« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

2月もおしまいで焦る

早起きして大宮の国外免許センター。開店直後に国際免許更新。有楽町のユナイテッドで木曜日のドバイ行き無料航空券発券。なんとかCで行けないものかといろいろと条件を交渉するもすでに空きはなく結局最初に予約したままのタイ航空のYでバンコク経由。一旦出社して午後はメインバンクの信金で手続き。とにかく時間がない。帰社。月刊としては最後になる「ハロン」の編集とか原稿書きとかをひたすら。先週木曜日にドバイのホテルにファックスした予約の返事がこないなあと思っていたら、当方のファックス番号に通常の電話の番号を書いていたことが発覚。焦る焦る。
いつもの終電ひとつ前で帰宅。ゴボウがしなびかけてちょっとふにゃふにゃになってたので午前2時近くに格闘。きんぴらゴボウ。

競馬●川崎で1/20所有のシェアコンサートの復帰戦はブービー。まあ予定どおりということで。●川崎3歳オープン。ブックオブケルズは3番手追走も3コーナーで手ごたえなくなり9着大敗。勝ったメイプルエイトは船橋移籍後4連勝。1番人気ビービーレアルは2馬身差2着。●川崎・野崎武司、本日10Rがラストランで引退。●佐賀の3歳戦。馬名的にちょっとだけ注目していたコッカケンリョクがようやく初勝利。と思ったら3着はカリブソングだし(^_^;)。●マイネルセレクト、ドバイやめて黒船賞ですか。●イピトンビの初産駒が25日にニューベリーのハイクレアスタッドで誕生。父サドラーズウエルズの牡。

本日のワイン●ほんのちょっとだけ余ってたルイジャド。だいぶ前にあけてこれもちょっと余ってたサンデマン・ルビーポート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2005

バランスオブゲームに感謝

ものすごくひさびさに近所の別所沼へジョギング。運動は気持ちいい。本日は家で競馬を見ながら粛々とお仕事。バランスオブゲームの単勝で少し儲かる。欲を言えば3連単ではなく馬連か馬単にしておけばもっと儲かったのにぃ。それにしても休み明けは走る。祝勝会参加したかったなあ。で、お仕事は編集とか原稿書きとかもろもろ。進むには進んだが目標すべては終わらず時間切れ。というわけで本日のお食事当番は非番。飲んで食べるだけ。妻の当番。長芋の梅肉あえ。サニーレタスと生ハムのサラダ。まぐろのユッケ風。骨付きラムの香草焼き。

競馬●ばんえいオープン。ばんえい記念3着だったヨコハマボーイ貫禄勝ち。来シーズンが楽しみ。●佐賀A3特別でインターハイクラス勝って18連勝。●香港スプリント3冠の2戦目センテナリースプリントCをサイレントウィットネスが勝って無傷の15連勝。3冠目の4/3チェアマンズスプリントプライズの次は、距離を1400mに伸ばして4/24のクインーズシルバージュビリーを予定。2馬身差2着にカントリーミュージック、3着マルチダンディでトニー・クルーズ厩舎3着まで独占。オーストラリアS勝ちから中7日で臨んだケープオブグッドホープは5着。●アブダビ開催。純血アラブ芝1600mの2勝未満という条件に前走シェイク・ハリファ・トリプルクラウンの第2戦で2着だったアルジャービーの出走は反則でしょう(^_^;)。たしかに1勝しかしてなかったけど。当然楽勝。

本日のワイン●南アのニールエリス・シャルドネ02。赤はルイジャドのブルゴーニュ00。恥ずかしながらわたしの浅いワイン歴ではルイジャド初体験。この価格帯でコルクが予想以上に長いのにびっくり。ブルゴーニュ著名ドメーヌのお手ごろ価格の赤ではグロ一族よりこっちのほうがぜんぜん好み。あくまでも個人的覚え書きということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

クールモア専属はファロン

5時半に一度目覚め歯を磨いたりして寝なおし。結局9時まで寝てしまう。少々仕事など。チェックアウトの時間に間に合わず延長。むしろ飛行機の時間にはちょうどいい。旭川駅前から空港行きのバス停は長蛇の列。こんなに乗れるのかと思ったのだが補助席は使えずぼくも含め立ったままの人がたくさんでなんとか乗れる。こんなに混んでるのは経験ないなあ。まあ週末に旭川から東京に帰ることなんてたぶん初めてだからかも。東京地方はけっこう風が強かったようで、滑走路はもうすぐそこというところでいきなり急上昇。着陸やり直しで到着が10分ほど遅れ。
妻と天王洲アイルで待ち合わせ。とあるバーゲンに寄ったのち渋谷へ。スーパーサイズミーを見る。最近はファストフードを食べるときは何か罪悪感のようなものを感じていたのでなるほどという内容。しかし映画だとあらすじだけを見せられたような感じで、こういう内容ならちゃんと本になってるのを読んでみたいような気がする。そう感じてしまうのはぼくが単に映画全体にあまり興味を持てずに映画館には年に一度行くか行かないかという思考だからかもしれん。

競馬●高知D級特別でイヴニングスキーが勝って通算39勝目。サラブレッドの最多勝記録はブライアンズロマンの43。軽種馬の記録はニホンカイキャロルの46。でよかったでしょうか?●サンタアニタ7ハロンのG2サンカルロスHは、2番人気8歳セン馬のヘイスティクリスが好位から直線で差し切り。半馬身差2着にハーバードアヴェニュー。半年ぶり出走のチョクトーネイション4着、1番人気マスメディア6着。●ガルフストリームパーク牝馬9ハロンのG3サビンSは、チリで3歳時にチリセントレジャーなどG1・4勝を挙げたイソラピウベラが北米移籍後2戦目でステークス制覇。トッド・プレッチャーとジョン・ベラスケスのコンビ。次走は3/26のG2ランパートH。●タンパベイダウンズ3歳8.5ハロンのサムF.デイヴィスSは、1番人気のアンドロメダズヒーローが勝利。フサイチペガサス産駒。●キアラン・ファロンが予定を早めてアメリカから帰ったのは、なんだやっぱりバリードイルの専属として契約したんじゃん。

本日のワイン●渋谷で入ったパスタ屋さんでグラスの赤を1杯。帰宅してメルシャンの日本の地ワインシリーズ、長野県塩尻市桔梗ヶ原地区収穫地ワインのメルロー01。このシリーズけっこうおすすめ、特に新鶴シャルドネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

寝不足の夜、旭川にて

6時15分起床。雪で電車とか飛行機が止まっていたらどうしようかと思ったのだが夜中に雨に変わったようで積もった雪はけっこうとけていた。羽田空港などは雪はほとんど降らなかった様子。で、旭川へ。来年度に向けての新規お仕事の打ち合わせ。夜はCB社の方とサンロクの居酒屋さん。寝不足が続いていたので途中で寝てしまう。申し訳ない。

競馬●ナドアルシバ開催。純血アラブ芝1200mのバニヤスは、またまたシェイク・ラシッドのワンツー。マクトゥームチャレンジR1を制したヴェルテ(Velte)が年明け3連勝。連覇のかかったビッグイージーは半馬身差2着。●芝1777のバランシーンは南アのムーンダズルが制して今シーズンドバイで3戦1勝。騎手はジョニー・ジェラディス。マイク・ドゥ・コック調教師は昨日に続いて連日の重賞勝ち。●3歳ダート1700m戦。イタリア産南ア調教で前走UAE2000ギニー13着だったベクルー(Becrux)が圧勝。UAE2000ギニー2着だったジプシージョニーは5着。●芝2000m戦でシンガポール調教馬Terfel(ターフェル?)がドバイ3戦目で勝利。ダニエル・マーフィー調教師。●ジャパンCにも出走したオールアロングが2/23に死亡。26歳。フランス産で83年の北米年度代表馬となり、スリーチムニーズ・ファームで繋養され2年前に繁殖を引退していた。●今週日曜日のセンテナリースプリントCに出走予定のサイレントウィットネスの公式ホームページができた。●ケン・マクピークがブラジルで無敗のG1馬ダーバンサンダーをトレード。UAEダービーを狙う。

本日の酒●サンロクの居酒屋にて。旭川ということで鍛高譚にしようかと思ったが同じメーカーから美瑛産じゃがいもでつくったという伍升譚というのがあったのでそれにする。続いて鍛高譚。4人できっちりボトル2本空く。ホテルに戻る途中懲りずにコンビニで1/4ボトルの安ワインを買ってしまう。カリフォルニアの赤でカルロロッシ。先週の帯広に続いてコップにちょっとだけ飲んだところでいつのまにかベッドで寝ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2005

3月は2度のドバイ行き決定

ただでさえ例年のこの時期とは違ってやることが多いのに、迷いに迷った末、3月5日のドバイ取材を決断するに至った。ゆえにテンパッた状態がけっこう極限まできた感じ。多くのスポーツ紙などではアジュディミツオーが3/5のマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3を使ってドバイワールドカップと報じているが、今現在のところは現地についてからの様子を見て、ということらしい。いやそれは実は表向きで、関係者の間では決まっているという可能性もないではないが、ぼく個人の予想としてはたぶん使わないんじゃないだろうかと思っている。ではなぜ無理して行くのかというと、以前からドバイワールドCというお祭りではない、スーパーサタデーという前哨戦も見てみたかったし、「行かなくて後悔するなら思い切って行ったほうがいいんじゃない」と、ある人から背中を押されたということもあり……。というわけで、この件に関する仕事の依頼は喜んでおひきうけしますのでよろしくお願いします>関係者各位。
アジュディミツオー情報はこちらでも。
いつものとおり終電ひとつ前。池袋はみぞれから雪に変わろうかという状態だったけど、さいたまはすでに本格的な雪で一面真っ白。野菜が溜まってきた。本日は午前2時前の料理人。ほうれん草と油揚げの煮びたし。

競馬●内田博幸本日も4勝で今年81勝。すごすぎ。●笠松・東海クラウンでフジノテンビー勝利。8ヶ月ぶり。●ナドアルシバ開催。芝1777mのG3アルラシディヤは、南ア産の南ア調教馬ウルフホイッスルが前走の同条件のレースから連勝。マイク・ドゥ・コック調教師は昨年のライトアプローチに続いての連覇。短頭差2着にシェイク・ハムダンのシェイキス。そのほか、ノルウェー調教馬とか、マカオ調教馬とかが勝ったり。両方とも騎手はマーウィンで、アルラシディヤもあわせて本日3勝。シェイク・ラシッド所有馬もダート2000m戦のアフガンほか本日3勝。

本日のワイン●ここのところ外飲みが多かったので久々のワインは先週の飲み残し。アラルディカ・ピエモンテ・バルベーラ03。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2005

競馬場ヤキソバ30回目

午前6時半起床。埼京線の通勤ラッシュで池袋へ、気合が入りすぎて早く着きすぎ。ロッテリアで新聞読みながら時間つぶし。郵便局が開くのを待って印紙購入。某役所へ。夕方は4時までしかやってないくせに開くのは9時半かよ。ちょっと待たされた上に役所的難癖をつけられあえなく出直しとなる。書類を作成していただいた某事務所の方に話すと「そんなとこには行かないほうがいい」と言われ、代わりに日本橋の役所に足を運んでくれ、無事に手続き完了。ありがたい。まだ第一段階だけど。
そっこーで「夕刊フジ」原稿を書いて船橋競馬場へ。重賞ということもあるけど主たる目的は今回が最終回のヤキソバ取材。これで30回目。よく食ったもんだ。ネタが尽きかけてたのでタイミングとしてはちょうどいい。まだネタが残ってる可能性があるとすれば、一度しか紹介してないけどけっこうそれなりの食い処がありそうな荒尾と、ヤキソバのコーナーがはじまってからは一度も行ってない姫路くらいか。
帰社してひたすら原稿と編集作業。可能な限り前倒しでやっていかないと身動きがとれなくなりそうなのに加え、2月は28日までしかないのが追い打ちをかける。

競馬●船橋・報知グランプリC。締め切り5分ほど前で1.6倍とはなんでそんなに人気になるんだろうと見ていたベルモントストームだがやっぱりという結果。最終的には3.8倍で3番人気だった。ジーナフォンテンが好位から抜け出して直線で突き放す。マイナス17キロがどうかと思ったがここは勝負だったのか。●船橋最終レースのC1。ダーレーの4歳馬タナナが楽に逃げ切って6勝目。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

もっと外に出て行こうよ

早めに出社して昼過ぎにちょいと打ち合わせ。原稿ネタ探しとか雑務とかを時間切れまでひたすら。夜は競馬つながりの友人たちと木場のもんじゃやさん。ライブドアのニッポン放送株取得から端を発したラジオというメディアの今後の展開についてお話しする会。10時近くまで盛り上がり、場所を門前仲町のリーズナブル寿司屋に移動して続き。終電に間に合うよう途中で失礼する。翌日早起きなので帰宅後そっこーで睡眠。

競馬●ドバイはタイムパラドックスとユートピアが回避して、今のところアジュディミツオー(ワールドC)、テレグノシス(デューティーフリー)、マイネルセレクト(ゴールデンシャヒーン)の3頭になった。ドバイ・インターナショナル・レーシング・カーニバルがスタートして以来、南アフリカをはじめヨーロッパやシンガポールなどから遠征厩舎や遠征馬が年々増加しているが相変わらず日本からは厩舎が何頭かまとめて連れて行くということはないし、ワールドC当日の遠征ですら一時期より少なくなってきている。遠征するスタッフを確保できないという日本の厩舎制度のせいもあるだろうけど、日本国内での十分な賞金や手当てを考えれば遠征のリスクをおかしてまで……ということになるのだろう。今はパート1国になるべく国際レースを増やすことに躍起になっているが、同時に外に出て行くことも考えないとまたまた世界からおいていかれるという状況になりかねない。世界一の賞金体系とか言ってられるのもいつまでかわからないし。●昨年7月に死亡したフリーハウスの父スモークスターが昨日、カリフォルニアのカーディフスタッドファームで種付中に心臓発作で死亡。17歳。●ブックメーカーのラドブロークス社が9/10にドンカスター競馬場で行われる英セントレジャーのスポンサーになった。

本日の酒●もんじゃやさんにて、いつもの眞露梅割。寿司屋にて、熱燗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2005

競馬の厳しい現実

6時半起床。快晴。バスで帯広空港へ。レストラン「白樺」で豚丼を食う。まあまあの味だがやはり「ぱんちょう」と比べてしまうと肉の厚さと質のコストパフォーマンスがよろしくない。帯広10時発羽田行きのJALは満席で搭乗に時間がかかり15分かそれ以上の遅れで羽田到着。で、出社。
シンガポールにイタリアから短期免許で来ていたマルコ・モンテリソ騎手が期間途中の昨日まででイタリアに帰ることになった。去年は勝利数でイタリアのリーディングだったらしい(賞金リーディングはデムーロ)。それでも有力厩舎にはあまり乗せてもらえず成績が上がらないので帰ることになったのだろう。結局1つも勝てず19日の2着が最高着順だった。英語はぼくと同じくらいしゃべれない感じのレベルで、元ルフトハンザだかのキャビンアテンダントで現在はバーデンバーデンのセリ会社で働き英独伊のトライリンガルという彼女がマネージャーとしてついていたのだが…。シンガポールの調教師の主要勢力はやはりオセアニアで、騎手もあっちから優秀なのを次々と連れてきて囲ってるから、ヨーロッパあたりからリーディングの騎手が来てもよほどのコネがないと乗り鞍すら得られない。これが世界の競馬の厳しい現実。

競馬●宇都宮・春光賞。今回はフジエスミリオーネ、ハイコンプリートという人気どおりの決着。しかしこれで馬連複380円はブライアンズロマン記念のおかげだろう。前走特払いの立役者コウエイシャープ3着。逃げたトウショウゼウスしんがり9着。●本日内田博幸船橋で6勝。今年すでに72勝。●サンタアニタは引き続きダート変更。芝8ハロンG2→ダート8ハロンG3となった牝馬のブエナヴィスタHは13頭立てのはずが8頭もスクラッチ。アイルランド産のUraib(ユーレイブ?)が勝って1番人気リスプレンデンシーはハナ差2着。●ローレルパーク7ハロンのG2ゼネラルジョージHは、サラトガカウンティが勝って3連勝。逃げた1番人気のドンシックスは直線で差されて2着。●3月中旬までアメリカで騎乗する予定だったキアラン・ファロンだが今日イギリスに帰った。イギリスでのシーズンに備える。というのは表向きの理由のようで、アメリカでのエージェントによると、ガルフストリームパークの芝はタイムが早すぎて(馬に?)故障の危険があるということ、なのか?

旅帰りにつき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

恒例の帯広は今年も楽し

午前10時集合で帯広競馬場へ。きのう夕方から雪が降り続きかなり積もった。これ以上降ったら交通が麻痺するところだったが、当日入りの方々も飛行機ちょい遅れで無事到着。鉄道も遅れてはいたが大事には至らず。きのう羽田の前にラッピングサービスに寄ったのはこの協賛レースの副賞を包んでもらうため。旋丸さんの受賞のお祝いとしてわたしとお忍びで帯広入りした競馬ファン某先生で協賛してみました。アメジスト特別ということで副賞はアメジストクラスター。しゃれてるでしょ、と自画自賛。雪の予報で馬場が軽くなりフルゲートとなった「ばんえい記念」は今年も感動。結局2強の決着だけどいいレースでした。全馬がゴールしてもまだ第2障害をクリアできないスガノテンリュウが坂を越えるときなどはスーパーペガサスがゴールするときよりも大きな声援と拍手。これがばんえい記念。勝負にならない馬にもそれぞれドラマがあり毎年のことながら1年でいちばん感動するレースかもしれない。
終了後「平成16年度優良農用馬生産者等表彰式典」に今年もおじゃまさせていただく。表彰式終了後のバイキングで供される馬肉が絶品。昨年、馬肉のローストがすばらしいと学習したので真っ先にそこへ。それから馬肉のシチュー。どちらも柔らかく言われなければたぶん馬肉とはわからないでしょう。いろいろお話をしているうちに馬刺を食べそこなう。残念。また来年の楽しみということで。
終了後、居酒屋「弁慶」に今日この日各地からばんえい競馬を見に来た方々や主催者の方々がわらわらと集まり総勢20人超となる。地方競馬のことを中心にさまざまに談論風発。午後11時散会。きのう長崎屋で買っておいたロゼのハーフボトルを開けるもコップ半分飲んだところでいつのまにかベッドに沈む。悪夢にうなされなんとも不快な睡眠。

競馬●ばんえい記念。何度か膝をついたミサキスーパーが先に抜け、続いたスーパーペガサスが堂々と差し切るというこれまで何度も見てきた展開だが見ごたえあるレース。やはりこの2頭の力は抜けている。3着ヨコハマボーイも力をつけけ来シーズンが楽しみ。●5歳オープンはトップハンデでも牝馬のトカチプリティーおみごと。●宇都宮の企画レース。3頭競走中止のレーヌドマロニエ賞は牝馬同士ならやはりセイエイシェーン。●香港3冠の2戦目、2000mの香港ゴールドCは、パーフェクトパートナーが勝利。トニー・クルーズ調教師、クリストフ・スミヨン騎手。昨年の香港マイル2着、1冠目のスチュワーズCはゲートを破って放馬で除外となっていた。2着フローラルダイナマイトでクルーズ厩舎のワンツー。エレガントファッション3着。1冠目のスチュワーズCをスミヨンで勝ったブリッシュラック5着。

本日の酒●表彰式にて、ウイスキー水割り2杯。「弁慶」にて、菊姫に続いて熱燗をひたすら。ホテルの部屋に戻って北海道ワイン株式会社の「おたる」03ロゼ。飲み過ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 19, 2005

不運な夕飯@帯広

ゆっくりと出かけられるかと思ったがゆえあって池袋西武のラッピングサービスに寄って羽田空港へ。本日はバーゲンフェア+1000円で「クラスJ」。6種類の紅茶が飲めるのね。とりあえずグレープフルーツオレンジティーを頼む。いい香り。カップを下げにきたとき「別のお飲み物はいかがですか」と聞かれせっかくなのでアップルティーを頼む。いい香り。コーヒーがあまり飲めなためお茶とか紅茶をガブガブ飲むわたしにとってはありがたきサービス。到着した帯広空港はマイナス8度。で、ホテル「パコ」。全室にLANが引かれていてすんごく助かる。しかも無料!こういう安めのホテルはビジネス客が多いためか、1万円クラスのシティホテルなんかよりブロードバンド普及率が格段にいい。
夕刻、ホテルにてちょいと打ち合わせ。終了後、今日は長崎屋の中にあるインデアンカレーを食べると決めていた。午後7時近かったので長崎屋が閉まっちゃうんじゃないかと心配したのだがフロントに聞いてみると8時までやってるらしい。余裕を持って長崎屋へ。そして念願のインデアンカレー発見。するとなななんと。フードコートは7時までしかやってませんから~、ざんね~ん!って、悲しすぎ。しかたないのでおみやげに「ソラチ」の豚丼のたれを買う。ぱんちょうの豚丼も7時で終わっちゃってるので、しかたなく駅にいくつかある食堂で豚丼かラーメンでも食べようかと思ったが、駅の食堂もほとんどすべて閉店。うーん、この街は夜7時で終わっちゃうのかあ。すっかり夕飯のタイミングを逸し、繁華街まで歩いて「皿ずし」という、システムは回転寿司だが回転するシステムはない寿司屋に入る。これが信じられないくらいおいしくない。なんとも不運な夕飯。
競馬のネット関連の方々と合流しホテル最上階のバーで90分飲み放題。元をとらんとばかりに飲む。

競馬●グローバルスプリントチャレンジの第2戦オーストラリアSは、香港のケープオブグッドホープが勝利。計28ポイントで当然暫定トップ。1 3/4馬身差2着にスーパーエレガント。●ガルフストリームパーク牝馬7ハロンのG2シャーリージョーンズHは、断然人気のマドキャップエスカペードが逃げ切り。2馬身差2着にアリックスエム。2番人気ソサイエティセレクションはしんがり7着。●ローレルパーク牝馬7ハロンのG2バーバラフリッチーHは、2番手から抜け出したキャティーヴァが4連勝でステークス初勝利。1番人気ベアファン8着。●サンタアニタはまた馬場悪化でダート変更。芝12ハロンG2のはずがダート12ハロンG3となったサンルイオビスポHはトップハンデで1番人気ブラジル産のライセンストゥランが5馬身差逃げ切り。2着に最低人気のイギリス産カリフォルニアン。3着ティエッチアプルーヴァルは日本でも「ティエッチ」の冠号の方。2番人気コンチネンタルレッドはしんがり8着。

本日の酒●皿ずし某店にて熱燗。ホテル最上階のバーにて90分飲み放題。グラスの赤がぺらぺらだったのでしかたなく、キール、ワインクーラー、カルアミルク、トマトジュース×2と節操なく飲む。ほとんど酔わず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2005

今どき万博に意味あるの

昼過ぎに市ヶ谷某社で打ち合わせ。実現すればなかなかにいい話なのだが道は険しそう。出社して雑務雑務と昨日やり残したもうひとつの企画と予算出し。
なるほどセントレア空港って「愛地球博」に合わせて開港したのか。しかし今どき万国博覧会とやらに外国からお客さん来るのかね。そもそも今どき万国博覧会って意味あるのか。大阪万博のころなんてのは普通の人は外国に行く機会なんてほとんどなかったからみんなこぞって外国とはどういうものかを垣間見るために万博に足を運んだ。でも今は実際に外国に行くことが安く簡単に実現できるようになり、テレビやインターネットなんかでも当時とは比べものにならないくらい世界のいろいろなものを見られるようになってしまったから、虚構の世界でしかない万博なんかに行っても感動はしないだろう。万博として意味があったのはせいぜい筑波科学博くらいまでだと思うのだが。地元以外にはかなり認知不足で必至になってアピールしているようだがそれだけみんなの興味がないってことでないの。
今週お決まりとなった深夜の根菜処理。本日はレンコンのピリ辛きんぴら。ごはんがすすむおいしさ。

競馬●船橋の3歳特別は5頭立て。タイムライアン5馬身差の圧勝で6戦5勝。●3歳戦、2番人気のUAE産オージアが3馬身差で勝って2勝目。●1800mのB2戦。高崎から移籍緒戦で2番人気になったフォースキックが1番人気のシュルードパーソンにクビ差勝ち。●園田。3歳特別でホウヨウソウルが勝って5勝目。メインはシンドバッドが勝ってS1特別連勝。●ジェベルアリ開催。シェイク・ラシッドのブレージングアビリティーがジェベルアリばかりで3連勝。

本日のワイン●アラルディカ・ドルチェット・ダスティ03。こっちはタンニンが強い感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

縮小の競馬産業だが…

午後からN社にて月イチ定例のミーティング。月イチ定例なのも今回まで。縮小傾向には変わりないけど最終的には来年度の展望が見えてきたのでまあよしとしよう。しかし競馬産業にぶらさがってるとどんどん厳しくなるなあ。でも競馬がなくなってしまうわけではないのでそこで新しいビジネスを作り出していかなければ先はない。
午後7時過ぎ帰社。カップめんとおにぎりという寂しい夕食。企画と予算出しを2件……のはずが1件のみで時間切れ。
いつもの終電ひとつ前で帰宅。本日の深夜のお料理はほうれん草と鶏肉の胡麻辛子あえ。本日の朝日新聞「料理メモ」の小松菜をほうれん草でやってみました。おいしい。

競馬●名古屋・マイル争覇。1番人気のヨシノイチバンボシが重賞2勝目。名古屋では今いちばん安定してるんじゃないかと思えるアラブのキジョージャンボが2着。マルカセンリョウはかしわ記念以来の出走でキジョージャンボから7馬身も離れた3着。●ナドアルシバ開催。UAE1000ギニーはシーキングザゴールド産駒のサティンキス圧勝でゴドルフィン5連覇。●純血アラブのダート1800m、シェイク・ハリファ・トリプルクラウンの2戦目はケルベルロトワが圧勝で3連勝。もう今年のアラブはこの馬で決まりか。2着アルジャービーで前走同様シェイクラシッドのワンツー。●第2Rのダート1600mもシェイク・ラシッドのチェリーピッキング。●ダート1200mは7歳のコンロイが勝ってまだまだ元気。前走アルシンダガ・スプリントを勝った8歳馬エスティムラールは3馬身半差の2着で、1、2着が逆の決着。ブラジル期待のスシバーは6着。●第5Rのダート2000mは、これもシェイク・ラシッドのアフガン。中5日の出走で今シーズンなんとこれが10戦目で2勝。●最終第8R、ダート1500mはキングジョックが勝ってアイルランドのダーモット・ウェルド調教師通算3000勝達成。プリンセス・ハヤのサモナーは前走に続いてのしんがり負け。

本日のワイン●アラルディカ・ピエモンテ・バルベーラ03。このバルベーラはえらく酸味がきいてますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

このままいくと500勝ですよ

本日ひたすら原稿。途中広告の打ち合わせが一件あったのみ。苦闘しながらもなんとか懸案の単行本原稿を終える。23時過ぎ帰宅。野菜がダブついてきたので本日はとりあえずダイコンの処理。醤油付け柚子風味。
ライブドア続落

競馬●浦和桜花賞トライアルのユングフラウ賞は東京2歳優駿牝馬1番人気で9着だったヨウヨウ。相変わらず人気の読めない馬。内田博幸好調も相変わらず。すでに今年63勝。単純計算してもあまり意味ないけど、このままいくと500勝ペースなんですけど。●浦和最終C1は和田アキコのダイナマイトソウルが勝って15戦10勝。●園田ユースCは地元1番人気グレートステージ4馬身差勝利。笠松ミラージェネス5着、ベンテンリュウコー10着。●荒尾3歳オープン、アリラン4着に負けてるし。勝ったのはタラートキンギンという牡馬でこれが3勝目。●オークロンパーク第3Rでキャルヴィン・ボレル騎手が勝って通算4000勝。北米では歴代45人目、現役20人目。

本日のワイン●冬なのになんか最近白ばっかり飲みたくなるのはなぜでしょう。普段飲みの安ワインは白を多めに買っても白からなくなります。というわけでラングドックのトートワーズクリーク・シャルドネ03。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

ミツオー間もなくドバイへ

昼前、旭川C社のおふたりが来社し、池袋名物ということでラーメン二郎にお連れする。まあ好みははっきり分かれるということで。某ホームページの更新をしたりその他もろもろ。雑務がどんどんたまってるなあ。
アジュディミツオーが明日から美浦で検疫に入る。地方所属馬でも美浦を使わせてくれるんだなあという感想。やっぱりいくらか払ってるんだろうか。今度聞いてみよう。23日ドバイへ向け出発。3/5のマクトゥームチャレンジR3を使うという報道があったようですが、まあ直前の状態を見ないとわからんでしょう。もともとドバイのスーパーサタデーは見たかったので取材に行くかどうか検討中。

競馬●大井の福永二三雄調教師が昨日亡くなった。●荒尾A1でキサスキサスキサスが3カ月ぶり出走も5着。●2004年エクリプス賞スプリンター部門で次点となったピコセントラルは、2/26のG2サンカルロスHを使ってドバイゴールデンシャヒーンへの出走を表明。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

思わぬ再会グルジアワイン

午後からN社にてミーティング。来年度のことについてだが上のほうの人を除いてやると話の進み方が早い。帰社する時刻に合わせて旭川C社のNさんFさん来社。これも来年度の企画など。あらためて4月が新年度となる業種の仕事が多いことに気づくが、さらに今年に限ってはどこもそれなりに大きな動きがあるので引き続き新たな企画を考える毎日。しかし右肩上がりにある業種なら展望も簡単に開けるのだろうが縮小していくところに歯止めをかけなんとか上昇に転じるようにしないといけないので困難が多い。
夜はさらにネットつながりの若手OさんSさんが加わり5名で炉ぶた屋へ。最近のグループ企業系創作居酒屋はどこも印象がよくないのだがここは2度目の利用でなかなかの好印象。バレンタインいうことで最初にグラスの赤ワインとチョコのサービス。最初にチョコを出されてもなあと思ったがまあご愛嬌。クレジットカード業界の裏話などで盛り上がる。当然のことながらわたしはだいぶ貢献しているユーザーらしい。例によってラストオーダーまで居座り終電にて帰宅。

競馬●G2リッチモンドS勝ちのほかG1ミドルパークSやG1モルニー賞で2着したエンドレスサマーの誕生日偽装問題で、ジャドモントファームのゼネラルマネージャー、フィリップ・ミッチェルは、3カ月間英国の競馬場やトレーニング施設への出入り禁止となった。なんか罰が軽いような。●クールモアの主戦騎手問題。とりあえずキアラン・ファロンはマイケル・スタウト厩舎の優先騎乗を続けると表明。

本日のワイン●炉ぶた屋にて。サービスのグラス赤は南仏グルナッシュ系とおぼしき軽めのやつ。に続いて白はペンフォールド・ローソンズリトリート・セミヨン・シャルドネの02だったか03だったか。こういうのが居酒屋のメニューにあると安心できる。赤は、なんとお久しぶりね、グルジアのオールドトビリシ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2005

本日休肝、明日朝刊も休刊

仕事やること満載で会社に行こうと思ったのだが今日はとりあえず資料読みなので家で。家にいるとはいえ仕事なので今日は何もつくらないつもりでいたのだが、食べに行くくらいなら簡単なものを作ってしまったほうがと思い冷凍してあった鶏モモ肉で雉焼き丼。簡単おいしい日曜日の午後9時。

競馬●福山マイラーズC。正月に福山大賞典を制した4歳馬メイユウオライオンがマイル重賞も制した。2着にいつものように逃げた1番人気ラピッドリーラン。ユキノホマレ4着、9歳になったワシュウジョージ5着。●高知A級特別。最低人気のマイネルフルークが勝ってイブキライズアップは4着。●高知D級特別。イヴニングスキーが勝って移籍後7連勝。通算38勝で、サラブレッドの最多勝記録まであといくつでしょうか?●牝馬8.5ハロンのG1サンタマリアHはアルゼンチン産馬2頭の一騎打ちでハナ差の決着。勝ったのはミスローレンで、次走は3/12のサンタマルガリータ。2着ゴールデンスチューデントで、1番人気パット・ヴァレンズエラのハリウッドストーリーは2馬身差3着、日本産フェスティバルは6着、2番人気アルゼンチン産スターパレードしんがり8着。●軽い裂蹄と道悪でローマンルーラーがスクラッチして4頭立てになった3歳7ハロンのG2サンヴィセンテSは、最低人気、ボブ・バファート厩舎のフサイチロックスターが1馬身差で逃げ切り!●アルゼンチンのG1カルロスペレグリーニ国際大賞を勝ち04年シーズンの年度代表馬候補になっているファイヤーウォールがサウジアラビアの皇太子アブダラジズ・ビン・ファハドに買われ11日にもブエノスアイレスを出発しているはず。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

修行が足りんハマグリ

プチ頭痛程度の軽い二日酔い。それよりもカラオケではじけすぎたので喉が痛いほうが気になる。午後はイオン北戸田でお買い物。冬物が安くなっていてずっと懸案だったコートなどを買う。
夜はお食事当番。妻の同僚通称おじょーが来る。圧力鍋で野菜スープ。ホタテとかんぱちのカルパッチョ。うーん、かんぱちはカルパッチョにはイマイチだなあ。しかしこういう場合でも醤油は使わずワサビをバルサミコ酢で溶いてつけるとけっこうイケる。ハマグリの白ワイン蒸しパスタ。うーん、ハマグリ難しい。アサリみたいにすぐには貝が開いてくれないし、それ以上に開くのに貝ごとに時間差がありすぎる。しかしだ。アサリよりスープが濃厚でおいしいのよ。西友で賞味期限切れ前日を狙って半額で買い集めた骨付きラムの香草焼き。なぜか早々と眠くなり「チューボーですよ!」を見ながら眠りこけてしまう。昨日の疲れか(^_^;)

競馬●すばるSのヒカリジルコニアは予後不良でしたか。残念。●福山A3でタッカーワシュウ勝利。3歳馬ユノフォーティーン3着。●サンタアニタ、3歳牝馬8ハロンのG1ラスヴァージネスSは断然人気のシャープリサが直線メモレッテとの叩き合いを制してG1初勝利。●4歳牝馬9ハロンのG2ラ・カナダSはターロウが逃げ切ってグレード初勝利。パット・ヴァレンズエラだよ。ラスヴァージネスのほうも3着で、あんなことがあって依然として乗り鞍がこんなにあるとは日本人の感覚では理解できん。サンシャインミリオン・ディスタフを制してトップハンデとなったスイートリップス2着。1番人気のエービーアドヴェンチャー3着。●フェアグラウンズ、8.5ハロンのG3マインシャフトHはステークス初出走のワンダリンボーイが勝って人気のポラーズヴィジョン2着。●3歳8.5ハロンのG3リズンスターSは、BCジュベナイルを勝ったヴィンディケーションの半弟、単勝11倍の伏兵サイピオンが後方からまくって快勝。エーピーインディ産駒、ゲイリー・スティーヴンスにパトリック・ヴィアンコーヌ。2着にさらに人気薄のリアルダンディで、1番人気ハーリントンは6着。●3歳牝馬8.5ハロンのG3シルヴァービュレットデイSは1番人気のサマーリーが早め先頭で勝利。

本日のワイン●量的には控えめに。グロフレールエスールのオートコートドニュイ・ブラン03。うーん、02より値段は上がったのにインパクトは02のほうがあったような、って好みの問題か。オーストラリアのスコッチマンズヒル・ピノノワール02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

よく飲みよく食べよく遊ぶ

昼はお葬式に参列。ぼくが25~6歳のけっこう貧乏なころにマニュアルを書き始めたりDTPをやったりという仕事をいただいていた会社の方。たしかぼくより1つか2つ上なだけだと思ったので自分ももうそんな年齢なんだと思う。肺癌で昨年発見されたときは手遅れだったらしい。
午後は小太郎さんに誘われていた岩崎宏美のアコースティックライブで六本木スイートベイジルへ。小太郎さんの飲み友達嬢2名とうち夫婦で計5名。アコースティックだと歌のうまさが際立つ。岡本真夜の曲ってやっぱりいいなあ。終演後、かつて仕事などでお世話になったピアノの青柳さんにご挨拶。直接お会いするのは4~5年ぶりでしょうか。その後小太郎さん飲み友達嬢ご推薦の六本木ブルディガラへ。近くにあるエノテカと関係があるらしい。六本木のこの場所にあり値段はかなりリーズナブル。ソムリエさんのノリもいい。というお店なので本日は予約でぜんぶ埋まってたらしい。その後はもはや記憶が曖昧ですごく広い空間のバーへ。さらにカラオケ。小太郎さん飲み友達嬢は初対面なれどいきなりわたしに「かぐや姫」の曲を入れられすっかりツボにはまってはじける。きわめて楽しき夜。

競馬●佐賀記念はクーリンガーが迫ったがマルブツトップがギリギリ逃げ粘った。1番人気ブラックコンドル3着。●佐賀A3でインターハイクラス7馬身差圧勝で17連勝。●本日もナドアルシバ開催。ドバイ・インターナショナル・カーニバルの5日目。芝1600mのアル・ファヒディ・フォートは、4月の南アG1J&Bメットを勝ち04年の南ア年度代表馬となったヤードアームがドバイ初出走で期待どおりの快勝。2着チェックイットは、すげえ!連闘も連闘。昨日のマクトゥームチャレンジR2で8着に続いてなんと2日続けての出走、1/20に今シーズンドバイ初出走でこれがもう4戦目。マイク・ドゥ・コック厩舎のもう1頭、ダーバンジュライの覇者グレイズインは4着。●ゲインズウェイファームを創設し、ブリーダーズCのしくみを提唱したジョン・ゲインズが糖尿病からくる合併症で亡くなった。76歳。

本日のワイン●スイートベイジルにて。ピペエドシックの200mlボトル。銘柄メモ忘れのチリのメルロー。
ブルディガラにて。カリフォルニアはセントラルコーストのステファンヴィンヤード・ラヴェンチャー・シャルドネ00。ラングドックのAOCでシャトー・ペッシュ・オー02、シュナンブランとグルナッシュブランって言ってたような…しかしラングドックの白とは思えない金色で樽香もしっかり。ソムリエさんがニヤリとして持ってきた意味がわかった。赤はソノマコーストのフリーマン・ピノノワール02。チリのモンテス・アルファ"M"01。
さらにメモがあったのでおそらくその次のバーで飲んだんでしょう、キングエステート・オレゴン・ピノノワール01。ボトルが空いたのでマイヤーズのソーダ割も飲んだような…。
カラオケでウッドブリッジ・メルロー01。
最初のピペエドシックは別として、5人であけたボトルが6本。よく飲みよく食べよく遊びました。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

February 10, 2005

ゴドルフィンようやく始動

3時間ほど寝て午前8時起床。途中何度も気を失いながら校正。とりあえず昼頃に一段落。髪の毛はべっちゃりしてるわ、頭の中はボーッとしてるわで、本日後半はあまり使いものにならず。まだまだ徹夜しても終わらないくらいやることはあるのだが早めの帰宅。といっても22時ごろ。本日は料理をする気力もなく就寝。

競馬●ナドアルシバ開催。ダート1800mのマクトゥームチャレンジR2は、昨年のUAEダービー4着、今年のマクトゥームチャレンジR1を3着だったジャックサリヴァン。鞍上ダリル・ホランド。馬主がインターナショナル・カーニバル・パートナーシップって、このイベントのために組まれたんでしょうか。1 1/4馬身差2着にサウジ調教馬チキチン、3着にトルコ調教馬カネコ。R1の覇者、南アのグランドエンポーリアム4着。ゴドルフィンのイナモラートは直線まで先頭も5着。6着クルール、7着ステートシントとなつかしい馬たち。●UAE2000ギニーは英調教のモンジュー産駒ステージライトがギニー・プレップのダマスプレートに続く連勝。3馬身差2着にシェイク・ラシッドのバチアー産駒ジプシージョニー。●ダート2400m、純血アラブのマクトゥームチャレンジR2は、シェイク・アーメド・ビン・モハメドのロイヤルエピックが勝って、シェイク・ハムダンのJiyushが2着。03年のカハイラクラシック勝ち馬バップムーン3着。大統領所有で昨年の勝ち馬ティジャムロトワは6着。●第2Rの芝2400m戦でゴドルフィンのフライトユアコーナーという馬が勝ってるのでこのあたりがシーマクラシックに出てくるのでしょうか。●そして第3Rのダート1400mもゴドルフィンの5歳馬Qaisが前走のメイドンに続いて連勝。鞍上ケリン・マケヴォイ。父シーキングザゴールドで母スノーブライドってことはラムタラの半弟でしょうか。●第5Rのダート1200mもゴドルフィンのボタニカルで、これもシーキングザゴールド産駒。ゴドルフィンがいよいよ隠し玉を出してきたって感じでしょうか。

本日のワイン●白はアラルディカ・ピエモンテ・コルテーゼ03。赤はまだ残ってたアラルディカ・バルベーラダスティ03。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2005

ふとんがふっとんだ

1本原稿を書いて、午後は川崎競馬場へ。本日はヤキソバとコロッケのパドック横フルコース。かなり満足。エンプレス杯は、レマーズガールにとっては対戦相手もほとんど一緒だし斤量軽くなってるし得意の川崎だしで死角がなく、しかしうーん、プルザトリガーでしたか。前走TCK女王盃で狙ってダメだったから今日は用ナシと、みんなが同じように思っちゃったから単勝50倍という馬券になったような。プルザトリガーは逃げられればしぶといけど走る気にならないときはまったくダメと。典型的穴馬タイプ。これも覚え書きということで。
本日は色校が2本重なり、さらに雑務も多く覚悟の会社泊。サッカーはBS1で見て試合終了後にテレビ朝日に変えてダイジェストを見たけど、テレ朝の中継騒ぎすぎじゃないですか。ま、それはいいとしてもサッカー中継やったからって「報道ステーション」通常のニュースまったくナシはどうかと思うぞ。そしてフジテレビ「ニュースJAPAN」ではライブドアによるニッポン放送株取得の続報にはまったく触れず。いや他の時間のニュースは見てないんでわからないけど、今フジサンケイグループはこれに触れちゃいけないんでしょうな。ホリエさん出演の「平成教育予備校」今週末はふっとんじゃったようで。って、自分でも書いてるし。

競馬●エンプレス杯はプルザトリガー逃げ切り。おまけにレマーズガールはグラッブユアハートにゴール寸前で差されて3着。えてして荒れるときはこういうもんです。●ひろみ先生んちのヒロミチャンです。●ジェイミー・スペンサーはどうも自分から辞めたようで。●テレグノシスがドバイデューティーフリーへ。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2005

うっちーの固い決意を見た

まさに覚え書きということでライブドア、ニッポン放送株の35%取得
午後はNARグランプリの表彰式へ。去年はちょっと狭いところだったが今年は目黒雅叙園に戻った。随所に緊縮予算を感じるがこっちのほうがゆったりしてていい。料理は、うーん。ヤキソバ担当としてはちゃんと3種類食べました。来月廃止となる宇都宮の内田利雄騎手の記者会見。騎手はやめずに全国免許なんだから全国で乗るとの決意。普段はやわらかい物腰だがいつもと違う強い訴えが伝わる。これについては今週木曜発売の「夕刊フジ」コラムに書いたのでご覧ください。
終了後、某社社長をご紹介いただき渋谷に移動してN嬢、T嬢と居酒屋で謀議。いい形でお互いにプラスになるようにご協力できればと思う。

競馬●園田3Rの3歳戦を勝ったサラ系のコルレオーネはサンバコールの下。父エアダブリン。●アイルランドの馬産はスタッドフィーが非課税で優遇されていたが、近々12.5%の税金がかかることになるみたい。●ドバイ。ダイワエルシエーロとローエングリンが辞退。

本日のワイン●渋谷の和食系居酒屋にて。わたしのつたない経験では見たことのないAOCのミュスカデ。イタリアのサンジョベーゼ主体の赤。白赤と1本ずつ空き「お飲み物もラストオーダーになりますが…」と店員さんに言われるとなんとなく注文してあげないと申し訳ない気になり銘柄失念の黒糖焼酎ロックで。帰宅して昨日の続き、アラルディカ・バルベーラダスティ03。飲み過ぎです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 07, 2005

馬券のネット販売

校正の続きと先々についての打ち合わせなど。できることから早く進める。
「名古屋競馬07年まで存続」という報道。日刊スポーツだけでなくだいたいどこもリリースされたものをそのまま垂れ流す通り一遍の内容。「3連勝式やインターネットによる馬券発売など新たな売り上げ振興策」とあり、最近のこのテの話では「新たに…インターネットによる馬券発売」という報道が目立つ。兵庫(園田・姫路)を除き、南関東はSPAT4、そのほかの地方競馬にはD-netで、ちゃんとインターネットで馬券は買えるのである。なぜ地方競馬の馬券のネット発売はこれほどまでに知れ渡っていないのか、そしてすでに行われているものをなぜ「新たに」と書いてしまうのか。どうしてそこにツッコんだ記事を誰も書かないのか。実は地方競馬の問題はこういう根本的なところにあるような気がする。そしてそこにはビジネスチャンスもある、のか?
帰宅して届いた「らでぃっしゅぼーや」を見ると根菜ばっか。まあこの時期だからしかたない。しかしゴボウ多すぎ(^_^;)。きんぴらにするときはすぐ柔らかくなるのでいつもはピーラーを使うのだが、さすがにこの量をピーラーで処理するのはシゴキだ。しかたなくササガキ。普通のフライパンでは量的に役不足で中華鍋に登場を願う。柔らかくなるようにと願い、まず日本酒でしゃばしゃばさせてみたら見事成功。今回は味もちゃんと薄めにできて、ご満悦の午前1時半。

競馬●宇都宮、北関東弥生賞トライアルのチューリップ特別は最低人気のケージーオトメが4馬身差勝利。かもしか賞2着馬ヒラマサファースト2着、レッドジャスパーはブービーの9着。●笠松、5頭立てのウインター争覇はレジェンドハンター2馬身差で逃げ切り。中央から移籍緒戦のタイムトゥチェンジ2着、オーミアジル大差の4着、マッピーウェーブは落馬競走中止。●6日、チリ3冠の最終戦エル・ダービーは、ここまで1勝のみでG1・2着があるCefaluが勝利。96年の英ダービー2着だったデュシャンター産駒としてはG1初制覇。4馬身1/4差2着に1番人気ウィーキャンシーク。●ドバイ出走予定馬【ワールドC】アジュディミツオー、タイムパラドックス、ユートピア【デューティーフリー】テレグノシス【ゴールデンシャヒーン】マイネルセレクト【ゴドルフィンマイル】ダイワエルシエーロ、ローエングリン。香港ヴァーズもそうだけど、日本馬がいちばん勝てそうな2400のシーマクラシックにはなぜ誰も出ないんだろう。

本日のワイン●きのうの続き、ヴィリエラ・ダウントゥアース・ルージュ02。そして本日はピエモンテのアスティ地区、アラルディカ・バルベーラダスティ03。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 06, 2005

ヤキソバと餃子で計200円

寝たのが朝6時過ぎだったので9時過ぎ起床。校正なかなかはかどらず、宇都宮行きはどうしようかと思ったのだが、先々のスケジュールを見るとどうやら宇都宮最後の日の前には今日しか行けそうもないことがわかり13時過ぎのギリギリまで校正をやって池袋13:34発の湘南新宿ラインで宇都宮へ。正確にはひとつ手前の雀宮下車なのだが。750円の指定グリーン車快適。おかげで資料本読みがはかどる。15:15ごろに宇都宮競馬場到着。うーん、一応重賞なのにお客さん少ないなあ。定番100円ヤキソバと、本日「宇都宮餃子会長賞」の協賛につき3個100円の餃子も食べる。100円ヤキソバは、決してうまいというわけではないがこれが食べられるのも来月までかと思うと寂しい。そして人生2度目の特払い体験(↓下参照)。特払いとイレネー記念単勝的中でなんと本日プラス。ちょっとだけどね。新幹線にてそっこー帰宅。お食事当番。トマトとルッコラのサラダ。長芋が余っていたので長芋の磯辺焼。タイカレー・グリーン。会社泊から宇都宮行きの強行軍だっただけに酔いが回り日付変更線あたりで爆睡。

競馬●モエレフェニックスはもうダメか?●イレネー記念は馬場が重いのかどの馬も第2障害で苦戦しかわいそうな感じ。スーパーロイヤルが先に抜け出しカネタマルが余裕で差し切った。最後の最後で念願の重賞制覇。2頭が障害越えられずソリをはずす。●オープンで20キロ以上のハンデ差ながらスーパーペガサス勝利。グレートサンデーはここでしんがり負けはきびしいなあ。●宇都宮・ブライアンズロマン記念は最低人気のコウエイシャープが勝ってフジエスミリオーネ3着、ハイコンプリート9着。なんか馬場の内が浅くなっててみんながそこを突こうとむちゃくちゃなレースになったらしい。3連単特払い。●高知のアラブオープン。マルチジャガー脚が腫れて取消だがあまり心配はないらしい。エスケープハッチが9馬身差圧勝。●9ハロンのG2サンアントニオHはUAEダービーの勝ち馬で1番人気ブラジル産のランディーズライアビリティ。2着トゥルーリーアジャッジ、3着コングラッツ。●2/13のG2サンヴィセンテSに出走予定のローマンルーラーはコーリー・ナカタニからジェリー・ベイリーに乗り替わる。●昨夏の負傷で休養していたアレックス・ソリスが復帰3戦目となるサンタアニタ第2Rで勝利。●ジェイミー・スペンサーがエイダン・オブライエン厩舎の主戦を解雇された。かわいそうだが、まあしかたない。代わりが誰になるかは発表になっていない。●アブダビ開催。純血アラブのプレジデントCは、プレジデントCプレップを勝ったMadjaniが8馬身半差で圧勝。今シーズン3戦全勝。シェイク・ハムダン所有馬が3着まで独占。昨年ザイード大統領が亡くなられたからなのか、アブダビ王家ファミリーの持ち馬が今年は元気がない。

本日のワイン●ラツィオなんでしょうか、ピエロ・コスタンティーニのヴィラシモーネ・フラスカティ03。何日か前の残り、シャトー・ペイ・ド・フォール03。南アのヴィリエラ・ダウントゥアース・ルージュ02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

利権の難しい問題

昼ちょっと前に出社。ひたすら校正まつりでこれといって変わったこともないので笠松問題について。
競馬の運営を難しくしているもののひとつに地権者の問題があって、笠松の場合は競馬場の敷地のうち主催者である岐阜県地方競馬組合と笠松町・岐南町が所有しているのはそのうちたったの4.5%ほどにしか過ぎず、借地となっている約95.5%の土地にはなんと342人もの地権者がいる。廃止が決まりかけたときに一部地権者が借地料の支払いを求める訴訟を起こし、結局存続が決まったとこで提訴は取り下げられたようなのだが、笠松に限らず多くの競馬場にはそういう厄介な問題が常につきまとっている。競馬場に入っている食堂や売店などもだいたいにおいてそういう利権がらみの談合でがんじがらめになっていて、どの店も変わり映えのしない同じメニューだったり、ヤキソバひとつにしてもどの店も同じ値段だったりするのは、つまりはそういうことなのだ。例えば今であればどこぞの有名ラーメン店でも引っ張ってくればそれだけでも人が集まるだろうに、そういうことすら簡単にできないのが、古くからのシステムを引きずってきてしまってる地方競馬の難しいところだったりするのだ。単なる広報関係を広告代理店に投げるのではなく、たとえば場内の食堂・売店全部の権利を広告代理店などに一任するようなことができれば競馬場の雰囲気はもっと変わると思うのだが。

競馬●ばんえいオープンでヒカルセンプー勝利。オープンといっても下の組なら勝てるみたいだ。●宇都宮A2。タイガダンサーが接戦を制して3、8、7番人気の決着で3連単特払い。●G1ドンHは2番人気セイントリアムが早め先頭から人気のローゼスインメイを3 3/4馬身突き放してG1初制覇。3着エディントン。●3歳牝馬9ハロンのG2ダヴォナデールSは人気のシスシティーが逃げ切り16馬身差の圧勝。パートナーシップのオーナーにはニューヨークヤンキースのトーリ監督も名を連ねる。リチャード・デュトロー調教師はドンHのセイントリアムとともにこの日重賞2勝。●3歳7.5ハロンのG2ハッチスンSはG1シャンペンS勝ち馬断然人気のプラウドアコレードが4馬身半差の楽勝。●3歳牝馬6.5ハロンのG3オールドハットSは断然人気のマダレナが圧勝で重賞初出走初勝利。トッド・プレッチャー、ジョン・ヴェラスケスのコンビはハッチスンとともにこの日重賞2勝で今年も好調。●3歳9ハロンのG3ホーリーブルSはクロージングアーギュメントが2番手から抜け出した。キアラン・マクラフリン調教師によると次走はUAEダービーになるかも。カンサスシティボーイ2着で断然人気のハイフライは3着。●6.5ハロンのG3デピュティミニスターHは僅差の2番人気メダリストが逃げ切りグレード3勝目。トップハンデで1番人気のケラは3着。●フサイチサムライ調教中左後脚捻挫で3冠断念。残念!●サンタアニタ4歳9ハロンのG2ストラブSは前走G1マリブSを制した断然人気ロックハードテンが勝利。次走はサンタアニタHで、さらにドバイワールドCの可能性も。ハナ差2着にインペリアリズム、2番人気ラヴオブマネー3着。

会社泊につき休肝日。1日おきの休肝で健康的(か?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

月初恒例校正まつり突入

一太郎に関するご意見が続々寄せられております(^_^;)って、ほんの数通ですが。香港在住の富柏村さんが2/3の日記でジャストシステムは役所と学校をがっちりつかまえてると教えてくれている。なるほどそりゃぼくがお目にかかる機会は少ない。って、ただの認識不足ですいません。
昨夜は日付変更線をかなり回ってようやく懸案だった原稿最後の1本を書き終え、本日朝からひたすら校正。「ハロン」校正まつり直前に単行本の校正が入ってきてもう泣きそう。朝から12時間以上かけてようやく終える。
ドバイ・ショッピング・フェスティヴァルもドバイワールドCと一緒に10周年。あれからもう10年たったかと思うと感慨深いものがありんす。今年は1/12~2/12でもうすぐ終わっちゃうけど。
帰宅して玉ねぎがゴロゴロしていたので定番仲間入りのオニオンスープを圧力鍋でつくる。

競馬●名古屋・梅見月杯はストロングライフが10歳にして重賞初勝利。2着1番人気のアラブ・キジョージャンボ。3着マッキーローレル、4着キウィダンス。●とうとう逮捕ですか。●ジェベルアリ開催。ジェベルアリマイルはシェイク・マジド・ビン・モハメドのバーントエンバー圧勝。連覇を狙った古豪コンフリクト2着、ステートシント3着、ドバイワールド7着。●アケダクトの第7Rでリチャード・ミグリオーレが通算4000勝達成。

本日のワイン●おとといの続きがあったのだがなんとなく白が飲みたかったので南西地区コートドガスコーニュというところのヴァンドペイ、ユニブランとコロンバールというぶどう使用のドメーヌ・ド・プランテリュー02。ふざけたラベル(^_^;)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 03, 2005

笠松来年度は存続との報せ

まずはおとといの一太郎ネタ。つけていただいたコメント以外にもメールのついでに「一太郎使ってます」と知り合い何人かから訴えられた。ぼくが気づいてないだけで、当たり前だけどユーザーはけっこう多いのね。申し訳ない。
ちょい早起きで月イチ好例の竹見さんち訪問。のち出社で本日も粛々と原稿など。
夕刻、笠松競馬の構成団体3者協議会後の記者会見で梶原知事がとりあえず来年度の存続を表明したとの電話をある調教師からいただいた。5日の県知事の任期切れを前にしての決定となった。あれほど廃止に向けてまっしぐらだったはずの県知事だが土壇場にきてどうも検討委員会による廃止への結論の導き方があまりにもいい加減だったことに腹を立てたというようなことも聞いていた。存続に向けて働きかけているとある調教師が1カ月ほど前「実はほとんどあきらめてるんですけどね、県側のやりかたがあまりにもひどいんで、意地になってやってるんですよ」と言っていたのだが、どうやら存続を願う現場の人々の多くが同じような思いだったようで、あきらめなければなんとかなるということか。こうなってみると「すみやかに廃止」という結論を出した検討委員会というのは何だったんだ、ということになる。どこも廃止に向けて動いてきた地方競馬の流れが変わるかもしれない。しかしほんとうに大切なのはここからの1年だろう。いや実質的な猶予は半年くらいか。馬券売上げ減の要因として決まったように不況だとかレジャーの多様化だとか言われているが、しかしそれは要因の一部でしかない。いちばん問題なのは競馬の、とくに地方競馬はおよそすべてのシステムが旧態依然のまま続けているから飽きられるわけで、ようは多様化しているレジャーに適応していけるシステムに変えていけばいいのだ。戦後何十年も役人の思うがままに、あるいは何らの展望もないまま行われてきた競馬を変えるのは今このときであり、今こそ行動を起こすべきは、ほんとうに競馬を続けたいと思っている厩舎関係者だろう。「ストをすればファンが離れる」とタカをくくっていたオーナーたちを慌てさせ、ストをしたことで逆にほとんどのファンを味方につけたプロ野球の選手会のように。

競馬●大井・雲取賞。シーチャリオットは相変わらず頭が高く行きっぷりが悪い。しかしゴール前はようやく伸びて勝利。大きいところをとるにはまだまだという感じ。2着マズルブラスト、3着ジルハーで、ブックオブケルズは向正面から追いどおして7着。●大井2R、3歳初出走で圧勝したキンセイブレイドは山田裕仁。●福山のアラブ。●ナドアルシバ開催。地元ドバイ以外にトルコ、ブラジル、イギリス、シンガポール調教馬が勝って、まさにインターナショナル・レーシング・カーニバルな1日。って、むこうからのリリースがそんな感じになっていたのでマネてみました。●第2Rの芝1300m戦はシンガポール調教馬リムズクラシックが接戦で勝利。ジョン・マー調教師に、二の腕に漢字で「健康」とタトゥーを入れてるジョニー・ジェラディス。●第3Rのダート1000mを勝ったのがなんとスシバー。ブラジル産のブラジル調教馬。2着シェイク・ラシッドのサンサルバドル。●第4Rは2Rと同じ条件で、イギリスのジェレミー・ノセダ調教師トワイライトブルーが勝って、ジョン・マーのリムズグランドがスタンレー・チン鞍上で3着とここでも好走。●メインの芝1600mのケープバーディSはアイルランド産でトルコ調教馬のリベラが接戦を制した。2、3着はマイク・ドゥ・コックのムーンダズル、エメラルドビューティー。●最終7R、芝2000m戦はシェイク・ラシッドの南ア産ビアンコーニ。●昨日、クレイボーンファームで繋養されていたデヴィルズバッグが馬房内で怪我をして安楽死処分。24歳。

本日会社泊につき休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2005

申し訳ないと思いつつ…

今日は大井の金盃だったかっ! ダートグレードと南関の重賞は手帳に書いているのだがなぜか書き忘れていて出社してから知った。当然大井に行ってる時間はなく、粛々とたまった原稿など。
4月頃発売予定の某単行本(共著)の原稿締め切りが2月中旬だったことに気づいてあわててアマゾンで資料本を探す。へー、しばらく楽天ブックスばっかり使ってたらアマゾンのほうは古本も同時に検索できるようになったのね。送料340円で資料収集用にはこりゃ便利。しかし古本で注文した2冊とも著者が面識のある方だけに申し訳ない感いっぱい。
いつもの終電1本前で帰宅して午前1時の料理人、白菜の塩漬けゆず風味。

競馬●大井・金盃。好位を追走した8歳ブラウンシャトレーが直線堂々抜け出し強いレース。後方で我慢した石崎駿クールアイバーが直線伸びて2着。3着ウエノマルクンは買えん。ベルモントストーム逃げて5着。ナイキゲルマンは直線内に刺さって6着。サクラハーンは3コーナーで手ごたえがあやしくなりこのクラスではまだまだ10着。●名古屋は降雪のため中止。●コロニアルダウンズ競馬場が3歳芝路線のボーナスシリーズを発表。G3ヴァージニアダービー→G1セクレタリアトS(アーリントン)またはG2競馬殿堂博物館S(サラトガ)→新設のコロニアルターフC→G1BCターフをすべて勝った馬に200万ドル。●サンシャインミリオン・ディスタフで1番人気ながら5着に敗れたイヤリーレポートはレース後に怪我をしていたことがわかり引退。ゴーンウェストを種付予定。●マイケル・オズボーンが新たにチェアマンとなり、今年も続くことになったワールドシリーズ

本日のワイン●いただきもののACボルドー、シャトー・ペイ・ド・フォール03。メルロー70%なので右岸系でしょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 01, 2005

今年度末はとくに忙しいかも

早めの出社で原稿とか雑務とか校正とか。いろいろあってなかなか終わらん。今やらなきゃいけないことでいっぱいいっぱいなのだが年度末が近いだけにそれだけをやっていても仕事がなくなるので同時に新しいことを始める体制も作らないといけないというジレンマ。とりあえず締め切りのあるものから先に、というわけにもいかないんだよなあ。
松下とジャストシステムの争い。えっ、これって特許だったの?って思った人多くないっすか。もともとカーソルを「?」にしてヘルプモードをつけたのはMac OSだったような気がするんですが、まあ細かい部分で違っていたりするんでしょう。それよりも特許申請の早いもん勝ちって気がしないでもない。また別の感想として、一太郎とか花子とかって最近使ってる人見たことないんですけど。

競馬●荒尾、九州産のたんぽぽ賞は1番人気のマイネルマリク。ロバノパンヤの下。3着までJRAが独占。●ニュージーランドのマイケイル・ウォーカーが短期免許でシンガポールで乗る。まだ20歳なのか。たしかマカオの見習騎手招待で見たのは2001年だったからあのときは16(か17)歳でシーズン200近くも勝っていたというのだから恐れ入る。ちょっと注目してみよう。

本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »