Main | August 2004 »

July 31, 2004

どんどん味覚麻痺 其の2

午前中佐々木竹見氏宅で月イチの取材。その後出社し眠さに耐えながらひたすら原稿。
昼は月イチに制限しているラーメン。きっちり決めてるわけではなく、まあそのくらいにしておこうと。2~3年前に週1回にしたのを、年齢と健康を考えて今は月1回。思えば小学生のころはラーメンてすごいご馳走だった。ちょっとしたお客さんが来たときに出前をとるときなどはわくわくしたものだ。実家の近所にあった家族経営の中華料理屋さんが毎月1日、麺類のみ半額というのをやっていて、お小遣いをもらった近所の子供たちですごい混雑した。当時は今のようにラーメン専門店もほとんどなく、あっても塩、味噌、醤油が当たり前だった。そして今、東京あたりではそんな塩、味噌、醤油なんてメニューのラーメン店は敬遠されがちだ。とにかく個性的なスープと麺に行列ができる。「あぶら~、げ~、気持ちわり~、もう食えね~」と思うようなラーメン。油をごくごく飲んでるかの如し。なにか暴力的においしさを強制されている感じだ。こんなのいつも食べてたら素材そのものや微妙なダシを味わう感覚がなくなると思う。
競馬●グッドウッドの牝馬G1ナッソーSはフェイヴァラブルタームスがG1初制覇、マイケル・スタウトとキアラン・ファロンのコンビ。サラトガの牝馬の芝G1ダイアナHはワンダーアゲインが圧勝し、G2ニューヨークHに続く重賞連勝。サラトガで調整中のファニーサイドの次走は8/22のG2サラトガBCH。
本日のワイン●昨日の続きシロッコ・ロゼ02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2004

どんどん味覚麻痺 其の1

会社でひたすら連絡ごとに追われ、原稿など。
「ハバネロ」のヒットにはいろいろと考えさせられることがある。ぼくは人よりかなり辛い食べ物がだいじょうぶだけど、なぜあんな辛いのが売れるのだろう。たしかに辛くてもおいしい。なんとなく手が伸びていつのまにか袋が空になるという、スナック菓子の基本をちゃんと押さえている。ぼくが大学生のころだから、もう20年くらい前になるだろうか。「カラムーチョ」が出たときは、相当辛いと話題になったものだが、いまやカラムーチョなんて普通の辛さの地位に埋もれ気味。相対的な感覚としての辛さでは、今のハバネロと当時のカラムーチョが同じようなレベルだと思うのだが、どうでしょう。それだけいろんなものの味付けが濃くなって、世間の味覚が鈍感になっているような気がするのだけれど。そして出ました、「激辛カラムーチョ」。当然、ハバネロのヒットに対抗してのもの。辛くても、やめられないとまらないという基本はちゃんと押さえているところはさすが。さて、どんどん味付けを濃くしていかないと気がすまない(商品が売れない)という、この世間全体の味覚麻痺はどこまでいくのでしょうか。この項、続く。
競馬●高岡厩舎ダイナマイトムスメがシンガポール移籍後初勝利で、厩舎は今年5勝目。ドバイワールドCを勝って以来休養していたプレザントリーパーフェクトが日曜日デルマーのG2サンディエゴHで復帰、怪我のソリスに替わって今回はマイク・スミス鞍上の予定。
本日のワイン●ヴィリエラのダウントゥアース・ホワイト03、シンガポールに行く前に開けた残りでちゃんとバキュームして冷蔵庫に入れておいたけどさすがに味が変わってた、白ワインだけに氷を入れて水代わりにがぶがぶ飲むという夏の贅沢(^_^;)。そしてチュニジアのシロッコ・ロゼ02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2004

ハバネロの広告

先週木曜日以来の出社。さすがにこれだけ会社を空けるとたまった仕事が追いつかん。
会社に来たN君が「リブロで本買ってカバーをつけてもらったら、こんなのを付けられました」と嬉しそうに。なんと東鳩「ハバネロ」のイラストが大きく真ん中に入った黒いカバーで、上には「暴論」、下には「東鳩出版」とか入ってるし。カバーを付けると言った人にはみんなこれが付けられるんだそうな。なるほど、ここを広告に使うとは考えたなあ>東鳩。電車の中で目につく。JRの改札の上面とか、エスカレーターの手すりの部分の広告をはじめて見たときもなるほどと思ったが、これまでの常識では考えられないようなびっくりする場所に打つ広告が増えてきた。参考になる。
競馬●的場文男騎乗停止中に予想どおり内田博幸が突き放して37勝差の227勝で独走、石崎は117勝で急激に勢いがなくなった(昨日までの成績)。たまたまニュースで見かけたが三条競馬場のコース跡は豪雨災害の廃棄物の捨て場となってゴミの大きな山ができていると。2歳馬によるサラトガのG2サンフォードSでアフリートアレックスがステークスレコードで圧勝、3戦全勝、次走は8/21のG1ホープフルS。
昨日に続き本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2004

シンガポール程度で疲れてるようでは

早朝発のUAで帰国。今回は最近にしては珍しく行きも帰りも満席でなくらくちん。台風が来る前日の帰国でひと安心。日本、あいかわらず湿気が多いなあ。ちょっと疲れ。この程度の移動で疲れを感じるとは情けない。年を感じる今日このごろ。
競馬●笠松サラ・クイーンCは暮れのライデンリーダー記念以来の勝利のアルトタイガー、復活というよりメンバーが軽かった。ペンシルベニアダービーを回避することになったスマーティージョーンズ、目標はBCクラシックであることに変わりはないと。4頭立てのオグデンフィップスHで惨敗したアゼリは今週日曜のサラトガのゴーフォーワンドHに出走。マイルのG1サセックスSは4歳牝馬ソヴィエトソングがクビ差勝ちでファルマスSに続いてG1連勝、英2000ギニー馬ハーフト9着、人気のリフューズトゥベンドはしんがり負け。
シンガポールでだいぶ飲んだので、本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2004

ラクサとステーキ

昼過ぎにラクサを食べに加東マリンパレードラクサへ。1950年代創業でオリジナルを謳うだけあって魚系のダシが効いててうまい。その後スコッツのファーイーストプラザに行くがフードコートがあったと思われる場所は「ココは渋谷109か」と思うような若者ファッション系のお店に変わっていた。昔ながらのフードコートも若者系ファストフードにどんどん変わってしまうのは観光客にとっては残念。シンガポールでタコヤキに続く日本のファストフードとしてコロッケは当たるだろうと考えていたのだが、すでに「コロちゃんコロッケ」が進出しているのを発見してしまった。うぬぬ。やはり考える人は考えてるんだなあ。
一旦戻って夕刊フジの原稿。
シンガポール最後の夕食は高岡夫妻とアメリカの大手ステーキチェーン、モートンズオブシカゴのシンガポール店。肉はアメリカより輸入のようで質量ともに満足。そして店員のサービスのクオリティもアメリカと変わらずすばらしいもの。日本のファミレスのようなマニュアル的対応では決してなく、店員一人一人が個性をもったすばらしき対応。担当の女性が注文に応じてさまざまに細かいアドバイスをくれるが、こちらにそれをちゃんと理解できるだけの英語力がないのがなんとも悲しい。アメリカの肉にアメリカのワインで、あちらより値段が3~5割増しなのは場所を考えればしかたのないところで納得できる範囲。
競馬●金沢MRO金賞は地元のセンジュチカラ、堂々1番人気で東海兵庫勢を負かす。日曜日デルマーのエディーリードHはスペシャルリングが勝って2着バヤモのカップリングが1、2着、サラファンは7着。
本日のワイン●最初グラスでもらったスプマンテは甘くてちょっと失敗。で、ロバートモンダヴィのナパヴァレー・カベルネソーヴィニヨン(ヴィンテージ失念)。明日は超早起きで空港に行くため、ステーキを食べながらこの1本にとどめておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2004

さて、圧力鍋で何つくろう

ダイヤルアップ無事につながり事なきを得る。原因わかるが不思議な原因。
午前5時起床で調教見学。不運にもある馬の死に立ち会う。午後リトルインディアへ。ズジャオセンター向かいに新しく完成したテッカモールは中に入るとテナントはまだ半分くらいの状態で、外見は近代的なれど中はやはりリトルインディア。いつも利用していたセラングーンプラザが工事中で愕然。しかたないので隣のムスタファセンターへ。こっちは何度かしか入ったことなかったけど、なんだ、セラングーンプラザより品揃え豊富じゃん。懸案だった圧力鍋を買う、日本の1/4とか1/5くらいの値段。その後タングリンモールやラッキープラザでお買い物。夕食はK氏Rくんうち夫婦でアマラホテルのタイレストラン。ちゃんとしたタイ料理は久々、辛くてうまい。
競馬●大井サンタアニタトロフィーはトミケンマイルズが初重賞勝ち、ナイキゲルマンはまた2着ですか。北関東オークスは期待どおりウイニングマミー。2冠馬スマーティージョーンズは怪我か何かで予定していた9/6のペンシルベニアダービーは出走を見送るもよう。
本日のワイン●タイレストランでチリのサンタへレナ・シャルドネ、続いてサンタへレナ・カベルネソーヴィニヨン。高岡調教師宅に戻って日本から持参した南アのヴィリエラ・ソーヴィニヨンブラン01。飲み過ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2004

スリランカクラブの黒胡椒炒めはやはり日本人に好評

昼過ぎに競馬場へ。今日は暑い。馬券、身内のみなさんおしいところでみんな当たらず。
終了後、待ち合わせしていつものイーストコーストのシーフードレストラン、ジャンボ。今日のブラックペッパーのスリランカクラブはいつもより辛かったなあ。
競馬●シンガポールダービーは、ドレイフスが馬群を割って抜け出し、接戦の2着はトライアルの勝ち馬スーペリアスター、3着に人気薄のRaudkiviでラクソン厩舎が3着まで独占、1番人気もパドックで元気のなかったサーヴェイヤーは4着。今年のシンガポールダービーは急激にレベルが高くなった感じ。ばんえいクインカップはトカチプリティーが勝って、人気のサダエリコは4着、他より20キロ重くても勝てると思ったが。
本日のワイン●ジャンボにて、ジェイコブズクリークのシャルドネ。高岡氏宅に戻って日本から持参したルーマニアのシャトーサラティ・ピノノワール01、あれえ、こんな味だったかなあ。コーヒーというかテンプラニーリョのような香りみたいな、あまり得意でない系の味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2004

ちゃんと水を吐いてるマーライオン

【重要なお知らせ】きのうは繋がったのに今日はなぜかダイヤルアップで接続できず。なので水曜日に帰国するまでメールが読めないかもしれません。
朝までずっと雨で心配したものの昼には上がってくれる。昼過ぎに競馬場へ。高岡厩舎の馬にシンガポールのトップジョッキー、サイミーが乗っていたので久々にお話。あれは2000年のドバイワールドCだったか、アラビアンナイトパーティーのあとで無理やり一緒に写真を撮ってもらって以来。当然向こうは覚えていなかったようだが。レース後、夏休みでいらしていた高岡調教師兄御家族とシンガポール川下り、はじめて船上からマーライオンを見る。ドバイ・クリークの「アブラ」に毛の生えた程度の船なれど、料金は10倍以上、観光価格だから当然か。クラークキーの多国籍レストランでピザ、パスタなど。それにしても端から順番に工事してるらしいクラークキー、工事の仕方が常識はずれ。
競馬●1/20所有のオプティマムノートは4コーナーで先頭に立ちかけて期待を持たせるも直線で余力なく7着。キングジョージ、やはりゴドルフィンのドワイエンが3馬身差の圧勝、2着ハードバック、3着スラマニ、4着ガマト。ワールサン負けたけど予想だいたい当ってるじゃん。2着のハードバックは単勝34倍でスポーティングライフに「tremendous race」とか書かれてるし、イギリス人たちアメリカの馬だと思って軽視しすぎ。CCAオークスは人気のアシャドーが楽勝。ジョンメイビーHはシェイク・マクトゥームのミュージカルチャイムスが3番手から抜け出す。
本日のワイン●オーストラリアのパイパーズクリーク・シャルドネ03、いまいち。南アフリカのドトラフォード・メルロ00、いい香り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2004

本日シンガポールへ

本日は夕方のUAでシンガポールへ。成田の出国はけっこうな列、それでも7~8分ほどで通過、UAのレッドカーペットクラブへ。倒産して以来安いチケット連発で本土便もアジア便もぎっちぎち満席のUAだけど、なぜか今日はゆるゆる。妻と2人で窓際3席使えて楽ちん。オンタイム率ナンバー1をかかげるだけに定刻前の出発。そしてチャンギ空港着は30分以上も早まった。国内線ですら定刻に到着することがほとんどないJALは見習ってほしいところ。いちばん暑い時期を過ぎたシンガポールは、この時期東京よりはるかに過ごしやすい。
競馬●8/7の騎手対抗戦シャーガーC、英愛チームはキャプテンがキアラン・ファロンで、ケヴィン・ダーレイ、ダリル・ホランド、ジョニー・ムルタ、ミック・キネーンというチーム。対するその他の国はキャプテンがデットーリで、日本からは武豊、豪・ダミアン・オリバー、伊・ダリオ・バルジュー、仏・ジェラール・モッセ、香港・マーウィン。あれれ、英愛チームがひとり少ないが、さて。ニューマーケットのニール・グラハムという調教師が、サイード・ビン・スルールのアシスタントトレーナーとしてゴドルフィンに加わると。ベルモントS勝ちのバードストーンの復帰戦はトラヴァースSとなるもよう。
本日のワイン●レッドカーペットクラブにて、ヴァンドペイのソーヴィニヨンブラン。機内にてUAエコノミーのいつものカリフォルニアの赤BROOK HOLLOWのカベルネソーヴィニヨン、いまいち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2004

目標まで8割程度だったか…

さくらやで頼まれ物を買い、出社。ひたすら原稿。できることはすべてやっていこうと思ったが、結局すべては終わらず。
競馬●英愛オークスを制したウィジャボードの次走はヨークのインターナショナルSで牡馬と対戦か牝馬同士のヨークシャーオークス、秋は凱旋門賞からBCフィーリー&メア・ターフへ。英ダービー馬ノースライトと無敗の3歳馬バゴが8/17ヨークのインターナショナルSで対戦するかも。11頭立てになった(夕刊フジには12頭立てと書いちまった)土曜日のキングジョージ、好調ゴドルフィンのドワイエン1番人気だけど素直に◎、○ワールサン、▲スラマニ、△ハードバックでどうでしょう、今回ペリエが乗ることになった牝馬のヴァレアンシャンテはさすがにこのメンバー相手では厳しいと思う。旭川・星雲賞はビックネイチャーが勝って10歳のキャニオンロマンは3着。
本日のワイン●南ア・ヴィリエラのダウントゥアース・ホワイト03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2004

最低気温30度の過ごし方は?

今朝の都心は30度を下回らなかったらしい。で、「超熱帯夜」と表現した人がいるとか。外にいれば熱中症になるかもしれないし、建物の中にいれば冷房にやられるし、かといって出たり入ったりすればその温度差で体調悪くなるだろうし、どうやって過ごせばいいんでしょうか。というわけで金曜日からはこの時期明らかに東京より過ごしやすいシンガポールなので、我慢も明日まで。
「夕刊フジ」の原稿に続き、シンガポール行きに備えて先にやっておける「ハロン」の原稿など。
競馬●ウッドメモリアル勝ち馬タピットは8/8のハスケルで復帰予定、調整がもうちょっとかかるならトラヴァースへ。プレザントリーパーフェクトは8/1サンディエゴHに出走予定、その後パシフィッククラシックへ。パシフィッククラシック、サンタアニタHなどを制したフリーハウス死亡、10歳、入浴中?に後ろ脚で立ち上がって後ろにひっくり返ったらしい。旭川2歳オープンはラドランロバールが差し切る、ラヴァリーフリッグの半妹。最終のオープンはスローンフォルというハギノカムイオー産駒の生え抜きが楽勝。リージェントブラフは種牡馬入り。
本日のワイン●飲み残したまま飲むタイミングを失っていた南アフリカ・パールのJoostenberg02。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2004

ドバイでもF1

暑い。午前中で東京都心は38度超えって、冗談みたいだ。さすがにアスファルトの上を歩いてると倒れそう。その後観測史上最高の39.5度。冷房をガンガンに入れるから都会はますます暑くなる。だいじょうぶか>地球。
ドバイにも2~3年のうちにF1を招致するらしい。今年バーレーンに先を越されたのに対抗意識を燃やしているに違いない。
強烈な暑さゆえ外に出たくはないが夕方から川崎競馬取材。久々に川崎のヤキソバ、今日は特にコショーがきいてる感じ。さすがに馬券は3日も続けて儲かるということはなくハズレ。レース後、場所がなかったので外で原稿書いて送信とかしてたらさすがに暑さにまいる。今日はペットボトル飲料が普段の2倍は売れたんではないだろうか。
競馬●日曜日の愛オークス、ウィジャボードがパンクティリアスを1馬身差で退け英愛両オークス制覇、次走は8/18のヨークシャーオークスを予定。同じく日曜日、南アフリカG1マーキュリースプリントはジンバブエ産でジンバブエ2歳チャンピオンのオナーザゲストが勝利。米2冠馬スマーティジョーンズは状態が整わず8/8のハスケルには出走せず。川崎スパーキングレディーCは、やはりこの2頭の決着だが今回はグラッブユアハートの後方待機が功を奏して雪辱、重賞初制覇。
昨日たくさん飲んだので本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2004

アメリカ人肥満率高すぎ

盛岡競馬場取材。昨日に続き狙ったところが的中。終了後、シンガポールつながりの盛岡の人々と駅近くのイタリアンで宴会。後ろ髪をひかれる思いで新幹線の終電で帰宅。フジテレビを見るとアメリカで肥満が問題らしい。いまさら当たり前。アメリカの競馬場に行くたびに、「お前、その体型でそんなもん食うなよ」と、いつも突っ込みを入てるよ。たぶん日本語は通じないので、つい声に出して。
競馬●盛岡マーキュリーC、やはり中央勢圧倒、9歳馬スナークレイアース軽視されすぎ。鮫島地方3000勝達成。ロイヤルエンデバー加藤和博で勝って、えええ5番人気だったのぉ。イブキライズアップ、ストロングボスに雪辱。カナダ3冠の2戦目プリンスオブウェールズSはアビットオゴールドが頭差の辛勝。
本日のワイン●盛岡にて、マーカム・グラスマウンテン・シャルドネ01、オーカ・ピノタージュ02、ウッドブリッジ・メルロ99。安いのでまとめました(^_^;)なぜかイタリアンでイタリアワインを飲まないという…。帰りの新幹線で早池峰山麓コンツェルト・ロゼちっちゃいボトル、以前に飲んだ赤よりはマシ。ふた口飲んで爆睡、帰宅して申し訳ないと思いつつそのロゼをロックで(^_^;) 飲みすぎです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2004

絞り汁は次回の楽しみ

正午ちょっと前にホテルチェックアウト。小太郎さん仕事につき、長野在住友人I氏A氏と蕎麦屋「太平庵」。メニューにない大根の絞り汁を小太郎さんにリクエストしといてもらうも、その辛い大根が今日はないと。かわりにいろいろサービスしてくださる。相変わらず東京では食べられない絶品蕎麦。その後新幹線にて高崎競馬場へ。本線的中で久々の会心の当たり、昨夜の飲み代を全額回収。早めに帰宅すると妻の同僚が尋ねてきて突発お食事当番。マグロ中落ちユッケ風。茹でたおくら。茄子の焼きびたし。残り物の野菜で野菜炒め。アサリの白ワイン蒸しバジル風味パスタ。
競馬●高崎サラブレッドCは船橋パッションマリー、やはり南関東強し。川崎にて1/20所有のシェアコンサート残念最下位。ばんえいオープン、やはりこのメンバーで同重量ならミサキスーパー断然。福山銀杯、クロイチョキンバコ断然、ほんとに最後のアラブの怪物か。プリークネス4着以来のライオンハート、モンマスパークのG3ロングブランチBCで頭差の辛勝、ハスケルとトラヴァースでG1獲りへ。G2デラウェアオークスは出走馬中唯一のグループレース勝ち馬イヤリーレポートが断然人気で1馬身差勝利、ボブ・バファートとジェリー・ベイリーのコンビ、ジェネラルミーティングの産駒でゴールデンイーグルファーム。
ほとんど二日酔いにはならなかったものの、胃の疲れが顕著なため心を鬼にして休肝日。明日は盛岡にて宴会もあるので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2004

モッツァレラ味噌漬

新橋のワイン屋さんでワインを仕入れたのち、新幹線で長野へ。食と酒ではこの上ない楽しみを教えてくれる小太郎さんのご案内でさまざまに飲み食い。1軒目。ボスコにて念願のモッツァレラの味噌漬。想像していたものほど味噌味は濃くなくほんのりとした味噌の香りはやみつきの逸品。小玉葱のバルサミコ酢漬けもやみつきの味。カリフォルニアRAMEYのシャルドネ00、すごい樽香で好みの味。2件目。前回来たときお休みだった景家屋台。すばらしきコミュニケーション空間なり。バチコという食べ過ぎると鼻血の出そうな濃厚な珍味で「これでもう最後だよ」という「海風の楽園」という黒糖焼酎。3軒目。若くて美しいママのスナックEarl。焼酎闘魂でカラオケたくさん。4件目。景家屋台に戻りTURNBULLカベルネソーヴィニヨン02。いやあ、よく飲みました。
競馬●きのうのシンガポール、重賞・3歳チャレンジ3rd LEGで高岡厩舎の日本産馬ダイヤモンドダスト2着。今後が楽しみ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 16, 2004

ようやく海南鶏飯

昼前JRAに行ったついでにずっと行きたいと思っていた海南鶏飯食堂で海南鶏飯(チキンライス)900円。なかなかの味。来週末シンガポールに行くので200円とか300円で同じようなのが食えるんだけど、場所代の違いだからそれはしかたない。
朝日新聞天声人語、昨日今日と続けて子供に語りかけるような物語風はやめてくれ。
競馬●レモンドロップキッドの初年度産駒レモンバーがアーリントンのメイドンで初勝利。サンダーガルチ、オナーアンドグローリー、エンペラージョーンズ、オーペン、ソルトレイク、エディターズノート、ハウスバスターなどがシャトルスタリオンとして続々アルゼンチン・ブエノスアイレスに到着。
明日夜長野にて暴飲暴食予定につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 15, 2004

そろそろ川崎のヤキソバ食べたい

さすがに今朝は暑かった。暑くて6時とかに目が醒めた。出社して本日もこまごまとしたことをこなす。ヤキソバの原稿など。
競馬●英ダービー馬ノースライトはキングジョージ出走しないと。ゴドルフィンのパピノーも脚の怪我のため出走は微妙。今のところキングジョージの有力馬は、ゴドルフィンのドワイエン、サンクルー大賞を勝ったガマト、アメリカから遠征のハードバックなど。パリ大賞典を勝ったバゴの次走は8/17ヨークのインターナショナルSで古馬と対戦。
本日のワイン●創作系居酒屋にて。ボトルだと飲みすぎちゃうので自制してデキャンタでトレッビアーノ。居酒屋で出されるワインとしては満足度高し。そして、結局デキャンタのおかわりをしてしまいまったく自制にならず。おまけに黒糖焼酎里の曙ロックで1杯。ま、3時間半ほども居座ったのでそれくらい飲んじゃうわな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2004

まったく進歩なしの訴え棄却

梅雨明けと思ったら朝涼しいでやんの。出社して夕刊フジ原稿、その他たまった雑事など。
UFJと東京三菱合併って、銀行が寡占とか独占になったらそれはそれで歪は起こらないのか。富士と第一勧銀が合併したときはみずほの通帳が都合4冊になって困ったが、UFJはひとつも持ってないので。三条で豪雨被害、たぶんあの川なんか溢れてるんだろうが元競馬場はどういう状況なんだろうか、とりあえず場外発売は中止となってるが。オリンピック馬術代表選考の訴え棄却、千葉すずのときのをそのままコピーしたような判決でまったく進歩なし、だれも責任をとりたくないというどっちつかずの曖昧な結論。阪神ヤクルトが2リーグ制支持で、さあナベツネの反応は。しかし阪神は合併に関しては了承と。
帰宅して昨日録画しておいたメイセイオペラのプロジェクトXを見る。さすがにレースのほとんどの部分を実体験していて出てる人たちもほとんどを直接知ってるため、さすがにあまり感動はなし。実体験で十分感動してるんだから当たり前か。
競馬●菊水賞はラガーヒトリタビ新人大山真吾金星、今回もJRA小牧で2冠を狙ったホクセツガーデンはクビ差2着。荒尾大阿蘇賞でイヴニングスキー4着。
本日のワイン●プロジェクトX見ながら、南アフリカ・パールのJoostenberg02。カベルネソーヴィニヨン56%、メルロ33%、シラーズ11%でニューワールドらしいおいしさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2004

梅雨明けに飲む焼酎お湯割

出社して慌てて雑用をこなし、蔵前K社に看板案を持参、すぐに東陽町某社で月イチミーティング、相変わらず進展がなく困った。終了後、その流れで居酒屋へ。
競馬●27歳のダンチヒが体力の限界で種牡馬引退。去年のトラヴァースS勝ち馬テンモストウォンテッド引退ゲインズウェイの所有で種牡馬入り。セレクトセール2日目、フサイチ本日も2億8千万ほか数頭、マンハッタンカフェの下はビッグレッドが2億円で。売却率76.0%は昨年の76.4%に次ぐ2番目、売却総額76億円余りは過去最高。
本日の酒●今日はさまざまな場所で冷房にさらされたので、居酒屋でひたすらいいちこお湯割。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2004

氷の如きに冷えたカベルネ

ノーザンホースパークにてセレクトセール取材。ダンスインザダーク×エアグルーヴの牡が4億9千万円で日本レコード更新。フサイチさすがのパフォーマンスに感心。今までサンデーサイレンスに出されていたお金がダンスインザダーク、フサイチペガサス、ジャングルポケットなどに流れて結局金を使う人たちはちゃんと使ってくれると。
本日のワイン●千歳空港いつものプロントにて、アルゼンチンのフィンカフリッチマン・カベルネソーヴィニヨン02。ああしまった、ここはちゃんと言わないと冷えたのが出てくるんだった。冷やすにもほどがあるだろうというくらいの冷えかたでボトルを持つとそれはまるで氷の如し。そのまま飲んだら水と変わらん。常温に近くなればちゃんと値段なりの味なのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2004

レアのジンギスカン

夕刻、千歳へ。到着後、村上氏、三浦氏、その後佐藤氏が合流していつものジンギスカン屋。レアでジンギスカンの肉が食えるのはたぶん日本ではここだけだと思う。2年ぶりか3年ぶりだけに、うまい。地方にいて選挙の結果を見るのはたぶん初めてだけど、選挙速報番組って、全国版と地方版をこんなに頻繁に切り替えてるのね。首都圏にいるぶんにはわからない感覚。
競馬●ハリウッドゴールドCはチリ産ローラ・ド・セルー調教師のトータルインパクト。3歳馬のスワップスBCはロックハードテン。アドマイヤグルーヴ、シェルゲーム、どちらもさすがにこのメンバーでは格が違う。ばんえい大賞典はタケタカラニシキ。栗駒賞は人気どおりタイキシェンロン。日本海ダービーは2番人気のセンジュチカラ。ハルウララは4着。南国優駿はロックハート。吉野ヶ里記念はオペラキッス、カシノオウサマという人気どおりの決着も、うーん今はオペラキッスのほうが上なのか。鮫島本日1勝、地方通算3000勝まであと4。
本日の酒●JALのクラスJキャンペーンのサービス、サントリーモルツの丹沢水系。ここでサービスされるビール、各社ともクラスJのロゴがでっかく入って気合入ってるなあ>JAL。ジンギスカンやさんで黒生と一升瓶からつがれた正体不明の赤ワインをグラスで。その後入った居酒屋で頭の痛くなりそうなロゼ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2004

冷房入れない生活

きのうまで会社に閉じこもってたのでちょっと冷房にやられた感じ。本日は家で冷房入れない生活。汗かいて気持ちいい。お食事当番。じゃがいもがたくさんあったので先週に続いてマヨネーズを使わないじゃがいもサラダローズマリー風味、茄子の味噌炒め、初挑戦の目鯛のアクアパッツァ。よくできました。
競馬●日程変更した高知優駿はカイヨウソルトオーが2冠。しかしなあ、1着賞金35万円て最後の益田優駿より安いじゃん。賞金を下げつづけてどこまで現場が我慢できるかという痛々しい状況。
本日のワイン●暑いのでカヴァ、オリオルロッセールのロゼ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2004

夏でも麺類は熱いほうがイイ!

明け方途中で何度も気を失ってしまい能率悪いことこの上なし。なんとか校了。会社にずっといて冷房でひえひえになったので、昼は近くの讃岐うどん。食べ終わりぎわにふと見渡せば熱いうどん食ってるの俺だけじゃん。夏でも麺類は熱いのがうまいよね(極上蕎麦は除く)。夏休みを前にJTB混み混み。
競馬●ジュライCはフリザンテ。ジョニー・ムルタ、ジェームス・ファンショーのコンビは火曜日のファルマスSでのソヴィエトソングに続いて今週G1を2勝。シーキングザダイヤは12着、エクシードアンドエクセルはブービーの19着。内田博幸、今年200勝一番乗り、きのうだろうかおとといだろうか。土曜日のハリウッドゴールドCは7頭立てちょっとイマイチなメンバー、イーヴンザスコアあたりが人気になるんでしょうか、よくわからん。ジュリー・クローン、次のデルマー開催は乗らず、もしかしたらそのまま復帰はないかもと。パトリック・バレンズエラ7/15に騎乗停止についての事情聴取。シンガポール高岡厩舎今年4勝目ラヴアンドピースは移籍後初勝利、現役馬セリで買うときに見てただけに感慨深い。
本日のワイン●暑いのでキンキンに冷えた白、ベルクール・シャルドネ02。お風呂出てから飲み残しのベルクール・ピノノワール02。どっちも暑い日にはぴったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2004

「無礼な。たかが選手が」って…

出社していろいろ雑用。某看板デザイン考える。夕方大井競馬場へ。再び会社に戻って色校確認。
堤義明もういっちょ合併発言。近畿の特定郵便局長OBが自民党に離反、いいぞ(^_^;)おもしろい展開。そうこうしてるうちに、ナベツネの表題発言。なんだ、ナベツネと堤義明の筋書き通りに進んでるわけね。これでファンが完全にそっぽを向いてしまうか、それともライブドアか別のそういう類の救世主が現れてこの騒動がきっかけでプロ野球に目を向けたファンまで取り込んで奇跡的に立ち直るか、どっちかという展開だと思う。
競馬●ドバイワールドC、2005年は3/26にいつのまにか決定していたのね、3月の最終土曜なのでいつもと同じですが。G2プリンセスオブウェールズSはハムダンのバンダリでした、人気のスラマニは半馬身差2着。アトラクションは来月のジャックルマロワ賞までお休み、来年も現役の予定。ジャパンダートダービーは混戦からカフェオリンポスが抜け出す。んー、当たらん。最近1着は持ってなくて2、3、4着ならぜんぶ持ってると、そんなのばっか。
本日会社泊につき強制的休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2004

曖昧な梅雨

早めの出社で校正の残り。それから夕刊フジ原稿。しかし暑い。どうみても梅雨が明けた感じの気候だ。最近は入梅と梅雨明けの線引きが曖昧になった気がする。昔は「はい、今日から梅雨に入りましたね」「はい、今日から梅雨が明けて真夏ですね」ってのがはっきりと体で感じられた。10年ちょっと前に、気象庁が一度梅雨明けを宣言しておきながらも雨がしとしと降り続き、結局梅雨明けを取り消して最後まで梅雨明けがいつだったのか特定できないって年があったけど、あれ以来梅雨の線引きがはっきりしなくなったような気がする。「梅雨が明けたと見られる」という気象庁の発表の仕方だけでなく、明らかにその曖昧さが肌で感じられる。いや、感じられないから曖昧なのか。それにしても自民党、そんなに学会頼みでどうする。って、ぜんぜん応援してないけど。選挙の結果が楽しみ。みんなで投票率高くしようよ。
競馬●ニューマーケットのG1ファルマスS、んー残念アトラクション2馬身半差2着で連勝は8でストップ。勝ったのはソヴィエトソングでした。木曜日のジュライC、シーキングザダイヤはどうだろうね、やっぱりエクシードアンドエクセルが強そうですが、フルゲート20頭に25頭の申込みがありドルバコは除外。3日、南アフリカのG1ダーバンジュライはGREY'S INN、やはりマイク・ドゥ・コック厩舎、香港インターナショナルレースからドバイワールドCに行きましょうとオーナーに進言。栄冠賞はエンドスウィープ産駒の牝馬アブソルートダンス、モエレフェニックスは2着。
本日のワイン●結婚記念日(正確には入籍記念日)につき外食、武蔵浦和という場所には似つかわしくないかなりちゃんとしたイタリアンカフェトラットリア アズーリにて。ヴーヴクリコ、グラスで。トスカーナのシャルドネCollegione De Marchi02グラスで、貴腐ワインかと思うほどの黄金色、最初はすごい樽香、ちょっと時間がたって冷たくなくなると甘いヴァニラ、うまい。トスカーナの赤はブランカイアのイル・ブル01をボトルで。モンバジャック?AOCのアイスワインを一口、フランスでAOCのアイスワインてあるのね。最後のグラッパが効いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2004

向こう1週間最高気温30度超だと

引き続きひたすら校正。
しかし暑い。ずっと会社の中にいるとわからないのだけれど、昼に外に出てちょっと今日はびっくり。いや7月だから暑くてもいいのかもしれないど梅雨じゃないのか。ネットで週間予報を見たら向こう1週間はずっと最高気温が30度超だ。いいのか、こんなことで。そろそろシンガポールのほうが気候がよくなる時期だなあ。
競馬●8/19限りで兵庫がアラブ系競走廃止。岩手競馬にもサポーターズクラブができる。ばんえい競馬にもそんなのができる動きアリ。
本日のワイン●ラングドックのベルクール・ピノノワール02、1000円でお釣りがくるピノとしては満足の果実味。J-SPORTSでやってたフェドカップ96途中で止められなくて最後まで見ちゃったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2004

健康なのか不健康なのか強制的休肝日

終日会社。ひたすら校正。
競馬●パット・バレンズエラはやっぱりドラッグテストの問題で金曜日から騎乗停止になってたと。尿検査は陰性だったけどもっと広範囲な検査をやらなければダメだとか。サンクルー大賞はGAMUTがG1初制覇、サー・マイケル・スタウトとキアラン・ファロンのコンビ。ドイツダービーはシロッコ、アンドレアス・シュッツ師はダービー5勝目、凱旋門賞が目標。1/20所有馬シェアコンサートが川崎で出走、残念7着。
本日会社泊につき強制的休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 04, 2004

期日前投票

期日前投票を済ます。投票用紙を幾重にも袋に入れなくてよくなったのは楽だけど、投票日に投票に行けない理由は書かされるのね。んでも何年も前は投票日の何時から何時までどこに出かけていてとか、事細かに書かされたのよりはだいぶいいけど。
午後から出社。ちょっと原稿と、ちょっと校正。
競馬●アメリカンオークス行きたかったなあ。ダンスインザムードは2着。スタート後ずっとクビを上げちゃって、あれで2着はよく走ったでしょう。マイルのほうが向いてるような気がする。これからもどんどん海外で走ってほしいもの。ティッカーテープのデザーモ3コーナーで一気にまくって好騎乗。パット・バレンズエラ乗り替り、また問題起こしたか? エクリプスSはリフューズトゥベンドでクイーンアンSから連勝ゴドルフィン春はイマイチだったけど最近好調だなあ、頭差2着ワールサン、人気のラクティ8着。ユナイテッドネーションズHはリクエストフォーパロール。サバーバンHはピースルールズでハスケル以来のG1勝ち、ファニーサイドは3着ですっかり善戦マンになっちゃったなあ。高知イブキライズアップ昨年11月以来の勝利。ばんえい北斗賞は2強の決着、ミサキスーパーが先に抜けてスーパーペガサスがゴール前で差すというこれまでにも何度か見たのと同じ展開。シンガポールダービートライアルはスーペリアスターが勝って、南アから移籍のサーヴェイヤーは2着こいつも善戦マンか(^_^;)、95エンペラーはちょっと落ち目か4着。今年のシンガポールダービーは急激にレベル高くなるかも。
本日のワイン●飲み残しのドルチェット・ダルバ01でF1テレビ観戦。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2004

本日休業につき…

お食事当番。なんとかレタス(はじめて見た種類のレタスにつき名前失念)と生ハムのサラダ。マヨネーズを使わないじゃがいもサラダローズマリー風味。あさりの白ワイン蒸しパスタ青じそ風味。牛肉の赤ワイン煮。どれもおいしかったです。
本日のワイン●南アシリーズ。ムルダーボッシュのシャルドネ02、ステレンボッシュのヨンダーヒル・メルロ01。どちらも料理にベストマッチでおいしゅうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2004

カードには注意しないと

月イチの佐々木竹見氏取材ののち、蔵前K社で色校の確認と新しく作る看板について打ち合わせ。その後出社。おとといの帝王賞の原稿など。
ネットオークション悪用の架空販売。カード所有者の情報200人分をひとりあたり1万円で入手って、そんなに簡単に手に入れられちゃうのね。気をつけてどうなる問題でもないので、なんとも。海外に行く身としてはカードを持たないわけにはいかないので。
競馬●マグナ社がガルフストリームパークを1億4千万ドルかけて作り直すと。2005年秋に完成って、1年しかないじゃん。そして引退したコンガリーはアデナスプリングスへと。シンガポール航空国際C2着でそのまま居残った南アのサーヴェイヤーが日曜日のシンガポールダービートライアルに出走予定。
本日のワイン●ピエールガイヤールのサンジョセフ・クロドキュミナイユ00、飲み残しで日にちたっちゃったのでちょっとすっぱくなってました。これグラス1杯で終わっちゃったので、続いてイタリアの赤、ラヴォルタのドルチェット・ダルバ01、ドルチェットって初めて飲んだけど、残念ながらあんまり好みじゃないかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2004

覚え書きしておかないと…

忘れちゃうことが多いので、はじめてみました。さて、いつまで続くかが問題ですが。
終日会社。いくつか原稿書きと、企画を考えたり。
ライブドアの近鉄買収が話題ですが、ライブドアという会社がどうよとかはおいといて、プロ野球球団のオーナーになるには一部上場企業であって30億円貢ぐ必要があるってのをはじめて知りました。これって明文化されてる規定なんでしょうか。こういう古くからのしきたりとかって、どこかで変えていかないと立ち行かなくなると思うんですが。そもそもこの決まりができたときにマザーズってなかったでしょ。
このココログの設定をしていて結局終電近くに帰宅。
競馬●内田博幸、あと3勝で今年200勝。アメリカンオークスのダンスインザムード、とりあえず1番人気。
休肝日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | August 2004 »