名なんでしょうか。こっちは松代眞厩舎で森泰斗。メインのB3でもブックオブケルズが勝って本日ダーレー3勝。●白銀争覇。単独先頭のレジェンドハンターに3コーナー手前からロングスパートのマルヨサンデーが直線入口で並びかけ突き放した。中日杯のタフネスゴールド惜しくも3着。単勝1番人気金沢のケンゴウザンは6着。とりあえず笠松は存続するらしい。●またまたシンガポールの開催が中止。雨が降り続いて安全が確保できないためということらしい。1/31の祝日に代替開催。シンガポールでもトリプルトリオが登場していた。ピムリコの馬のヘルペスウィルスはたいへんみたいだ。安楽死処分2頭目。デルマーにもポリトラックコースの計画。マスメディアが種牡馬入りをやめて現役復帰。

本日のワイン●なんと1週間ぶりのアルコールだ。南フランスのミネルヴォワというAOCのドメーヌ・サンジャック・ダルバ03。グルナッシュ40%、カリニャン40%、シラー20%。ジャムっぽくておいしい。とはいうもののよっぽどマズイのでなければどんなのでもおいしいと感じたかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2006

どうやら汚いらしい

最後の入稿が今朝9時になった。耐え切れずにしばし寝て昼過ぎから企画書や雑務など。当社経理総務担当が現在産休につき代わりの女性に週一で経理だけやりにきてもらっているのだが、本日仕事終わりでホコリまみれなのに耐え切れなかったのか「掃除してってもいいですか」と言われた。毎日ここにいるとあんまり気づかなくても、たまに来るとどんどん汚くなってるのが気になるんだろうなあ。さらに掃除中に「こんなとこに泊まらないほうがいいですよ」とトドメのお言葉までいただいた。会社合宿3泊目に突入。

競馬TVGの解説者となるゲイリー・スティーヴンスが土曜日のリズンスターSでデビュー。

というわけで休肝日はさらに続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2006

まぼろしのガッツポーズ

ああもう進行ボロボロですがな。帰るはずだったのに今日もまた帰れず。正月開けに世間様でいうところの3連休がすぐにきてそもそも曜日感覚が狂っている上にこの生活なので「はて、今日は何曜日だったか」と1日に何度も考えてみたり。
NARグランプリの受賞馬・受賞者が決まった。アジュディミツオーが最後に勝ってくれたことでどの部門もほぼ予想どおり。やや意外だったのがスプリントが該当なしではなくヨシノイチバンボシが選ばれたことくらいか。サカモトデュラブが東京盃を勝った年に「東京盃を勝っただけで最優秀短距離馬に選ばれていいものか」という意見があり結局選ばれなかったという経緯がありそれならかきつばた記念しかタイトルのないヨシノイチバンボシはどうかと思っていたのだが。ヨシノイチバンボシの場合はほかに地区重賞を勝っているといっても短距離ではないし。ま、選定基準というのは時代によって変化していくものだと思うのでそれはそれでアリなのかと。とにかくアジュディミツオーが去年逃した年度代表馬のタイトルを取り直しできてよかった。

競馬●今回から1000mのスプリント戦となった船橋記念。エコルプレイス取消。3頭横一線のゴールでガッツポーズは外から追い込んだカセギガシラの鈴木啓之だったけど勝ったのは内から先に抜けていた的場コアレスタイムでした。船橋移籍後これが初勝利。07年の英ダービーの2歳登録が579頭ありそのうちのなんと124頭がゴドルフィンおよびマクトゥームファミリーの関係。その中には970万ドルで取引されたストームキャット-トランキリティレイクもいる。そしてバリードイルは93頭。

当然のことながら引き続き休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2006

ドバイ取材計画の季節

午前7時帰宅。11時過ぎ起床。午後2時過ぎ出社。ほんとうにただその日の行動を記しているだけになったきた(苦)。
そろそろドバイの取材申請と思ったのが先週。取材申請書をくれとメールをしたらすぐ翌日に返事が来て来週(つまり今週のこと)には用意できるからと。しかしその直後にマクトゥームさんが亡くなられていたというニュース。服喪期間に入ってしまい少なくとも1週間は遅れるのだろうなあ。というわけでドバイ取材の方はもう少々お待ちください。といってる間にもそろそろ航空券の手配をせねば。今年こそはエミレーツは使わん。多少高くてもSQで行くよ。とはいうもののこのご時世の燃料高騰で多少ではすまなかったりして。エミレーツのお世話になる可能性も否定できなかったり。

競馬●今日から南関東で騎乗をはじめた安藤光彰が3戦目となる船橋最終レースで勝利。勝負服が黄色に白襷なの。町田と見分けにくいじゃん。と思ってほかのレースの映像も見てみたら単に枠服だった。

佳境に差し掛かり本日も会社泊で休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 09, 2006

英ダービーがサッカーに負け

本日から校正まつり。ほかの原稿なんかも重なってるのでなかなか思うように進まず厳しい。ずっと会社にいるときでもメシとかで1日に一度くらいは外にでるもんだが今日はメシを食いに行くタイミングを失って一度も出なかった。あっ、ポストを見にほんの数十秒ほど出たか。昼は買い置きのカップヤキソバ。夜は中華系デリバリー専門店。不健康だ。本日も帰宅は断念。

競馬●ばんえいオープン。前走帯広記念2着だったヨコハマボーイが3番手に障害をクリアすると楽に差し切って今シーズン初勝利。忘れたころにやってくるグレートサンデーが追い込んで2着。●トウケイニセイ記念。出遅れた1番人気のタイキシェンロンだが徐々に位置取りを上げ3コーナー過ぎで早くも先頭。ゴール前ではマツリダパレスの追撃をハナ差でしのいだ。3着エアウィード。●佐賀2000mのA1特別。大井から移籍緒戦のブルーオオマサが中団追走から3コーナー過ぎで先頭に立ち押し切った。2馬身差2着に1番人気のインターレジェンダ。●南アのG1ケープギニーは1番人気のエクスプレスウェイが勝って5連勝。ブラジル産のロイヤルアカデミー産駒。ニューヨーク州政府がNYRAに500万ドル貸し付けることを承認。英愛で新たに「Racing World」というテレビチャンネルが今年夏に立ち上がる予定で、チャーチルダウンズとマグナがレース映像を提供することに内定。エプソムダービーとサッカーワールドカップのイングランド・ジャマイカ戦が同日となり、サッカーのキックオフが午後3時でダービーの発走が4時20分で後半のゲーム中となり、ダービーのほうはセカンダリーチャンネルでの放映に格落ちというニュース。

というわけで連日の休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2006

馬券ハズレ寒い寂しい休肝日

始発電車の時間にはぜんぜん終わらず午前7時半帰宅。正午起床。午後早い時間に出社するつもりが洗濯買い物など家事雑事をしていたら家でメインレースを見る時間になってしまった。ガーネットSは軸が違ってハズレ。出社は夕方5時。引き続き時折襲ってくる睡魔と戦いながらひたすら原稿。都心で零下になるのは近年めったになかったように思うのだが練馬の観測地点でここ何日かは零度を下回っている。会社でずっと座ってると足元がものすごく冷える。そして日曜日の徹夜は夜中にラジオが終わってしまうので寂しい。

競馬●シンガポール。視界不良につき3R以降中止。雨ならそんなに長く降り続くこともないと思うので霧かなんかだろうか。●G2サンゴルゴニオH(サンタアニタ芝9F,4&up f/m):伏兵のシルヴァーカップが差し切り勝ち。父アルムタワケルのアイルランド産でイタリアオークスを制し、去年のアメリカンオークスは7着。北米ではこれがステークス初勝利。ティッカーテープが半馬身差の2着。3着ロイヤルコペンハーゲン、4着ムービースターで、ゲイリー・タナカさん3頭カップリングで1番人気のバランセラ5着、フリップフロップ7着、スターパレードはブービー10着。

会社泊につき本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2006

昭和のころを思い出す

ぼくは映画をほとんど見ない体質で(体質なのか?)「男はつらいよ」が終わってからはさらに減り年に1本見るか見ないか。それでも最近ちょっと気になっていた「ALWAYS 3丁目の夕日」をようやく今日出社する前に見に行った。ほんとはそんな暇はないのだが今月いっぱいで終わっちゃいそうなので。いやーすげー泣きました。恥ずかしいくらいに。それにしても昭和のいろんなことがよく再現されていた。ガラス戸でしかもカギなどかけなくても何も盗まれることがなかったような時代を思うと決して今がいい時代になってるわけではないと思ったり。そうこうしているうちにアヤパンが中央の500万で勝ってしまった。このメンバーならと思っていたんだがレースの時間はちょうど映画館で泣いてるころだった。世間では金杯が始まって盛り上がり始めたのに馬券を買うテンションがイマイチ上がらん。1/2からばんえい重賞3連続の予想にパワーを使い果たして馬単70倍なんかあたっちゃったもんだから満足しちゃったのかなあ。予想をメインに仕事をされている方々はたいへんだろうなあとつくづく思ったり。出社してひたすらお仕事。

競馬●フェアグラウンズ開催@ルイジアナダウンズのG2ニューオリンズH(9F,4&up):2番人気ブラスハットが直線で差し切り休み明け3戦目でグレード制覇。G2・3勝目。2 1/2馬身差2着にブービー人気のディキシーマイスター。1番人気のアラムナイホール3着。●G2サンパスカルH(サンタアニタ8.5F,4&up):1番人気ハイリミットがバックランドマナーとの一騎打ちをハナ差でしのいだ。昨年3月のG2ルイジアナダービー以来の勝利。新年早々パット・ヴァレンズエラ。7Fが得意なので次走は2/18のG2サンカルロスHを予定。●G3サンタイサベルS(サンタアニタ8.5F,3yo f):早め先頭のイッティービッティープリティーが6馬身差圧勝でステークス初制覇。こっちもパット・ヴァレンズエラ。G1ハリウッドスターレット3着で断然人気となったサバティニは2着。●G3ミスタープロスペクターH(ガルフストリームパーク6F,4&up):差のない2番手追走のガフがクビ差抜け出しグレード初勝利。スティーヴ・アスムッセンにショウン・ブリッジモーハン。2着ウォーフロント、3/4馬身差3着に1番人気フレンドリーアイランド。ファニーサイドは後方まま7着。●G3ハルズホープH(ガルフストリームパーク9F,4&up):オンシンアイスが2番手追走から直線抜け出し圧勝。昨年は1勝も挙げられずこれがグレード初勝利。これもブリッジモーハン。5 3/4馬身差2着にネットワーク。

朝まで会社につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2006

零下30度はどんなでしょう

ひたすら会社で原稿なので書くことがない。あっ、とある企画で韓国馬事会と連絡をとったりしたか。内容はまだないしょ。それにしても北陸の雪はすごいね。ひとり暮らしのお年寄りとかだいじょうぶなんでしょうか。と思ったら53人も亡くなってる。北海道ではマイナス30度とか。マイナス20度近くは冬の帯広で何度か経験したけどさらに10度下がるってのはどんなもんなんでしょうか。そのあたりになるとさらに下がっても体感的にはたいして変わらないのかそれともまた別の世界があるのか。今月末に帯広行きの予定があるのでちょっと心配してみたり。んでも帯広あたりは寒くなりすぎると地理的および気圧配置的に雪はあまり降らないという話をきいたことがあるけど今年はどうなんでしょう。ただ暖かいときにドカ雪が降るといってもその暖かさとは1日の最高気温が零度かちょっと零下くらいらしいんですが。
早めに帰ろうと思ったのに結局いつもの終電1本前。で、深夜のお料理。忙しいときほど料理をしたくなるのはなぜでしょう。寒いのでオニオンスープ。ちょっと手間はかかるけど簡単でおいしい。しかしまたコショー入れすぎ。学習しないなあ。さらにレンコンのきんぴら。レンコンというと輪切りがあたりまえと思ってませんか? 繊維と平行に7~8ミリの太さで拍子切りにするとシャクシャクして食感がいいっすよ。

競馬アデナスプリングスが3年連続でリーディング・ブリーダーに。ジョン・ファーガソンというかシェイク・モハメドに900万ドルで買われたアシャドーには当然のようにストームキャットがつけられる予定。トータルインパクト引退。今年の南半球シーズンはチリにシャトルされるが北半球シーズンの繋養先は未定。

本日のワイン●続きのペインターブリッジ・ジンファンデル04。引き続きおいしい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 05, 2006

電車で気持ちよく睡眠

午前中竹見さんち訪問。今日あたりから普通の通勤ラッシュになるかと覚悟していたのだがまだ8割くらいの乗車率。京浜東北線で川崎まで延々と座って寝られたので助かった。昼過ぎに終了。川崎駅の東海道線東京駅方面のホームで古くからの競馬仲間でこれから成田に向かうというこやちゃんとバッタリ。東京駅まで機内食談義で盛り上がる。出社。最近会社のネットが異常に遅いのが問題になっていたのだが古いハブがネックになっていたことが判明。時間は費やしたが原因が突き止められたのでよしとする。ハロンの入稿が来週に迫りあとはひたすら原稿原稿原稿。

競馬●金沢。またまた雪で6R以降取り止め。エクリプス賞のファイナリスト発表。芝牝馬にシーザリオがノミネートされてますがさすがにBCのほかにいくつか重賞を勝っているインターコンチネンタルでしょう。

会社泊につき休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2006

アラブ要人の死に謎多し

元旦から毎日原稿は書いていたけどいちおう本日から出社。電車はまだすいていた。銀行もまだまだ空いていてらくちん。そうか今日から三菱東京UFJ銀行になったのか。銀行名長すぎ! 予想はしていたが雑務ばっかりで夜になる。ここでお詫び。会社宛に年賀状をいただいた方々の多くには送ってませんでした。会社設立でいろいろなことがリセットされて年賀状作成断念という不義理となってしまいました。誠に申し訳ございません。いただいたのを見るにつけやっぱり年に一度の挨拶くらい送らないといかんと思い直した仕事始め。
シェイク・マクトゥームが亡くなった。まだ62歳でしたか。40日間喪に服して7日間は政府関係の機関もクローズ。競馬は12日のナドアルシバ開催まで中止。GULF NEWSには「Shaikh Maktoum died in Australia.」としか書かれてなくて死因などわからない。アラブの要人たちの死は相変わらず謎が多い。シェイク・モハメドがドバイの首長になりハムダンが副首長。ちなみにBlood Horseにはクイーンズランド州のリゾート地、ゴールドコーストのPalazzo Versace hotelで亡くなったとちょっと詳しく書いてある。メモということで競馬各界からの追悼の声など。さらにメモで経歴など

競馬●ホクレン賞。いち早く仕掛けたニシキセンプーが最後はやや脚が上がりながらも押し切って勝利。混戦の2着争いはゴール前でメダマが抜けた。カネサテンリュウ3着、メジロショウリキ5着。ガルフストリームパークのパドックがすごくなってる。しかしまだ工事中でクラブハウスの2階と3階はクローズされていると。26歳のアルザオが種牡馬引退。アイルランドのキャッスルハイドスタッドで余生を過ごす。

本日のワイン●ペインターブリッジ・ジンファンデル04。おいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2006

身近ではわりと平和だったが

本日も健康的にジョギング。ばんえいの予想。懸案だった風呂掃除。夕方から妻と実家へ。ニュースを見ながら両親兄夫婦と一緒にメシ。トップニュースがUターンラッシュネタで平和な正月だったなあとしみじみ。しかし北陸地方の方々は雪でたいへんそう。そんななかあんまり大きく扱われないけど上海総領事館員自殺の件はかなり微妙に危険な問題なんでないの。

競馬●ばんえい銀河賞。ほぼ同時に先頭で障害をクリアしたのはホクトキングとエンジュオウカン。じわじわとホクトキングが差を広げるもゴール前は脚が鈍りエンジュオウカンに差を詰められたもののなんとかしのいで重賞初制覇。続いて坂を越えたタケタカラニシキが3着。●浦和1400mの3歳戦。エフテーサッチの仔ピンクノライオンが6戦目で初勝利。父ダミスター。●新春ペガサスカップ。ハナを切ったゴールドハートランがほとんど持ったまま直線で後続を突き放して楽勝。●園田・新春賞。好スタートから2番手に控え向正面で先頭に立ったロードバクシンがハナ、アタマの接戦を制した。3コーナー手前で連れて仕掛けたコルレオーネ、コガネウキョウが2、3着。●福山1250mのサラブレッド戦。ユウキビバーチェ産駒のチキリアッパーが6馬身差で勝ち福山移籍後2連勝。ダンチヒが老衰のため安楽死処分。29歳。04年に種牡馬を引退しクレイボーンファームに繋養されていた。

本日の酒●実家にて熱燗をちょっと。帰宅して正月らしくロゼ(って深い意味なし)、シャトーペスキエ・アンシャンテ・ミュスカ・ロゼ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 02, 2006

正月早々馬券的に幸運

昼過ぎから浦和競馬場。パドックで某マスターを発見しアドバイスをいただく。冷たい雨で人出はどうかと思ったがさすがに正月の浦和開催はお客さんがくる。といっても90年代のころよりはだいぶ少ないけど。メインのころには薄日もさしてきてありがたい。ニューイヤーCは某マスターの助言で2着馬から馬連5頭流しでゲット。マキノチーフはさすがに買えず3連単までは当たらず。しばらくして携帯で帯広記念の結果を確認するとなんと馬単が70倍もついてこれも的中。正月早々馬券的には幸運。終了後、HちゃんとUさんと3名で武蔵浦和アズーリ。開店午後6時とは知らず並びのモスバーガーで時間をつぶして開店直後に入ったもののこんな日付にもかかわらずお客さんがどんどん来る。メニューを見ていてUさんがアズーリ特製ピザに新田牧場のモッツァレラチーズが使われていることを発見しておどろく。そのほかしょうがで味付けした白菜のパスタだとか鳥だとかラムだとか。

競馬●ばんえい帯広記念は第2障害を越えた順の決着でミサイルテンリュウにヨコハマボーイ。トップハンデのサダエリコはやっぱりキツかった。●水沢・金杯。人気薄のミステリーゴットが逃げ込もうとするところ菅原勲ブラックショコラがゴール前で差し切った。重賞初出走初勝利。●浦和・ニューイヤーC。2番手追走のコーラスマスターが3コーナー過ぎで先頭に立ちそのまま押し切った。イギリス産のシングスピール産駒。4戦2勝。出負けしたユウユウシーザーが内から徐々に位置取りを上げ2着。1番人気アジュディビルダー5着。●名古屋・新春盃。1番人気マイネフォクシーが差のない3番手追走から4コーナー手前で先頭に立ち直線で突き放した。中央1勝馬で重賞初出走初制覇。2番手追走のオグリスキーが2着に粘った。●福山大賞典。後続を離して逃げたラピッドリーランから100mほども離れた後方追走のユキノホマレが3~4コーナーでまくってきて直線で突き抜けた。03、04年に続いて大賞典3勝目。2馬身差2着にホクザンファイズ。4コーナー手前でラピッドリーランをとらえたスイグンは直線伸びず5着。ユノフォーティーン7着。●佐賀1400mの3歳戦。テンシノティアラが逃げ切って5馬身差圧勝。2戦2勝。●G3エルコネホH(サンタアニタ5.5F,4&up):好位追走のウィズディスティンクションがアタマ、ハナの接戦を制した。鞍上ファヴィアー・サンチャゴはヴィクター・エスピノーザが病気のため乗替りだった。1番人気ジャングルプリンス2着、3着ジェットウェスト。

本日のワイン●アズーリにて。食前酒はスパークリングととちおとめのカクテル。白は北イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェというDOCのケラーライ・テルラン・シャルドネ04。ボトルがドイツと同じ細長い形だと思ったらドイツ語を話すご夫婦が作ってるワインらしい。香りだけではソーヴィニヨンブランて答えちゃうかもしれないキリッとドライなシャルドネ。赤はトスカーナのテヌータ・セッテ・ポンティ・クロノーロ02。濃い果実味とタンニン。サンジョヴェーゼ主体らしい。帰宅して、ルーマニアのシャトーサラティ・メルロー00。これはちょっとイッちゃってる感じで残念。料理行きかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

原稿書きで始まる2006年

晦日元旦と続けてジョギングで充実の朝。息切れより以前に足がついてこない感じで衰えを感じる2006年のスタート。4日締め切りの原稿てんこ盛りでそこまでの予定を考えると今日書くしかなく天皇杯を見ながら原稿の書初め。ばんえいの予想と某Webの原稿と「サラブレ」の原稿。途中夕飯をはさんで延々書き続け最低限の目標クリアが日付変更線をはるかに超えた午前3時半過ぎ。
天皇杯からずっとみなさまのNHKをつけておくとYahooの検索が使えなくなっているというニュース。公共交通機関がストップしたわけでもなくそんなに大きく取り上げるもんでもないだろうにと思っていると夕方に復旧するまでニュースのたびに伝えていた。ほかに大きなニュースがないからというのもあるんだろうけどあまりに何度も伝えるのでなんとなくアクセスを増やすためNHKとYahooとが手を組んだんだんじゃないかと思えたり。実際にぼくもこのニュースを見てYahooにアクセスしてみちゃったし。

競馬●浦和に短期移籍の内田利雄。さっそく第1レースで勝利。そのほか3着2回。●名古屋記念。名古屋グランプリ中止によりJBCクラシック3着以来となったレイナワルツがスタート後一旦は先頭も最初の4コーナーで2番手に控え直線ではロングランナーに食い下がられたが断然人気にこたえハナ差で勝利。●園田1Rの「1THヴィクトリーステージ」って「1ST」の間違いでしょうか?●高知市長賞。1番人気エスケープハッチが7馬身差圧勝で連覇。2着重賞初出走のムサシボウルビーで、2番人気マルチジャガーは3着。●荒尾金盃クラシカルマウントが直線抜け出して荒尾移籍以来重賞初勝利。3/4馬身差2着にアリオンカイザーで宇都宮徳一厩舎ワンツー。ハナ差3着に岩永千明ナリタホマレ。逃げたトウショウゼウス5着。●G2サンガブリエルH(サンタアニタ芝9F,4&up):G1シガーマイルで1番人気ながら8着に敗れたバッジオブシルバーが逃げ切って芝初出走で勝利。年明け最初の重賞からパトリック・ヴァレンズエラ。2馬身半差2着に後方から押し上げた1番人気アトランド。●年明け最初に行われる「ダービー」のG3トロピカルパークダービー(カルダー芝9F,3yo):断然人気のバルバロが2番手から抜け出し快勝。ローレルフューチュリティ8馬身半差に続く勝利でデビューから3戦3勝。

ひたすら原稿で元旦から休肝日。おおなんと。去年の元旦も休肝日であった。運動をしないとなあという思いも去年から変わらず進歩がない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »