August 15, 2017

盛岡1200のレコード決着

午前2時就寝で5時起床。最近『NACK5時ラジ』で目覚める日が多くなってきた。本日の中継の仕込みをなんとかまとめてグリーンチャンネル。地方競馬中継は盛岡の5レース分、3時間。やっているとあっという間だけど馬券を買いながら3時間見続けてくれる人はどれくらいいるんだろうか。ここのところずっと盛岡のダートは時計が速く、ヤングジョッキーズのC1級、1200mのレースで1分12秒9という勝ちタイムが出たと思ったら、クラスターCはなんと!1分9秒を切る1分8秒8というコースレコード。それにしてもラブバレットはみずから人気馬を負かしにいって、うしろから来たブルドックボスに差し切られての2着は惜しかった。終了後、まっすぐ帰宅。ようやくお盆との戦いのヤマ場を越えた感じで、まだやることはあるものの、3時間睡眠で3時間の生中継をやったら気力が残っているはずもなく、軽くメシでちょっと飲む。
そういえば今週の週刊競馬ブックの『一筆啓上』で地方競馬への転入馬のことを書いたのだが、例として馬名を挙げたブルドッグボスがクラスターCを勝ってくれたのはナイスなタイミングだった。

競馬●クラスターカップ。逃げたのサイタスリーレッドで、直後のラブバレットが4コーナーでとらえ直線で先頭に立ったものの、追ってきたブルドッグボスがゴール前で差し切った。1分8秒8のコースレコード。ラブバレットは同タイムのクビ差。2馬身離れてサイタスリーレッド。●桂樹杯。転入初戦のコウセンが逃げ切り勝ち。3コーナーで人気2頭が2、3番手に上ったが、直線ではコウセンに突き放され、カオスモスをとらえたブレイズアトレイルが4馬身差2着。カオスモスはクビ差3着。●くろゆり賞。3番手から仕掛けたヴェリイブライトに中団から追ってきたカツゲキキトキトが馬体を併せて4コーナー手前で前をとらえると直線は2頭の追い比べとなって、ヴェリイブライトがハナ差先着の大金星。加藤聡一重賞初勝利。逃げて4コーナーを回るところまで食い下がったハイジャは3馬身差3着。●G2ギヨームドルナノ賞(ドーヴィル2000m,3yo):英ダービー4着だったエミネントがG3クレイヴンSに続いての重賞2勝目。3馬身差2着にサルウィンSalouen。仏二冠を制したブラムトはまさかの5着。●G3ゴントービロン賞(ドーヴィル2000m,4&up):6歳のファーストシッティングが重賞初勝利。3/4馬身差2着にガーリンガリ。断然人気アルマンゾールは6頭立ての5着同着。●G3リューレイ賞(ドーヴィル1600m,3yo f):父フランケルのレディーフランケルが今年3月のデビュー戦以来の勝利で重賞初勝利。内モンゴル自治区・オルドスの8月20日の開催にインターナショナルなスポンサーシップ。

本日のワイン●そういうわけでお疲れ様の家飲みは、ラングドックのラ・クロワ・グラシオ、ピクプール・ド・ピネ2015。すっきり柑橘系。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2017

パクチー盛りトッピング

2017081400さらに早起きするしかなく午前4時半起床。そういえばと思って、ついテレビの全米オープンをつけてしまう。松山残念。午前中にやるべき原稿を片付けてからの出社。昼。何を食おうか思案して目に止まったのが池袋駅改札内カレーのキャンプ。季節限定で、ごろごろ夏野菜のスパイシーキーマカレーというのがあり、それにパクチー盛り追加。そうだよね、ここのカレーならパクチー好きなら盛っちゃよね。で、キーマカレー。おいしいんだけどルーがちょと少なめ。パクチーを乗せるとパクチーの味が勝ってしまうほど。それを思うと門別競馬場のドライカレーが500円でいかにすばらしいか。翌日の盛岡5レースぶん、3時間中継の仕込みが終わらねえ。

競馬7月にダイアナSを制してG1・5勝目となったレディーイライがキーンランド・ノヴェンバーセールに上々される。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2017

大井ふるさとコーナーへ

2017081323午前6時起床(だったかな)。お盆の予定をちょっと見誤った。とりあえず火曜日の地方競馬中継までにやるべきことを並べてみると時間がまったく足りない。午後から大井競馬場のふるさとコーナー。ばんえい競馬の第4レースから場立ち予想。お盆ゆえかふるさとコーナーにも家族連れがいたりして、最終レースまで盛況でございました。日曜でも売上は1億4600万円余り。

競馬●若鮎賞。1〜2コーナーを最後方でまわったブービー人気のベストロードが直線大外からまとめて差し切った。デビュー4戦目での初勝利が重賞。馬群を抜けてきたコウギョウカナリアが半馬身差2着。2馬身差3着にプリヴィレッジ。●ばんえいグランプリ。雨で軽めの馬場。障害をほぼ同時に先頭のニュータカラコマ、コウシュハウンカイの競り合いとなって、ニュータカラコマが振り切った。やや離れたところからオレノココロが差を詰めたが届かず3着まで。人気・実績上位3頭の決着。●G1フェニックスS(カラ6F,2yo c/f):スーネイションSioux NationがG2ノーフォークSから連勝。人気を分けたベックフォードは半馬身差2着。

本日の酒●寝酒に一合弱ほど残ってた酔鯨・特別純米酒・季節限定氷点下生貯蔵酒。23時過ぎに就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2017

iPadで文章を書くテスト

2017081319iPad proとSmart Keyboardで、主に文章を書くためのパソコンの代わりとして使えるかどうか実験中。キーボードは慣れれば使えるかなあという感じはするものの、これといったテキストエディタのアプリがないことが難点か。1行の文字数指定とか、行数表示とか、全角スペース入力とか、すべてを満たしてくれるものがなく、ここを立てればあちらは立たずという状況。JeditとかiPad用のアプリを出してくれんものだろうか。あとiPadはパソコンと違ってファイルの扱いが面倒。保存の仕方もアプリによって違うし。

競馬●G3ローズオブランカスターS(ヘイドック10.5F,3&up):父フランケルの牡3歳フランクウスが今季初勝利で重賞2勝目。3/4馬身差2着にマウントローガン。デビューから3連勝中で人気になったララーイブLaraaibは3着。●G3スイートソレラS(ニューマーケット7F,2yo f):シェイク・ハムダンのタジャーヌスTajaanusが重賞初勝利。父アルカノ。1馬身差2着にジュリエットキャピュレット。シャーガーカップは、2勝を挙げたフラン(フランシス)・ベリーが優勝。2位がジェイミー・スペンサーで、チーム戦の優勝は英愛チーム。●G1アーリントンミリオンXXXV(アーリントン芝10F,3&up):ぴたりと2番手追走のビーチパトロールが直線での接戦を制した。昨年はG1セクレタリアトSを制していて、それ以来の勝利がG1・2勝目。外から迫った伏兵フランシフルエンジェルが半馬身差2着。内を突いて一旦は先頭に立ちかけた人気のドーヴィルはクビ差3着。●G1フォースターデイヴS(サラトガ芝8F,3&up):3番手の外を追走したワールドアプルーヴァルが直線半ばで抜け出した。昨年のユナイテッドネーションズに続いてのG1・2勝目。直線外に持ち出して追ってきた人気のタイムテストは2 1/4馬身差2着。1馬身差3着にバラーロックス。

本日のワイン●昨日の続きで、ジョセフ・マサックス、グランパッション・ブリュット。そして白はアルザスのジョスメイヤー、リースリング2013。キレっキレにドライなリースリング。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2017

単独トップの重賞6勝目

通常出社。夕方から大井競馬場へ。普段大井へと向かう有楽町線は有楽町駅で乗り換えるときなどはかなりの混雑になるのに、今日はえらく空いてるなあと思ったら、そうですか、世間は連休ですか。大井競馬場にはメインのパドックがはじまったころに到着。いつもと雰囲気が違うのは、連休初日とあって家族連れが多いからか。黒潮盃は実績どおりにブラウンレガートの圧勝。的場さんすげえ。というより、もうすげえのが当たり前になりつつある。それにしても後続を離しているのでサンタアニタトロフィーでのゴーディーの再現を見るかのようなゴールの的場さんのガッツポーズだった。終了後、とり鉄@浜松町へ6名で。閉店23時で健全に帰宅。

競馬●黒潮盃。3番手の内につけたブラウンレガートが4コーナー抜群の手ごたえで直線を向いて抜け出し圧勝。的場文男今年重賞6勝は南関東トップ。外を伸びたカンムルが4馬身差2着。2馬身半差3着にソッサスブレイ。

本日の酒●とり鉄にて。山形のフモト井・夏純吟。ここの定番、福井の黒龍。福島の国権・純米大吟醸てふ。帰宅してなんとなくカヴァは、ジョセフ・マサックス、グランパッション・ブリュット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2017

モバイル環境更新大作戦

8111706「入荷まで4週間ほど……」と言われていたiPad Proが入荷しましたという連絡があり、引き取りに。結局たった6日で入荷した。iPadは第3世代と言われたRetinaディスプレイの最初のモデルを5年も使ってiOSが10にはアップグレードできなくなったのでようやく新調。iPhoneと一緒にゴールドになりました。しかし原稿たまっているので設定は明日。そーいえば、iPhoneでのテザリング問題がだいぶ解決。iPadやパソコンでテザリングの信号(?)を拾うときには、iPhoneの設定で「インターネット共有」の画面を表示させておかないといけない、ということのよう。それとiPhoneの名前には日本語は使わないほうがいいということもあるみたい。

競馬●ゴーディーの7つ下の弟、イケノコスモスが門別の2歳未勝利戦を勝利。父トランセンド。●G3バリローンS(レパーズタウン12F,3&up):クールモアの伏兵3歳馬スパニッシュステップスが、断然人気ヨハネスフェルメールを半馬身差でしりぞけ重賞初勝利。そしてクールモアのガリレオ産駒のワンツー。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2017

猛暑の昼メシに豚キムチ

2017080949前夜早寝したぶん午前5時起床。通勤ラッシュ前の早朝出社。台風一過の東京は最高気温37度とかだったようだけど、早朝出社で会社に引きこもりだったためその猛暑も体感することなく。税理士さん来社につきお昼は肉屋の源ちゃんの弁当。豚キムチ(エビフライはオプション)。この量でご飯少なめだと、延々キムチ炒めを食べ続けてご飯は箸休めという感じ。文字数は少ないものの懸案の原稿をひとつ終え、日が落ちてから夕飯に外に出たら雨が降ったこともあって湿度120%な感じだった。

競馬ヘイリー・ターナーが女性騎手に2kgのアロウワンスがあるフランスで本格復帰。サラトガイヤリングセール2日目。種牡馬の平均価格で高かったのは、タピット、マリブムーン、スキャットダディの順。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2017

台風まっさかりの金沢へ

午前6時起床。原稿の続きをやって金沢へ。台風通過中の北陸地方へほんとうに突撃していいものかどうか昨日からやきもき。しかしながら競馬はちゃんとできそうとのことで予定どおり新幹線で金沢へ。競馬場に着いたら雨が止んでいて、このまま雨が降らなければと思ったがしかし、甘かった。台風は過ぎても雲はとぎれとぎれに通過していて、まさにシャワーのような雨がたまたまレースの途中に何度も突然降り出したり。そういう雨が降り続けば馬場に水が溜まって中止になるかもしれないところだったが、雨は断続的でレースは無事に最終レースまで。
2017080804場内の金澤玉寿司はシャッターが降りていてお休み。昼は何をと悩んで、メニューが豊富な世界館(という食堂)。オススメは?と聞いたところ、本日のサービスメニューから豚バラ角煮定食とのこと。ちなみに金沢では豚バラは「ぶたばら」ではなく「トンバラ」と発音する。「普通はこの値段じゃ出せないよ」というお言葉に従って注文。700円也。それが写真。いかにもギャンブルフードな焦げ茶色。口に入れるとほろほろと崩れてたしかにおいしい。がしかし、この量はさすがに多かった。ほとんど食べたけど。それを夕方まで引きずってしまい、帰りの金沢駅で新幹線の時間まで、自然と足の向くまま2階の回転寿司・すし玉に入って地物11貫セットを注文したものの全部食うのは苦しかった。苦しいと思いながら食べられる寿司には申し訳ないことをした。帰宅して原稿は翌日やることにして23時過ぎには就寝。

競馬●読売レディス杯。3番手の内をとったプリンセスバリューが、直線まで逃げ粘っていたスターインパルスを外からとらえて2馬身半差をつけた。台風で馬運車の金沢到着が除外ギリギリだったという高知のヤマニンミネルバが3着に粘った。

本日の酒●すし玉にて。加賀鳶・純米酒の一合瓶。帰宅して寝酒に、酔鯨・特別純米酒・季節限定氷点下生貯蔵酒を1杯だけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2017

スマホにしてみての憂鬱

iPhoneを使ってみて。まずは付属のEarPods。<従来の丸いイヤーバッドとは違い、EarPodsのデザインは耳の形状にもとづいています。より多くの人にとって、ほかのイヤーバッド式ヘッドフォンよりも快適に感じられるでしょう。>とAppleのサイトの製品情報に書いてあって、たしかに電車の中とかでは使っている人をよく見かけるのだが、どうしてもぼくの耳にはしっくりおさまってくれない。一旦はおさまってくれても、すぐにゆるゆるになってしまう。もしかしてぼくの耳の穴の形がヘン? それと、電車に乗って聞いているRadikoが切れる切れる。どうやら池袋や上野や東京やらの主要駅ではdocomoのフリーWiFiがあって、モバイルデータ通信と自動的に切り替わるときに切れてしまうらしい。Wi-Fiをオフにしておけばずっとモバイルデータ通信で繋がったままになるのだけど、Radikoを聞くたびにいちいち切り替えるのもなあ。そして何よりテザリングが安定してつながってくれないのが困る。テザリングって、こんなもんなんでしょうか。専用のポケットWiFiとは比べるべくもない。Y!mobileのポケットWiFiは廃止というつもりもあってスマホにしたのだが、しかし。この状態ではちょっと、いやかなり不安。Radikoを聞きながらテザリングというのはさらに不安定。こんなちっちゃなマシンにさまざまな機能を持たせるというのは、やっぱり無理があるのだろうか。という、使い始めて4日目の感想。

競馬ゲインズウェイとウィスパーヒルファームがベルモントSを制したタップリットの権利を取得。将来的に種牡馬としての価値を見据えてのもの。次走は8/26のトラヴァーズSで、来年4歳まで現役を続ける予定。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2017

夏もそろそろレパードS

眠い。前日の長時間労働の影響を引きずっているのか午後3時頃まで眠くてほとんど仕事にならず。レパードSのエピカリス。特殊なローテーションで使われてきた馬の復帰戦はなかなかに難しい。馬群の内で追い出すタイミングがなかったように見えなくもないけど、強いときのエピカリスならあそこからでも出て来られたのではないだろうか。ローズプリンスダム、ですか。そういえばジャパンダートダービーでは本命ヒガシウィルウィン、対抗ローズプリンスダムという予想にしていたのをすっかり忘れていた。11番人気とは。

競馬●ひまわり賞。逃げたグラマシーに、2番手のビービースペースが直線で並びかけての追い比べとなって、ビービースペースがアタマ差出たところがゴール。3番手を追走したダンストンリアンが2馬身半差3着。人気のダンストンレガーメはそのうしろで差を詰められず4着。●G1モーリスドギース賞(ドーヴィル1300m,3&up):前走G1ジュライC・3着だったブランドがG1初勝利。半馬身差2着にアクレイム。前走ジュライCで初めての敗戦(4着)を喫していた人気のカラヴァッジョはさらに着順を下げて6着。●G2ポモーヌ賞(ドーヴィル2500m,3&up f/m):バティールがG3ピナクルSから連勝。クビ差2着にトラフィックジャム。人気のアビングドンは3着。●G3ラホヤH(デルマー芝8.5F,3yo):一団馬群の中ほどを進んだ人気のシャープサムライが4コーナー手前からひとまくり。直線先頭に立って、ゴール前外からファッションビジネスが迫ったもののアタマ差でしりぞけた。3/4馬身差3着にコロニスト。

本日の酒●なんとなく日本酒の感じだったので、弥右衛門・純米大吟醸・珠泡。酔鯨・特別純米酒・季節限定氷点下生貯蔵酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2017

アグネスゴールドに伯GI

午前5時起床。昨日、iPhoneの設定でほとんど仕事が進まなかったぶんの早起き出社。週末は通勤ラッシュがないので時間も気にする必要がなく楽ちん。昼、非開催日の大井競馬場へ。7000勝を記念して、竹見さんと的場さんの対談。8月29日グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』で放映しますので。会社戻りで原稿書き。朝5時起きだとさすがに21時過ぎには電池切れ。いつもの終電3本前まで。働いた働いた。

競馬●G3ゴードンS(グッドウッド12F,3yo):人気のクリスタルオーシャンが重賞初勝利。父シーザスターズ。マイケル・スタウトはこのレース10勝目。●G1ホイットニーS(サラトガ9F,3&up):2番手から3コーナー手前で先頭に立った断然人気ガンランナーがそのまま後続を寄せ付けず楽勝。スティーヴンフォスターから連勝でG1・3勝目。7頭立て最後方を追走していたキーンアイスが直線伸びて5 1/4馬身差2着。1 1/4馬身差3着にブレイキングラッキー。●G1テストS(サラトガ7F,3yo f):アメリカンギャルが外目4番手追走から直線で抜け出し圧勝。G3ヴィクトリーライドSから連勝でG1初勝利。父コンコルドポイントでその父がタピット。人気を分け合ったフェイピエンが4馬身差2着。半馬身差3着にテキリータ。●G3ウェイヤS(サラトガ芝12F,3&up f/m):逃げたアップルベティに断然人気サフューズドが3コーナーで並びかけて直線を向いたが人気2頭共倒れ。4番手を追走していたエストレチャダが直線とらえて抜け出した。追ってきたロティーが半馬身差2着。クビ差3着にサマーソルト。●G2イエローリボンH(デルマー芝8.5F,3&up f/m):差のない5番手から4コーナーで前をとらえたカンボジアが押し切って勝利。うしろから追ってきたプリティガールが3/4馬身差2着。アタマ差3着にアンボセリ。人気のアヴェンジは直線一旦は先頭もブービー6着。●G2ソレントS(デルマー6.5F,2yo f):2番手から早め先頭に並びかけたスペクテイターが直線突き離し圧勝でデビューから2連勝。父ジミークリード。5 1/4馬身差2着にダンシングベル。さらに離れて3着にテラズエンジェル。人気のサレンダーナウは最下位。●G3ウェストヴァージニアダービー(マウンテニア9F,3yo):カーネルスダークテンパーが逃げ切って、G3インディアナダービー2着からの勝利がデビュー以来の初勝利。父カーネルジョン。鞍上は56歳のジョン・コート。3番手から追ったゲームオーヴァーは1馬身差2着。KYダービー2着のルッキンアトリーは離れた最後方からまくってきたが3 1/4馬身差3着。人気のパッチは4着。マイク・スミスがラフィット・ピンカイJr.アワードを受賞。●ブラジルの3歳牝馬G1マルガリーダポラクララ大賞(芝1600m)で、父アグネスゴールドのサイレンスイズゴールドが勝利。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2017

母クレオパトラまだ走る

さすがに最近ではさまざまな場面で当り前のようにスマホを求められるようになり、さらにスマホを持ち歩いたほうが便利だろうと思うようなことも多くなり、機種変更しようと決めてから早数カ月。いざ機種変更すれば設定などに半日から1日くらいはつぶされるだろうと思うとなかなか踏み切れずにいたのだが、しかし本日。ようやく変更してきましたです、はい。迷わずのiPhone 7。それにしてもこんな設定がいろいろあってめんどくさいものを世間のみなさんよく使ってるなあと。そういうわけで予想通り本日はほとんど仕事が進まず。実際に使ってみたiPhone 7は、すべすべしていて薄くて、取り出したときとか使ってるときとか確実に落としそうだ。ケースをつけろっちゅーことか。

競馬●G2キングジョージS(グッドウッド5F,3&up):3歳のバターシュBattaashがG3コーラルチャージから連勝。父ダークエンジェル。2 1/4馬身差2着に人気のプロフィッタブル。●G3グロリアスS(グッドウッド12F,4&up):4歳のポエツワードが人気にこえたえて重賞初勝利。1馬身半差2着にセカンドステップ。●G3クイーンズプレートオークツリーS(グッドウッド7F,3&up f/m):アルシャカブのアルジャジが人気にこたえてこのレース連覇。1 1/4馬身差2着にエターナリー。●G2競馬殿堂博物館S(サラトガ芝8.5F,3yo):3番手の内外を進んだブリックスアンドモータルと、ベルモントダービー5着ながらあらためて人気となったヨシダが直線追い比べとなって、ブリックスアンドモータルが振り切ってデビューから芝で4連勝。父ジャイアンツコーズウェイ。ヨシダは残念、3/4馬身差2着。ゴール前迫ったビッグハンサムがクビ差3着。アメリカンフェイロアの全妹アメリカンクレオパトラがアンクルモーを受胎。しかし現役続行の可能性も。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2017

3歳牝馬がどえらく強い

831720午前6時過ぎ起床。窓を開けるとそよそよと入ってくる風が涼しくてさわやかで、もう秋なのか?という空気。最近、年齢的家族構成的に夜は都合がつかないという関係が増えてきて、昼はちょっとお休みにして約束のあった昼飲みを、レストランオザミ@銀座一丁目にて。昼日中から個室で容赦なく絶品の料理とワインをいただきました。ウズラと黒オリーブ、おいしゅうございました。それでもしっかり夕方から出社して粛々とお仕事。
そんななか、いま世界の期待は牝馬。英・愛オークスからキングジョージまで勝ってしまったジャドモントファームのイネーブルか、英・愛1000ギニーから距離を延ばしてナッソーSを勝ってしまったクールモアのウインターか。そのウインターはインターナショナルS、アイリッシュチャンピオンS、凱旋門賞などの可能性。凱旋門賞で3歳牝馬最強対決とか。

競馬●G1ナッソーS(グッドウッド10F,3&up f/m):3番手を追走したウインターが残り1Fから抜け出して、距離を延ばしても完勝で英・愛1000ギニーからG1・4連勝。1馬身半差2着にブロンドミー。逃げたゴドルフィンのソウベツがクビ差3着。●G2リッチモンドS(グッドウッド6F,2yo c/g):Barraqueroがデビュー2戦目から2連勝。父Zebedee。1 1/4差2着にNebo。●北米競馬の殿堂入り。ヴィクター・エスピノーザギャレット・ゴメスファヴィアー・カステラーノゴルディコヴァ

831723本日のワイン●オザミレストランにて。
グラスの泡は、A.R.ルノーブル・アンタンス・ブリュット
白は、ドメーヌ・アレクサンドル・ジュヴォー Vdtプレティ。ヴィオディナミの作り手さん。かなり熟成したブルゴーニュの白。
赤は、ドメーヌ・デュジャック、モレサンドニ2004。エッジが琥珀色というかオレンジの鮮やかなグラデーションで抜群の熟成。これがこの値段でよろしいのでしょうか。
しっかりソーテルヌのデザートワインまでいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2017

ひさしぶりの笠松競馬場

821749平開催の笠松競馬場へ。天気をにらみながら、おもに撮影。昼過ぎの炎天下は暑かったけれども、ここ何日かに比べると気温はそれほどでもなかったらしい。向正面の土手の上とか1600スタートの裏とか、初めて行ってみた。最終レースまで無事に終了。お約束のあったI調教師と岐阜の桔梗苑という焼肉屋さん。総勢4名。おいしい焼肉を半年分くらいいただいた。

競馬●G1サセックスS(グッドウッド8F,3&up):7頭がほぼ一団でゴール前追い比べとなったところから20-1の伏兵ヒアカムズホエンが抜け出して押し切った。7歳でのG1初勝利。断然人気リブチェスターは、ハナを切ったものの勝負どころで4番手まで位置取りを下げ、ゴール前で盛り返したもののクビ差2着。3/4馬身差3着にライトニングスピア。●G3モールコムS(グッドウッド5F,2yo):ハヴァナグレイが6戦4勝で重賞初勝利。父ハヴァナゴールド。人気のインヴィンシブルアーミーは1 3/4馬身差2着。ケンタッキーダウンズの9月開催で6着以下の馬にも北米最高額となる750ドルを支給。

本日の酒●桔梗苑にて。外で暑かったので生ビール。赤ワインは、ルイ・ジャド、ボジョレーヴィラージュ2014のハーフボトルを、結果的に2本(笑)。新幹線で1/4ボトル、オーストラリアのキャセグレイン・ワインナリー、ストーンサークル・クラシックホワイト2016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2017

メンバー拮抗クラスター

午前5時半起床。睡眠時間は同じでも飲まないと目覚めがいい。40代のころとは明らかに違う感じ。
クラスターカップの登録馬は実績がなかなかに拮抗していておもしろい。習志野きらっとスプリントで中央から転入初戦だった馬たちはやはりここ狙いで、ブルドッグボスとシゲルカガが選定。ワディも登録があったが回避。ブライトライン、キクノストームという高齢馬がそれぞれG3を勝っているというだけで、このメンバーならラブバレットも楽しみ。サマーチャンピオンも実績最上位が9歳のレーザーバレットで、ほかにグレード勝ち馬は昨年の勝ち馬グレイスフルリープだけという。どんなハンデがつくのだろう。ダート短距離路線はレベル的にちょっと谷間の感じ。

競馬●MRO金賞。ハナをとった9番人気ムーンファーストが直線後続を寄せ付けず逃げ切り勝ち。ヤマミダンスは3番手追走から直線で前のグレイトデピュティをとらえたものの2馬身半差があっての2着。●ブリーダーズゴールドジュニアC。5番手から3コーナーで先頭に立ったサザンヴィグラスが楽な手応えのまま直線を向いて完勝。距離伸びてなお強かった。後方から3コーナーで勝ち馬の直後につけたダブルシャープは2馬身半差2着。離れた最後方を追走していたアポストルが直線大外を伸びて3着。●G1グッドウッドカップS(ウッドウッド16F,3&up):G1昇格となった長距離戦。3歳のストラディヴァリウスがG2クイーンズヴァーズから連勝。父シーザスターズ。前走アスコットゴールドC勝ちでこのレース3連覇のかかった人気のビッグオレンジは1 3/4馬身差2着。●G2ヴィンテージS(グッドウッド7F,2yo):ジャドモントファームのエキスパートアイがデビューから2連勝。父アクラメーション。ゴドルフィンのザマンが4馬身半差2着。●G2レノックスS(グッドウッド7F,3&up):50-1の伏兵ブレトンロックがホームオブザブレーヴを半馬身差でしりぞけた。人気のリマトは4着。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«行こう旅うまチャレンジ