« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

3冠の価値を考える

ディープインパクトだが、マスコミでは一応3冠と盛り上げてはいるがそれを第一に望んでいる人の割合というのはどれくらいのものなのだろう。関係者ではなくあくまでも見る側の興味としてではあるが。3冠は3冠として歴史にも残りやすいしもちろんそれはたいへんなことなのだが、むしろ天皇賞秋で古馬と対戦するところを見たいと思ってる人のほうが多いんじゃないかと思う。誰かためしにアンケートとかしてみたらおもしろそうな気がするんだけど。しかし今年になってからの日本馬の海外遠征の熱の冷めようといったらどうだ。これまで話題になったのは地方の2頭だけ。日本でのG2、G3クラスあたりの賞金の高さを考えるとやはり国内にとどまってしまうのか。エイシンプレストンやステイゴールドやアグネスデジタルが海外であれだけ活躍しても結局日本国内では種牡馬としての価値がそれほど上がるもんではないというのが見えてしまったからなのか。アジュディミツオーで感じたのだが、これからは賞金や名声のことを考えれば、地方所属のトップホースのほうがむしろリスクを背負ってまで海外に行く価値はあるのかなと。ただそのためには仮に招待レースといっても本気でやるならかなりの持ち出しを覚悟できるチームでないと無理なのはアジュディミツオーを見て思った。
原稿中途半端のまま夜は東京ドームホテルロビー待ち合わせ、近くの中華で新規案件の打ち合わせ。というか意思確認。
早めの帰宅で日付変更線前の料理人。料理というほどのことでもないけど夏も近いので作り方を思い出しながらキュウリもみ。

競馬●勝ち馬から禁止薬物で後日失格。●札幌4R。タイムパラドックスの下スペシャルトリートが中央から移籍緒戦を勝利。父スペシャルウィーク。●金沢A2。2歳シーズンに期待されたキタノオペラがA2を勝って3連勝。●荒尾1400mのオープン。父シーヒーローの外国産馬ポースが大井から移籍4戦目での初勝利。●G2テンプルS(サンダウン5F、3&up):短頭、短頭の接戦で勝ったのは伏兵のセルティックスウィング産駒のセルティックミルで7歳にしてグループレース初勝利。●G3ブリガディアジェラードS(サンダウン10F、4&up):サドラーズウェルズ産駒の伏兵ニューモーニングがこれも重賞初制覇。サンダウンの両グループレースとも勝ち馬の鞍上はフィリップ・ロビンソン。半馬身差2着に人気のノースライト、3着ムブタカー、ゴドルフィンのパンクティリアスはしんがり5着。ケンドールジャクソンという有名ワイナリーの創設者のファミリーであるジェス・ジャクソンがゴーストザッパーの1/3の権利を買った。ジャクソンはケンタッキーの旧バックラムオークファームを所有し、150~180頭の繁殖牝馬を所有。プリークネスSの勝ち馬アフリートアレックすがメイドンを勝ったときに目をつけその母マギーホークも手に入れていると。

本日のワイン●東京ドームの中華屋さんにて、ハウスワインとなっていたウルフブラスの白を2杯ほど。帰宅して「日本の地ワイン」山梨県韮崎市穂坂地区収穫地ワイン・マスカットベリーA'02。これは日本の赤でも根菜の煮物というよりもちょっと冷やして寿司とかに合う感じ。これで「日本の地ワイン」シリーズ全制覇。どれも秀逸でござんした。お勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 30, 2005

プレミアセールでした

札幌競馬場へ。プレミア2歳トレーニングセール見学。晴れてなによりだが風が強い。公開調教は佐賀から騎手6名ほか一般人として北海道の騎手も。上場頭数72頭(欠場ありで実際は55頭)というのは見るほうとしてはダレなくてちょうどいい感じ。先週のHBAとひだか東のは現場で見てないけど1日に100頭越えはやるほうも参加するほうもキツいと思う。で、結果。売却率40%ちょっとは先週2つのトレーニングセールのあとだからしかたないか。プレミアは去年リセットスタートだっただけに開催時期をはじめまだまだ見直すべきところは多いように思う。「民間」だからという色も出し切れてないような感じもある。予定より早く午後3時過ぎには終了。競馬ファン調教師にわりと強く誘われ琴似駅近くの焼き鳥やさんへ。普段ぼくは内臓系はほとんど食べないのだがたしかにここのはおいしいと感じられる味がする。やや久々の新千歳空港はレストラン街のお店がけっこう変わっているようだ。フライトまで時間があったのでさらにひとつ上の階、いつものプロントへ入江さんと。いつものように空いているし街のプロント価格でリーズナブルなのがありがたい。昨日今日と立ちっぱなし歩きっぱなしだったのでかなり疲れた。

競馬●ばんえい650万のクラス、4歳タケタカラニシキが差のない2番手で坂を越えるとすぐに先頭に立ちゴール前の接戦を制した。●大井メインのB2。移籍3戦目のセイエイシェーンが3着と好走。●G2ヘンリーII世S(サンダウン16.5F、4&up):ドバイシーマクラシックしんがり負け以来のゴドルフィンの伏兵ファイトユアコーナーが勝利。ケリン・マケヴォイ。クールモアの1番人気ウルフトーン4着。●G2コリーダ賞(サンクルー2100m、4&up f/m):1番人気、タイガーヒル産駒のドイツ調教馬、エロパ(エパロとまぎららしい。同厩舎だし)がG3アレフランス賞に続く連勝。次走は愛G1プリティポリーSでウィジャボードと対戦か。●G1メトロポリタンH(ベルモント8F、3&up):BCクラシック勝ち以来のゴーストザッパーが早め先頭から6 1/4馬身差で圧勝。6連勝でベルモントパークでは5戦5勝。2着に最低人気のシルヴァーワゴン、3着サーシャックルトン、2番人気のフォレストデンジャー5着、逃げたラヴオブマネーしんがり6着。●G1ゲームリーBCH(ハリウッドパーク芝9F、3&up f/m):ミードミナが逃げ切りで重賞初制覇。馬主調教師がミードミナと同じでカップリング1番人気のソラーエコーが半馬身差2着。3着アモラマ、アイランドファッション8着。●G1シューメーカーBCマイルS(ハリウッドパーク芝8F、3&up):後方追走のキャッスルデールが差し切り勝ち。昨年のサンタアニタダービーに続いてG1・2勝目。半馬身差2着にキングオブハピネス、1番人気シングレタリー4着。●ローンスターパークのテキサスミリオンシリーズ、G3ローンスターパークH(8.5F、3&up):ハナ、ハナ、ハナの4頭横一線の大接戦を制したのはスパーブリッツ。2着クリプトグラフ、3着アブセントフレンド、惜しくも4着に1番人気ライオンテーマー。G3ウィンスターディスタフH(芝8F、3&up f/m):カトドガワンが勝って1番人気ヴァレンタインダンサー2着で人気2頭の決着。

本日の酒●琴似の焼き鳥やさんでめずらしく生ビール2杯。新千歳空港のプロントにて、「フィンカフリッチマン・カベルネソーヴィニヨン」と注文したら「フィンカフリッチマンは白と赤がございます」と言われたがプロントなのでご愛嬌。0度に冷やされたカベルネをフローズンされたグラスで確信犯的に楽しむ。というわけでサントリーがアルゼンチンから輸入のフィンカフリッチマン・カベルネソーヴィニヨン03。次回はシャルドネも飲んでみよう。帰宅しておとといの続きユーステンベルグ02(おととい03と書いたけど02でした)を2杯ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

もっと見られてもいいと思う

昼過ぎ東京競馬場へ。打ち合わせ、というか顔合わせとお願いだった。真ん中のスタンドが完成してからは初めての府中なので迷子になりながら探検。ホースプレビューは常にファンに見られているということで関係者にはあまり評判がよろしくないようだがピムリコ(だったかなあ)とかシンガポールなどのようにスタンドの中を通って本馬場入場する外国の競馬場に比べると見られる場所が少ないような。ファンにしてみればスタンドを通る部分はぜんぶガラス張りにしてほしいと思うかもしれない。ディープインパクトは出遅れというよりわざと慎重にそろっと出したんじゃないか。力の差を考えればむしろ好スタートで内に閉じ込められるよりもということだろう。4コーナーからはまるでナリタブライアンと同じ競馬。しかしオークスに続いて1、2番人気の決着とは。それでディープインパクトの複勝が110円ついたのだから複勝で大金勝負の人は喜んでいたことだろう。入場人員は増えたが売上げは伸びなかったらしい。終了後羽田へ。ぼくはJALだが同行の佐藤アナがANAで出発まで時間があったので羽田第2ターミナルを初体験してみる。時間が時間だけにレストランはどこも混んでいた。第1ターミナルに戻るときに試しに無料連絡バスに乗ってみたのだが第2→第1の移動の場合は国際線ターミナルを経由するので連絡通路を歩いたほうがはるかに早かった(と思う)。千歳は霧のため羽田に引き返すかもしれない条件だったが無事にほぼ定刻で到着。札幌東急インチェックイン23時近く。明日早朝より仕事にもかかわらずMさんNさんに1軒つきあっていただく。

競馬●ばんえいオープンはやはり人気2頭の決着。スーパーペガサスが積極的に最初に仕掛けたものの障害を最初にクリアしたのは障害巧者のミサキスーパー。しかしすぐにスーパーペガサスが先頭に立ちそのまま押し切った。サダエリコもゴール前でミサキスーパーをとらえるあたりはさすが。●内田博幸。大井6Rで早くも今年地方200勝。●金沢A1でホシオーようやく今シーズン初出走、逃げ切り。1馬身半差2着テイクファイヤー、テンリットルはまたも3着。センジュチカラはこのメンバーでは力が足りないのか6着。●2400mの香港チャンピオンズ&チャッターCは断然人気のヴェンジャンスオブレインが中団うしろ追走から3コーナー手前で仕掛け直線差し切り勝ち。香港ダービー、QEIICを含め5連勝。半馬身差2着ベストギフト、エイントヒア6着。

本日のワイン●羽田第2ターミナルのイタリアンレストランにて、香りがほとんど感じられないシチリアの白をグラスで1杯。すすきのの創作系居酒屋で白のボトルを1本。フランスの白でいちばん安いのを頼んだらルイ・ラトゥールだったのでほぉと思う。コトードアルデッシュというところのヴァンドペイでグラン・アルデッシュ・シャルドネ01。これは値段を考えればしっかりした味。コルクの抜き方がぎこちないが創作系居酒屋にしては店員がわりとちゃんと教育されているようで合格。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2005

小学生日記風土曜日

始発で帰るつもりが油断して寝てしまい始発3本目。うう。6時半就寝10時半起床。妻の友人来て昼からお食事当番。レタスとルッコラのサラダ。アサリの白ワイン蒸しパスタ。蛤で慣れちゃうとアサリではダシの出かたがモノ足りん。夕方2週続けてプール。気持ちいい。夕飯もお食事当番。長芋の梅風味サラダ。3日くらい前から無性に作ってみたかったハッシュドビーフ。デミグラスソースは使わずワインをドボドボ入れて油分はほとんど取り除いてさっぱりしたハッシュドビーフ。「チューボーですよ」を見て今度リングィーネでジェノベーゼを作ってみようと誓い就寝。なんか「朝起きて顔を洗ってご飯食べて学校行って…」っていうなんの主張もない小学生の日記みたいなダービー前日の土曜日。

競馬●欅S。テイエムアクションは重賞でもという勝ち方。エンゲルグレーセは直線の短い中山とかならまだまだ3連単とかで狙えそう。●G2ピーターパンS(ベルモント9F、3yo):先行した2頭の決着で勝ったのはダーレーのオラトリー、プルピット産駒。ステークスはこれが初出走。勝ちタイム1:46 1/5は83年にスルーオゴールドがマークしたステークスレコードを更新。73年マルボロCでセクレタリアトがマークしたトラックレコードに次ぐ歴代2番目のタイム。ベルモントSには登録してない。4 3/4馬身差2着にリバーブレート。1番人気の330万ドルのクールモア、チェーホフ4着。●月曜日のG1メトロポリタンHでゴーストザッパー復帰。

本日のワイン●ラングドックのベルクール・シャルドネ03。南アのユーステンベルグ03(訂正:02だった)。カベルネ56%、メルロー33%、シラーズ11%。ガシガシのタンニンと酸がニューワールドらしくておいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2005

噂のジャポネ体験

午前中。月イチではなくなったものの竹見さんち訪問。午後は地全協で打ち合わせというか顔合わせなのだがちょっと時間があいたので噂の有楽町「ジャポネ」に初訪問。昼時まっさかりなのでかなりの行列。最後方に並んでから食べ始めるまで40分近くかかった。食べたのは「ジャリコ」。たしかにうまい! 男性はみなさんだいたい大盛りを頼んでいたのでつられて頼んでみたがラーメン二郎級に満腹。しかしスパゲティだけとはいえ(カレーライスもあるが注文する人はいなかった)この種類の多さにもかかわらずチームワークで手際よく作って出していく様はお見事。これは必食ですよ>小太郎さん。と私信を書いてみる。地全協にて打ち合わせ経由で午後4時過ぎ出社。来週月曜日不在につき今週中にやっておかなければならない原稿などをひたすら。
今年はブリーダーズCを見に行けないかもしれない危機。ってか去年も行けるような状況じゃなかったんだけどぶっちぎって行ってちょっと迷惑をかけたかも。

競馬●ハイシャパラルが今年後半は初めて南半球にシャトルされる。ニュージーランドのウインザーパークスタッド。

結局終わらず会社泊始発帰りにつき本日休肝日。労せずして今週もノルマの週2回休肝日。いや苦労はしてるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2005

あさつきで発見

始発で帰宅。24時間営業の西友でヨーグルトと赤穂の粗塩を買う午前5時半。午後1時、昨日泣きながら(嘘)作成した書類を某所に持って行き相談。ちょい直し程度で通過してくれてとりあえずホッとする午後2時半。
夕飯にたまたま入った武蔵野うどんのお店で大発見。ひとりなのでカウンターに座ったら前にはひたすら「あさつき」を刻むおにいさん。なるほど!輪ゴムで束ねて切るのかあ。今までどうもあさつきってすぐにバラバラになっちゃって切りにくいなあと思ってたんだよね。さらに不揃いの細い先のほうを刻む方法もわかった!って、もしかしてこれって常識?
帰宅して午前1時の料理人。圧力鍋で定番入りしたミネストローネ。圧が下がる待ち時間を利用して小松菜のゴマ和え。以上2品。

競馬●名古屋アラブオープン。福山から移籍緒戦のモナクカバキチ4馬身差圧勝。●大井A2の準重賞。大外から2番手追走のスピニングアローが直線突き放して楽勝。中央から移籍後9戦目。おととしの北斗盃勝ち馬ペガサスホープ2着。1番人気チョウサンタイガーなんとか3着。タイキシェンロンは3コーナーから手ごたえあやしく4着。●ジョー・ウッダード調教師がチャーチルダウンズ競馬場で管理馬の出走機会連続8連勝を達成。これまでの記録は97年パトリック・バーン調教師の7連勝。●ウィルコが剥離骨折で今年いっぱいは休養。

本日のワイン●おとといのウルグアイワインの続き。ビーニャプログレッソ・リザーヴ・ピノノワール02。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 25, 2005

進歩がなく反省の日

役所に提出する書類作成。うぅ、涙が出るほどめんどくさい。そのほかいろいろと捗らず難儀。
福知山線の事故から1カ月。助かった人たちのその後の精神的苦痛は普通に生活している我々の想像の範疇をはるかに越えている。

競馬●札幌B3でオースミシュネルが勝って中央から移籍以来13戦して10勝目。●川崎の準重賞、南関A3B1中央1000万下交流は断然人気のインターセフォーが直線抜け出し。6連勝で通算では15戦10勝。戸塚記念だけ惨敗はなんだったんだろう。トミケンウイナー10着、フジエスミリオーネ11着。●川崎最終のC1。青森・盛田牧場産のモリアキが勝って02年2月しらさぎ賞以来の勝利。●トキノコジローは川崎に戻るらしい。●ソウルで行われているアジア競馬会議でJRAが07年には221あるグレードまたはリステッドレースのうち111レースを外国調教馬に開放すると。これってすでに発表されてる計画だったか?●英ダービー。ジョニー・ムルタの騎乗停止によって空きになっていたモティヴェーターの鞍上はダリル・ホランドになった。キアラン・ファロンはオラトリオのほうに乗る。

会社泊(というか始発帰り)につき休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

肉は賞味期限前日値引で買う

遅刻するほどではないが目覚ましをかけなかったのでちょっと寝すぎた。昼過ぎT出版O氏来社。頼まれた香港の馬券をとりに来たのと近況の情報交換など。夕方銀行とビックカメラに出かけ夕立に襲われる。
狂牛病武部の内政干渉発言。「私が内政干渉だと申し上げたわけではない」と国民世論に責任になすりつけかよ。
帰宅して午前1時の料理人。たまに利用させていただいているこちらのレシピで新ジャガと牛肉の煮物。新ジャガは薄味くらいでおいしい。

競馬●アジアマイルチャレンジが4レースになるらしい。●金沢7R。1、2番人気を含む3頭落馬で3連複、3連単ともに特払い。3連単はともかく3連複まで的中なしは珍しいのではないか。勝ったのはミスターヨシゼン産駒アラブのシルバーブレット。●川崎7R3歳特別はクラウンC5着のブルーマルゼン。父はマルゼンスキーの下オースミメダリスト、母はアラブ。1番人気ビービープライド2着。ハイセイコー記念以来の復帰戦エスプリフェザントは脚元が危ないのか離れた最後方でレースせず。●中央抹消のパレガルニエは川島正行厩舎だそうで

本日のワイン●めずらしいウルグアイのワイン。ビーニャプログレッソ・リザーヴ・ピノノワール02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

つくり過ぎ感満載

午後からN社にてミーティング。その後銀座に移動。洋風居酒屋にて新年度の顔合わせを兼ねた宴会。二次会まで行き11時前散会。例によってリビングの床に寝てしまい妻に怒られたのだが、銀座からの帰りはわりと意識がはっきりしていたのになぜ床で寝てしまったのか不思議。と思っていたのだがよく考えたら帰宅後にワインを2~3杯飲んだのであった。
プロジェクトX。ネタ切れで番組が終わるような噂を聞いていたけどただの噂だったのか。しかし最近はネタに窮しているのかあまりにも話をつくりすぎている感じがミエミエなのでまったく見なくなっていたが、やっぱりという感想。

競馬●川崎6Rに1/20所有のシェアコンサート出走。2番手追走して8着だけど勝ち馬からは0.7秒差なので次に期待。●プリークネスS。しかしこれでほんとによく勝ったよなあ、という写真

本日の酒●銀座で1軒目は飲み放題コースで白ワインと赤ワイン。2軒目は銘柄失念の栗焼酎をロックで1杯、お湯割で1杯。帰宅して最近のお気に入り安旨の白、コートドガスコーニュのドメーヌドプラントリュー・ブラン02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

正夢にはならず

3連単で400万だか500万儲けた夢を見た。しかし現実はきびしい。当たったのは押さえで買ったオークスの馬連のみ。昇竜Sも東海Sも2着抜け。
プリークネスの映像見たけど、アフリートアレックス落馬しなくてよかったねえ。しかしあれで立て直して勝つんだからケンタッキーダービーのレースぶりもそうだったけど力が抜けていると。
夜は妻の同僚おじょーと妻のいとこさっちゃんが来て2日連続お食事当番。レタスとルッコラと生ハムのサラダをさっぱりとレモンドレッシングで。蛤の白ワイン蒸しパスタ。ようやく思いどおりにできるようになってきた。白ワインをドボドボと惜しげもなくたくさん入れることと、アサリより貝が開くの異常に時間がかかるのと、パスタと混ぜる前に一旦貝を取り出しておく。覚え書きということで。あとは鶏肉のトマトソース煮。

競馬●ばんえい2歳戦。カップオー3連勝。●ばんえいオープン・レーシングC。人気のアンローズとトカチプリティーがほぼ同時に障害を越え、終始先行したアンローズがそのまま押し切り、トカチプリティー2着。このメンバーでは2頭の格が違う。アンローズは昨年の北見記念以来の勝利。●盛岡A2でカーム2着。ようやくこのクラスでもメドがたってきたか。●金沢・北日本新聞杯。先月デビュー7戦目でようやく初勝利を挙げたばかりのシャインカイザーが重賞初出走初制覇。グランドオペラ産駒。キクノサンデー2着、1番人気の高崎二歳優駿3着馬キザキノシアトルはここも3着。●高知C級選抜。ショウリノオタケビが勝って1番人気アクションアラート9着、イヴニングスキーしんがり11着。●佐賀・栄城賞。前々走で飛燕賞を勝ったダンシングスキーが逃げ切り。2着に人気を落としたカンモンカイキョウ。荒尾ダービー馬タマノダイキは1番人気で7着。●内田博幸土日東京で2勝ずつ計4勝。中京では吉田稔2勝、安部幸夫、宇都英樹、岡部誠、各1勝で名古屋の騎手が計5勝。って、すごい数字だよねえ。●G1愛1000ギニー(カラ8F、3yo f):前走英1000ギニー6着だった伏兵のSaoireが接戦を制した。短頭差2着に同16着だったペンケナプリンセス。英1000ギニー馬ヴァージニアウォーターズは8着、ダムソン9着。●G1タタソールズGC(カラ10.5F、4&up):昨年の愛ダービー馬グレイスワローが勝利。断然人気の凱旋門賞馬バゴは3/4馬身差2着。アザムール4着、ノースダンサー5着。●G1サンタラリ賞(ロンシャン2000m、3yo f):人気のヴァダウィナが4馬身差圧勝で3連勝。●G1イスパーン賞(ロンシャン1850m、4&up):ヴァリシールが勝ってアガカーン、アンドレ・ファーブル、クリストフ・スミヨンはこの日G1・2勝。エルヴストロームはここに出たのか2馬身差2着。ファーブル&スミヨンはアートマスターが4連勝でG3も勝利。こっちはジャドモントファーム。●G1イタリアダービー(カパネッレ2400m、3yo):伏兵のDe Sicaが勝利。マルコ・モンテリソ。1番人気のラモンティ2着。●G2シープスヘッドベイH(ベルモント芝11F、3&up f/m):フランス産でニューヨークではこれが2戦目の伏兵4歳馬ソバージュが好位から抜け出し。次走は7/2のG2ニューヨークH。

本日のワイン●カヴァはカステルブランチ・ブリュットゼロ。白は今日も「日本の地ワイン」シリーズで福島県大沼郡新鶴村収穫地ワイン・シャルドネ02。ニールエリス・シラーズ02。最後にベイリーズをロックで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

キャベツ料理三昧

昼前、車を車検に持っていく。夕方、妻と市内隣の区役所に併設のプールへ。ものすごく久々のプールで健康的に運動。
夜はお食事当番。先日NHK「きょうの料理」でやってたのがおいしそうだったので、めかじきを具にしたロールキャベツのトマト煮。どうも挽肉が入ったロールキャベツって好きじゃないのよ。だもんで作ってみたけどこれおいしいです。それと、キャベツと厚揚げのみそ炒め。

競馬●G1愛2000ギニー(カラ8F、3yo c/m):英2000ギニー5着だったドバウィが雪辱。同4着だったオラトリオ2馬身差2着。以下、デモラクティックデフィシット、レベルレベル。●G1プリークネスS(ピムリコ9.5F、3yo):アフリートアレックスが1番人気にこたえた。12番枠からのスタートで一旦下げ内に入れ直線先頭で4 3/4馬身差をつけた。2着スクラッピーティー、3着ジャコモ、4着サンキングで、逃げたハイリミットは5着。ハイフライ10着、ウィルコ12着。入場115,318人はレコード。●G2ディキシーS(ピムリコ芝9F、3&up):5頭立てブービー人気のクールコンダクターが断然人気アーティシラーの追撃をハナ差でしのいだ。ベタートークナウ4着。●G2シュヴィーH(ベルモント8F、3&up f/m):2歳時にフリゼットS、3歳時にテストS、アラバマSとG1・3勝のコロナドズクエスト産駒ソサイエティセレクションが勝利。次走は6/18のG1オグデンフィップスH。2 3/4馬身差2着にわずかの差で1番人気のデイドリーミング。●G2ラザロバレラメモリアルS(ハリウッドパーク7F、3yo):ステークス初出走で断然人気のストームウルフが6馬身差で逃げ切り。鞍上アレックス・ソリスはこの日5勝でプリークネスもアフリートアレックスが勝ったから「今日はアレックス・デイ」だと。

本日のワイン●「日本の地ワイン」山梨県甲府市玉緒地区収穫地ワイン・甲州03。いや、このシリーズはほんとにどれもすばらしいデキ。あと飲んでないのはマスカットベリーAだけ。すでに仕入れ済み。サッポロワイン・プティグランポレール・長野メルロー03。いやこれもとても1000円台とは思えないデキ。日本のメルロー個性的で好き。何がいちばん合うかってやっぱりきんぴらゴボウでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

地方競馬の連勝とは

笠松のエイシンシーマがデビューから16連勝を達成した。どんなレベルであれ勝ち続けるというのは厩舎関係者にとっての努力や苦労はたいへんなものであろう。しかしこれだけ勝ちつづけても最下級のC級なのはどうかと思う。所詮勝ち続けてもそのレベルの話であり、連勝記録として評価するのは難しい。だからこそ当然何の報道もされないのだが。地方競馬がその地方ごとに囲われた中でやっていた時代ならそれはそれでよかっただろう。しかし交流レースがさかんに行われ、情報も瞬時に得られる今の時代、いくら連勝したからといっていつまでも下級条件のままではその価値はいかほどのものか。何が言いたいかというと地方競馬の格付けは明らかに時代遅れになっているということを言いたいのである。そういう旧態依然とした地方競馬のつまらない部分にファンはみんな気づいているから離れていくのである。ドージマファイターの29連勝も、もちろんその記録自体はたいしたものだが、結局は栃木という囲われた中ですらいちばん上のクラスでレースをすることはなかった。脚部不安があったのも確かだろうが、新記録の27連勝がかかったレースの前はA2B1というクラスのレースだったのに、半年の休養でクラスを下げその記録はB2B3というクラスでのレースだった。意識的にクラスを下げていたのかどうかは話を聞いていないのでわからない。でも他地区に移籍したわけでもないのに勝ちつづけている中でクラスが上がったり下がったりするのはおかしいでしょ。そういうルールこそが地方競馬をつまらないものにしているんだよと、5年もたった今だから言ってみる。

ちょい早めの帰宅で日付変更線をまたぎながらの料理人。朝日新聞の「料理メモ」を見てミネストローネスープが無性に作りたくなった。しかし。帰宅した瞬間に痛恨のセロリ買い忘れに気づく。泣く泣く駅近くの西友まで戻り夜中にセロリ1本のみを買う四十男。トマトを多めに入れてみたがトマトの酸味が足りずトマトピューレを入れたらちょっと濃いけどおいしくできた。ミネストローネ定番入り決定。

競馬●G1ピムリコスペシャルH(ピムリコ9.5F、4&up):道中後方追走のエディントンが5 1/4差圧勝でG1初制覇。ポラーズヴィジョン2着、BCクラシック以来の出走となったファニーサイド4着、1番人気オフリーワイルド6着。●G2ブラックアイドスーザンS(ピムリコ9F、3yo f):今年2月にメイドンを勝ったばかりで1番人気のスプーンシュガーが勝利。フランク・ストロナック所有、アデナスプリングス生産、オウサムアゲイン産駒、トッド・プレッチャー、ジョン・ヴェラスケスはすべてゴーストザッパーと同じ。3 3/4馬身差2着にアールレディージョイ。ランウェイモデル4着。●G3ピムリコBCディスタフH(ピムリコ8.5F、3&up f/m):5頭スクラッチで4頭立て。断然人気のアシャドー逃げて2着敗退。直線で差し切ったのは地元メリーランド産で最低人気のシルマリル

本日のワイン●昨日の続きでルパラドー・コトードトリカスタン03。南アのバレラ・レッド03。これもおいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

地方競馬のイベント2題

相変わらず締め切りの迫ってない原稿はなかなかはかどらん。なんとか2本やって残り4本。
かしわ記念のときにご案内は出回っていたもののどこもニュースとかお知らせとしてリリースしないなあと思ってたらやっと出た。6月1日船橋競馬場でのベストドレッサーコンテスト。主催者(千葉県競馬組合)主導ではないので船橋競馬場のホームページにもいまだに載ってない。でもこういうイベントこそ盛り上げたいですね。グリーンチャンネルなどでおなじみのキャスターの方々も出場すると張り切ってた。ま、わたしにできることは野次馬になることくらいですか。それと、日本ダービー当日に大井競馬場では『TCKダービーインパクト』というイベントが。だったら大井でも日本ダービーの馬券を売れよというのがファンの正直な感想であろう。ディープな競馬ファンなら「大井では中央の馬券は買えない」という意識があまりにも当たり前になってるんで何も思わないかもしれないけど、たとえば外国の競馬関係者が見たら信じられないことだと思う。そういう本来なら当然行われてしかるべきことはちゃんと忘れないでおきたい。ま、それはそれとして、こういうイベントで中央と大井が連動するのはめずらしい。大レースに関連して他場で行われているイベント、たとえばJBCの本場以外の競馬場とか、のたぐいにはとっても興味があるのだがどうしても本場のレースを見に行ってしまうのでなかなか見る機会がないのが残念。

競馬●札幌・エトワール賞。9歳馬シルバーサーベルが5番手追走で最内から4コーナーで抜け出しこのレース3連覇。●園田1700mのS1は6番人気シンボリシャイアンが勝って1番人気ニューシーストリー2着だが7戦連続連対。

本日のワイン●南ローヌ・コトードトリカスタンというAOC、ルパラドー・シリーズのコトードトリカスタン03。たしかに花の香り。スーパーで半額になってた握り寿司にばっちりかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

やっぱり部屋にあった!

本日は浦和競馬でさきたま杯なので午前中は家で作業。区役所、銀行経由で浦和競馬場。ちょっと早めに着いたので場内散策。家からいちばん近い競馬場だけにメインレースだけ見て帰ることが多くあらためて歩き回ってみると以前と変わっているところとかそもそもぜんぜん知らなかったところとかけっこうあるものだなあ。まさに灯台下暗し。馬券まったく当たらず。香港シンガポールから負け続け。いや考えてみればオグリキャップ記念天皇賞春クラウンC(かきつばた記念は買わず)兵庫CSかしわ記念NHKマイルC羽田盃からずっとハズれている。いくら負けたんだろう。恐いので計算しないでおこう。夕刻、たまった原稿を片付けるべく気合を入れて出社。
すみのえさんのblogに釜山競馬場訪問の顛末が「釜山港へとっとと帰れPart1~5」で書かれています。おもしろいです。思わずカタールの競馬場に行って客が誰もいなくて不安になった経験を思い出した。「海外競馬」Vol.2に書いたので興味のある方はバックナンバーをご覧ください。
で、ようやく表題。シンガポールで紛失してきた携帯はほとんどあきらめていたのだが念のためと思ってホテルにメールで問い合わせたら、ぼくが泊った部屋にあったという返事がきた。ありがたい。てか、部屋を出るときに忘れ物がないかちゃんと確認したはずなのに気がつかなかったとは情けない。

競馬●浦和・さきたま杯。ブルーローレンスが逃げ切るかと思ったところ好位追走のニホンピロサートがゴール寸前でクビ差差し切った。2馬身離れた3頭横一線の3着争いはいずれも後方から押し上げた馬たちで実際に力があるのはこの3頭、トーシンブリザード、ノボトゥルー、ブラウンシャトレーという気がしないでもない。しかしこのさきたま杯というレースは過去にもロッキーアピール、レイズスズラン、アインアイン、セタノキングなど展開や騎手の好騎乗によって連対した馬が多くダートグレードでは日本一難解なレースのような気がする。●札幌のJRA認定をなかなかの好タイムで勝ったフュノンガルウはパーシャンスポットの仔。●ホッカイドウに移籍したバンケーティングがオープン戦で連勝。●笠松1600mの東海クラウンはフジノテンビーが逃げ切り。笠松に限ってはこれまで11戦負けなしで1番人気となったゼンノサンタアニタは半馬身差2着。移籍緒戦のタイガーロータリーは3着。●荒尾1400mのA1戦でトウショウゼウスが逃げ切って移籍緒戦を勝利。10歳のナリタホマレは1馬身差2着。

会社泊につき休肝日。今週も健康的に2日連続。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

夜中には食べないのよ

通常出勤で日常業務に戻る。といってもさすがに5日も空けると雑務がたまる。それを片付けるだけで夕方。そして某紙の原稿に夕刊フジ原稿など。
思ったほどはかどらず終電で帰宅。らでぃっしゅぼーやの野菜に葉ものが多かったので悪くならないうちにと午前1時の料理人。ほうれん草のゴマ和え。あの。一応誤解していらっしゃる方がいるかもしれないので断っておくと、こんな深夜に食べるために作っているわけではなく、あくまでも作り置きとか弁当のおかずとして作ってるので念のため。

競馬●15日、種牡馬ハウスバスターが死亡。18歳。17日現在死亡原因は不明。一時浦河イーストスタッドで繋養されていたが01年にアメリカに戻りニュージーランドやアルゼンチンなどにもシャトルされていた。

本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 16, 2005

人生初の携帯紛失

午前5時半起床。シンガポール9:45発のSQ012はなかなか離陸してくれず。直前で搭乗を取止めた客の荷物を降ろしてるとのアナウンスあり。爆発物を残していかないでくれよと不安になるが、今こうしてここに書いているので無事だったということ。30分ほど遅れの18時くらいに成田着。本日はそのまま帰宅。で、表題。シンガポールと香港を行ったり来たりしていてそれぞれ別の携帯を使っていたのだがその片方をなくしてきた。シンガポールのホテルに忘れてきた可能性大だが部屋を出るときひととおりチェックしたんだけどなあ。一応ホテルに確認のメールを送ってみるがたぶんダメだろう。ま、日本で使ってる携帯ではないので日常生活に支障がないのが不幸中の幸いと諦める。

さきたま杯予想
ストロングブラッドの取消は残念。かしわ記念を勝ったあとこのレースに登録してるから出るようなことは言っていたが予想外の勝利だったためあまり出たくなさそうな雰囲気だったので発表では跛行となっているが計画的取消のような気がしないでもない。というわけでG3なら59キロでもまず崩れない◎ノボトゥルー。気がつけば稼いだ賞金6億超。頭でなくあくまでも連軸ということで。かしわ記念は相手が強いからと出なかった○ブラウンシャトレーは明らかにここを狙ってきたでしょ。最近の岡林・張田コンビには逆らえんというのもあるし。力をつけた▲ヨシノイチバンボシ。以下、最近パッとしないが気性の難しい馬なのでどこかでまた走りそうな△ディバインシルバー、連覇を狙う△ロッキーアピール。◎○2頭軸の3連単マルチで水曜どうでしょう。

競馬●ケンタッキーダービーのスーパーフェクタ$864,253の的中馬券を探してくれた馬券売りのおばさん(シングルマザーで4人のお子さんがいるそうな)に$25,000の謝礼を渡したといういいお話

本日のワイン●SQのYシートにてリースリングを2杯。帰宅していただきもののラングドックのメルローを1杯半。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

香港→新加坡も快適

午前4時半起床。8時発のSQ001でシンガポール戻り。機内で読んだサウスチャイナモーニングによるとサイレントウィットネスのオーナーは安田記念には行かないと言ったのだがトニー・クルーズ調教師はブリッシュラックとサイレントウィットネス2頭とも安田記念に出走したいと。協議して火曜日には決めるらしい。
で、シンガポール航空国際Cのレース3時間半前の予想。新聞などを見るとアレキサンダーゴールドランとフェニックスリーチが人気だけど、そこまで調子が持続しているかと疑ってみて、去年のドバイデューティーフリー以来勝ってないけど今年はちゃんと調教師が気合を入れて来ている◎ライトアプローチから。連覇を狙う○エパロに、▲シーキングザダイヤもちょっと重い馬場で勝負になる。穴は地元の△ライトオブサクセスにアルゼンチンから移籍緒戦の△シャガデリック。

mummifyで、レース。エパロとスターオーバーザベイが併走して先頭で飛ばしシーキングザダイヤは3番手。直線に入ってエパロがバテるとそのすぐ外からフェニックスリーチ、内からアレキサンダーゴールドランが抜けて先頭に立ったものの、馬場の真ん中からママファイが馬体を併せるように伸びゴール前で差し切った。馬場がイールディングだったとはいえエパロが直線まで狂ったようなペースで引っ張り決着が2分5秒0。実はそれほど強くなかったエルヴストロームやマカイビーディーヴァにぜんぜん歯が立たなかった馬が勝っちゃうとは、オーストラリアの馬が勝てるレースの流れというのが確実にあると思う。それでも2、3着に来たフェニックスリーチとアレキサンダーゴールドランはやっぱり力はあったということで。さらに力の差はあったとはいえ普段のシンガポールの2000mのレースとはまったく違う流れで地元馬はターフェルが6着で最先着。シーキングザダイヤ7着。

競馬●ばんえい2歳いちばん上のクラス。2勝馬同士の対戦はマルミシュンキが勝って3連勝。2着テンカ。もう1頭の2勝馬キタノマンテン8着。●ばんえい3歳オープン。この重量では3強は蚊帳の外。600キロが人気どおり3着まで占めて勝ったのはカネサブラック。●ばんえいオープン・ポテト特別。1番人気スーパーペガサスを退けてサダエリコ強い。3着ミサイルテンリュウで2番人気グレートサンデーは9着。●盛岡3歳ダイヤモンドCは人気どおりの決着。トレジャーファンドが重賞初制覇でハナ差2着ウツミジョンソン。3着は6馬身離れてジェベルリーヴァ。●高知A選抜。マイネルフルークが勝って1番人気ストロングボスは2馬身半差2着。●G1プールデッセデプーリッシュ(ロンシャン1600m、3yo f):ディヴァインプロポーションズが5馬身差圧勝でデビューから7連勝。キングマンボ産駒。●G1プールデッセデプーラン(ロンシャン1600m、3yo):UAEダービーで惨敗したゴードルフィンのシャマーダルが芝に戻ればということで勝利。芝に限ればデビューから4戦全勝。クビ差2着インデサッチェル。●G2レジーナエレナ賞(伊1000ギニー、カパネッレ1600m、3yo f):1番人気のアルムタワケル産駒シルヴァーカップが勝って2戦2勝。鞍上マルコ・モンテリソ。●G1共和国大統領賞(カパネッレ2000m、4&up):1番人気の7歳馬アルティエリが昨年の同レース以来の勝利で連覇。

本日のワイン●今日こそ朝は飲まないと誓う。香港のSQラウンジでロバートモンダヴィ・プライベートセレクション・カベルネソーヴィニヨンを発見するが我慢。SQ001のCは当然昨日と同じワインメニューで飲まないつもり。が、食事前のドリンクサービスのときにチャールズエドシック95の栓を開けた状態で持ってきやがった。開けてしまったシャンパーニュなら飲まなければ失礼でしょ、ってことでついつい1杯。のはずが、グラスが空になると美人キャビンアテンダントがもう1杯たっぷりと注いでいきやがった。ありがたくいただく。というわけで2杯。ダメなワタシ。夕刻、競馬場オーナーズラウンジにて南アのツーオーシャンズ・セミヨン・シャルドネ03。夜は疲れ果て飲まずに早めの就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

18連勝ならずの瞬間

午前5時半起床。チャンギ空港のSQのラウンジにて朝からワインと麺。SQ860で香港へ。遅れずに到着してくれることを願う。
ほぼ定刻で12時過ぎ香港着。エアポートエキスプレスで九龍。タクシーで沙田競馬場13:45頃予定よりやや早めに無事到着。プレスパスもメンバーズ入口のところに置いてありありがたい。
Bullishコスモバルク。出遅れではないがタイミングが合わず中団うしろから。気合をつけて行ったら掛かって3コーナーで先頭に並びかける勢い。サイレントウィットネスはずっと手ごたえが楽だったのでそのまま勝つかと思ったらラチ沿いぎりぎりを回ってきたブリッシュラックがゴール寸前で差し切り。トニー・クルーズのワンツー。サイレントウィットネスはやっぱりスプリンターでマイルならブリッシュラックだと、そんなことを言ってたような。サイレントウィットネスはオーナーさんによると安田記念には行かないらしい。代わりにブリッシュラックが安田記念に行くと。コスモバルクはいくらサイレントウィットネスをマークと言われたからといってあのスタートで追いかけていくことはないだろう。というか一番やっちゃいけないパターンではないか。ちなみに勝ったブリッシュラックは4コーナーまで後方3番手だった。ジョッキーコメントとして「スタートで隣の馬に驚いた」とか「バルクには馬場が速すぎた」とかあるけどそれが敗因になるようでは、というかただの言い訳。天皇賞目標から急遽の海外遠征で準備不足もあったに違いない。コスモバルク10着。エレガントファッション、馬場は悪くならなかったが11着。
Elegant7Rのあとエレガントファッションの引退式。ちょっと歓声が上がったものの日本のようにそのために待ってるファンというのはほとんどいない。まあ香港の競馬はそういう文化ということで。
夜は入江さんがチェックして予約してくれた「同楽軒」へ。なんとこれが柏村さんの家の近くで一度行ってみたかったがなかなか機会がなかったということらしく、入江夫妻、柏村夫妻、わたしの5人で。けっこうな高級中華なのにワインが激安。ほとんど楽天価格ですよ、奥さん。というわけで3人で開けたのが下の3本。これ、普通レストランで飲んだらぜんぶで4~5万円はいくでしょ。それがどれも5~6千円だったので驚き。料理も薄味でワインを飲むにはいい感じ。フロア部長のサイモンくんが相当の競馬好き。なぜか菊花賞や有馬記念を知っていて盛り上がる。で、12月の再訪を約束する。さらに究極に想像をかきたてられるおもしろい客がいたのだがこれは現場にいた人以外にはまったく説明のつかない面白さなので割愛。その後日本人がやってる飲み屋さんでワインを1本。

競馬●シンガポール6R。高岡厩舎のスピーディーヒーロー勝利。今シーズン6勝目。●星G1ライオンシティC(1200m):スプリントチャンピオン、ナインティファイブエンペラーが5 3/4馬身差で圧勝。●G1ロッキンジS(ニューベリー8F、4&up):今シーズン緒戦のラクティ5馬身差で楽勝。やっぱりマイルは強い。あの京都でのレースはなんだったんだ。2着に最低人気のケープクロス産駒マックラヴ。エルヴストローム4着、グランドエンポーリアム7着、アントニウスパイウスしんがり8着。

本日のワイン●早朝SQラウンジにてドイツのリースリングを1杯。昨日機内で出されたのはおそらくこれに違いない。午後から取材なので機内では我慢しようと思っていたのだがCのワインリストにヴィンテージもののシャンパーニュがあり1杯だけ。チャールズ・エドシック95。正統派ブリュットでうまいっす。
「同楽軒」にて。ルイラトゥールのシャサーニュ・モンラッシェ01。シャンソン(CHANSON PERE & FILS)のジュヴレシャンベルタン01。ピーターレーマンのメントール99。日本人経営飲み屋さんにて、チリのシャトー・ロスボルドス04。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 13, 2005

ペラナカンを知る

定刻よりちょい遅れ午前1時半ごろチャンギ空港着。2時過ぎチェックイン。3時ちょい過ぎ就寝。4時起き。というか目をつぶっただけという感じ。調教見学に競馬場へ。といってもフェニックスリーチ、ライトアプローチ、エクスカリバーをちょいと見た程度。シーキングザダイヤも馬場を歩いているところを見た程度。なんだか競馬場まで朝飯だけ食いに来た感じ。とはいうもののラジオNIKKEI競馬実況ホームページに今年もご協力してるので。
ホテルに戻るバスが異常に時間がかかり申し込んでおいたペラナカン・ツアーにぜんぜん間に合わないと思ったのだがそっちも遅れていてタイミングよくホテルのロービーで合流。市内の博物館見学ののちカトン・ヴィレッジのお店へ。なるほど「ペラナカン」というのはかつて中国商人がこちらに住み着いてカネを儲けマレー人女性を娶ってそこから生まれた中国とマレーの混血文化だと、ちょっとシンガポールの歴史と文化についてお勉強。まあ金持ち趣味ですな(^_^;)
午後ちょっとシンガポールターフクラブに用事があり競馬場まで行ったりしたら結局昼寝の時間なし。とはいえ移動のバスや電車の中でちょっとずつは寝られたのでそれほどキツくない。夜はシンガポールターフクラブ主催のガラディナー。シンガポールに来ている日本のメディアの人々は多くが今日から香港に行っちゃってぼくも入れて6名ほどだったか。こんなにたくさん香港シンガポールをハシゴするとは思わなかった。で、リッツカールトンで400人以上はいたかと思われる盛大なディナーパーティー。これで温かい料理を出すには舞台裏は戦場だと思うがしかし、赤ワインのグラスが汚いっすよ。洗ってそのまま乾かしたという状態ならまだ許すが見た感じ洗剤が落ちてない。メイディッシュ近くにグラス交換と赤ワインを要求したがなかなか来ず。再度要求したら赤ワインはフィニッシュと。なくなっちゃうですか。どうりで隣のテーブルの現地L調教師が「赤ワインボトルごと持ってこい」と言ってたのに持ってこなかったはずだ。それとは関係なくメインディッシュ午後10時近くで11時半就寝は不健康だった。
そうそう。ホームページの情報によると4/29から始まっているはずの釜山競馬場での開催がやっぱり大幅に遅れてるらしい。模擬レースはやっているらしいが。最大1年くらいは遅れるかもという噂。ホームページくらいちゃんと更新してくれ>KRA。

競馬●大井2R。史上最高の1300万馬券。和田宗像達城ですか。母キミノキネンて、まさに馬券取った人は記念ですな。●大井・武蔵野オープンはチェイスチェイスの下で父ナリタブライアンのタカオライアン。6歳33戦目にしてオープン勝ち。●おお、金沢でも映像が見られるようになった。

本日のワイン●リッツカールトンのガラディーナーにて。シンガポールターフクラブご用達のウルフブラスの白と赤。おそらくウルフブラスでも安くはないクラスだけに白は青草の香りたっぷり肉厚のソーヴィニヨンブラン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2005

船橋競馬場経由シンガポール

船橋競馬場の千葉サラブレッドセールに行くため午前6時起床。のはずがどうにも眠くて寝なおす。ま、仕事というわけではないので。ちょうど公開調教が終わるころ到着。以前はセリ自体は両国市場に移動したり、1歳馬のみ両国でやったりしたのだが今年からぜんぶ船橋競馬場になってありがたい。今年はダーレーや社台ファームがけっこう上場してる上にJRAブリーズアップセールの売れ残りが出てきたりしているので購買者も多い。毎年規模が大きくなる感じ。社台とダーレーの上場馬がいるので当然だが全体の相場がだいぶ高くなっている。韓国の方々も来ていたらしいがおそらく予算オーバーで手が出なかったのだろう。JRAの上場馬(11頭で、うち1頭欠場)がぜんぶ売れていた。午後2時前終了でそのまま成田空港へ。SQ011シンガポール行きは19:10発だがカウンターが開く15:45を待ってチェックイン。飲み食いが充実しているSQのラウンジでメールとかネットのチェック。これから成田→シンガポール→香港→シンガポール→成田という移動で月曜戻りなので更新遅れたりするかも。

競馬●東京プリンセス賞。浦和桜花賞3着のテンセイフジが後方追走から3コーナーまくりで直線差し切る。石崎駿だいぶ安定して腕を上げてきた感じ。2着クリストサファイアも中団から。逃げたミライは3着。1番人気ヨウヨウ5着。●エリシオが北アイルランドに売却された。●左前脚の腫れであとの2冠回避と思われたベラミーロードだがベルモントSには出走できるかもしれない。●G2ダンテS(ヨーク10.5F、3yo):今シーズン初出走のモンジュー産駒モティヴェーターが1番人気で勝利。デビューから3連勝。1馬身半差2着にホーリング産駒The Geezer。●G3ミドルトンS(ヨーク10.5F、4&up):クールモアのオールトゥビューティフルが断然人気で勝利。

本日のワイン●SQのラウンジにてシャンパーニュ、ランソン・ブラックラベル・ブリュットを2杯。SQ機内にて。白はちょい甘のリースリング(かなあ?)を2杯。Yでドイツワインが出るのは珍しい。てか初体験。赤はミディアムボディのカベルネ(だと思う)。デザートでベイリーズを1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

驚異の単勝支持率80%

今週末はシンガポール香港なのでちょっと早めに家を出てさいたま市長選の期日前投票。ついでに自動車税を払おうと思い払込票を出したあとに財布を忘れてきていることに気づいた。朝、家のテーブルの上で「財布ここにあるのか、忘れないようにしないと」と思いながらも忘れたので情けなさ倍増。一旦家に戻り時間がなくなったのでそのまま出社。
夕方。早めに大井で一件打ち合わせ。で、羽田盃。シーチャリオットの単勝は元返しだろうと思っていたが、締め切り7~8分前に1.1倍が表示されるとその後一気に買いが入ったようで締め切り直前は1.0倍に戻ったばかりか2番人気トウケイファイヤーがなんと20倍を越えてしまった。最終的に単勝支持率80.9%。香港やアメリカのように1.05倍が保証されるならありえる支持率だけど、元返しのある日本で80%越えはなかなかありえない数字だと思う。結果。メイプルエイトとの叩き合いとなったがムチを一発入れただけで抜け出した。さて、東京ダービーではメイプルエイトの単勝をちょっと買ってみてもいいかと思ったけどどうでしょう。

競馬●羽田盃シーチャリオットは無理に行かず6番手から。あの位置から確実に勝てるのはやっぱり力が抜けている。内田博幸第1レースで落馬も本日も3勝。●福山競馬。第3回開催5/14,15,21,22,29開催中止。●G2デュークオブヨークS(ヨーク6F、3&up):伏兵のザキディーキッドが勝って重賞2勝目。ジェイミー・スペンサー調子いい。クールモアから離れてむしろ本来の調子が戻ったか。

本日のワイン●飲み残し処理。白はコートドガスコーニュのドメーヌドプラントリュー・ブラン02。赤は南アのベイヤーズクルーフ00。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

単勝元返しはやめようよ

午前7時半過ぎ就寝10時起床。目の前の原稿と雑務などで結局溜まってる原稿はほとんど片付かず。昨日からテンションもあまりあがらず。
夜は祝勝会ならぬ縮小会(^_^;)でL社と大久保の韓国家庭料理「梁の家」。行って思い出したけどこの店にはものすごく前に人に連れられて来たような。たしかに料理全部うまいっす。チヂミとか肉とか。予約しないと入れないだけのことはある。しかしこのあたりってアジア系の食べものやさん選び放題でいいなあ。その後終電近くまでカラオケ。
羽田盃はナイトスクールお休みということでシーチャリオットは落馬故障以外では負けないでしょう。しかし先月サイレントウィットネスで単勝1.05倍、複勝1.01倍というのを見てきたばかりだと単勝元返しって馬券を買う側からしたら萎えるよなあ。って、間違っても1.1倍はつかないよね。単勝元返しとJリーグTOTOの胴元半分取りは確実につまらなさを倍増してると思う。

競馬●山田信大大井10Rで通算1000勝。●大井準重賞のファーストレディー賞(1200m)。ブルーロバリーが最後方からの差し切りで去年の東京プリンセス賞以来1年ぶりの勝利。●ベラミーロード左前脚外骨腫(splint)であとの2冠は出られない。

本日の酒●梁の家にて、マッコリ。会社泊明けのマッコリはお決まりのドボンコースなので本日は気をつけながらチビチビと。カラオケにて麦焼酎お湯割を2杯。外飲みにしては珍しく極めて健康的な量。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

会社泊も機能せず反省

通常出社。本日来客4件。保険屋さん、税理士さん、銀行の営業さんと、直接仕事に関する打ち合わせは1件のみ。それも引き続き業務の確認程度。原稿たまってるのにはかどらず、新規開拓もできるような状態でなくあまり進歩のなかった一日。
たっぷりと原稿などが溜まってきたので今週末の遠征前にかたずけておこうと会社泊。しかし毎週の連載以外は締め切りが差し迫っているわけでもないので気合入らず。それに加え夕飯を食うタイミングを間違え日付変更線を越えるころ睡魔が襲いまったく使い物にならず。こんなことなら帰って寝るんだったという状態の無駄な会社泊となってしまった。
明け方、覚え書きということで自分で自分のブログを検索することもあり検索をつけてみたけど、今いち思いどおりにいかん。しかもブログ内検索がちゃんと引っかかってくれないみたいだし。ちょっと恥ずかしいけどとりあえずこのまま。

競馬●ばんえいオープン混合。ミサキスーパー今季初出走。障害を越えてから延々トカチプリティーと抜きつ抜かれつもゴール前できっちり差し切る。●番園一男調教師逮捕ですか。●ロンシャンで行われた2重賞をアンドレ・ファーブルとクリストフ・スミヨンのコンビが制覇。G2 Prix Hocquart(2200m、3yo c/f)はモンジュー産駒のハリケーンランG3 Prix d'Hedouville(2400m、4&up)は1番人気のリナミックス産駒フラカサント。●G1ビングクロスビーBCHを勝ってBCスプリント2着だったケラが引退。種牡馬としての繋養先は未定。●エルヴストロームが土曜日のG1ロッキンジSに出走。●英2000ギニー5着のドバウィは5/21の愛2000ギニーでフットステップスインザサンド、オラトリオと再戦。

会社泊につき休肝日。原稿ははかどらなかったもののシンガポール香港行きに備え連続休肝日で肝臓の状態は整った感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

韓国で国際騎手招待競走

NHKマイルCを見に行きたかったのだが来週末のシンガポール香港遠征を考えて家で過ごす。たまったメールの返事とか洗濯とか部屋の片付けとか。夜はプチお食事当番。ラム肉を冷凍庫に入れたままだいぶたつので、お土産にもらったインドカレーペーストで骨付きラムのカレー。肉自体はおいしいけど、煮込むとやっぱラム独特のちょっとくさいのが気になる。
ところで5/21,22にソウル競馬場で行われるらしい「インターナショナルジョッキー招待シリーズ」のプレスリリースがちょっと前に送られてきた。日本ではまだ発表されてないんでしょうか、どこでも見かけてないような気がするんですが。5/20~27のアジア競馬会議の期間中にあわせ、世界のトップジョッキー(といってもアジア・オセアニアだけ)5名を招待し地元のトップジョッキー5名とポイントで優勝を争う。韓国では初めてということらしい。ちなみに招待騎手はグリン・スコフィールド(香港)、中舘英二(日本)、マイケル・ケイヒル(と読むのかな?Cahillは。オーストラリア)、ラリー・キャシディー(ニュージーランド)、サイミー・ジュマート(シンガポール)。しかし釜山の競馬場はいつ始まるのかと思って韓国馬事会のホームページを久々に見たら4/29からやってるみたいだし、でもこのホームページって情報がほとんど更新されなかったり、プレスリリースがhotmailのアドレスから送られてきたりとか、よくわからん。

競馬●内田博幸土日で中央5勝。モエレエルコンドルの2400のレースとか、グリーンヴィガーの計ったような差し切りとか見るとやっぱすごいね。●ばんえい準オープンの大雪賞は最初に障害を越えたヤマノキャプテンが一旦は1番人気ツルマキシンザンに差されるもゴール寸前で差し返した。●内田博幸のいない大井で本日怪我から復帰の的場文男3勝。●金沢・ジェイティービー賞はエイシンクリバーン取消。高崎から移籍のベストサウンドが2番手から早め先頭、3馬身差勝利で移籍後2連勝、高崎在籍時から4連勝。2着サンコーキングで、テンリットル3着。●アラブ3歳の荒尾記念はミスターオリビエ産駒のワタリマサムネが重賞初勝利。1番人気スーパーコスモス4着。●アリゾナ州ターフパラダイス競馬場にて。ケンタッキーダービーのスーパーフェクタ(4連単)$864,253.50的中の馬券を買ったはずが見つからず。スーパーフェクタ50点、トライフェクタ50点とたくさん買ったものだからそのうちの2枚が発券機のよこっちょに落ちていて、なんとその1枚が当たり馬券で、翌日発見されてハッピーエンドというお話。なんたって1億円弱ですからね。●G2ダービートライアルS(レパーズタウン10F、3yo):ジェイミー・スペンサーのフレイカスが勝って3連勝。短頭差2着にアラヤンで、クールモアの1番人気グランドセントラル3着。●G3・1000ギニートライアル(レパーズタウン7F、3yo f):これが重賞初勝利のベルアーティストはバリードイルのコンビなんだけどオーナー&ブリーダーがミセス・アン・マリー・オブライエンって調教師の奥様なんでしょうか、初めて見ました。ジェイミー・スペンサーで3/4馬身差2着スカイハイフライヤーはこれで6戦1勝2着5回、しかも近4走の2着はすべて3/4馬身差以内だったり。

日曜だけどここのとこ飲み続けなので本日休肝日。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 07, 2005

大荒れのKYダービー

今日はちょっと涼しいかなと思っていたら旭川は積雪ですか。東京競馬場の新スタンドを見学に行こうと思っていたのだがちょっと寝すぎて時間がずれ込み断念。競馬のあと競馬ライターKさんと約束していたので飲みにだけ府中方面に出かける。1軒目、鹿児島料理屋。2軒目、府中に厩舎があったころからやってるという日本酒の店で客には関係者も多し。3軒目、何度か行ったことあるバー「アメリカン」。いろいろと情報交換で盛り上がる。しかしあれですな。府中で競馬の濃い話をするときは周りを気にしながらちょっとドキドキ。隣にいるのが関係者って可能性も少なくないので。特に開催日は。

競馬●荒尾3歳のつつじ賞。中央から移籍緒戦のテイエムマンボが初勝利。●リングフィールドのG3ダービートライアル(11.5F)をコングが、オークストライアル(11.5F)をキャシードラがそれぞれ制した。ともにジョン・ダンロップ調教師。●G1ケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ10F、3yo):単勝51.3倍のジャコモが後方追走から馬群を割って抜け出し重賞初勝利。2着に最低人気のクロージングアーギュメントで、エグザクタ($2に対して)$9,814.80、トライフェクタ($2に対して)$133,134.80、スーパーフェクタ($1に対して)$864,253.50はいずれもレコード。ちなみに単勝は歴代2番目の高配当。アフリートアレックス3着。人気のベラミーロードは3番手集団追走も4F通過45秒38ではいかにもハイペースで4コーナーで2番手に進出したものの直線で沈み7着。ハイフライ10着、バンディニはブービーの19着。ぶっちぎりで勝ってきた馬が何頭もいると、えてしてこういう結果かとも思うけどそれにしても荒れすぎ。入場人員156,435人は歴代2位。●G1ウッドフォードリザーブターフクラシックS(チャーチルダウンズ芝9F、3&up):最後方追走の伏兵アメリカアライヴが差し切り勝ちでグレード初勝利。1 3/4馬身差2着に2番人気のメテオストーム。1番人気パーフェクトドリフトはブービー9着、エートゥーザズィーはしんがり10着。●G1ヒューマナディスタフH(チャーチルダウンズ7F、4&up f/m):マイトラスティーキャットが勝利。馬主のカール・ポラード氏はチャーチルダウンズ会議のチェアマン。断然人気のマドキャップエスカペードは逃げたものの直線沈んで5着。●G2チャーチルダウンズH(チャーチルダウンズ7F、4&up):去年の香港スプリント8着馬バトルウォンが2番手から抜け出し。勝ちタイム1分20秒56は、コースレコード1分20秒50に迫る好タイム。1番人気ポメロイ3着、サーシャックルトン4着。●G3ホーソンH(ハリウッドパーク8.5F、3&up f/m):ジャコモでケンタッキーダービーを勝ったジョン・シレフス調教師の1番人気ハリウッドストーリーが2馬身半差で勝利。サイフォンハニー2着、ハウスオブフォーチュン3着、ケロケロしんがり7着。●ダーレーがドイツで種牡馬をしているタイガーヒルを購入。イギリスかアイルランドで繋養される。

本日の酒●1軒目。黒糖焼酎ロックに続いて生グレープフルーツサワー2杯だか3杯だか。2軒目。日本酒3合。3軒目。イタリアのグラスワイン2杯とバーガンディー(ブルゴーニュ)のモルト1杯。帰宅して続きのベイヤーズクルーフ00。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

月曜日のような金曜日

競馬終わって酒飲んでの翌日なので朝起きたときに一瞬月曜日かと勘違い。出社してWebの更新など。夕刻、あらたに紹介してもらう某所で打ち合わせ。その後その流れで居酒屋へ。異業種交流のような情報交換で終電近くまで。

競馬●船橋。ステルステクニックが内田博幸でA3、A2と連勝。単勝110円。●ダーレーのアイルランド産シングスピール産駒ディーナーパーティ、デビュー戦となった3歳未出走未受賞戦で6馬身差勝利。●シンガポール高岡厩舎ホンモノ勝利で移籍後2勝目。今年5勝目。4勝目からがちと長かった。スピードスプリンター惜しい2着。●G3ディーS(チェスター10.5F、3yo c/g):クールモアの1番人気ジプシーキングが今季緒戦を勝利。昨年10月のデビュー戦を勝って以来の連勝で英ダービーを狙う。短頭差2着にジェイミー・スペンサーのイムスパルタクス。●G1ケンタッキーオークス(チャーチルダウンズ9F、3yo f):2番人気のサマーリー逃げ切り。スティーブ・アスムッセンにジェリー・ベイリー。2馬身差2着にインザゴールドで、断然人気のシスシティは2番手追走も伸びず4着。オークスレコードの111,243人の入場。●G2ルイヴィルBCH(チャーチルダウンズ8.5F、3&up f/m):シャドウキャストが勝って昨年のケンタッキーオークス2着馬アイランドサンド1馬身差の2着。1番人気アルゼンチン産のスターパレード5着。●G3イーゴンターフスプリントS(チャーチルダウンズ芝5F、3&up):1番人気のマイティーボーが勝ってパット・バレンズエラ。●G3クラウンロイヤルアメリカンターフS(チャーチルダウンズ芝8.5F、3yo):写真判定ハナ差の接戦を制したのはレイドカフェ。2着ラッシュベイで、1番人気チャッタフーチーウォーは7着。

本日の酒●市ヶ谷の居酒屋にて、生グレープフルーツサワーに続いて銘柄失念の麦焼酎お湯割をひたすら。帰宅してベイヤーズクルーフ00、やっぱうまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

好天のかしわ記念

アジュディミツオーのお披露目があったので昼過ぎちょっと早めに船橋競馬場へ。いい天気で引き続き「普段もこのくらいお客さんが来てくれれば」状態。それにしても船橋に1万9千人はよく入ったなあ。パドックもメインの2レースくらい前から場所取りがたくさんいてメインのパドックのときはぎっしり。なんて風景は地方競馬ではひさしぶりに見た気がする。ってか、ゴールデンウィークでこのメンバーで客が来なかったらそれこそ絶望的なんだけど。馬券売場はかなりの行列で買えない人もいたんではないか。かしわ記念の売上げ6億3千万円。タイムパラドックスが追い込んでこられるような展開ではまったくの読み違いなので当たりません。終了後飯田橋に移動MASU MASUでいつものメンバーで飲む。成沢さんゆうじ、ぺん、沖野、南極、AT、きゃれら、わたしで以上だったような。さらに成沢さんと2軒目、メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ。飲み過ぎ。
今週木曜は夕刊フジ休刊日につき連載もお休みだった。せっかく欧米クラシックシーズンで先週末の英ギニーとか今週末のケンタッキーダービーとかネタ満載だったのに。というわけでKYダービーの予想をここに書いておく。前走後続をぶっちぎって勝った馬が4頭。17馬身半もぶっちぎったベラミーロードが1番人気だがそれぞれ映像を見ていちばん強そうな感じがしたのは◎アフリートアレックス。相手はわからん。とにかくアフリートアレックスということで。ただ騎手調教師ともに初出場らしいのでそれが大きな不安点。

競馬●かしわ記念。ナイキアディライトがハナでメイショウボーラーは3番手集団。厳しいペースになって内を突いたストロングブラッド内田博幸お見事。距離不足のタイムパラドックスも外から追い込みが決まる(2着)ような展開だった。あれで3着に粘ったナイキアディライトはさすが、アドマイヤドンはやっぱり全盛時より衰えを感じる。●ばんえい3歳の端午特別。最初に坂を越えたナリタボブサップが直線1度止まっただけで逃げ切り。スーパークリントンすごい追い込みで接戦の2着。1番人気スーパーロイヤルは2番手で坂を越えたものの伸びずに6着。カネタマルはやはりこの重量では勝負にならず。●ばんえいさつき特別。前走今シーズン初出走は4着だったスーパーペガサスが終始先行してそのまま押し切る。グレートサンデー2着、1番人気サダエリコ3着、ヨコハマボーイはゴール前で何度か止まって6着。●札幌・赤レンガ記念。1番人気バンブーボカが順当勝ちで重賞初制覇。スローンフォルクビ差2着、サンデーカロ4着、ビックネイチャー9着。●水沢・シアンモア記念は船橋から遠征で鞍上小林俊彦のタイキシェンロンが連覇。1番人気トニージェントは半馬身差の2着。●名古屋・駿蹄賞は人気3頭がハナクビと接戦の決着。笠松のミラージェネスが新緑賞から連勝で重賞4勝目。オーナーズチェス2着、中央から移籍2戦目で1番人気のスコッツデール3着。●兵庫大賞典ロードバクシン。重賞は3連勝で通算9勝。●高知アラブA1。エスケープハッチが勝って9連勝。●黒潮皐月賞はトライアルを勝っていたトップアオバが勝利。北海道認定勝ちの移籍組。宇都宮から移籍3戦目で1番人気になったキャニオンクール7着。しんがりトンチンカンはデビュー以来18戦0勝。●G3チェスターヴァーズ(チェスター12.5F、3yo C&G):ホーリング産駒でワールサンやルソーの近親ハッタンが勝って英ダービーへ。馬主も同じサイード・マナナ。半馬身差2着にクールモアの1番人気アルマイティでこれはサガミックスの下。

本日のワイン●MASU MASUにて。サッポロ・プティグランポレールの長野シャルドネ・シュールリー02。L'AUBEというところのヴァンドペイのピノノワール03。黒糖焼酎をロックで1杯。メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュにて。知らない作り手のジュヴレシャンベルタンをグラスで2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

リベンジ@鴨

妻の妹家族が泊りに来ていたので昼から鴨。3パックセットで買った残りの1つ。前回の反省をふまえて脂側を強火で焦がしたあと反対側は弱火で3分にしてみる。成功。やわらかく焼けました。もうちょっと短くてもだいじょうぶかも。覚え書きということで。
午後イチで新橋へ。ゴールデンウィークにつき全品10%引きになっている、ぼくがもっとも利用頻度の高いワインショップで普段飲みの安いワインを買い、池袋のユニクロでも買い物して、午後3時過ぎ出社。アグネスジェダイの狙いはよかったがプライドキム3着ではハズレ。Webの更新とか原稿とか。

競馬●兵庫チャンピオンシップ。好位追走のドンクールが直線抜け出して5連勝。あまり2着に着差をつけずとも勝ちつづけるところがこの馬の強いところなのか。アグネスジェダイはスタートでつまづきスタンド前で一気に進出。無理なレースをするなあと思ったがさすが小牧で2着に粘った。プライドキムはアグネスジェダイに行かれたところでリズムが狂ったか、ゴール前でもう一度差を詰めているだけに4コーナーで外に出したロスが痛かった。●ばんえい3歳牝馬の桜花特別。終始先行した1番人気エンジュダイヤが最初に第2障害を越え楽々と逃げ切り。●ばんえいオープン北都特別。先頭で第2障害をクリアしたスミヨシセンショーが逃げ切って今シーズン2連勝。前走取消で今シーズン初出走のサンデーブライアンがゴール前差を詰めたが惜しくも2着。●札幌フレッシュチャレンジでメイセイオペラの半弟カカオソルジャー(父エアジハード)勝利。●札幌・北斗盃。断然人気のアドミラルサンダーが直線先頭、クラキングレディーが差を詰め首の上げ下げになるがハナ差でアドミラルサンダーが残る。●川崎で1/20所有のシェアコンサート、C2の1400m戦で4着。●キジョージャンボが出なかったアラブの名古屋杯は1番人気エムエスオーカンが勝利。●佐賀A1A2A3でインターハイクラス8馬身差の勝利で22連勝。●エルヴストロームはヨーロッパで走るということでシンガポール国際航空Cは辞退。●ベルモントパーク100周年で春開催のオープング、G3ウエストチェスターH(ベルモントパーク8F、3&up):トップハンデのガイジスターが勝利。ベルモントパーク得意でこれで6戦4勝。次走は5/30のG1メトロポリタンHか6/11のG2ブルックリンH。1 3/4馬身差2着にスウィングフォーザフェンセズで、1番人気ヴァリュープラスは大きく離された3着。●えっ!ローゼスインメイが来春から日本で種牡馬入りするの。サンデーサイレンスと同じヘイローのラインに期待してるということだけど、どこが買った(正確には80%以上の権利を取得)したかは書いてないなあ。今年の予定はホイットニーHからBCクラシック。文中で「Mikki Psuge」となってるのはTsugeの間違いで柘植さんですね。

本日休刊日。昼に赤1杯飲んだけど許されて(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2005

フレッシュオニオンスープ

いろいろやること多く休んでるわけにはいかん、ということで通常出社。とりあえずやることをやって夕刻川崎へ。クラウンC程度の重賞なら人は少ないだろうと思っていたのだが世間はゴールデンウィークであった。今の地方競馬の状況から何度でも口にしたくなる「普段もこのくらいお客さんが来てくれれば」という感じ。焼きそばも長蛇の列なのだがやっぱり並んで焼きそば。昼間、会社で気がつけばかきつばた記念の締め切り10分ほど前で投票あきらめ▲◎馬連複16.7倍を逃し、それではクラウンCで取り戻そうと意気込んだが見事にハズして絵に描いたような空回りの展開。
帰宅してお料理。というかちょっとした実験。スーパーなどに新玉ねぎが並ぶ季節で「甘くてみずみずしいのでサラダに最適」のような売り文句。さてこれをオニオンスープにしたらどうなるんだろうかと思ったわけで表題。スープが甘くなるのか、それともみずみずしいってことはコクのないぺらっぺらなスープになるのか興味があったわけ。水分が多いからなのか炒めてもなかなか飴色にならず。ちょっと長めに炒めてようやく肌色っぽくなるのが精一杯。で結論。甘いっちゃ甘いような気がするけど、コンソメ使ったりブイヨン使ったり塩コショーの量がいいかげんだったりとそのときどきで味付けが違うので正確な比較にはならん。ま、少なくとも新玉ねぎだからダメということはまったくない、というのが結論。

競馬●かきつばた記念ヨシノイチバンボシが2番手から抜け出し。ノボトゥルーがゴール前迫って2着。59キロでも確実に賞金をくわえてくる。断然人気のユートピアは3コーナーで後退、外枠が厳しかったか。●ばんえい・すずらん賞。カゲシュウホーが直線半ばで差し切り。ニシキダイジンが2着に粘り、最初に障害をクリアしたタケタカラニシキは末脚をなくし3着。1番人気アオノキセキは見せ場なく8着。●ホッカイドウのフレッシュチャレンジは2レースとも馬主「モエレ」桑原調教師五十嵐騎手。シャンハイ産駒のモエレタイムオンとアルカング産駒のモエレヤマト。●札幌オープンの1700m。川崎から移籍緒戦のビコーアファイアが直線差し切り勝ち。中央から移籍2戦目で1番人気のカサロス2着。高崎から移籍緒戦のサンクスメモリー出遅れて5着。宇都宮から移籍2戦目のヤマヨダイナミック7着。デルマキングオー競走中止。●水沢A1の1800m。ホッカイドウから移籍緒戦のカミスドリーム勝利。エアウィード2着で1番人気マツリダブロッコ3着。●高知1800mのA選抜は人気馬総崩れ。大井から移籍4戦目のパワフルヒッターが勝って、イブキライズアップ4着、ナイキアフリート6着(追記:8、5、3番人気の決着で3連単3,212,150円は高知最高配当更新。的中1票)。●高知C選抜に出走予定だったイヴニングスキー取消。●佐賀1800mのA1A2A3。大井から出戻り緒戦のマキノヒットが6馬身差圧勝。●川崎・クラウンC。最終的には2番人気だった3戦全勝のキンセイブレイドはハイペースの逃げで3コーナーで後退。結局は中団から後方にいた馬たちが差してきてブラウンコマンダーが勝ち、ゴール前競り合ったブレットトレインがクビ差2着、最後方追走のエフケータイガー3着で4、9、5番人気と波乱の決着。1番人気ワタリファイターはわずかに届かず4着。このメンバーで東京ダービーで勝負になるというのはいない感じ。●ハリウッドパーク競馬場が閉鎖された場合、マイク・ペグラム氏とボブ・ルイス氏が共同でロスアラミトス競馬場でのサラブレッド・ミーティングの事業を行うという計画あり。

本日のワイン●南西地区ヴァンドペイド・コートドガスコーニュのドメーヌドプラントリュー・ブラン02。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 02, 2005

ワインが燃料になる

すげえ。もったいないというかなんというか。旧態依然とした伝統ばかりを重んじて新興勢力に押されまくりの結果。つまり時代の流れについていけなかったってことでしょうか。その前に値段に見合わないワインしかつくれないところが淘汰されたりだとか、生産調整したりだとかということにはならなかったんだろうか。

競馬●名古屋A4。豪産のエンドスウィープ産駒ナシュータックが4馬身差で勝って地方に限れば10戦全勝。●北米の03、04年の勝利数、獲得賞金でリーディングオーナーとなったマイケル・ギルが競馬ビジネスから撤退と。競馬場のオーナーがレースを操作しているだとかいろいろと。リーディングなのにエクリプス賞に選ばれないというひがみもあるんじゃないかと。●ケンタッキーオークスの期待馬シスシティーを管理するリチャード・デュトローJr.調教師が過去2年間における3度の違反行為で6/1から120日間の調教停止を言い渡された。実際には今年一杯の60日間に短縮されるかもしれないという猶予あり?●VISAは北米3冠スポーサー契約を来年は更新しないことにした。来年からはケンタッキーダービーのみのスポンサーとなる。

かしわ記念予想
◎メイショウボーラー
○ナイキアディライト
▲タイムパラドックス
△アドマイヤドン
△ゴシップコラム
地方の中でもわりと時計の出やすい馬場だし勢いでメイショウボーラー断然。ナイキアディライトは休み明けの前走逃げ切りで好調。メイショウボーラーに競りかけていくということもさすがにないでしょうから得意のこの距離なら。タイムパラドックスは距離不適も最後だけ追い込んでくるとか。アドマイヤドンはダートに戻ってももうピークは過ぎてるような。ゴシップコラムは山田だしぜんぜんレースに関係ないところから突っ込んでくる可能性ありで3着固定。

本日のワイン●残り物をかたずける。シャトー・オーバージュ・アヴルー。ニールエリス・シラーズ。ちょっと足りない感じだったのでニューボトル抜栓、ステレンボッシュのベイヤーズクルーフ00(カベルネ80%、メルロー20%)。うちもニューワールド率高い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

ん~、鴨焼きすぎた

久々のジョギング別所沼公園2周。そして久々に終日家で過ごす。天皇賞。去年は「もう一度やり直してくれ」と思ったが今年はなるほどという内容。同じ大荒れでもレース内容によって感想はぜんぜん違う。スズカマンボもビッグゴールドもヒモとしては買えてもあの組み合わせは持ってないという人が多かったんではないか。って、どっちもぜんぜん買ってないんだけどさ。その裏で柴山この土日で3勝。3月デビューですでに21勝、全国リーディング17位はすごい。関東所属でローカル中心に乗るというのがいい展開。
夜は妻の同僚おじょーと妻のいとこさっちゃんが来て、これまたかなりお久しぶりねのお食事当番。生ハムとレタスとミツバのサラダをバルサミコドレッシングで。「キャプテンマスト」で購入のわら焼きトロカツオタタキ背節・腹節セット。へー、背節と腹節ってたしかに味が違うのね。例えてみると、背が赤身、腹が中トロって感じかも。たしかにわら焼きは臭みがなくて美味。「餃子の王国」海老餃子。これはかなりオススメ。そして成沢さんちにおじゃましたときにごちそうになり教えてもらった「キャプテンマスト」の鴨(マグレドカナール)フォアグラ。鴨はちょっと焼き過ぎたのが残念。でもおいしい。楽天率がとっても高いお食事(^_^;)

競馬●東京8R500万下(ダート1400m):スペースウーマン4コーナー最後方から見事な差し切り。東京の長い直線ならということで覚え書き。●天皇賞。スズカマンボはシンガポール選ばれなくてよかったなあという結果でしょうか。グランド牧場さんめでたいG1初勝利。●福山桜花賞。アポロセンスイとラピッドリーランが後続を引き離してのハナ争いで結局この2頭はブービーとしんがり。離れた3番手追走のスイグンが向正面先頭で単勝110円にこたえ貫禄勝ち。後方からスイグンを追い上げたユキノホマレが2着で半馬身差だがスイグンは着差以上の楽勝。●内田博幸4月末日までで今シーズン地方競馬164勝。ドバイで一瞬いなかったことを考慮すれば年間500勝ペースを維持。怪我とか騎乗停止にならないことを願う。●G1英1000ギニー(ニーマーケット1マイル):前走レパーズタウンの1000ギニートライアルを勝ったヴァージニアウォーターズが勝ってクールモアとキアラン・ファロンがギニー連勝。父キングマンボ、母父サドラーズウェルズでエルコンドルパサーと同じ組み合わせ。この結果を見るとジェイミー・スペンサーは疫病神だったのかという感じだけど個人的には応援してるので。2馬身半差2着に1番人気のメイズコーズウェイ。惜しくもジャイアンツコーズウェイ産駒の両ギニー制覇はならず。ゴドルフィンのサティンキス17着。●G2ジョッキークラブS(ニューマーケット12F、4&up):1番人気のアルカーセドが勝って重賞初勝利。2着ガマト、3着バンダリ、4着ワールサンで人気順の決着。●G3ダーリアS(ニューマーケット9F、4&up F&M):タルファーが勝って重賞初出走初制覇。この日のニューマーケットのグループレースは3つともキングマンボ産駒が勝った。●G2 Gerling-Preis(ケルン12F、4&up):ドバイシーマクラシック3着だったコリアーヒルが1番人気で勝利。●G3レールバードS(ハリウッドパーク7F、3yo F):またまたパット・ヴァレンズエラでショートルート。1番人気のインスパイアリングがクビ差2着。

かきつばた記念予想
◎ノボトゥルー
○ユートピア
▲ヨシノイチバンボシ
△シンドバッド
△ディバインシルバー
ダートG3は常にG1勝ち馬のプラス3キロで悩むところ。ヨシノイチバンボシはグレードでも大崩れしない。シンドバッドは去年のサマーチャンピオンしんがり負けのあと休んで復調。ディバインシルバーはさすがに全盛時の勢いがないので押さえまで。レマーズガールは名古屋大賞典2着だがこのメンバーだと厳しい。距離も不適。消去法でいくと結局G1馬2頭が残る。

兵庫チャンピオンシップ予想
◎プライドキム
○アグネスジェダイ
▲ドンクール
△ダイワキングコン
G2らしいメンバーが揃って当たり前の予想だけど中央馬の中でどう順番をつけるか。プライドキムは園田と川崎の印象が強いのでここでも。むしろ馬券的にはいちばん人気のなさそうなアグネスジェダイを鞍上小牧で狙ったほうがおもしろいかも。グレートステージはさすがにこのメンバーでは。

本日のワイン●日本の地ワインシリーズ、山梨県甲府市玉緒地区収穫スパークリング地ワイン・白(甲州)、うまい!。ルイジャド・ブルゴーニュ01の白、期待したほどでもないなあ。ちょっと余ってたティエラ・デル・フエゴ・ホワイト02。オーボンクリマ・サンタマリアヴァレー・ピノノワール02。ランシュバージュのセカンドでシャトー・オーバージュ・アヴルー01、飲みやすくてよいボルドー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »