« November 2004 | Main | January 2005 »

December 31, 2004

両大賞典中止の大晦日

最終日の高崎競馬場へ。11時ちょっとに到着。混んでくる前にと思い今まで機会を逸していた「小香女7-8(おかめセブンエイト)」のまぐろ丼を食べる。たしかに競馬場で食べるまぐろ丼600円也にしてはうまい。Yahoo!の競馬場ピンポイント天気予報どおり正午ちょい前に雪がちらついてきた。この程度なら開催は問題ないだろうと思っていたのだが気がつけばだんだんと馬場が白くなってきた。5~6レースあたりから裏のほうで中止すべきかどうか検討されはじめ7レースを終えて検量室前に戻ってきた騎手たちは「もう危なくてできない」と訴えた。有料道路も閉鎖され高崎大賞典出走馬の境町からの輸送も間に合わないかもしれないということで8レースまでで打ち切りが決まった。ラジオ高崎の中継番組にちょっとだけ出演依頼されていたのだが午後2時半の番組開始前に中止となり、1時間半の番組を30分に短縮して高崎競馬場の思い出などを振り返る内容となった。キャスターの方がヨシノキングの横断幕を張っておっかけするほどだったと聞いてヨシノキングの話で盛り上がる。宇都宮でもとちぎ大賞典が中止の報。ここ10年くらいはトウケイニセイの引退レースとなった桐花賞以外は高崎か宇都宮の大賞典で大晦日を過ごしてだけに廃止の続く地方競馬を象徴するようななんとも寂しい大晦日となった。

競馬●高崎と宇都宮はともに9レース以降、大井は7レース以降雪のため取り止め。●笠松東海ゴールドCはなんと船橋・川島厩舎で結果の出なかったロイヤルセランガー。まあサダムクリスタルが1番人気になるようなメンバーではなあ。●高知県知事賞はイブキライズアップがこの大一番でストロングボスに雪辱。●中島記念は人気どおりオペラキッス。ハクシュカッサイ半馬身差2着は近走の成績を考えれば健闘。オンユアマーク5着。●有明大賞典はワタリタキオンが好位抜け出し。●シェイク・モハメド、クールモアに続いてフランク・ストロナックのマグナも津波被害に対してカナダの赤十字に10万ドル寄付した。またイギリスのチェルトナム競馬場は元日の入場料から入場者1人につき1ポンドを津波被害に寄付する。

本日のワイン●ヴァンムスーはベルクールのシャルドネ・ブランドブラン。グロ・フレール・エ・スールのブルゴーニュ・オートコートドニュイ・ブラン02。半端に余っていたカルム・ド・リューセック02とサンデマン・ルビーポート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2004

最終前日の高崎競馬場

スマトラ地震の死者はやはり10万人をはるかに超えた。しかし今日の朝日新聞社説では「史上最大」と「作戦」というキーワード(地震のほうは救援作戦)が一致するというだけでノルマンディー上陸を例え話として出していたが、戦争と自然災害というまったく異なる性格のものだけに違和感。
昼過ぎから高崎競馬場へ。二歳優駿もあるのだが明日雪の予報で新潟みたいな終わり方になると困るので一応今日も見ておくことにする。定期的に年に何度か通っていた競馬場ゆえに行動パターンは常に一緒なのだが、あまり足を運ばない場所に行ってみるとあらためて気づくことも多い。明日で終わってしまうかと思うとまだまだここで楽しんでなかったなあと思うことも多い。場外売場としてはその後も機能するのだが馬が走ってないのに行く意味はない。
帰宅して妻の妹と子供たちが泊りに来る。年末の雰囲気。夕飯はお刺身たくさんと白菜がおいしいピェンロー。

競馬●高崎・二歳優駿は川崎から連闘のドラゴンウィン断然人気で絶好の手ごたえも、水野ビエントヌエボーが道中じっくりためて楽に差し切った。●宇都宮かもしか賞は1番人気バトルノホシが馬群の中央から堂々と抜け出す。バトルイニシャチブ産駒が重賞勝った。●東京2歳優駿牝馬は伏兵アサティスジョオーが好位から抜け出して波乱。北海道から移籍緒戦で1番人気となったヨウヨウは9着。●笠松のアラブギフ大賞典はミスターハヤブサがこのレース2勝目。●園田ジュニアカップは兵庫ジュニアグランプリ2着だったレッドペガサスが順当に6馬身差圧勝。これで8戦6勝2着2回。●ナドアルシバ開催。北半球産2歳、南半球産3歳のダート1400m、10頭立てに6頭出しのマジン・アル・クルディー厩舎が5着まで上位独占。さらに第3Rでも6頭立てながら上位3着まで独占、そしてこの日3勝という活躍。純血アラブのG2、MAZRAT AL RUWAYYAHは今年のカハイラクラシックを制したカオリノがそのカハイラクラシック以来の出走で勝利。このレースも連覇。馬主シェイク・ハムダン。●シェイク・モハメドに対抗してかどうかクールモアグループもスマトラ地震の被災者に対して寄付することを発表した。●92年の南アの年度代表馬エンプレスクラブがケンタッキー・ゲインズウェイファームで死亡した。16歳。

本日のワイン●キザンワイン白02。BMマテュー・テラヴィティス・ボジョレーヌーヴォー04。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2004

酔って床で寝るという幸せ

週間天気予報で本日雪というのは確認していたのだが起きたら雨だったのでやや拍子抜け。しかしその雨はすぐに雪に変わりみるみるうちに辺りは白くなり道行く車の屋根にも雪が積もっている。で、大井競馬場へ。赤羽で乗り換えるときに「これで大井まで行って中止だったらアホらしい」と思い電話で確認するも「降ってますがだいじょうぶですよ」という返事。大井競馬場に着いてみるとたしかに雪というよりみぞれという感じで開催は問題なさそう。しかし夕方に近づくにつれ気温がどんどん下がっているのがわかる。午後1時前に競馬場に着いていたのだがさまざまな人に会い打ち合わせや地方競馬の現状などについて話をしているとあっという間に東京大賞典。馬券はスタートの瞬間におしまい。パーソナルラッシュはゲート内で座り込んだような状態でゲートが開いたらしい。有馬記念も東京大賞典も馬券に対する意欲があまりわかず例年より少額だったので被害も少なかった。最近どうも馬券に対する意欲が薄れている感じ。D-netやSPAT4やI-PATもめっきり使う回数が少なくなった。いや競馬はちゃんと見ているのだが。終了後はどなたからも誘いの声がかからず、かといって自分から飲みに誘うような勢いもなくそのまま帰宅。ほうれん草のバター炒めと賞味期限切れのレトルト・カレーという地味な夕食。半端に開いてるワインが何本かあり飲み過ぎ。久々にいつのまにか床で寝る。

競馬●東京大賞典。アジュディミツオーはユートピアと並んでいたときは掛かっていたのに抜けてからは楽。強くなったなあ。ドバイへは、調教師は意欲満々だが今のところ馬主さんにはその気はないらしい。騎手リーディングは2位の的場には36勝差をつけたので内田博幸で確定でしょう。●宇都宮の2歳戦、6戦目初勝利のモエレバクシンオーの1400mで2着に2.7秒差というのは何なんだ。そして宇都宮は雪により6R以降中止。●笠松の2歳戦でササノコバン産駒ライズが勝利。●園田の2歳戦でアングロアラブの母に父アイネスフウジンという地味な血統が勝利。園田では母アングロアラブのサラ系が2歳戦で何頭か勝っている。●シェイク・モハメドが「モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム慈善人道財団(Charitable and Humanitarian Foundation)」の代表を津波の犠牲者支援のためにタイに送るよう指示した。

本日のワイン●メルシャンの「日本の地ワイン」福島県大沼郡新鶴村収穫地ワイン・シャルドネ02(500ml)。機山洋酒工業のキザンワイン白・甲州02。日本のおいしい白はたしかに薄味でダシの効いた鍋や煮物に合う感じ。特にキザンワインは噂どおり秀逸。まだ残ってたチリのペレス・クルス・シラーズ02。最後にフォアグラのソース用にと買ったサンデマン・ルビーポート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2004

おい!そこに指示を仰ぐな

明日から大晦日まで毎日競馬場なので本日今年最後の出社。とりあえずかたづけておかなければならない雑務をこなすだけで夜になる。机の上に物理的にちらかっているものをかたづけるのは年明けに持ち越しとなってしまった。
スマトラ地震の死者が3万9千人を越えた。おそらく実際にはこの倍以上にはなるのではないだろうか。恐ろしい数字だ。
帰宅して久々午前1時の料理人。圧力鍋で野菜スープ。

競馬●兵庫ゴールドトロフィー。ダートグレードでは中央馬同士で決着しながら高配当になることがよくあるが今回はそのパターン。ノボジャックは買えません。あとから聞くところによると調子はよかったらしいが。シーキングザダイヤとディバインシルバーの1点でいいと思っていたのだが馬券買わなくて助かった。しかしディバインシルバーはゴール前で接戦になると弱いようで。●大井ゆりかもめオープンは単勝1.3倍のトミケンマイルズが3着に負けた。きっと距離的にここを狙っていたのだろうが、どうしたんだろう。カセギガシラはオープン特別くらいならといったところか。ナイキゲルマンはちょっと負けすぎ7着。●「新高崎競馬応援団」というのができていた。のはいいのだが、お~~~~~~い、指示を仰ぐ人を間違えてないかぁぁぁ~~~~~。●ティズナウの全弟ティズバドが脚部不安で引退。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 27, 2004

年末っぽい慌しさ

スマトラ沖地震たいへん。今のところもっとも多くの死者が明らかになっているスリランカにはもう8年も前だが行ったことがあり海岸を歩いたなあと思い出した。クマラトゥンガ大統領の「我々には、これほどの大きな災害の経験がなく、十分に対処する備えがない」という声がなんとも悲痛。あのあたりの人々には津波に対する知識がほとんどないというのも初めて知った。
午後イチで市ヶ谷N社にて打ち合わせ。2時間たっぷりアタマをフル回転。会社に戻り1時間ほどで本日最初のご飯と雑事を瞬時にこなす。夕方、東陽町でN社の2名と個人的飲み会。その後タクシーで新橋へ。昨日の続きで小枝さん一派、橋口さん、矢野アナに、それに蘇武さん、かつてテレ東で解説をしていた榎本さんも加わった宴会に合流。わたしに飲ませたかったらしい5リットルのボルドーのボトルがすでに空いてしまっていて残念。終電を心配しない程度の時刻に散会。ご近所の蘇武さんと帰りの電車で談論風発。もちろん地方競馬のこと。

競馬●笠松ライデンリーダー記念は1番人気のミラージェネスがジュニアクラウンに続く重賞2勝目。●G1ニュージーランドダービーはハイペースで縦長の展開を後方3番手追走のペンタイア産駒エクセレントが最後の100メートルで差し切って優勝。●4歳牝馬7ハロンのG1ラブレアSはアルファベットスープ産駒の人気薄アルファベットキッスイズがグレード初出走初制覇。1馬身差2着に1番人気ベンディングストリングス。モーニングラインで1番人気だったイヤリーレポートは関節のちょっとした怪我で当日朝にスクラッチ。●あと1週を残して北米のトレーナー、ジョッキーの賞金ランキングが決定した。トップは今年勝ちまくったトッド・プレッチャーとジョン・ヴェラスケスのコンビ。調教師の2位はボビー・フランケルで、年間勝利数レコードを更新して12/26までに552勝を挙げているスティーヴ・アスムッセンは3位。騎手ではエドガー・プラドが2位。勝利数ではこの秋にニューヨークにベースを移す前にケンタッキーで乗っていたラファエル・ベハラーノが12/26までに450勝でトップ。●骨折のため実戦から遠ざかっていたセカンドオブジュンがカルダー8.5ハロンの一般戦で復帰もクビ差2着に敗れた。●1/6にウルグアイで行われるG1・2レースがピムリコでサイマルキャスト発売される。これも当然マグナがらみ。ちなみにオッズは本国と北米は別々のもので、ピムリコ本場の最終レースに続いて、ピムリコの10,11レースとして発売される。こうやってJRAも時差の少ない香港とかシンガポールとかオセアニアの馬券売ればいいのになあ。

本日の酒●東陽町のファミレス的イタリアンにて、グラスのスプマンテに続き3人で赤のボトルを2本。バルベーラとあと何だったか。新橋の焼き鳥やにて徳利に注がれてくる焼酎をお湯割りで。飲み過ぎることなく健康的な酔い加減。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2004

有馬記念で宴会ハシゴ

有馬記念に行く前にさいたま市議南区補欠選挙に寄る。ほとんど人が来てなさそうな投票所。係りの方々は1日さぞかし暇だったことでしょう。市議の補欠選挙だけに投票率20%代前半かと思ったが予想をはるかに下回る13.95%とは。これだけ投票率が低いと共産党の圧勝ですな。
昼には中山競馬場に着きたかったのだが結局1時半過ぎになってしまい昼前に到着していた高知の橋口さんをお待たせしてしまう。たんぱのブース訪問。コスモバルクはジャパンCの2着まででさすがにおつりがなかったか。対してゼンノロブロイは常に馬に負担のかからない仕上げでレースを続けてきた調教師の手腕か。ま、ヒシミラクルの単勝を買ってるようでは馬券は当たりません。
終了後、もう10年以上も続いているパソコン通信(死語)時代の仲間との宴会は門前仲町の居酒屋で30名弱。その後原稿などを終えた日経・野元記者と8時近くに合流、日経の関西競馬担当の方と、橋口さん、月本夫妻と寿司屋へ。その間何度か矢野アナから連絡を受けていて、タクシーで品川に移動。コスモバルクの応援に来ていたホッカイドウ実況の小枝さん一派、古谷くん、矢野アナ夫妻などと合流もラストオーダー後だったため1杯でおしまい。ホッカイドウ組も橋口さんももう一泊ということで翌日夜に再会することを約束して別れる。

競馬●ばんえいホクレン賞はスーパークリントン。カネタマルは3着、重賞勝てんなあ。●アブダビ開催。サラブレッド芝1400mのHHプレジデントCはシェイク・ハムダンのアルマーリが勝利。ハヤ王女のサモナーは4着。純血アラブ3歳のアルアサイルチャンピオンシップはシェイク・ラシッドのAl Djerbyが勝利。この日はシェイク・ラシッド3勝、シェイク・ハムダン2勝でシェイク・ラシッドが1勝差でオーナー・ランキングのトップに立った。●3歳7ハロンのG1マリブSはスタートが悪く最後方からとなったロックハードテンが直線で追い込みラヴァマンを半馬身差し切った。ロックハードテンはこれがリチャード・マンデラ厩舎移籍緒戦、騎手ゲイリー・スティーヴンス。●昨年のBCジュベナイルを勝ったアクションディスデイがサンタアニタ芝1マイルのアロウワンスで復活をかけ1番人気に推されたが後方まま11頭立て9着。BCジュベナイル以降5戦して勝ち星なし。ちなみに勝ったのはランニングフリーという馬。

本日の酒●乾杯のビール1杯に続いて芋焼酎をお湯割でひたすら。2軒目の安いお寿司屋さんで梅サワー。品川で合流してグラスの赤。帰宅して昨日の続きヴィーニャ・ペレス・クルスのシラー02。飲み過ぎです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2004

なんちゃってフルコース

8時半起床で午前中は窓から身を乗り出す決死の覚悟(ってほどでもないか)で外側の窓拭き。昼は買い物ついでに以前から折り込み広告が気になっていた江戸前回転鮨「承知の助」。回転鮨としてはやや高めだがそれなりのことはあった。おいしい。
夜は妻の同僚通称おじょーが来て地味にクリスマス。しかし料理はなんちゃってフルコース。当然お料理当番はわたし。冷たい前菜は白菜とスモークサーモンのサラダゆずドレッシング。それとオニオンスープ。温かい前菜は初挑戦のフォアグラのポワレ・ポルト酒のソースがけ・リンゴのポルト酒焼きを添えて。うまい!しかし知ってることとはいえフォアグラって油の塊であることを自分で焼いてみてあらためて実感。魚は真鯛のアクアパッツァ。アクアパッツァは2度目の挑戦だけど1度目ほどのインパクトがないなあ。肉はラムの香草焼きにバジルソース。オーブンでの焼きがちょい足りない感じだったので肉塊を切ったあとにちょっとフライパンで焼きなおす。ちゃんとしたラムはおいしい。しかしメインの魚や肉のころには酔いがまわってあんまり味を覚えてないという罠。家だとボトル開けたワインをゴクゴク飲んじゃうんでそれが難点ですな。
ちなみにフォアグラとラムはこちらからお取り寄せ。「肉.うまい.jp」ってURLがすばらしい。また利用させていただきます。

競馬●岩手・伊藤和厩舎に移籍したマンボツイスト水沢1800mのA1戦勝利。●岩手銀行が返済期限を延期ということでとりあえず競馬ができる。

本日のワイン●ロジャーグラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット、ふむ、白のグラン・キュヴェはイマイチだったけどロゼはたしかにおいしい。フォアグラにはソーテルヌでしょってことでリューセックのセカンド、レ・カルム・ド・リューセック02。白は丸藤葡萄酒工業のルバイヤート甲州シュールリー03。水曜日の残りミシェル・ノエラ・ブルゴーニュ・パストゥグラン01。チリはヴィーニャ・ペレス・クルスのシラー02(カベルネも5%入ってる)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2004

視聴率ってのもどこまで正確なんでしょうか

人身事故で埼京線ストップ。タクシーで浦和まで行き京浜東北線から山手線で出社。年末の休みを前に(といっても例年のごとく31日まで競馬場なのだが)雑務と編集と。そして今日も企画について悩む。
目標「80%」ってアホか。ぼくは普段競馬とニュースくらいしかテレビを見ないので芸能関係に疎くなっている反動か、実はいまどき毎年「紅白」をけっこう楽しみに見ているのだがさすがに今年は見なくてもいいかと思うようなメンツ。ゆえに視聴率は史上最低を記録した昨年の45.9%よりは下がるのは確実だと思う。

競馬●川崎A3特別はチョウサンタイガーが勝って浦和桜花賞9着以来のビービーバーニングは3着。●2着のウンて(^_^;)●ジェベルアリ開催。ダート1950mのジェベルアリSはフランスから移籍してUAE初戦のアルゼンチン産馬エルフラノが勝利。昨年の勝ち馬ドバイオナーは直線での叩き合いに敗れ3着。この日全6レースのうちダグ・ワトソン調教師4勝で今シーズン19勝となりトレーナーの勝ち鞍リーディングでは断然抜け出した。●オーバーブルックファームで繋養されていたカーソンシティが死亡。17歳。●チリの3冠馬トロタモンドが12/28に南カリフォルニアに向け出発する。ローラドセルー厩舎に入る。

クリスマスイヴの休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2004

黄金色のソアヴェに驚く

本日も川崎競馬場へ。ネタにするため名物パドック横以外のヤキソバを探したのだが結局同じ値段で冷たくて情けないヤキソバを食うハメになった。口直しにパドック横の絶品コロッケ。今日は特にコショーが効いてる感じ。馬券は名古屋グランプリは馬連複本線的中もオールスターカップは58キロのブラウンシャトレーを買い切れず9万7千円の3連単を逃したのは悔しい。馬券はハズシたが相変わらず重賞での山田信大の3連単馬券はシビれる。
終了後N氏と川崎駅近くの居酒屋で謀議。普段は若者で混雑しそうな感じだが休日ゆえ空いていて静かで助かる。店員の質も合格。あまりに外が冷えたので黒糖焼酎お湯割を頼んだのだがこれが濃くてお得感満載。2杯でいい気分になる。その後東海道線で終点東京駅下車。以前から月本さんに誘われていた丸ビル地下のSOTOKOTO LOHAS KITCHEN & BARへ。週替りで取り揃えているグラスワイン秀逸、詳細は下で。有機栽培の根菜盛り合わせもおいしい。カブなんかも生で食べるとおいしいんだなあ。祝日の丸の内ということでお客さんも少なく、少し前にNHK-BSで放送していたというジンガロの2時間番組をお店の大画面で見せてもらう。デビュー作の「騎馬キャバレー」はなんというかアバンギャルドだがこういうの見てみたかったなあ。ビデオとかないんだろうか。ビデオを見終わるころにちょうど閉店。JRの改札をくぐる寸前に荷物を忘れたことに気づき慌てて戻って事なきを得る。その後帰宅の過程は記憶があいまい。

競馬●名古屋グランプリはイライラするくらいのスロー。現時点で実績が抜けていたワイルドソルジャーは力どおりとしてスナークレイアースはこういう展開にハマレば走る。というか出走馬のレベル的に2着は順当か。最終R「ばんえい競馬新春発売決定記念」はイッコーオーで、さすがにA2ならば単勝120円に応えた。●報知オールスターカップは岩手のウツミジョーダンが好位から差し切り。エスプリシーズは主催者から出てくれとお願いされたのだろうか、とても走れる状態になくなぜ1番人気。2歳戦を勝ったサイキョウマンボは父メイセイオペラ母ブンブンラリーという血統。●G1・11勝のアゼリ引退が決定。●ナドアルシバ開催。ダート1800mのR65-90にボスラシャム産駒の良血ボスラズヴァレンタインが中4日で出走し連勝。2着アフガン。

本日のワイン●川崎の某居酒屋にて銘柄失念の黒糖焼酎。さらにSOTOKOTO LOHAS KITCHEN & BARにて。ハウスワインの白はINAMAというつくり手のソアヴェ・クラシコ・スペリオール01、ソアヴェとはとても思えない黄金色にすごい樽香、これが700円で出されるハウスワインとは驚き。さらにソアヴェで、'02 Soave Classico “La Rocca”PIEROPAN /Veneto州、これも黄金色でびっくりのおいしさ。そして赤。'00 Barbera d'Asti“La Court”MICHELE CHIARLO /Piemonte州。'00 Harmonium Nero D'Avola FIRRIATO /Sicilia州。最後にデザートワインで'99 Recioto delle Valpolicella MICHELE CASTELLANI /Veneto州。各1杯ずつ。飲み過ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 22, 2004

KYダービーの馬券が欧州で買えるようになる時代に

結局埼京線の始発には乗れず、その10分後の始発2本目で帰宅。24時間営業になった早朝の西友でハチミツ、ヨーグルト、亀田の柿の種を買う。朝6時半くらいに寝て11時過ぎ起床。川崎競馬場へ。早めに行っていろいろと調べものと思っていたのだが着いたのは結局いつもと同じくメインのパドックぎりぎり。そして本日の楽しみは、ダーレーのシーチャリオットに勝ってもらうこと。ダーレーが船橋に参入したときに川崎の馬主会役員が海外資本の参入に反対を表明していたらしいのだ。シーチャリオットが勝ったときに表彰式でその馬主会役員はどんな表情で表彰するのか楽しみだったのだが、残念2着。兵庫ジュニアグランプリの勝ち馬はこれまでこのレースでの実績があまりなかっただけに軽視していたのだが、いやプライドキム強かったです。
早めに帰宅してたまってきた野菜の処理。最近極めつつあるトウバンジャンとナンプラーで野菜炒め。小松菜とえのき茸の梅肉あえ。

競馬●全日本2歳優駿、プライドキムがハイペースの2番手を追いかけ直線楽々抜け出し。シーチャリオットなんとか2着。●アメリカでいくつものメジャーな競馬場を所有する2大グループ、チャーチルダウンズとマグナエンターテインメントが英、愛、独、オーストリアでサイマルキャストを行うと発表。こんなふうに競馬でもどんどん国境がなくなる時代に地方競馬では場外発売所募集という、規模の違いというか時代遅れというかなんともこの落差に悲しくなる。●例の保険関連の問題でチャーチルダウンズから騎乗を拒否されているマーク・ギドリーがこの冬から春のシーズンはサンタアニタで騎乗することになった。●ドイツ調教馬で今年の仏G1クリテリウムドサンクルーを制したパイタを吉田照哉氏が購入。

本日のワイン●ちょっと残っていたペスキエ・キュヴェ・テラス02。ブルゴーニュの大きいグラスを買ってきたのでブルゴーニュをと思いミシェル・ノエラのブルゴーニュ・パストゥグラン01。当たり前ですが安いブルゴーニュだとあまり効果ないですな(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2004

雲を掴むような企画に苦悩

年末に向けて雑務溜まりまくり。来年度に向けて見積もり作るだけで3本。企画はまるで雲を掴むような内容だが懸案の調べ事は各所に電話して肝心の金額部分がだいたい明らかになる。あらためて人とのつながりの大切さを感じた。なんとかうまく行ってくれないかなあ。明日明後日と競馬場なので今日中に終わらせなければならず、結局始発電車でお帰り。
ああ、なんかまた喉の調子がよくない。困ったものだ。体はいたって元気なのだが。
totoもネット販売へ。っていうか、売上不振は胴元の取り分多すぎ。それに賭けのルールを決める人が実際にはこういう賭け事にあまり興味のない人たちだからではなかろうかではあるまいか。

競馬●一時19勝まで差がつまった地方のリーディング争いだが再び内田博幸が的場に30勝差をつけた。

会社泊につき休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2004

フェスティバル北米G3勝利!

午後イチで市ヶ谷某社にて打ち合わせ。企画書を出す任務をおおせつかる。今年後半は企画書とか見積とかを作る日々が続く。それだけいろいろなことが変わろうとしてるということなのだが。帰社して雑務。

競馬●ばんえいオープン、グレートサンデー連勝で好調。ミサキスーパー、ヒカルセンプーは相変わらず調子上がらず。●1/20のマクトゥームチャレンジから3/26のドバイワールドCまで11日間のナドアルシバ開催、ドバイ・インターナショナル・レーシング・カーニバルに向けて今年も遠征厩舎多数。ジェラール・バトラー、ジョン・ゴスデン、ジェリー・バートン、クライヴ・ブリテン、マイク・ドゥ・コック、ミック・シャノン、マーク・ジョンストン、ジョン・オックス、ダーモット・ウェルド、ジェレミー・ノセダ、ピーター・チャップルハイアムなど。中でも南アのマイク・ドゥ・コックは今年も気合が入っているもよう。マカオからというのは、おそらく今年もマルコム・スウェイツだろう。●すごい。アメリカに移籍して2戦目のフェスティバルがG3を勝ちました! ハリウッドパークのダート8.5ハロンのダーリアH。芝G2だったのが芝コースの状態悪化でダートG3に変更、10頭立てのはずが5頭スクラッチ。直線で抜け出し6馬身差! 大井に移籍してきたときは完全に終わった感じだったのだが感慨深い。●グレード3勝のリードザフットノーツが膝の故障で引退、フロリダで種牡馬入り。

本日のワイン●きのうの続き、シャトー・ペスキエ・キュヴェ・テラス02。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 19, 2004

エビ出演番組耐えがたし

10時過ぎに遅めの起床。ものすごく久々のジョギング。気持ちいい。年末にそなえて風呂掃除。
本日お食事当番。カリフラワーのサラダ。ホットプレートで鮭のチャンチャン焼き。かんたんおいしい健康的。
借りてきたDVDを妻が見ていたのだがわたしの希望で9時からみなさまのNHKを見る。けっこう楽しみにしていたのだがあまりのつまらなさで15分ほどでやめる。苦悩のフリをするエビの顔を2時間以上見つづけるのは耐えがたい。視聴率が低かったのも当然。

競馬●武豊年間207勝。●ばんえいヒロインズCはトカチプリティーが先頭で第2障害を越えるとそのまま逃げ切り。サダエリコが追い上げ、この重量差での2着はさすが。コスモカップ3着。●水沢トウケイニセイ記念はトニージェント、タイキシェンロンがクビ差で人気どおりの決着。●高崎ディセンバーCはナゾルスターが逃げ切り。●中日杯はホシオーが早め先頭から押し切り3馬身差。2着エイシンクリバーン、4馬身差3着にセンジュチカラというだいたい力どおりの決着。●全日本2歳アラブ優駿は断然人気ユノフォーティーンが勝って7戦6勝。競走中止が2頭いてアタリヤ失格。●佐賀のA1A2特別はリンデンノタカが勝って霧島賞馬ベルガモットシール半馬身差2着。●アブダビ開催は今シーズン最初の重賞ナショナルデイC。サラブレッドは、おお、ゴドルフィンからプリンセス・ハヤに譲られたサモナー勝利。アラブ版のG1ナショナルデイゴールドCはシェイク・ハムダンのベンガラントが勝ってハムダンのワンツー。7着のサラブという馬名の純血アラブのオーナーがH.H.Presidentというのは勝負服が変わってないのでまだ故シェイク・ザイードの名義から変わってないのだろうか。UAE産のアラブ3歳牝馬によるアブダビフィリーズクラシックはアフマブルーカーが勝って女性トレーナーのジリアン・ダフィールドはナショナルデイゴールドCも含めこの日3勝。●2歳牝馬のG1ハリウッドスターレットはアンブライドルズソング産駒のスプレンディドブレンディドが1番人気で2馬身差勝利。2着にBCジュベナイルフィリーズ6着のシャープリサ。●シャドウェルファームで繋養されていたカナディアン国際の勝ち馬ムタマムが来シーズンはドイツで種牡馬生活を送る。

本日のワイン●カヴァはロジャー・グラートのグラン・キュヴェ、楽天のいろんなショップで話題になってるので買ってみたけどたいしたことないなあ、値段なり。シャトー・ペスキエのキュヴェ・テラス02、すごく久々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2004

午前にバリウム、午後焼酎

午前中はバリウムを飲む。予約の10時に行くと順番待ちはなく一瞬にして終わる。終了後すぐにその場でもらった薬と一緒に1リットル以上水を飲んだら午後の早いうちにほとんど水状態の白いのが出てくれた。バリウムにはだいぶ慣れてきた。とりあえずすぐに水を大量に飲むと早く楽になれますよ。
夕刻、シンガポールでお世話になったYさんとA新聞A記者と市川大野で待ち合わせて蕎麦屋「梅ぞ乃」へ。Aさんはエリートサラリーマンであり馬券師でありおそらくシンガポールの競馬に日本一詳しい。シンガポールの競馬のいろいろな話をするうちに、やっぱり地方競馬は番組編成の方法を変えないと商品としては売れないと思う。
帰宅してオニオンスープを作る。ハーブやスパイスを入れたらどうだろうと思ってローズマリーとクローブを控えめに入れてみた。クローブのせいだろうけどちょっと薬っぽくなってしまいやっぱりオニオンスープはストレートにいったほうがよさそうだ。

競馬●岩手競馬ではレース前に重要な話があると召集がかかっていたようだが、とりあえず競馬は続けるという話だったらしい。●ナドアルシバ開催。ダート1500m、R60-90のマセラティHは、父サドラーズウェルズ、母ボスラシャムという超良血の4歳牡馬ボスラズヴァレンタインが勝利。今年4月にナドアルシバで初勝利を挙げ、今シーズンはUAEで4戦目での初勝利。●今年の北米2歳チャンピオンが決まりそうな8.5ハロンのG1ハリウッドフューチュリティは1番人気のデクランズムーンが早め先頭から押し切って4戦全勝。1馬身差2着に伏兵のジャイアコモ(Giacomo)、BCジュベナイル勝ちのウイルコ3着、シャンペンS勝ちのプラウドアコレード5着。●カルダー芝12ハロンのG2W.L.マクナイトHは、今シーズン障害も走っていた1番人気ドレッドノートが直線差し切ってクビ差勝利。●アケダクト牝馬の10ハロンG3レディーズHはレアギフトが6馬身差圧勝で重賞初制覇。●アルゼンチンの3歳牝馬チャンピオンForty Marchantaがゴドルフィンに買われ、すでに12月上旬にアルクォーズステーブルに着いている。

本日の酒●蕎麦焼酎「刈干」を蕎麦湯割で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2004

ダブつきヌーヴォー

昨日時間切れでやり残したことがあり早めの出社。午後から東陽町N社にて月イチのミーティング。紆余曲折したがとりあえず話がまとまる。会議後、N社の何人かと打ち合わせしたり個人的に質問したり。とりあえず今後の参考になった。
家の近所の西友ではジョルジュ・デュブッフのボジョレー・ヌーヴォーが余りまくり。いまだに棚を占拠していて値下げされていた。昨年は百年に一度のデキとかで話題になり一瞬にして売り切れてしまい、もっと売れたはずと小売店側は悔しい思いをしただろうが、今年はこのチャンスを逃すまいとばかりに仕入れすぎたのだろう。そんな小売店が今年はたくさんありそうだ。

競馬●シンガポール今年の最終日。高岡厩舎、第2Rをグレートパシフィックで勝って今年11勝目。そして競馬場ではいつも若いおねーちゃんを連れているローリー・ラクソン調教師はシンガポール初の年間100勝越えで、結局101勝となった。●ばんえい、岩本利春、松井浩文が調教師合格。竹ケ原茉耶さん、ばんえい3人目の女性騎手。北海道平地、久しく名前を聞かなかった小野望、騎手免許再取得。●アットマイルを勝ったソアリングフリーがカナダの年度代表馬に選出された。●アメリカのチャーチルダウンズ・サイマルキャスト・ネットワークが1/20~3/26に11日間ナドアルシバ競馬場で行われるドバイ・カーニバル・オブ・レーシングの馬券を発売することになった。お願いだ。日本でも買えるようにしてくれ。●今年種牡馬を引退し、レキシントンのウォルマックファームで余生を過ごしていたミスワキが17日に死亡した。26歳。

本日のワイン●ヌーヴォー解禁のタイミングで喉が炎症を起こしたためうちにもヌーヴォーがダブついて、あと3本。というわけでマルキドボーランのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー04。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2004

だいじょうぶか岩手

たまった雑務を粛々とこなす。
岩手競馬が危ない。ちょっと前まで地方競馬の中では優良主催者だと思われていたのにこれはちょっとびっくりだ。ことの成り行きは「PURE GOLD-競馬ニュース-」が随時リンクをしてくれている岩手県競馬組合関連のところを読めばわかるが、とにかく今年度中に50億円を調達できないと資金がショートする。そのための融資が議会で否決されて今のところ手立てがないと。50億ですよ。しかもそのうち20数億円はとりあえずすぐにでもないと年末の開催すら怪しいらしい。高崎や笠松などと違うのはもはや税金を投入していいのかという議論にもならないことに加え、高崎や宇都宮や笠松が県のトップや議員によって廃止へのレールが引かれた(または、引かれようとしている)という面が否定できないのに対し、岩手の場合はいくつかの報道を読んだ限りでは知事をはじめ議員さんの多くが競馬を続けたいと思っているのだがそれが資金面で物理的に無理ということのようだ。積極的に廃止を唱える人が存在しているわけではないのでもはや厩舎関係者にとっても廃止反対運動をする余地すら残されていないということになる。なんとも大変なことになったものだ。

競馬●上山から佐賀に移籍していた前野幸一がいつのまにか引退していた。●ナドアルシバ開催。全6レースのうち5レースをシェイク・モハメドの息子たち所有馬が勝利。そのうちテッド・ダーカンとスタンレー・チンが2勝ずつ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2004

せめて店員の教育くらいはちゃんとしてね

こまごまとやることがあるので本日の船橋行きは断念。出社して夕刊フジの原稿とか某ウェブとか急いで片付ける。
本日会社の忘年会。シーズンまっさかりにつきどこもなかなか予約がとれずチェーン居酒屋「北海道」。ちょっとだけ期待していた「ジンギスカンチゲ鍋」は典型的に臭いラム肉の上にキムチ味の出汁が薄くかなりイマイチ。最後のうどんは完全に臭いラムの味がした。しかし考えてみればこの名前おかしくないか。「ジンギスカン」は例の真ん中が膨らんだ鉄板を使ったラムの焼き肉のことだし、さらにこれはずっと前から気になっているのだが韓国語で「チゲ=鍋」だから「鍋鍋」だし。「チゲ鍋」と堂々とメニューに表記しているのはどうも無知をさらしているようでそういう店では注文しないことにしていたのだが、これは完全にわたしの選択ミスで申し訳ない。思い起こしてみれば何年か前は「北海道」といえば生産者が明記されている有機野菜を使ったメニューがウリで、ワインなんかもこだわって有機農法ブドウで亜硫酸塩もちょっとしか使ってないのが置いてあったりしたのだが、最近はすっかり普通のチェーン居酒屋に成り下がった。かつての名残といえば本物からすれば子供だましのような「鮭のチャンチャン焼き」くらいか。おまけに飲み放題はつかないコースで予約していたのに飲み放題になっていたり、これはもちろん直させたが、それ以外にもいくつか不快な対応。近頃の内装に凝ったチェーン居酒屋によく見られるように店員の教育レベルも低し。総合判断として自分から進んでは二度と行かん。とりあえず宴は昔話などで盛り上がったのでよしとする。3時間以上居座り店を出たのが11時近かったのでめずらしく1軒で終了。
帰宅して白菜の浅漬けを仕込む。

競馬●船橋クイーンC。レマーズガールが抜け出しグラッブユアハートが追い詰めたが届かずというこれまでに何度か見たような決着。プルザトリガーは道中の手ごたえが悪かったようだが…。3着ブルーマドンナは前走TCKディスタフに続いて穴をあける。●ダーレーのティンバーカントリー産駒のUAE産馬オージアが3戦目で勝利、6馬身差。同じくダーレーのマークオブエスティーム産駒ミッシヴも2戦目で勝利。内田博幸本日2歳戦で3勝。●桜花賞16着のあと川島正行厩舎で3戦して結果がでなかったロイヤルセランガーが名古屋・角田輝也厩舎に移籍していて笠松のA2で勝利。●ナイキダンサーが荒尾に移籍していて03年帝王賞6着以来の出走でA1戦を勝利。●とちぎマロニエC9着だったパワフルダンサーが船橋・佐々木清明厩舎へ。

本日のワイン●居酒屋「北海道」の白のいちばん安いボトルで北海道ワイン株式会社の北海道ケルナー03。香りは薄く酸味のきいた柑橘系っぽい味だが一瞬ゲヴュっぽい感じも。値段を考えればまずまず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2004

バリウム飲まず酒飲み過ぎ

8時起床で健康診断へ。旧浦和市時代からさいたま市は福祉が充実していて、小学校に上がる前のお子さんがいる家族などがそれを理由に引っ越してくるなんてことも珍しくない。で、国民健康保険だと三十代から指定の病院で格安で基本検診が受けられる。今年は人づてに勧められていた病院に行ってみた。その病院は胃の検査でバリウムを飲まなくてもいいと聞いていたのだが当然そんなわけはなく、勧めてくれた主が勘違いしてたのはエコーによる肝臓や膵臓の検査であった。しかもちょっと古めの病院で、おいおいこの程度の検査でだいじょうぶかよという気がしないでもない上に結局その病院には胃のレントゲンの設備がなく日をあらためて別の施設にバリウムを飲みに行かなければならないという罠であった。
で、夜はお食事当番。キャベツがたくさんあったので野菜炒めと、久々のキーマカレー。妻のいとこのさっちゃんが明日休みということでカレーを食べにくる。調子に乗ってワイン3本開け最後のほうは記憶がかなりあいまい。反省。

競馬●Aiba札幌オープン。ここはちょっと注目の場所になるかもしれないので年明けにでも見学に行こう。●4000勝ジョッキー、シェーン・セラーズの引退が15日に正式に発表される。最後の騎乗は10/2のフージャーパーク。最近議論になっている騎手に対する保険問題の解決が十分に図られないというのが理由。●ワールドシリーズのチャンピオンは結局シンガポール航空国際Cを勝ったドイツのエパロ。スラマニと同点だが賞金の差ということらしい。騎手、調教師、馬主部門はデットーリ、サイードビンスルール、ゴドルフィンという毎度の結果。というわけでスポンサーがなくなって盛り上がりに欠けてきたワールドシリーズだが一応来年の予定も発表されている。一時世界3位にランクされたわたしのファンタジーチャレンジは結局2074ポイントで日本人で29位、世界では216位という結果。

本日のワイン●チリのアラウカーノ・ソーヴィニヨンブラン04。ムーラン・ド・ラ・ガレットのジゴンダス01。南アのスタークコンデ・シラーズ02。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 13, 2004

あらためて香港馬の躍進

夢の中で延々と目覚し時計が鳴り続け午前5時起床。6時15分香港ジョッキークラブ手配のバスで空港へ。CXは帰りも満席。追い風につき3時間ちょっとで予定より早く午後2時前には成田着。とくに急ぎの仕事もないので出社せずそのまま帰宅。
で、きのうの香港国際レースの調教国別の着順(左が1着。カッコは、香港調教馬/出走頭数)。
 ヴァーズ  英首仏仏港(3/12)
 スプリント 港港澳英港(4/14)
 マイル   首港港港日(7/14)
 カップ   愛港仏愛首(4/14)

香港はサイレントウィットネスの活躍ばかりが取り上げられがちだが、ヴァーズが相変わらず欧州上位なのは仕方ないとして、それ以外でも確実に上位を占めている。日本調教馬が4戦のうち3勝してこれからは日本馬が普通に勝てるのではないかと思わせたこともあったが、実はエイシンプレストンだけが活躍を続けただけではなかったか。その後は代わって香港調教馬が急激に躍進してきた。少し前までは地元のチャンピオン級でないと入着はほとんど不可能だったのが、マイル2着のパーフェクトパートナーもカップ2着のブリッシュラックも近走は地元重賞で勝ちきれなかった馬たちだ。それだけ全体のレベルが底上げされたということだろう。しかも外国調教馬が出走馬の半数以上を占め、地元馬の割合が少ない中でのこれだけの成績。それに比べて招待レースでありながら満足に外国馬すら揃えられないジャパンCはどうよ。

競馬●ノーザンテーストが11日に老衰で死亡。33歳。●コスモバルク大井で公開調教三浦さんが書いてるように地方の枠を越えてこういうことが実現するようになったのはすばらしいこと。

明日健康診断につき夜9時より断食。逆ラマダン(^_^;) ついでに休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2004

今年も馬券負けた香港

10時半のバスで競馬場へ。前回まではブロードバンドを使う人が少なくて回線が余ってたのに、今回はいきなりプレスルームに出ている回線が足りない感じ。ダイヤルアップしか使わなかった欧米人もさすがにBB仕様になってきたみたいだ。次からはプレスのバスが出る前に来ないと。シャティン競馬場はずっと好天続きらしく今日もいい天気。日差しの下では焼けるように暑い。
04hkvase【香港ヴァーズ】団子状態でけっこうなスローペース。ウォーサンが3コーナーで一旦は先頭も4~5番手追走のフェニックスリーチが直線で抜け出しサイツオンゴールドが追いかけたが最後まで差は詰まらず。3着に昨年の勝ち馬ヴァレアンシャンテ、4着スイートストリーム。フェニックスリーチが正攻法で勝てるレースだからやっぱり日本馬が来れば一番狙えるレースだと思う。
04hksprint【香港スプリント】レース前からオーナーの表情を映すカメラが陣取り余裕の表情。サイレントウィットネス強すぎ。真ん中あたりまで持ったまま楽に先行して追い出したら楽々と突き放した。まだまだ本気を出してない感じ。これで無敗の13連勝。あたりまえの勝利という感じで「加油!!」の旗を持った応援団も去年ほどの大騒ぎではなかった。2着は昨年の3着馬ケープオブグッドホープ。マカオのナチュラルブリッツが3着に入ってマルコム・スウェイツ会心の笑顔だった。カルストンライトオは追走一杯で途中でレースをあきらめた感じで最下位。サニングデールは中団まま7着。サイレントウィットネスはシガーと同じ16連勝したら(→ではなく、香港スプリント3冠を来年も勝って16連勝になったらというのが正解らしい)レースがたくさんあるマイルの適性を見て海外へということらしい。
04hkmile【香港マイル】スローな流れもデュランダルは最後方から。最後は伸びたが前も止まらず追い込みきれず。ファイヤーブレークが好位から抜け出した。テレグノシスは中団内を追走して最後は追うのをやめていた感じ。今回はどうも日本馬が来そうな展開にはならなそうな感じだったのでデュランダルはほとんど馬券からはずしたのだが、エイシンプレストンとの違いはといえば、やっぱりどのレースを最大の目標にしているかということだと思う。
04hkcup【香港カップ】オッズは出入りが激しかったが結局はラクティ1番人気、ダンスインザムード2番人気。2コーナーで完全に引っかかったダンスインザムードが3コーナー手前で先頭に立ち、ラクティが4コーナーで外から並びかけるも人気の2頭はここまで。直線エンシェントワールドが粘っていたが、中団追走のアレキサンダーゴールドランとブリッシュラックが馬体を併せて追い込み、アレキサンダーゴールドランがわずかに先着。
04hk4r【おまけの第4Rハンデ戦】おととしの香港カップの勝ち馬プレシジョンがなぜかここに出ていてそれほど人気もなく接戦の5着(写真手前の一番右)。

夜は今日も柏村さんに予約していただいたミラマーショッピングセンター4Fの「香港老飯店」。プレスカンファレンスを聞いた上に交通事情がよくわからず1時間ほど遅刻で合流。上海蟹やナマコなど。鰻を燻製にして甘辛く煮たのがおいしかった。紹興酒はヴァーズでそこそこ儲けたというこやちゃんにごちになる。前夜のデザートが玉子と黄な粉で成沢さんが食べられなかっため皆が気を使い写真付メニューで成沢さんに選択権を与えるも出てきたものは見事に黄な粉のついたゴマすり団子で一同大ウケ。その後スターフェリーに乗ることになったが11時過ぎちゃうと湾仔行きは終わってた。しょうがないのでセントラルに渡ってわたしだけタクシーでホテル戻り。翌朝早いので簡単に出発の準備をして寝る。

競馬●ばんえい白樺オープンはグレートサンデー。だいぶ力をつけて安定感が出てきた。まだ5歳なので来シーズンが楽しみ。シンエイキンカイ2着だが、ミサキスーパー3着、1番人気ヒカルセンプー5着とこのあたりの実績馬が元気ない。さすがに牡馬と同じ重量ではアンローズ6着。●高崎のオープンはフォースキックが勝ってタワリングドリームハナ差2着、去年の高崎大賞典以来勝ってないテンリットルはすっかり調子落ちで8着。金沢北國アラブチャンピオンは3連勝中のマッピーウェーブ除外でグリーンジャンボ-モナクラムセスという順当な結果。●福山アラブ王冠はメイユウオライオンが大差圧勝。タッカーワシュウは前走落馬の影響か8着。最終のA1・1800mはスイグン順当勝ち。●高知A級特別はストロングボスが勝ってイブキライズアップ4馬身差2着。●佐賀九州ジュニアチャンピオンを勝っていたカンモンカイキョウがJRA認定勝利。●8.5ハロンの牝馬G2バヤコアHはハリウッドストーリーがG1ハリウッドスターレット以来約1年ぶりの勝利でこれが2勝目。1番人気エーピーアドベンチャーは3着。

本日の酒●香港老飯店にて十年もの紹興酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2004

今年最後の出国、香港へ

2時に寝て4時半起きはつらいよ。週末なので朝の電車がそれほど混んでなかったのは助かった。成田空港へ。9時半発のCXで香港。ほぼ満席で無事到着。
機内で読んだサウスチャイナモーニングでは、いちばん大きい扱いは当然サイレントウィットネス。カルストンライトオは「Black bullet train」とか紹介されてます。黒い弾丸列車でしょうか。意外に人気になるかも。カップはラクティが1番人気になりそうで、ダンスインザムードはそれほど注目されない感じなので狙い目かも。マイルは、デュランダルそんなに持ち上げんでも、というほどの注目度。ま、ほかにアントニウスパイウスくらいしかいないからというのもあるだろうけど。
夕刻、ハッピーアワーで飲み物が倍出てくるいつものパブで待ち合わせ、柏村さんに予約していただいたThe Royal Garden地下の「東来順」へ。日本からはIしゃちょー、成沢さん、伯楽、Uまん、ATというメンバー。ラムのしゃぶしゃぶ。うめ~。肉というより秘伝のゴマダレが。そして中国ワインの質の高さにも驚愕。ここはまた来たい。シェラトンのスカイラウンジでイチ合流。その後夜便で到着のこやちゃん、たかちゃん合流。人数が多いのでたくさんの種類のワインを飲めた。

競馬●水沢の2歳B1ロイヤルハーバー(父バブルガムフェロー)勝って4勝目。同じく2歳A2でジェベルネバーの仔ジェベルリーヴァが勝ってこれも4勝目。●ハリウッドパーク6.5ハロンのメイドンスペシャルでデビューしたフサイチサムライ2馬身差で勝利。●芝9ハロンのG3ネイティヴダイバーHはトゥルーリーアジャッジが逃げ切り。人気のダイネヴァーは2馬身届かず2着。

本日のワイン●CXの機内にて白と赤を1杯ずつ。白はボトルの中の一部が凍ってるという状態で最初は香りも味も閉じこまっててわからず。温度が上がってきたらまずまず、たぶんシャルドネ。赤はシラーズ100%でしょうか、シラーズ主体でしょうか。忙しそうだったのでボトルを見せてもらうタイミングがなかったけどたぶんオーストラリア。国際線エコノミーのワインとしてはいい感じかも。●待ち合わせのパブでキルケニー。「東来順」にて青島ビールのあとに、中国は山西省にあるらしいGRACE VINEYARDのTASYAIS RESERVE MERLOT 01、いやこれおいしいです、カリフォルニアあたりのちょっとしたメルロと言われてもわかりませんよ、これは。さらに長城干紅葡萄酒のグレートウォール・カベルネソーヴィニヨン95、最初のメルロがよすぎただけにそれに比べるともうちょいという感じ。シェラトンのスカイラウンジにて、チリのカーサ・ラホヤ・メルロ01。ソノマのベンジガー・ピノノワール00。ロバートモンダヴィのカベルネソーヴィニヨン00。もうこのあたり味は覚えておりません。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 10, 2004

めずらしく家で夕メシ

1月号めでたく校了で早めの帰宅。めずらしく平日に家で夕メシ。しおれかけてた水菜と生ハムのサラダ、野菜炒めをトウバンジャンとナンプラーで味付け。おいしいです。

競馬●飼料会社が持ってきたミネラル塩からカフェインとテオブロミンが検出され本日の大井開催中止。コスモバルクのお披露目も中止になったのは残念だなあ。●ジェベルアリ開催。メインの1200m戦は今年のゴールデンシャヒーン9着のコンシールConcealが勝ってRashed Bouresly厩舎は昨日のナドアルシバ開催に続く勝利、そしてこの日最終Rも勝って好調。●岩手競馬の恐ろしい数字

本日のワイン●ようやくボジョレーヌーヴォーの2本目、ベナール・マリー(と読むんでしょうか)のマテュー・テラヴィティス・ボジョレーヌーヴォー04。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 09, 2004

記者会見

kaiken午後からライブドアと高知競馬の競馬事業協定書締結の記者会見で六本木ヒルズへ。とりあえず確実にやるであろうことはネットでの馬券発売とそれにともなう映像配信などネットでのさまざまなサービスなど。4/1に仮オープンで実際の馬券発売は8/1からという予定。それ以外にいろいろ案が出されたが協議しながら決めていくということで、われわれ競馬関係マスコミにとってはそれほど目新しいと思えるようなことはあまりなかった。他場とのネットワークは今のところ難しいけど、高知で成功例をつくれば他も乗ってくるでしょう、というような堀江社長の見解。競馬開催に関する奥深い部分などはまだまだ突っ込みどころ満載という感じ。
フリーターはサマワへ。農水大臣のときに狂牛病のパフォーマンスで食べた牛肉がとうとう脳味噌を侵しはじめたか。

競馬●大井開催。御神本最後の3レースで3連勝。●ロビー・アルバラード騎手がフェアグラウンズで通算3000勝達成。●オーストラリアで繋養されているサンラインの父デザートサンが来年ニューマーケットにシャトルされる。●ナドアルシバ開催。純血アラブのMazrat Al Ruwayyahプレップは、シェイク・ラシッドのビッグイージーが勝って03年カハイラクラシックの勝ち馬バップムーンは3着。

本日のワイン●喉の不調につきちびちびとしか進まなかったアラウカーノ・カルメネール03が本日ようやく飲み終わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2004

既定路線だったと

会社泊で不覚にも朝8時近くまで寝てしまった。ハロン校正、夕刊フジ原稿と綱渡りでなんとか終え無事入稿。
高崎競馬はこれが最終判断でしょうか。競馬を続けるとなると何人もの議員や役人の顔がつぶれただろうし、仮に続けてうまくいっちゃったらさらに多くのエライさんの顔をつぶしただろうし。まあ既定路線だったとしか…。馬耳東風さんの意見にはかなり同感。明日は六本木ヒルズで高知競馬とライブドアの競馬事業協定書締結に関する合同記者会見がある。

競馬●大井のオープン勝島賞はジェネスアリダーが02年9月の戸塚記念以来の勝利。2着クールアイバーで高柳恒男厩舎のワンツー。3連単26万円。●的場文男2勝で内田博幸に19勝差まで迫ってきた。●イヴニングスキーいつの間にか高知に移籍して2連勝。●香港のインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップは、第1戦を武豊が勝ってこれが海外100勝目。他2戦は10着、3着。そして第3戦を勝ったクリストフ・スミヨンと同点で総合優勝

本日のワイン●まだ残ってたチリのアラウカーノ・カルメネール03。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2004

最後のマロニエ

宇都宮競馬場へ。これが最後になるとちぎマロニエC。お客さんはそこそこの入りだが馬券の売上げは上がらず1億2千万ちょっと。宇都宮の活気はやはり「はいっ、ヤキソバ100円!」にあると思う。ディバインシルバーが3着に粘ってくれれば3連単的中だったんだが高配当狙いは難しい。終了後競馬マスコミ関係総勢7名で「宇都宮餃子館」エストイン店。メニューがマイナーチェンジしてて揚げ餃子が限定されてしまったのが残念。競馬関係者のイニシャルトークで盛り上がる。午後7時過ぎお開き。湘南新宿ライン普通列車グリーン車で池袋へ。導入されたばかりらしいグリーン車Suicaシステムに感動。同行のRクンに使い方を教えてもらったのでよかったが、知らないと間違いなく戸惑う。で、9時過ぎ出社。校正まつり終盤戦へ。

競馬●とちぎマロニエC。ディバインシルバーは、笠松の時にはもうだいじょうぶと言っていたゲート入りが今日も悪い。ハナを奪ったがうしろにぴったりつかれる展開でゴール前で力尽きる。やっぱり気性が難しいなあ。ノボトゥルーは一旦下げて内の最短距離を通って追い込む好騎乗。バンブーボカ外から追い込んで善戦、せっかくなら勝ってほしかった。ノボジャックはやはり終わった感じ。●岩手競馬、新潟県中越地震の災害復興支援で開催3日間延長。●阪神競馬場のコース改造計画。芝の外回りよりJRAでは初のダート2000mが気になる。なんか大きいレースをやってほしいところ。例えば兵庫県競馬組合主催でJBCとか。●99年に種牡馬を引退しアシュフォードスタッドで余生を送っていたストームキャットの父ストームバードが12/3の夜、仙痛のため安楽死処分。26歳。

本日も休肝日。買い置きの日常ワインが減らん。ボジョレーヌーヴォーもまだ1本あけただけで残ってるし。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 06, 2004

睡眠がお年寄り体質

会社にて朝6時半起床。引き続き校正まつり。四十になったからというわけでもないんだろうが睡眠がお年寄り体質に向かってまっしぐら。徹夜(正確には徹夜ではない)で仕事していても午前2時くらいには確実に眠くなる。それでがんばっても能率が悪いので抵抗せずに寝て朝5時とか6時に起きるという図式。会社に泊って仕事したら喉の調子がちょっとよくなった気がする。気がするだけだとまずいので一応会社の近所の耳鼻咽喉科に行って薬を出してもらう。ここ何年か、ちょっとした風邪程度なら家でゆっくり寝るより会社で仕事してたほうが回復がはやい。「ウソでしょう」と思ったそこのアナタ。ホントなんだってば。

競馬●北海道から(たぶん一時的に)移籍した3歳牝馬のグローリサンディが水沢のA1戦をハナ差で勝利。●アメリカの100敗馬ジッピーチッピーが、引退したら競走馬が馬場入りの際に帯同するステーブルポニーになるプランがあり、そして現役時が映画になるかもしれない?●オーストラリアの吉田賢司くん重賞初制覇

もはや休肝というより休喉のためにアルコールを控える日々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2004

日隔差は砂漠並み?

本日誕生日。なんと2度目の成人式ですよ。
12月に25度の夏日って何事よ。昼間は半袖Tシャツで外を歩く姿多数。電車には冷房が入っていた。
午後から出社。本日から校正まつり。
十の位がひとつ増えた誕生日だというのに何ごともなく粛々と仕事をこなす一日。まあこの年になって誕生日だからと期待してもしょうがないが。せめて今後数年をどういう展開で生きていくか考えることにする。

競馬●有馬澄男阪神9Rで中央初勝利。よかったよかった。●内田博幸WSJS第4戦は馬が取消。総合1位同点の2人とは1ポイント差の3位だけに残念。●ばんえい帯広は雪。銀河賞は13.1%という超軽馬場。1.03.5という超スピード決着でもやっぱりサダエリコ。さすがにこのスピードだと振り向いてる暇はなかったようだ。●水沢・早池峰賞はトキオパーフェクト、シルクディヴァイン、タイキシェンロンと人気3頭がクビ、アタマの接戦。●宇都宮A1A2特別はハイコンプリートが5月以来の勝利。●金沢サラブレッドヤングチャンピオンは最低人気のメジャービクトリーが勝って人気のマルチロードスターは1馬身差2着。●ホシオー北國王冠出ずにこんなA1特別に出てるし。単勝元返しで4馬身差楽勝。2着テラプロメッサ、3着ミヤビリージェント。●ハリウッドパーク6ハロンのG3ヴァーノン O.アンダーウッドSは最低人気のテーストオブパラダイスがウォッチマンスモーキーとのハナ差の接戦を制してグレード初制覇。リチャード・マンデラの息子ゲイリー・マンデラ調教師もグレード初制覇。1番人気になったBCスプリント2着のケラは4着、ドバイゴールデンシャヒーンの勝ち馬アワニューリクルート5着。

会社泊につき休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 04, 2004

足利のワインうまいっす

午後から都内でお買い物。銀座でメガネ。池袋でプリンタ。帰宅後、軽くお食事当番。定番マグロのユッケ風と、白菜がたくさんあるのでピェンローとやらをはじめて作ってみる。いやあ、これ簡単でおいしい。というか白菜ってこんなにおいしい食べ物だったのかと再発見。ちなみに味付けはゲランドの塩と善光寺・八幡屋磯五郎の七味。たしかにこれは塩と七味も味を大きく左右するので試してみようという方はぜひとも塩と七味にもこだわってください。
ピェンローの準備をしていたらエビの謝罪放送、今ごろおせーよ。続いて「世界遺産・青きドナウの旅」「ローマ帝国」「サタデースポーツ」「アイドル同窓会」と、U局中央競馬ダイジェストの11時までずっとみなさまのNHKを見る。受信料支払い拒否ますます増えるだろうなあ。わたしはケーブルTV経由で自動的に引き落とされてるんで…。
体はいたって元気なのだが相変わらず喉と咳だけ直らん。困ったにゃあ。

競馬●ステイヤーズSはもともと力の違いもあったろうけどデムーロの騎乗はしびれた。●内田博幸、芝1600のゴールデンホイップT快勝。すばらしい。●ナドアルシバ開催。R60-90、ダート1400のアルカラマは9歳セン馬のメシュティが勝ち、2着プリンスオブデンマークでシェイク・ラシッドのワンツー。●来年からG3に格付けされるデルタダウンズの2歳のミリオンレース、デルタジャックポットSは1番人気のカリフォルニア産テクセスが2番手から早め抜け出し。4戦3勝2着1回。●2歳牝馬のデルタプリンセスSはスティーヴ・アスムッセン厩舎のパンチアピールが逃げ切り。5馬身半差2着にサマーレイヴンで人気を分け合った2頭の決着。●芝12ハロンのG1ハリウッドターフCは波乱の決着。ブラジル産ペレグリーニョが狭い内を割って抜け出し、イギリス産メガヘルツ、ブラジル産ライセンストゥランとアタマ、アタマの接戦の決着。モスコーバーニング4着。BCターフ勝ちのベタートークナウは3コーナーから一旦は先頭も直線で失速6着。●カルダー芝9ハロンの牝馬G3マイチャーマーHはトッド・プレッチャー、ジョン・ヴェラスケスのコンビ、サムシングヴェンチャーが勝利。一時は後続を9馬身も離して逃げた人気のチェンジングワールドは直線失速して3着。●芝9ハロンのトロピカルターフHは昨年のチリ2歳チャンピオンで1番人気となったホストが勝って、これもプレッチャー、ヴェラスケスのコンビ。●アケダクト9.5ハロンのG3クイーンズカウンティHはクラシックエンデバーが逃げ切ってG3を連勝。3/4馬身差2着にイヴニングアタイア。●ウッドバインは強風のため5R以降取り止め。●吉田照哉氏所有で今年の仏G1アスタルテ賞を勝ったマーバイMarbyeが繁殖として日本に来る。

本日のワイン●足利呱呱和飲。うめ~。ほんとに和食に合う。数日前に作ったきんぴらゴボウにぴったり。昨日の続きのアラウカーノ・カルメネール03。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 03, 2004

民間のビジネスとは

出社して広告などいろいろ片付けたのち、夕刻高崎へ。「高崎競馬の未来を語るシンポジウム」を見に行く。200ほどの席があり8~9割は埋まった感じで、平日のこの時間ということを考えれば予想以上の盛り上がり。今まで何十年もやってきた競馬が突然できなくなるという厩舎関係者の声は、どこの競馬場で聞いても身にしみる。しかし高崎に限ったことではないがライブドアに詣でて一貫して「助けてください」と一方的にお願いするのはどうだろう。民間でやるということは撤退や失敗する可能性もあるということ。ライブドアとしては競馬は間違いなく儲かると考えるから参入するわけで、仮に今と状況が変わって儲けが出ない状況になってまで助けてくれるわけでは決してない。藁をもすがりたいほど追い込まれた状況というのもわからないでもないが、「こちらは馬や騎手などこれだけいいものが揃っているからお互いに儲けましょう」と双方で利益を生み出すビジョンを描くのが民間との駆け引きというものだろう。高崎競馬存続に賛同する議員さんも来賓席に数名来ていたが、最初に名前を紹介されただけで最後まで何も発言しなかったというのも何だかな~。

競馬●名古屋ゴールド争覇。なんとなんと父パークリージェントでアングロアラブのキジョージャンボ。アラブに負けちゃうかタカラアジュディ2着。マルブツワールド5着、ロイヤルブレンド6着。●いよいよAiba札幌が12/14にオープン。繁華街に初めてのミニ場外だけに注目ですよ。年明けにでも見学に行こう。●シンガポール、ローリー・ラクソン本日2勝で年間100勝まであと2勝。●シガーマイルで3着に負けたピコセントラルはサンタアニタのG2、1/23のPalos Verdes Hか、2/26のサンカルロスHのどちらかを使ってドバイゴールデンシャヒーンへ。

本日のワイン●チリのアラウカーノ・カルメネール03。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 02, 2004

あらためて人脈の大切さ

10時半過ぎに要人を羽田空港にお出迎え。第2ターミナルはきのうオープンだが出迎えはJALなので残念。六本木にて打ち合わせ。のちにいろいろとお話。現状を確認するにはいい機会。しかし時間はない。一に人脈、二に人脈、三番目くらいまでも人脈で、四に情報、五に企画、という感じだと悟る。
午後6時出社。広告とか編集とか。ん~、会社でデスクワークをする時間が足りない。
NHKの受信料支払い拒否社会保険庁解体論。いろんな社会のしくみが破綻をきたしている。競馬もまたしかり。特に地方競馬はこのまま存続の形がとれても根本的にしくみを変えていかないと結局いつかは破綻する。とりあえず廃止だけは逃れるというような応急処置ではダメだよ。
忙しいときは料理に限る。というわけで午前1時の料理人はオニオンスープ。こちらを参考にちょいアレンジ。玉ねぎの食感を残したいのとめんどくさかったのとで最後のフードプロセッサーは省略。玉ねぎを飴色に炒めるのが時間かかるだけで作り方は簡単。おいしくできました。圧力鍋便利だなあ。

競馬●園田の2歳戦、父シャンハイ母マルシンヴィラーゴというサラ系のオオセンシュウが2勝目。

本日も休肝休喉日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2004

控えめに買うと当たるのね

本日は浦和競馬場なので午前中は家で原稿書き。結局ぎりぎりの時間に競馬場へ。北風ピューピューで寒いのが定番の浦和記念だが今年は風がなくて暖かい。馬券はこのところまったく当たってないので浦和記念はかなり控えめに買い、とりあえず当てるクセをつけたいと押さえに馬連まで買ったら3連単とともに的中。3連単当たったのは久々だなあ。日が沈むとさすがに冷える。
夕刻出社。ハロン次号の編集が佳境にはいってきた。

競馬●地全協理事が馬券購入で辞任って。農水省キャリア組ですか。いくら競馬を知らないからといって馬券買ってはいけないことを知らなかったとか。いえ冗談ですってば。●彩の国浦和記念はモエレトレジャーがほんとうに絵に描いたような逃げ切り。お見事。ダンツフレームはなぜそんなに人気になる。●園田のJRA認定で父エムアイブラン母がアラブというサラ系アイファーユウホウが勝利。●園田金盃は落馬か何かで岩田から有馬に乗り替ったロードバクシンが重賞8勝目。2着が10番人気ヒラカツローレルで1番人気ゲイリーマイハートは8着。●ジュライC勝ち馬フリザンテがタタソールズ・ディセンバーセールで50万ギニーで取引。●クールモアのキングオブキングスがスイスに渡る。種付料は6000ユーロ。●ゲインズウェイファームで繋養されているブロードブラッシュが受精能力の減退により種牡馬引退。

どうもまた喉の調子がよくないので本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »