January 22, 2018

インスタばえしない弁当

2018012264池袋駅で降りるとそこは雪でした。税理士さん来社につき、昼は源ちゃんのお弁当。豚キムチにエビフライのおまけ、ご飯少なめ。暴力的に茶色くまったくインスタばえしないビジュアル。
大井では期間限定騎乗初日の中島龍也、高松亮がそれぞれ初勝利。雪国の所属だけに、雪はまかしとけ、という感じだったでしょうか。雪はだんだんと強くなりメインの金盃トライアルと最終レースが取止め。なんとかメインまではという雰囲気だったけど、そのひとつまえのレースから競馬をするにはかなり無理な感じだった。大井取止めで客が流れたか、ばんえい競馬の売上が2億超え(!)。何度も書くが、何年か前なら平日月曜で2億なんてのは夢のような数字だ。
大雪や台風で電車が止まれば普段なら会社に泊まればいいやという感じで早く帰ったりすることはないのだが、しかし。明日がグリーンチャンネルのスタジオなのでそういうわけにもいかず。電車が止まる前に、混雑する前にと思い、夕方5時前に池袋駅に着いたのだが、しかし。普通の会社も早く帰れという指示が出たりしているのだろう、池袋駅は大混雑。埼京線などは階段まで人が溢れてホームに上がれない状態。それでもなんとか30分ほどのロスで帰宅。日付が変わるまで家で粛々とお仕事。さいたま市あたりの雪は22時過ぎには止んだ感じ。

競馬大井のメインと最終が雪のため取止め。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2018

荒れなかった牝馬限定戦

2018012155最近、体温が低いことがありジョギングで体温を上げると調子いい。予想で悩みに悩んだばんえいのヒロインズカップ。牝馬重賞だし人気どおりには決まらんだろと思いつつ人気のキサラキクを本命にしてヒモ荒れに期待。が、しかし。終わってみれば3着まで人気順の決着。なんだかハシゴをハズされた感じ。セイコークインのような成績の馬は、平地のレースではまず来ないのだが、それが3番人気になってちゃんと3着に来てしまうのがばんえい競馬。しかも障害7番手からの追い込みだった。夜は、いただきもののノドグロと見切り販売の骨付きラム。

競馬●ヒロインズカップ。障害ひと腰先頭のトップハンデキサラキクがそのまま後続を寄せ付けず完勝。2番手争いから抜け出したのがアアモンドセブン。第2障害で最初に仕掛けるも7番手クリアのセイコークインがぐいぐいと追い込んで3着。●大高坂賞。5番手からの追走で3コーナー過ぎで内から先頭に立ったティアップリバティが直線独走。逃げたカイロスが6馬身差2着。2馬身差3着にギンパリ。●香港クラシックマイル(シャティン1600m,4yo):好スタートも7番手まで位置取りを下げたナッシングアイライクモアが外に持ち出し直線半ばで抜け出し完勝。好位を進んだシンガポールスリングが1 1/4馬身差2着。カリフォルニアクロームの初仔が20日に誕生。母ペイザマンの牡馬。

本日のワイン●ドメーヌ・ド・バシュルリー、ピノノワール2015。すいすいといくらでも飲めてしまうピノ。スペインのオリオルロッセール、チノチャノ・ティント2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2018

ワイン→日本酒のハシゴ

2018012064夕方、六本木一丁目。つい最近、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』で特集されたブルゴーニュ、ルー・デュモンの仲田晃司さんが来日され、ザ・セラー六本木にてのテースティング・セミナーに参加。いくつもの種類をいっぺんに飲めるという機会はシロートにはなかなかない。好みはコート・ド・ニュイ・ヴィラージュだったかな。仲田さんは今や日本のワイン業界では大人気。分刻みで1日に何カ所もまわるという大忙しだそうで。そしてぼくはワインから日本酒へというまさにハシゴ酒で、浦和へ。調神社至近、Tさん宅におじゃま。おいしい料理でお話をうかがいながら22時過ぎまで。ごちそうさまでした。

競馬●G3ラスシエネガスS(サンタアニタ芝6.5F,4&up f/m):僅差2番人気のコナイアーが直線後続を離して逃げ切りグレード初勝利。1 3/4馬身差2着にベンダブル。1馬身差3着にプリンセスプリンセス。1番人気ボウリコールは4着。●サンシャインミリオンズクラシックS(ガルフストリーム9F,4&up):逃げたのはジェイズウェイで、4番手を追走した人気のミスタージョーダンが4コーナー抜群の手ごたえで並びかけ直線先頭に立ったものの、ゴール前でジェイズウェイが差し返して半馬身差をつけて勝利。6馬身離れて3着にカトリックカウボーイ。●サンシャインミリオンズスプリントS(ガルフストリーム6F,4&up):断然人気エックスワイジェットが直線後続を突き離して逃げ切り圧勝。2016年のドバイゴールデンシャヒーンで2着、13カ月ぶりの復帰戦となった先月のG3ミスタープロスペクターSから連勝。スタート後行き場を失くして一旦6番手まで下げたモーキャッシュが盛り返して5馬身半差2着。1 1/4馬身差3着にスイートオンザレディース。

本日のワイン●ルー・デュモン、テースティング・セミナーにて。
クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブランドブランNV
ムルソー2014
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ルージュ2014
マルサネ・ルージュ2014
モレサンドニ2014
ジュヴレシャンベルタン2014
2018012048Tさん宅にて。福井・常山(とこやま)酒造の常山(じょうざん)純米吟醸。富山の三笑楽・純米酒。ほか2種はメモなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2018

サイトのリニューアルで

通常出社。ようやく年明け恒例の原稿の先が見えてきた。NARのサイトがあらためてリニューアル。毎日のように使っているサイトが大幅リニューアルされるとどうしても使いにくくなるところはあり、それは慣れの部分も大きいので仕方ないにしても、最近はヴィジュアルが優先されすぎて見にくくなってしまう傾向はどうにかならんものか。情報系のサイトは、写真とか動画とかあんまり使わず、色も必要最小限にして、文字やデータがちゃんと見られればそれでいいのに。それと。デザイン・開発する人はハイスペック最先端のマシンを使ってるからなんだろうけど、高解像度・大画面前提のデザインも、利用者のさまざまなパソコンの環境には合わないと思う。

競馬2016年のBCジュベナイルフィリーズを制したシャンペンルームが引退の可能性。亀裂骨折を負って復帰まで90日以上かかるため。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2018

オートレースのはじまり

20180117502018011734船橋競馬場に行くのがしばらく空いてしまい、昨日の船橋記念はなんと!日本テレビ盃以来。漬物を仕入れなければと思い入場門のほうに向かうと何やら見慣れないものが。『オートレース発祥の地』という記念碑ができていた。オートレースはほとんど興味がないので、大井競馬場にオートレース場が併設されていたのは知っていたけど、船橋競馬場の内馬場がオートのコースになっていたとは知りませんでした。しかも船橋が始まりだったとは。そういう意味でも2016年3月の船橋オート廃止は無念なことだったでしょう。そういうわけで発祥の地としてその痕跡を残しておきたかった、ということでしょうか。
年始恒例の原稿があと残りの1/3ほどまで。

競馬●園田クイーンセレクション。後方3番手のミネオラチャンが向正面で仕掛けて4コーナー手前で単独先頭も、さらにうしろから追ってきたスウォナーレがゴール前差し切った。ミネオラチャンは3/4馬身差2着。スリルトサスペンスが2馬身半差3着。人気のショコラパフェは逃げたもののハイペースとなってブービー11着。●G3ドバウィS(メイダン・ダ1200m):競り合った前3頭とはやや離れた4番手を追走したゴドルフィンのコミカスがゴール前で差し切った。昨年のG1ドバイゴールデンシャヒーンで2着があり、グレード初勝利。一昨年のドバイゴールデンシャヒーンを勝ったムアーラブは直線先頭に立っていたものの1 1/4馬身差2着。2013年のドバイゴールデンシャヒーンの勝ち馬で12歳のレイナルドザウィザードも直線差を詰めて1馬身差3着。●UAE1000ギニーズトライアル(メイダン・ダ1400m):逃げたラヤに、好スタートも3番手に控えたウィンターライトニングが直線で並びかけての一騎打ちは、ウィンターライトニングがハナ差で先着。昨年10月ニューマーケットのメイドンで2着から2戦目での初勝利。サンダースノーの半妹で父はシャマーダル。10馬身離れての3着にエクスプレッシー。グローバルスプリントチャレンジ、2018年はは休止。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2018

南関東16戦13勝のアピア

2018011764昼過ぎ、船橋競馬場へ。ヤングジョッキーズシリーズで優勝した臼井健太郎騎手のインタビュー。放送は1月30日のグリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』にて。昨日の地・中・海ケイバモードの船橋記念展望で、時間がちょっとあったのでデータ分析までやって「3コーナーを5番手以内で回らないと連対は難しい」と言った(台本に書いた)ら、アピアは3コーナー6番手から勝ってしまいました。それだけ能力が抜けていたということともあったし、前5頭の先行争いで前半のペースが速すぎた。先行勢総崩れで残ったのは4着のフラットライナーズだけだったという結果。それにしても予報どおり雨がだんだん強くなって、表彰式のあたりでピークに。表彰式は仕方ないにしても、テレビ向けインタビューは屋根のあるところでできなかったものか。まっすぐ帰宅。南船橋17:11発の武蔵野線ならギリギリ座れる、と覚え書き。しかしだ。通年ナイターになったらそんな時間に帰れることもなくなるんだよなあ。

競馬●船橋記念。スタートのタイミングがイマイチだったアピアが前5頭からやや離れての追走となったものの、直線余裕の手ごたえで突き抜けた。互角のスタートも後方2番手に下げたサトノタイガーも直線伸びて1馬身半差2着。アピアと同じような位置を追走したモダンウーマンが1馬身差3着。昨年9月にG1コティリオンSを制したイットティズウェルが調教中の怪我により引退。タピットを付ける。

本日の酒●帰りに寄った成城石井で見つけた開運・無濾過純米。先日の新年会で出されたやつ。やっぱこれおいしい。精米歩合55%なのに単なる純米酒なんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2018

徐々に力をつけて6連勝

諸事情により1週遅れてやってきた年始恒例のまとまった原稿書き週間。なんとか予定通り金曜までに終わらせたい。新春ペガサスカップは、まだ強いメンバーとの対戦がないとしてサムライドライブを対抗にしてしまったが、なるほどそれでも使うごとに徐々に力をつけているんだというレースぶり。狙った初対戦のドリームスイーブルは完敗。恐れ入りました。

競馬●新春ペガサスカップ。ハナをとったサムライドライブが3コーナーから後続を離して逃げ切り楽勝で6連勝。好位の内を追走していたドリームスイーブルが5馬身差2着。3馬身差3着にメモリーメディア。レディーイライが引退。14戦10勝、BCジュベナイルフィリーズターフから芝でG1・5勝。ウォーフロントを付ける。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2018

メッセンジャーからも?

2018011564午前中、地全協へ。打合せなどののち、久しぶりにホープ軒が食べたいと思いたって、麻布十番まで歩いて大江戸線で国立競技場へ。いつだったか前回来たときはさら地だったのが、だいぶ骨格ができていた。写真は、ホープ軒2階のカウンター席から窓越しに望む国立競技場。サッシの鉄線にピントが合ってしまい、むしろなんとなくゲージツ的・笑。
2018011533そういうわけでぼくには昭和の思い出のホープ軒。で、モヤシラーメン900円也。モヤシにするとザルに盛られたネギがあまり入れられない。普通のラーメンにネギたっぷりでいいかも。背脂たっぷりだけど、今どきのアミノ酸2乗3乗というラーメンのようには味は濃くなく、麺もビジュアルほどは多くない。東京オリンピック開催となれば、ホープ軒はどんな混雑になるのだろう。
会社戻りで今週いっぱいがヤマ場の原稿。ドバイ行きについてある方とメッセンジャーでしばしやりとりしたのち、Facebookを見るとタイムラインの上のほうにEmirates航空の広告が。たしかにメッセンジャーで「エミレーツ」という単語を書いたんだけど、メッセンジャーの内容までデータを抽出されてるわけ? 怖っ。

競馬●G3メガヘルツS(サンタアニタ芝8F,4&up f/m):逃げたサンダリングスカイ、3番手から早めに仕掛けたインスタアーマが並んで直線を向いたが、そのうしろで構えていたマダムストライプスが直線で差し切ってグレード初勝利。人気のインスタアーマは1 1/4馬身差2着。3/4馬身差でサンダリングスカイが3着。サンタアニタでデビューしたカリフォルニアクロームの全弟ファヴェルシャムFavershamは最後方追走からゴール前で勝ち馬に迫ったものの2着まで。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2018

シンガポールからの朗報

引き続き在宅にて原稿の日曜日。馬券、当たらねえ。と思っていたら、シンガポールでの共有馬ゴラーゾが通算5勝目を挙げたという。スタート後は行きっぷりが悪く最後方、4コーナーでもまだ一団馬群の最後方から直線大外一気という鮮やかな差し切り。クラス3なら、なかなかの賞金です。

競馬●花吹雪賞。2番手から3コーナー手前で押し出されるように先頭に立ったローザーブルーが直線抜け出し、離れた外からゴール前迫ったハーキマーダイヤをハナ差でしのいだ。岡村健司、S1重賞初勝利。中団から位置取りを上げてきたエリザベスセーラが2馬身差3着。人気のマイメンは3コーナー過ぎで勝ち馬に並びかけたものの4着。NYRAが、フロリダとオークロンパークをベースにする厩舎の馬に輸送費の補助金ボーナスを支給するプログラムを発表。

本日の酒●いただきものの、のどぐろの昆布〆があったので在庫の日本酒。玉乃光・純米吟醸・酒魂。れんとをお湯割りで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2018

G1馬次第のボーナス賞金

2018011301ジョギング。今朝も別所沼には薄く氷がはっていた。在宅にて原稿。ヨメ外遊につき、ひとり夕飯はまったりとブリしゃぶにしてみました。黄色く熟成した日本のシャルドネと。
昨年G2に降格してしまったウッドメモリアルS。G1勝ち馬が出走してくれば75万ドルの総賞金を100万ドルにするというボーナス。ロード・トゥ・ケンタッキーダービーのポイントは引き続き最高の1着100ptであり、何が何でもG1に戻したいのだろうなあ。

競馬●G2ラカナダS(サンタアニタ8F,4&up f/m):逃げたメンディドに、4コーナー手前で並びかけたモポティズムが追い比べを制してグレード初勝利。メンディドはアタマ差2着。内から迫ったラフォルスがアタマ差3着。人気のマジェスティックヒートは後方まま見せ場なく5着。●G2フォートローダーデールS(ガルフストリーム芝8.5F,4&up):逃げたシャイニングコッパーに、直線で伏兵ワンゴーオールゴーが並びかけ一旦は前に出たが、シャイニングコッパーが差し返してアタマ差で勝利。2馬身差3着にオールインクルーディド。●G3マーシュアズリヴァーS(ガルフストリーム芝8.5F,4&up f/m):2番手から直線抜け出したウルトラブラットがそのまま押し切ってグレード初勝利。4番手から追ってきた人気のドリームダンシングは1 3/4馬身差2着。1 1/4馬身差3着にキングズゴースト。●G3ルコントS(フェアグラウンズ8F70yards,3yo):4番手追走から直線を向いて抜け出したインスティルドリガードがそのまま後続を寄せ付けず。前走G1ロスアラミトスフューチュリティ2着からの勝利。父アーチ。人気のプリンシペギリェルメが中団から追ってきたものの3 3/4馬身差2着。クビ差3着にスナッパーシンクレア。●1月1日から延期されたジェロームS(アケダクト8F,3yo):6頭一団の最後方を進んだ断然人気フィレンツェファイヤーが3コーナーからまくり、逃げ粘るセヴントランペッツをゴール前でとらえ半馬身差で勝利。昨年G1シャンペンSのタイトルあり。5 1/4馬身離れて3着にコルトアンドミシシッピ。

本日のワイン●キザンセレクション・シャルドネ2008。収穫から10年。おそらく2010年のリリースなので、7年近くダンボール保管でも黄金色の液体に健全に熟成しておりました。言われるようにちゃんとつくられたワインは過酷な環境にも強い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2018

霜降りよりあか牛でしょ

2018011264在宅にてお仕事。夕方、クラウンの森アローファームさんのショールームにお招きいただき競馬の集い。なんと!うちから住宅街の中を抜けるほぼ一本道で徒歩20分という近さ。褐毛和種(あか牛)草地和牛のしゃぶしゃぶなどをいただきました。こんな近くにこんな楽しいスペースがあったとは。美浦界隈では有名らしい、こうのの大福までおみやげにいただきました。

競馬サンルイレイダウンズの火事、プエルトリコ・カマレロ競馬場のハリケーンの対応に当たった人全員にエクリプス賞特別賞。ペガサスワールドCに出走予定だったリーヴェムインマリブがパームメドウズでの調教中に倒れ、おそらく助からず。

2018011259本日のワイン●持参したジョスメイヤー・ピノグリ2011カレラ・ライアンヴィンヤード2006。アルコール度数14.5%、なんという力強いピノ。そして出していただいたのが、うちでもたまに飲んでいる南アのジューステンベルグ・カベルネソーヴィニヨンでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2018

ワールドCカーニヴァル

メイダンでドバイワールドCカーニヴァルがはじまりました。ということはドバイワールドCまであっという間。それにしてもDUBAIRACINGのインスタグラムかツイッターをフォローしていると、レースや表彰式などの映像が見たくなくても自動で見られてしまうという。すごい時代になったもんですなあ。

競馬●白銀争覇。スタート後5番手も徐々に位置取りを上げ4コーナー手前で前をとらえたインディウムが直線抜け出して押し切った。追ってきたダイヤモンドダンスがゴール前迫って半馬身差2着。後方からまくってきたディアグリスターが1馬身半差3着。●G1アルクォーズスプリントで一昨年2着、昨年3着だったエルティジャールが1000mのハンデ戦を勝利。●2015年にG2マクトゥームチャレンジR2を制していたフランキーフォーフィンガーズ(父サンデーブレイク)がダート1900mのハンデ戦を圧勝しジェベルアリから連勝。●G3シングスピールS(メイダン芝1800m):3、4番手の好位を追走したベンバトルが直線を向いて抜け出し完勝。父ドバウィ。追ってきたエモーションレスが2 1/4馬身差2着でゴドルフィンのワンツー。●G2アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m):8歳のヘヴィーメタルが直線後続を寄せ付けず逃げ切り圧勝で今季2連勝。重賞は昨シーズンのG3バージナハール以来の勝利。昨年のUAEダービー勝ちでG1ジャンプラ賞も制したサンダースノーが追ったものの4馬身半差2着。ラムザン・カディロフのノースアメリカが7馬身半差3着。●第6レースのハンデ戦を勝ったドバイはDUBAIでなくD'BAI。で、父ドバウィ。●G1アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m,PA 5&up):北米でG1・7勝(?)という7歳牡馬パディーズデイが、ハムダンさんのバーナマジBARNAMAJをクビ差でしりぞけUAE初勝利。ウッドウォード、サンタアニタHなどを勝ったシャーマンゴーストがカリフォルニアのトミータウンサラブレッズで種牡馬に。種付け料は1万ドル。ステークス勝ちのある若い牝馬なら7500ドルという割引設定あり。オークロンパークでアメリカンフェイロアの銅像お披露目。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2018

肉塊まつりでワインくじ

2018011027メインに間に合うように浦和競馬場へ。家では食パン1枚くらいしか食べてなかったので、里美食堂に直行してカレーそば(450円也)。おなじみの黄色いカレー、ライスでなくそば・うどんでもなかなかイケますぜ。ニューイヤーカップは、断然人気のハセノパイロがまたくいいところなく。疲れがあったらしい。まさに快勝となったヤマノファイトの本橋孝太。表彰式のインタビューで、調教をつけている小杉亮への感謝で言葉が詰まる。ひさしぶりの自厩舎での重賞勝ちだったり、いろいろな思いがあったらしい。
2018011064南浦和から有楽町へ。理由はなんでもよかったんだけれども新年会という名目にして有楽町ワイン倶楽部。本日の塊肉は、ラムチョップ(写真)と牛のトモサンカク(腿の下股)。相変わらずおいしゅうございました。

競馬●ニューイヤーC。スタートでやや出負けするも4番手の好位につけたヤマノファイトが3コーナーで先頭に立つと直線後続を突き放して圧勝。後方3番手から向正面で一気にまくって一旦は勝ち馬に並びかけたクロスケが4馬身差2着。4コーナーまだ8番手だったトーセンブルが5馬身差3着。人気のハセノパイロは勝ち馬をマークする位置で進めたものの直線反応がなく6着。ベルモントパークで馬ヘルペス陽性反応が1頭。

2018011040本日のワイン●有楽町ワイン倶楽部にて。ハッピーアワーで、グラスのスプマンテ。リラックス・プティで3990円のお楽しみワインくじで3本。南チロル(アルト・アディジェ)のメルロー、カステル・ザレッグ、メルロー2014が2本。カリフォルニア・パソロブレにあるハースト・ランチ・ワイナリー、マルベック2013。どちらもその土地ではメジャーではない品種。特にカリフォルニアのマルベックは濃くて甘みたっぷりの液体。ジンファンデルかのよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2018

年の初めの地中海5年目

午前中、地全協経由でグリーンチャンネル。『地・中・海ケイバモード』の年明け初回でした。セットが微妙にリニューアル。構成も一部変わりました。17時には終えて番組新年会を恒例の和田家さんにて。昭和の歌謡曲やプロレスの話で盛り上がる。すっかりおっさんたちの集まりですな。「日本酒、2本しか空かなかったですね」と言われたが、それはたぶんワタシがセーブして飲んだからです・笑。2軒めまで行って電車のある時刻にお帰り。千代田線の西日暮里で乗り換えるはずが寝過ごして北千住。綾瀬とかまで行ってたら帰れないところだった。東武スカイツリーライン経由となってギリギリ武蔵野線の最終に間に合ったという。

競馬オークロンパークにアメリカンフェイロアの等身大の銅像。11日に除幕式。オークロンパークでは、ケンタッキーダービーの前哨戦、G2レベルS、G1アーカンソーダービーを制した。

2018010932本日の酒●和田家さんにて。
いきなりマニアックなのが出てきて、杜氏が24歳だという新潟の加茂錦・純米大吟醸・槽場汲みver.3
開運・無濾過純米。吟醸のようなフルーティーさ
2軒めも恒例のカジュアルイタリアンのようなお店。泡はバルディビエソの黒いラベル。サンテロ・ピノ・シャルドネ
白はアルトアディジェのボルツァーノ、サンタ マッダレーナ・ゲヴュルツトラミネール2016。ちょと野暮ったいゲヴュでした。
赤はロバート・モンダヴィ、プレイヴェートセレクション・ヘリテージ・レッド・ブレンド2015。狙い通りチョコレートな赤。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2018

18が並んで岩手競馬閉幕

今日から日常が……と思って駅に向かったものの、電車はガラガラ。通常出社と決めていたので普通に月曜日かと思っていたらまだ世間は祝日でしたか。ここ何年か、午前中にはあまり成人式の人たちを見かけないような気がするのだけど、式は午後からとかになってきてるんでしょうかね。岩手の通常開催が終了してしばしの冬休み。春はすぐにやって来る。

競馬●2018年1月8日第18回トウケイニセイ記念。181818と並んで、1-8で決まるかと思ったらそうはならず。3→1という決着でした。逃げたワットロンクンに並びかけたタイセイファントムがクビ差とらえて勝利。明けて10歳。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«世界最高額のインパクト